ビデオストリーミング

HTTP用のオンデマンドによるパッケージ化
HTTP用のオンデマンドによるパッケージ化
事前にアセットを用意しなくても、Adobe Flash Player対応デバイスおよびiOSデバイス向けにHTTP経由でビデオを配信できます。オンデマンドパッケージングにより、Flash Playerがインストールされているデバイスにもそれ以外のデバイスにも、配信するビデオファイルが1つで済むので、パブリッシングが容易になります。
アダプティブビットレートをサポートするiOS用HLSファイル形式
SafariブラウザーおよびAdobe AIR for iOSなどのアプリケーションでは、iOS用の形式であるHTTP Live Streaming(HLS)がサポートされています。HLSでは、ライブビデオおよびビデオオンデマンド(VOD)の両方に対応するアダプティブビットレートと、Adobe Accessによるコンテンツ保護機能もサポートされています。
アダプティブビットレートをサポートするFlash Player用HDSファイル形式
業界標準のMPEG-4に基づくF4F形式を使用して、HTTP Dynamic Streaming(HDS)でのストリーミングが可能です。この形式はFlash Playerでサポートされます。F4Fでは、ライブビデオおよびビデオオンデマンド(VOD)の両方に対応するアダプティブビットレートと、Adobe Accessによるコンテンツ保護機能もサポートされています。
HTTP用のオーディオ抽出
ワイヤレスネットワーク上のモバイルデバイスにオーディオのみのストリームを配信し、再バッファリングを防ぎます。マルチビットレートセットに含まれるオーディオのみのビットレートに関するApple App Storeの要件にも対応できます。
堅牢なメディアオリジンサービス
堅牢なメディアオリジンサービス
Flash PlayerとiOS用HTTPストリーミングの両方に対応できるように独自のメディアオリジンを操作することによって、パブリッシングワークフローの管理、冗長性の追加、アクセスと保護の管理、QoSの管理、高度なビデオプレーヤー機能へのアクセス、クラウドサービスの利用が可能になります。
HTTPオリジンサービス
Apacheに構築された高パフォーマンスの組み込みHTTPサーバーから、すべてのデバイスにメディアをストリーミング配信できます。
サーバーリダイレクト
コンテンツが見つからない場合は、HTTP 302リダイレクト機能に類似したRTMPの組み込みのリダイレクト機能を使用して、ビデオプレーヤーに自動的に新しいまたは代替の場所を提供します。
ストリームの再接続
接続が中断した場合も、プレーヤーが接続を再確立している間にバッファーから再生を継続できるため、視聴に影響することはありません。

 

コンテンツ保護

トークン認証
サーバーおよびプレーヤーのトークンを使用してコンテンツへのアクセスを制御します。Adobe Media Serverで個別のWebサービスに対してトークンを処理し、アクセスを承認または拒否できます。

SWFファイルの検証機能によるプレーヤーのバインド
認証されていないビデオプレーヤーでビデオが再生されないようにして、帯域幅コストを軽減し、収益努力を保護します。SWFビデオプレーヤーまたは新しいSWFハッシュツールを使用して、RTMP、RTMFP、HTTP配信用に固有の暗号化キーを作成できます。

アクセスコントロールリスト
ドメインおよびIPアドレスへのアクセスをコントロールし、ライブビデオおよびオンデマンドビデオのストリームや通信を保護します。

セキュリティ保護された管理API
WebサービスをサポートするカスタマイズされたインターフェイスまたはFlash Playerのカスタムインターフェイスから、重要なパフォーマンスメトリクスに安全にアクセスしたり、構成を変更したり、アラームを設定したりできます。これにより、詳細なコントロールと統合が実現します。

セキュリティ保護されたRTMPプロトコル
ビデオ、オーディオ、データメッセージをFlash Player対応デバイスと安全にやり取りできます。多方向RTMPプロトコルは、暗号化され、HTTP経由でトンネリングされます。

 

サーバー管理

HTTPのための高度なディスク管理
HTTPのための高度なディスク管理
ライブHTTPストリーミングのディスク管理機能により、ストレージディスクの管理中も、ビデオのストリーミングを継続できます。DVRウィンドウ、タイムシフト機能、および即時再生機能を備えたリッチなライブ体験を安全に配信できます。
マルチプロトコルマニフェスト生成ツール
新しいツールによって、マニフェストファイル作成の際の手間とエラーを減らすことができます。このツールを使えば、様々なデバイスへのライブおよびVOD配信のためのF4MおよびM3u8ファイルを手動で作成する必要がなくなります。
64-bitの高い処理能力で、制作作業を快適に
64-bitの完全なサポートにより、メモリキャッシュの増加、ネットワークパフォーマンスの向上、中断の軽減、ストリームの迅速な開始が実現し、サーバーリソースが最大化されます。

サーバーのログ記録
コンテンツ配信、サーバーパフォーマンスおよびアクセスに関するレポートをW3C準拠のASCII ログ機能を使用して追跡および生成するために必要なツールが揃っています。

ネットワークの優先順位付けQoS
RTMPのDifferentiated Servicesを使用してQoSを向上できます。管理者は、RTMPネットワークトラフィックに優先順位を付け、他のネットワーク活動により生じる中断を軽減できます。

管理ツール
サーバークラスター全体のパフォーマンスを1つのインターフェイスから監視できます。これにより、サーバーを管理して、サーバー、ストリーム、セッション、クライアントでの操作を簡単に実行できます。

 

再生体験

HD品質のビデオストリーミング
HD品質のビデオストリーミング
H264またはVP6のビデオコーデック、またはAACおよびMP3のオーディオコーデックを使用して、最大1080pまでのHDビデオを700Kbpsから6Mbps超までのビットレートで配信します。
迅速なビットレートの切り替え
デスクトップ、iOS、Andriodでの迅速で質の高い切り替え機能により、完全なアダプティブビットレートストリーミングが実現し、CPUパフォーマンスまたは帯域幅の制限により生じる障害や遅延を回避できます。
DVRおよびタイムシフト機能付きのライブストリーミング
RTMP、HTTP Dynamic StreamingおよびiOS用HLSでは、サーバーDVR機能を強力にサポートしています。これにより、より長いライブビデオイベントを実施して、ライブストリームの一時停止、巻き戻し、即時再生、最初から再生などの操作を視聴者がコントロールできるようにすることが可能です。