新機能

Adobe Anywhereなら、映像制作の共同作業を共有環境を活用して同時進行できます。
共同制作環境をボーダーレスに
Adobe Anywhereには、単一ロケーションで共同作業をおこなう大規模組織のチームに特化した機能を備えています。

 

業界を代表するアドビのクリエイティブツールとの連携
チームのワークフローを効率化します。AnywhereはAdobe Premiere Pro CCとPrelude CCのインターフェイスに直接組み込まれるため、編集者、記者も効率的に共同作業ができ、新しいソフトウェアの使い方を学ぶ必要もありません。

 

スマート競合解決機能
複数のユーザーが同じシークエンスを編集すると、競合情報が通知され、別のユーザーの変更、自分の変更、両方の変更を維持するかどうかを選択できます。どれを選択しても、Adobe Anywhereには無限レベルのバージョン管理システムがあるため、決してデータが失われることはありません。
使いやすいバージョン管理システム
バージョン管理機能を使用することで、プロジェクトの競合を大幅に減らすことができ、必要なときは旧バージョンに簡単に戻せます。
 
既存のインフラへの組み込み
既存のハードウェアとシステムを補強し、最高の効果を発揮できる制作ワークフローに変えます。Anywhereは組織のインフラと連携し、簡単に実装できるよう設計されています。
 
アクセス権の管理
誰が制作用メディアを利用できるかを選択できます。個人またはチームの必要性に基づき、アクセス権を付与または解除し、LDAPなどの権限管理システムと連携させることができます。
メディア管理
制作物にメディアを簡単に追加でき、メディアの場所が変われば更新できます。
 
メディアとプロジェクト情報を一元管理
一元管理された共有リソースとITインフラを使用することで、効率性が向上します。
 
パフォーマンス管理ダッシュボード
システムへの接続やレンダリングに関する問題を解決するときも、パフォーマンス管理ダッシュボードで効率的に監視できます。さらに短時間で問題を特定し、解決できます。
標準システムとプロセスをサポート
標準リソースを利用できます。Adobe Anywhereは、特別なハードウェアがなくても大規模組織環境で機能するよう設計された、共同作業用ワークフローのオープンプラットフォームです。
 
収録中のファイルを編集
収録中のファイルのメディアを編集できます。特にスポーツなどの生放送で非常に重要な機能です。Premiere Pro CCでサポートしているファイルフォーマットであれば、Anywhereでもすべてサポートしています。

Adobe Anywhereにより、映像のプロフェッショナルチームは、共有環境を使った共同作業の同時進行が可能に

Adobe Anywhere(2016)

共同制作環境をボーダーレスに

Adobe Anywhereには、単一ロケーションで共同作業をおこなう大規模組織のチームに特化した機能を備えています。
さらに詳しく ›

業界を代表するアドビのクリエイティブツールとの連携

チームのワークフローを効率化します。AnywhereはAdobe Premiere Pro CCとPrelude CCのインターフェイスに直接組み込まれるため、編集者、記者も効率的に共同作業ができ、新しいソフトウェアの使い方を学ぶ必要もありません。

スマート競合解決機能

複数のユーザーが同じシークエンスを編集すると、競合情報が通知され、別のユーザーの変更、自分の変更、両方の変更を維持するかどうかを選択できます。どれを選択しても、Adobe Anywhereには無限レベルのバージョン管理システムがあるため、決してデータが失われることはありません。

使いやすいバージョン管理システム

バージョン管理機能を使用することで、プロジェクトの競合を大幅に減らすことができ、必要なときは旧バージョンに簡単に戻せます。

既存システムへの組み込み

既存のハードウェアとシステムを補強し、最高の効果を発揮できる制作ワークフローに変えます。Anywhereは組織のインフラと連携し、簡単に実装できるよう設計されています。

アクセス権の管理

誰が制作用メディアを利用できるかを選択できます。個人またはチームの必要性に基づき、アクセス権を付与または解除し、LDAPなどの権限管理システムと連携させることができます。

メディア管理

制作物にメディアを簡単に追加でき、メディアの場所が変われば更新できます。

メディアとプロジェクト情報を一元管理

一元管理された共有リソースとITインフラを使用することで、効率性が向上します。

パフォーマンス管理ダッシュボード

システムへの接続やレンダリングに関する問題を解決するときも、パフォーマンス管理ダッシュボードで効率的に監視できます。さらに短時間で問題を特定し、解決できます。

標準システムとプロセスをサポート

標準リソースを利用できます。Adobe Anywhereは、特別なハードウェアがなくても大規模組織環境で機能するよう設計された、共同作業用ワークフローのオープンプラットフォームです。

収録中のファイルを編集

収録中のファイルのメディアを編集できます。特にスポーツなどの生放送で非常に重要な機能です。Premiere Pro CCでサポートしているファイルフォーマットであれば、Anywhereでもすべてサポートしています。