アドビ システムズ社
 
パーソナルコンピューターで使用するAdobe Readerおよびランタイムソフトウェアの
配布許諾契約
 
1. 保証の免責、拘束力のある契約
 
1.1 無保証本契約で使用許諾されるソフトウェアとその他の情報は、「現状有姿」で提供されます。アドビおよびそのサプライヤーは、本ソフトウェアの使用または性能に関していかなる保証もおこないません。アドビおよびそのサプライヤーは、本ソフトウェアを使用することにより得られる成果または結果を保証しません。アドビおよびそのサプライヤーは、関係者の権利の不侵害、市場性、統合性、満足のゆく品質、または特定の目的への適合性等を含め、いかなる事項に関しても、(制定法、コモンロー、慣習、慣行によると否とを問わず、また明示的または黙示的なものかを問わず)いかなる保証、条件、表明または条項も交わしません。配布業者が所在する管轄の法律に基づいて保証を受けられる場合があります。上記の除外および制限は、救済方法がその本質的な目的を果たさない場合でも、法律により許可される最大の範囲において適用されます。
 
1.2 拘束力のある契約本契約は、[__配布業者の住所を記入__]に所在する[__配布業者名を記入__](以下「配布業者」といいます)とアドビとの間に締結された契約です。本契約への承諾を https://www.adobe.com/cfusion/mmform/index.cfm?name=distribution_formにおいて示すことにより、あるいはアドビより提供された本ソフトウェアの配布版を配布することにより、配布業者は、本契約の諸条件に同意されるものとします。本契約は、配布業者が予定する配布情報をアドビに伝え、アドビが配布業者に対し書面で本契約への同意を示した場合にのみ、アドビに対して有効になります。間違って本契約を締結された場合、本ソフトウェアを配布する前に、本契約を取り消したい旨を明記し署名した書面を添えて、Adobe Systems Incorporated, ATTN: General Counsel, 345 Park Avenue, San Jose, California 95110宛に本契約を返送することにより、承諾を取り消せるものとします。
 
2. 定義
 
アドビ」とは、配布業者が米国、カナダ、またはメキシコに所在する場合は、デラウェア法人である、345 Park Avenue, San Jose, California 95110のAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)を意味し、それ以外の場合は、アイルランドの法律に準拠して設立された法人であり、アドビ システムズ社の関連会社および配布業者である4-6 Riverwalk, Citywest Business Campus, Dublin 24, IrelandのAdobe Systems Software Ireland Limitedを意味します。
 
Adobeランタイムとは、Adobe AIR、Adobe Flash Player、Shockwave Playerおよび関連するXtrasを意味します。
 
AIR Redistribution Helper」または「ARHとは、Adobe AIRランタイムおよびAdobe AIRアプリケーションを検出してインストールするために役立つコマンドラインユーティリティを意味します。
 
指定オペレーティングシステム」とは、 付録Aに記載されるオペレーティングシステムのデスクトップバージョンまたは標準ラップトップバージョンをいい、これはいずれにしても、(a)Adobe Readerの場合は http://www.adobe.com/go/reader_os_jpに、(b)Adobe AIRの場合は http://www.adobe.com/go/air_sysreqs_jpに、(c)Flash Playerの場合は http://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/productinfo/systemreqsに、(d)Shockwave Playerの場合は http://www.adobe.com/jp/products/shockwaveplayer/productinfo/systemreqsに列挙される指定オペレーティングシステムのうちの1つです。疑義を避けるために、「指定オペレーティングシステム」には、かかるオペレーティングシステムの組み込みバージョンまたはデバイスバージョンは含まれません。指定オペレーティングシステムではないシステムに関する情報は、第3条5項(i)(i)号を参照してください。
 
配布製品」または「配布サービスとは、 付録Aに特定される配布製品または配布サービスを意味します。
 
発効日とは、アドビが配布業者に対し書面で本契約への同意を示した日を意味します。
 
イントラネットとは、配布業者の従業員、請負業者または配布業者の通常業務の過程を進めるために、配布業者の内部ネットワークへのアクセス権を付与された他の者に限りアクセス可能である安全な内部Webサイトまたはサーバーシステムを意味します。
 
パーソナルコンピューター」または「PCは、関連のない第三者のソフトウェアベンダーが提供する生産性用、娯楽用などのソフトウェアアプリケーションを実行することを主な目的として設計・マーケティングされているハードウェアを意味するものとします。実行するソフトウェアは、使用時点でハードウェアに広く使用されている諸機能セットを備えたコンピューターオペレーティングシステムを使用することによって動作します。このオペレーティングシステムは、汎用ラップトップ、デスクトップ、サーバー、および大型フォーマットのタブレットマイクロプロセッサーベースのコンピューターの操作に使います。パーソナルコンピューターのこの定義は、テレビ、テレビ受信機、ポータブルメディアプレイヤー、音声/ビデオ受信機、ラジオ、ヘッドフォン、スピーカー、電子手帳(以下「PDA」といいます)、電話または電話ベースの機器、ゲームコンソール、パーソナルビデオレコーダー(以下「PVR」といいます)、DVDプレイヤー(以下「DVD」といいます)または他の光媒体、ビデオカメラ、静止カメラ、カムコーダー、ビデオ編集・フォーマット変換装置、およびビデオ画像投影装置のいずれかを主な目的として設計・マーケティングされているハードウェア製品には適用されません。さらに、類似した家庭用機器、専門機器、または産業用機器にも適用されません。
 
ランタイムコンポーネントとは、Adobe AIRインストールディレクトリ(Adobe AIRフォルダーおよびAdobe AIR Frameworkフォルダーなど)に含まれる個々のファイル、ライブラリ、または実行可能コード、ユーティリティディレクトリに含まれるAdobe AIRユーティリティ、またはインストーラーファイルを意味します。ランタイムコンポーネントとは、例えばランタイムの実行可能ファイルや、Runtime.dll、AdobeAIR.dll、template.exe、Template.appのような名前のファイルを指します。
 
ソフトウェアとは、Adobe Reader、Adobeランタイム(Adobe AIRの場合は、その自己解凍式インストーラーおよびインストーラーファイルを含む)、ARH(ダウンロードを選択した場合)、および本契約に基づいて配布する目的でアドビにより配布業者に提供される前述のソフトウェア製品のアップデートを意味します。
 
アップデートとは、本契約に基づいて配布する目的でアドビにより配布業者に提供される本ソフトウェアのアップグレード、修正版、アップデート、追加、およびコピーを意味します。
 
3. ライセンス、要件、制限
 
3.1 ライセンス。下記の要件および制限を含む本契約の条件に従い、 付録Aに記述された配布をおこなう目的のみにおいて、パーソナルコンピューター上の指定オペレーティングシステムに未修正の本ソフトウェアをインストールして使用する場合に限り、本ソフトウェアを複製しかつ配布するための、非独占的、譲渡不能、世界的、無償のライセンスを配布業者に対して許諾します。
 
3.2 配布。配布業者は、以下のことをおこなえます。
 
(a)本ソフトウェアを内部でのみ使用する目的で、配布業者のイントラネット内の複数のコンピューターにダウンロードしてインストールするために、本ソフトウェアのイメージのコピー1部を配布業者のコンピューターファイルサーバー上に作成すること。
 
(b)物理媒体(例えば、CD-ROM、DVD、ハードディスク等)でスタンドアロン形式のみで本ソフトウェアを配布すること。ただし、ARHを除く。
 
(c)配布製品や配布サービスの一部としてまたは配布製品や配布サービスとともに本ソフトウェアを、(i)電子ソフトウェアダウンロード(例えば、配布業者のインストーラーにバンドルされ、インターネットからダウンロードされる場合等)を含む、電子的なダウンロードなど、電子的方法を介して、および(ii)物理媒体(CD-ROM、DVD、ハードディスク等)で、配布すること。ただし、ARHを除く。
 
(d)(i)配布製品やサービスにバンドルされた形態として、ならびに(ii)(y)電子ソフトウェアダウンロード(例えば、配布業者のインストーラーにバンドルされ、インターネットからダウンロードされる場合等)を含む、電子的なダウンロードなど、電子的方法を介して、および(z)物理媒体(CD-ROM、DVD、ハードディスク等)で、ARHのみを配布すること。
 
すべての場合において、本ソフトウェアは完全な形式で、かつエンドユーザーが完全にインストールし使用するという目的においてのみ配布されます。本ソフトウェアをインストールなしで使用するために設定または配布しないものとします。
 
3.3 サーバーでの使用。配布業者は、(a)本ソフトウェアのUNIX版に関しては、ネットワークファイルシステム(NFS)、(b)Windows Terminal Services、(c)Citrix、または(d)Adobe Readerの場合は、配布業者のイントラネット内での印刷を介して、配布業者のイントラネットにある無制限の数のクライアントコンピューターから本ソフトウェアの使用を許可するという唯一かつ排他的な目的において、配布業者のイントラネット内にあるコンピューターファイルサーバーに本ソフトウェアのコピーを1部インストールすることができます。本契約で明示的に許可された場合を除き、本ソフトウェアのその他のサーバーまたはネットワークでの使用は許可されていません。一例として、前述の内容は、配布業者がイントラネットまたはインターネットでホストされるサービスの要素として本ソフトウェアを使用することは許可していません。
 
配布業者が本契約のいかなる条項に違反した場合は、上記で付与された権利は、直ちに消滅するものとします。
 
3.4 要件。
 
(a)配布可能なバージョンとアクセス。配布業者は、 付録Aに列挙される特定の指定オペレーティングシステムを搭載するパーソナルコンピューター上での使用に関する本契約を締結することにより、アドビが配布業者に提供する本ソフトウェアのバージョン(およびそれに対応するインストーラー)のみを配布するものとします。配布業者は、www.Adobe.com、www.Macromedia.com、またはインターネット上の他のあらゆるダウンロードサイトなど、いかなる場所からも本ソフトウェアを配布しないものとします。アドビは、特定の非公開Webサイトから本ソフトウェアの配布可能なバージョンへのアクセスを電子ダウンロードにより配布業者に提供します。配布業者はかかるWebサイトの場所を第三者に知らせることはできません。上記に関わらず、配布業者は、 http://www.adobe.com/go/updates_jpまたは後継のWebサイトでアドビが提供するReaderのアップデートを配布することができます。
 
(b)新バージョン。アドビが本ソフトウェアの新バージョンをリリースした場合、配布業者は、(i)本ソフトウェアがバンドルされている製品またはサービスの次のリリース時点、または(ii)アドビが本ソフトウェアの新バージョンの一般提供を開始してから6ヶ月後のいずれか早い時点で本ソフトウェアの以前のバージョンのすべての複製および配布を中止するものとします。本項で使用されているように、「新バージョン」とは本ソフトウェアの主要な新規リリースを意味します。アドビは、配布業者に対し、新バージョンのリリースの時期を通知できます。
 
(c)サブライセンスの要件。配布業者は、本ソフトウェアに付帯するアドビエンドユーザー使用許諾契約に基づき、自ら本ソフトウェアを配布し、さらにその配布業者および再販業者が本ソフトウェアを配布することを保証します。本ソフトウェアのインストールの一環としてかかる契約書が提供または表示される場合、配布業者はそのような提供または表示を回避するようにソフトウェアを設定しないものとします。上記の例外として、第3条2項(a)号による許可に従いAdobe ReaderまたはAdobe AIRのコピーをイントラネット上で配布する配布業者は、配布するコピーにエンドユーザー使用許諾契約書を表示しないようにすることができます。ただし、配布業者がアドビにより提供されるカスタマイズウィザードおよび文書に従って当該行為をおこなうこと、かつ当該配布前に自身およびそのすべてのイントラネットユーザーを代表して当該契約書の条件に同意することを条件とします。かかる契約が本ソフトウェアに付帯していない場合、配布業者は、配布業者およびそのサプライヤーのための以下の最低条件を含むエンドユーザー使用許諾契約に基づき、本ソフトウェアを配布するものとします。(i)配布および複製の禁止、(ii)修正および二次的著作物の禁止、(iii)ソフトウェアの逆コンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、および他の方法でソフトウェアを人が読み取れる形式にすることの禁止、(iv)本配布業者およびそのサプライヤーにソフトウェアの所有権があることを明示した規定、(v)法律により許可される限りでの適切な法定保証のすべての排除、および(vi)直接損害、特別損害、付随的損害、懲罰的損害賠償、および派生的損害の排除を含め、業界の標準的な責任制限。配布業者は、以下の各号のライセンスに基づき本ソフトウェアの権利を許諾しません。(A)本ソフトウェアの修正を許可するライセンス、(B)ソースコード形式の本ソフトウェアの開示または配布を要求するライセンス、または(C)有償で本ソフトウェアの配布を許可するライセンス。配布業者は、アドビに代わり、明示的と黙示的とを問わずいかなる保証もおこなわないものとします。
 
3.5 制限。
 
(a)未承認の配布。配布業者がアドビから別の書面による許可を得ない限り、配布業者は第3条1項、第3条2項、または第3条3項で許可された方法以外のいかなる方法においても本ソフトウェアを配布しないものとします。例えば、配布業者はかかる条項で許可された以外の方法でインストーラーまたはインストーラーファイルを配布しないものとします。
 
(b)譲渡の禁止。本契約で明示的に許諾されている場合を除き、配布業者は、本契約に基づく自己の権利をレンタル、リース、サブライセンス、譲渡または移転することも、本ソフトウェアの全部または一部をコピーさせることもできません。
 
(c)デフォルトのアップデーター設定。配布業者は、本ソフトウェアのデフォルトのアップデーター設定を修正しないものとします。上記禁止事項の例外として、IT管理者は、上記第3条2項(a)号の下に、イントラネット内で配布される本ソフトウェアのコピーのデフォルトのアップデーター設定を修正することができます。配布業者は、第3条2項(b)号または(c)号の下に配布される本ソフトウェアのコピーのアップデーター設定を修正しないものとします。
 
(d)修正の禁止、およびリバースエンジニアリングの禁止。配布業者は、方法の如何を問わず、本ソフトウェアの修正、改造、翻訳、または本ソフトウェアに基づく派生品の作成をおこなわないものとします。これには、インストーラープログラム、電子版エンドユーザー使用許諾契約、「バージョン情報」画面、または本ソフトウェアに掲載されている著作権などの所有権に関する表示を除去することなどが含まれますが、これに限りません。配布業者が、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルなどの方法により、本ソフトウェアのソースコードの解明を試みることを禁止します。欧州連合地域に居住するお客様は、本契約の第17条「欧州連合に関する条項」に記載されている追加条件を参照してください。
 
(e)Adobe AIRに関する制限
 
(i)修正の禁止。上記(d)号に従って、配布業者はAdobe AIR製品を修正しないものとします。例えば、配布業者は以下のことをおこなわないものとします。(A)Adobe AIR自己解凍式のインストーラー、インストーラーファイル、またはランタイムコンポーネントの修正、(B)デフォルトのランタイムインストール場所またはディスクのインストーラーファイルの場所を含む、Adobe AIRソフトウェア製品のインストール方法の変更、(C)上記第3条4項(c)号に基づき特定の配布業者に許可される場合を除く、エンドユーザー使用許諾契約の表明と承諾プロセスの削除、回避、または無効化。
 
(ii)完全な配布、インストール、相互作動。第3条1項および第3条2項に従って、配布業者は、Adobe AIRを完全な形式で提供し、文書に示された方法で、インストールを完了し、かつAdobe AIRと相互作動するソフトウェアとともに使用することのみを目的として配布しなければなりません。例えば、以下のような場合があります。
 
(A)ランタイムコンポーネント一式および完全なAdobe AIRソフトウェア製品のその他のサブコンポーネントを未完全な形で配布しないものとします。
 
(B)Adobe AIRソフトウェア製品を完全にインストールせず、一部を使用するような結果をもたらしたり、一部の使用を推奨するような方法で、Adobe AIRソフトウェア製品を配布しないものとします。
 
(C)アドビの文書に示されない方法で、個々のランタイムコンポーネントで実行したり、個々のランタイムコンポーネントと相互作動したりする配布製品またはその他のソフトウェアを配布しないものとします。
 
(D)インストールせずに実行されるAIRアプリケーションを配布しないものとします。
 
(iii)代替の禁止。Adobe AIRソフトウェア製品またはそのインストーラーファイルやランタイムコンポーネントが、いかなるソフトウェアと設定、配布、バンドル、組み込みされることにより、Adobe AIRソフトウェア製品の交換または代替が生じる場合、配布業者は、Adobe AIRソフトウェア製品またはそのインストーラーファイルやランタイムコンポーネントとソフトウェアとの設定、配布、バンドル、組み込みをおこなわないものとします。例えば、Adobe AIRインストーラーファイルまたはランタイムコンポーネントを含む自己解凍式のインストーラーを作成し、かかる自己解凍式インストーラーをAdobe AIRソフトウェア製品インストーラーとして配布しないものとします。
 
(iv)文書化されていない機能の禁止。配布業者は文書化されたインストール機能を使用してのみAdobe AIRソフトウェア製品を配布するものとします。文書化されていない機能を使用したAdobe AIRソフトウェア製品の配布は、本契約に対する違反です。
 
(f)許可されたAdobe Readerの修正。上述の修正に関する禁止事項にかかわらず、配布業者は、 http://www.adobe.com/go/support_jpまたは http://www.adobe.com/go/reader_developer_jpに掲載される指示により明示的に許可されるAdobe Readerのインストーラーの機能をカスタマイズしまたは拡張できるものとします(例えば、プラグインおよびヘルプファイルの追加インストール)。配布業者はその他のいかなる方法においてもAdobe Readerを改造、翻訳、変更、または修正することはできません。
 
(g)Webダウンロード。配布業者は、インターネット上で本ソフトウェアをスタンドアロン製品として提供することはできません。配布業者は、エンドユーザーに対し、アドビの公式Webサイトへリンクした上、独立して電子的にダウンロードすることにより、本ソフトウェア(ただし、ARHを除く)を取得するよう指示できるものとします。アドビのロゴ付きWebボタンの使用許可は、 http://www.adobe.com/jp/legal/permissions/icons-web-logos.htmlにおいて取得できます。本ソフトウェアとともに配布されるあらゆるソフトウェア、およびアドビのWebサイトへのリンクを含むあらゆるWebサイトには、次の内容を一切含んではなりません:(i)別個に書面による使用許諾を得た場合を除き、アドビのロゴ、製品シグネチャ、または様式化した形式での商標(ただし、以下の第4条で許可されている場合を除く)、(ii)違法、猥褻、中傷的、権利侵害的、脅迫的内容、プライバシー侵害となるような内容、あるいは人種、民族その他の意味で差別的な内容、(iii)ウイルス、トロイの木馬、ワーム、時限爆弾型ウィルス、キャンセルボットなど、システム、データ、または個人情報に損害を与えるプログラム、有害な妨害をおこなうプログラム、情報を不正に傍受したり入手したりするプログラム。
 
(h)Adobe Readerに関する制限。Adobe Readerは、PDFファイルの表示、配布および共有を目的として、アドビが使用許諾を付与し、配布するものです。
 
(i)変換に関する制限。配布業者は、PDFファイルを他のファイル形式(TIFF、JPEG、SVGファイルなど)に変換するときに、Adobe Readerを使用またはAdobe Readerに依存するような他のソフトウェア、プラグインまたは拡張機能をAdobe Readerに組み込んだり、Adobe Readerとともに使用したりしないものとします。
 
(ii)プラグインに関する制限。配布業者は、 アドビのインテグレーションキーライセンス契約に従って開発されていないプラグインソフトウェアをAdobe Readerに組み込んだり、Adobe Readerとともに使用したりすることはできません。
 
(iii)無効にされた機能。Adobe Readerには、隠された機能、または無効になっていたり「グレー表示」されている機能が含まれていることがあります。このように無効になった機能は、アドビのみが提供する技術キーを使って作成されたPDF文書を開くことで有効になります。配布業者は、有効なキーを使用せずに、無効になった機能の機能性にアクセスしたり、アクセスを試みたり、複製したりすることはできません。また、配布業者はかかる機能の有効化を制御する技術を迂回しないものとします。無効にされた機能について詳しくは、 http://www.adobe.com/go/readerextensions_jpをご覧ください。
 
(iv)PDF iFilter。Adobe ReaderにはAdobe PDF iFilter(以下「iFilter」といいます)のオブジェクトコード版も含まれています。配布業者は、Adobe Readerの一部としてのみ、およびAdobe PDF形式の文書内におけるテキストの検索やインデックス作成のときにのみ、iFilterを配布することができます。
 
(i)Adobeランタイムに関する制限
 
(i)禁止されたデバイス。配布業者は、PC以外のデバイスに、またはオペレーティングシステムの組み込みバージョンまたはデバイスバージョンとともに、Adobeランタイムの配布、ダウンロードまたは組み込みをおこなわないものとします。疑義を避けるために、配布業者は、以下の各号の上において使用する目的でAdobeランタイムを配布しないものとします。ただし、これは一例です。(A)モバイルデバイス、セットトップボックス(以下「STB」といいます)、ハンドヘルド、電話、ゲームコンソール、テレビ、DVDプレイヤー、メディアセンター(Windows XPaのMedia Center Editionおよびその後続製品を除きます)、電光掲示板またはその他のデジタルサイネージ、インターネット家電またはその他のインターネット関連デバイス、PDA、医療機器、ATM、テレマティック装置、ゲーム機、ホームオートメーション装置、キオスク、リモートコントロール装置、またはその他の家庭用電子機器、(B)オペレーターを使った携帯テレビ、ケーブルテレビ、サテライトテレビ、またはテレビ装置、(C)その他のクローズドシステム装置。デバイスでのAdobeランタイムの使用または配布に関するライセンス情報については、 http://www.adobe.com/go/licensing_jpをご覧ください。
 
(ii)ファイル形式の初期設定。配布業者は、その製品またはサービスのファイル形式またはデータ型が、Adobeランタイムのファイル形式またはデータ型に取って代わるような方法で、Adobeランタイムを配布製品または配布サービスと組み合わせないものとします。例えば、Flash PlayerおよびShockwave Playerは、常に、ブラウザーでそれぞれのファイル形式およびデータ型に関するデフォルトのプレイヤーのままでなければならず、Adobe AIRはデスクトップでそのファイル形式およびデータ型(.air)に関するデフォルトのランタイムでなければならないものとします。
 
(iii)AVCビデオに関する制限。本ソフトウェアにはh.264/AVCビデオテクノロジーが含まれています。このテクノロジーを利用するには、MPEG-LA, L.L.C.からの次の通知を必ずお読みください。
 
本ソフトウェアは、AVC特許ポートフォリオライセンスのもと、消費者による本製品の非営利的な私的使用のために、(I)AVC規格に準拠してビデオを符号化すること、ならびに/または(II)非営利的な私的活動をおこなっている消費者によって符号化され、かつ/もしくは、AVCビデオを提供することを許諾されているビデオプロバイダーから入手されたAVCビデオを復号することができます。他の使用に関するいかなる使用権も与えられず、また、他の使用に関するいかなる使用権も黙示的に与えられないものとします。MPEG LA, L.L.C.から追加情報の入手が可能です。 http://www.mpegla.comをご覧ください。
 
4. 商標の使用
 
アドビは、本契約により、本契約の条項に基づいて、印刷媒体用の「Includes Adobe Acrobat Reader DC」ボタン、「Includes Adobe Flash® Player」ロゴ、「Shockwave® Enabled」ロゴ、「Includes Adobe AIR」ロゴまたはアドビが本契約に基づいて提供する追加もしくは代替のボタンまたはロゴを使用および配布するための、世界的、非独占的、譲渡不能、個人的な権利(以下「本商標」といいます)を配布業者に許諾し、かつ配布業者はこれを承諾するものとします。配布業者は、本契約第3条に定める許可された本ソフトウェアの配布形式に関連する場合に限り、本商標を使用することができます。ただし、かかる使用が http://www.adobe.com/jp/legal/permissions/icons-web-logos.htmlの「『Includes Adobe Reader』ボタンの使用に関する指針」および/または http://www.adobe.com/go/flashplayer_button_guidelines_jpの「Includes Adobe Flash Playerロゴの使用に関する指針」および/または http://www.adobe.com/style_guide/logos/shockwave_enabledの「Adobe® Shockwave Enabledロゴの使用に関する指針」および/またはアドビにより配布業者に提供された「Includes Adobe AIRの使用に関する指針」および http://www.adobe.com/misc/pdfs/TM_GuideforThirdPFina_print.pdfの「アドビの商標を使用するサードパーティのための指針」に準拠する場合に限ります。配布業者は商標の使用によって、本契約で許諾されているライセンス以外に、商標に関する権利、所有権、または利益を与えられるものではありません。配布業者はアドビの書面による事前の同意ない限り、本契約上で認められているいかなる商標権も譲渡、またはサブライセンスすることはできません。配布業者は、アドビまたはアドビ製品の信用を落としたり、品質に関する評判を落としたり、アドビの商標に対する信用を低下または傷つけたり、アドビの知的財産権を侵害するようないかなる方法でも商標を使用しないことに同意するものとします。配布業者は、商標の有効性、アドビが単独で商標の所有権を有していること、およびアドビが商標に関するすべての権利、所有権、または利権を保有していることを認識し同意するものとします。配布業者は、商標が持ち合わせている信用価値を理解し、それらの信用が独占的にアドビの利益に影響をもたらしていることを認識し、その所有権はアドビが有していることに同意するものとします。アドビの商標権を侵害しないように商標を使用することに最善を尽くし、アドビの商標権を侵害または阻害するような行動をとらないものとします。あらゆる製品またはサービスにおいて、アドビが保証または後援していると思わせるような方法で商標を使用することは禁じられています。配布業者は、本商標に混同のおそれがあるほど類似した商標、サービスマーク、またはその他のマークを採用または使用しないことに同意するものとします。また、商標を次の条件を満たす製品のみとともに使用することに同意するものとします:(a)米国およびその他の国のラベリングおよびパッケージングに関する該当するすべての法令および規制を満たしている製品。(b)米国およびその他の国の適正広告に関するすべての法令および規制に従って広告がおこなわれている製品。(c)米国およびその他の国の該当するすべての法令および規制に従っている製品。(d)配布業者の製品のパッケージや広告物にアドビ製品をサポートしていると示されている場合において、実際にアドビ製品をサポートしている製品。(f)業界標準に従った方法で広告がおこなわれている製品。アドビの正当な要求があった場合、配布業者は商標の使用場所をアドビに通知し、その使用方法を示す適切な見本をアドビに提示する必要があります。アドビが要求した場合、商標を使用しているマテリアルを宣伝配布する前にそれをアドビに提出してアドビの承認を得ることに同意するものとします。この同意は、理由なく留保されることはありません。商標の使用における品質と形式を監視および管理するための合理的な援助の提供をアドビが申し出た場合、配布業者はこれに従うことに同意するものとします。アドビは、配布業者が本契約に定められている使用に関する品質基準に従っているかどうかを評価するために、商標の使用方法をいつでも確認できるものとします。十分な品質基準を満たしていないとアドビが判断した場合、配布業者は本契約に違反したとみなされ、第13条の契約終了条項が適用されます。商標の使用に関して不備があり、それについてアドビから合理的な通知を受けた場合は、即座に対処する必要があります。アドビは、明示、黙示を問わず、商標に関していかなる保証もおこないません。アドビは、商標の使用に起因する、またはそれに関連して発生した、間接的損害、付随的損害、特別損害(業務上の利益の喪失を含む)につき、配布業者に対して賠償する責を負わないものとします。当該損害の発生の可能性につきアドビが認識していた場合においても同様とします。アドビが代わりとなる新しい商標を提供した場合、以前の商標を引き続き使用することに関するすべての責任は配布業者が負うものとします。
 
5. 保障
 
配布業者は、配布業者による本ソフトウェアの複製や配布、配布業者による本契約の違反、または配布業者による商標の使用や配布によって発生した賠償請求、訴訟、損害、および弁護士費用を含む支出や経費に関して、アドビを免責し補償することに同意します。ただし、本ソフトウェア(ソフトウェア単体、または配布業者以外が提供したソフトウェアやハードウェアとの組み合わせによって提供されたものを含む)または商標が、第三者の特許、著作権、商標、または他の知的財産権を侵害するという主張に起因する損害賠償請求や訴訟には、配布業者の保障義務は適用されません。上記の例外は、配布業者が提供した他のソフトウェアと本ソフトウェアまたは本商標の組み合わせに起因する賠償請求には適用されません。アドビは、配布業者の保障義務が適用される賠償請求や訴訟に関して速やかに書面により通知するものとし、配布業者の費用にて、そのような賠償請求や訴訟において防御活動または解決することに協力するものとします。
 
6. 知的財産権の所有権、著作権の保護
 
本ソフトウェア、およびアドビにより作成を許諾されたすべてのコピーは、アドビ システムズ社およびそのサプライヤーの知的財産であり、アドビ システムズ社およびそのサプライヤーが所有しています。本ソフトウェアの構造、構成およびコードは、アドビ システムズ社およびそのサプライヤーの重要な営業秘密でありかつ秘密情報です。本ソフトウェアは、米国およびその他の国の著作権法と国際条約により保護されています。本契約に明示されている場合を除き、本契約によって本ソフトウェアに関する何らの知的財産権も付与されるものではなく、明示的に付与される以外のすべての権利は、アドビとそのサプライヤーが留保します。
 
7. 対価
 
本ソフトウェアがAdobeランタイムである場合、契約期間中、配布業者は、以下に概要を述べるマーケティングの対価を第4条に定める指針に従ってアドビに提供します。
 
7.1 著作権および商標の表示。配布業者は、著作権および商標に関する文言、そして可能な限り関連のロゴを、配布製品またはサービスの以下の各号に定める場所に表示するものとします。(a)オンラインの文書、(b)エンドユーザー使用許諾契約および/または利用条件契約、(c)「バージョン情報」ボックスまたは類似の通知ページ、(d)著作権情報を含む配布製品またはサービスのその他の文書。本契約において、著作権および商標の文言とは、以下に掲げるものをいいます。
 
Adobe® Flash® Player. Copyright © 1996 - 2010. Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. AdobeおよびFlashは、米国およびその他の国における商標または登録商標です。
 
Adobe® Shockwave® Player. Copyright © 1996 - 2010. Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. AdobeおよびShockwaveは、米国およびその他の国における商標または登録商標です。
 
Adobe® AIR® Copyright © 2007 - 2010. Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe、Adobe AIRおよびAIRは、米国およびその他の国における商標または登録商標です。
 
7.2 インストールおよびスタートアップ時の権利帰属表示。配布業者は、その裁量により、配布製品またはサービスのインストールおよびスタートアップ時の画面中において、該当するAdobeランタイムのロゴが見え、かつ読めるようにすることができます。
 
7.3 Webサイトのプロモーション。配布業者は、その裁量により、適切な「Adobe Runtime-enabled」ロゴおよび/または「Adobe Runtime enabled」の権利帰属文言(または合理的にこれと同等のもの)を、配布製品のその他のマーケティングの特徴と矛盾しない方法で、配布業者のWebサイト上のトップレベルの「特集」ページに設置することができます。ロゴは、帰属文言に規定されるURLにリンクしなければなりません。
 
8. テクニカルサポート
 
アドビは、配布業者、その配布業者またはエンドユーザーに対してサポートを提供する義務を負わないものとします。Adobe Readerのテクニカルサポートについては、 http://www.adobe.com/go/support/acrreader_jpをご覧ください。Adobeランタイムのテクニカルサポートについては、 http://www.adobe.com/go/support_jpをご覧ください。
 
9. アドビに対する製品のコピー
 
Adobeランタイムがイントラネット経由で配布される場合を除き、アドビの請求により、配布業者は、その製品のコピー2部またはそのサービスに対する1件の会員資格をアドビの請求があったときより72時間以内にアドビに無料で提供します。これにより、アドビに知らされた、配布業者が本ソフトウェアを組み込んだことに伴う潜在的な品質保証の問題の解決が促進されます。配布製品または配布サービスが配布業者の秘密情報を含む場合、アドビは、配布業者との秘密保持契約の締結に協力します。
 
10. 責任の制限
 
アドビまたはそのサプライヤーは、いかなる場合においても、本契約または配布業者による本ソフトウェアの使用に起因する、派生損害、間接損害、付随的損害、利益の喪失、貯蓄の喪失を含むがこれらに限定されない一切の損害、クレームもしくは費用につき、配布業者に対して賠償する責を負わないものとし、当該損失、損害、クレームまたは費用あるいは第三者からのクレームが発生する可能性につきアドビの代表者の一人が認識していた場合においても同様とします。上記の制限事項および除外事項は、配布業者に対して適用可能な法が認める範囲内で適用されるものとします。いかなる場合においても、本契約条件に基づいてアドビおよびそのサプライヤーが負う責任の総額は、50米ドル($50.00)を上限とします。アドビまたはそのサプライヤーの過失または不法行為に起因し死亡または傷害の結果が生じた場合は、本契約のいかなる規定によっても配布業者に対するアドビまたはそのサプライヤーの責任は制限されません。アドビがサプライヤーに代わって履行するのは、本契約に定められた義務、保証、責任の排除または制限を目的とする場合に限られるものとします。
 
11. 輸出規制
 
配布業者は、本ソフトウェアを他国に出荷、譲渡もしくは輸出しないこと、または合衆国輸出管理法もしくは他の輸出関連法規(以下総称して「輸出法」といいます)で禁じられた方法により使用しないことに同意するものとし、その配布業者および再販業者も同様の事項に同意するものとします。さらに、本ソフトウェアが輸出法で輸出統制品目に指定されている場合、配布業者には、イラン、シリア、スーダン、キューバ、北朝鮮など、合衆国政府が輸出を禁止または制限している国の国民ではなく、かつ、それらの国に居住していないこと、および本ソフトウェアの配布を輸出法で禁止されていないことを表明および保証していただきます。配布業者が本契約の条件に違反した場合は、本契約で与えられている一切の権利はただちに失われるものとします。
 
12. 準拠法
 
本契約は、カリフォルニア州の実体法に準拠し、かつその法律に基づいて解釈され、カリフォルニア州サンタクララ郡の各裁判所が、本契約に関連するすべての紛争につき非専属的な裁判管轄権を有するものとします。いかなる法域の抵触法の原則も「国際物品売買契約に関する国連条約」も本契約には適用されず、これらの適用は明示的に排除されます。
 
13. 契約期間
 
本契約の期間は、本第13条に基づき、本発効日より1年間とします。ただし、それより早く終了した場合はその限りではありません。アドビは、(a)理由のいかんを問わず90日前に書面によって通知する本契約を解除する権限、および(b)配布業者が本契約に違反した場合は本契約を即時解除する権限を有するものとします。このように契約が終了した場合は、本ソフトウェアの複製および配布と本商標の使用をすべて中止し、また、アドビの要求に従って配布業者が所有している本ソフトウェアのすべてのコピーを破棄し、破棄したことを証明する資料を提出しなければなりません。ただし、第3条または第6条の違反があった場合を除き、配布業者は、90日を超えない合理的な期間内に、その時点において在庫として保有している配布製品のコピーを販売し、そのエンドユーザーのサポートのために配布業者が必要とする限りにおいて、その時点における最新の本ソフトウェアのバージョンを使用することができます。
 
14. 通知
 
本契約の下でおこなわれるすべての要求と通告は書面により、普通郵便、配達証明または書留郵便、配達証明付き書留郵便(アドビから配布業者への通知の場合は、電子メールも含む)にて送付され、郵便の場合は投函日から5日後、電子的な送付の場合は受領通知を受け取った時点で送付されたとみなされます。配布業者からアドビへの通告は、Adobe Systems Incorporated, 345 Park Avenue, San Jose, California 95110, Attention: General Counsel宛に送付されるものとします。アドビから配布業者への通告は、本契約において配布業者がアドビに指定した住所に送付されるものとします。配布業者は、本契約において提供した個人情報が契約時点における正確かつ最新の情報であることを保証するものとします。
 
15. 一般条項
 
本契約の一部が無効であり執行力を有しないものとされた場合においても、その他の部分の有効性は影響を受けず、その他の条項はその条件に従い有効かつ執行力を有するものとします。本契約は消費者の法律上の権利行使を制限するものではありません。本契約は、権限を有するアドビの役員が署名した文書による場合のみ変更できます。アドビは、追加の条件または異なる条件によりアップデートに関するライセンス許諾をする場合があります。本契約は、アドビと配布業者の間での本ソフトウェアの複製および配布に関する合意のすべてであり、本ソフトウェアに関する本契約締結以前の表明、交渉、了解、通信連絡、広告はすべて本契約によって無効となります。
 
16. 合衆国政府が配布業者である場合
 
アドビは、配布業者である合衆国政府に対して機会均等法(修正後の大統領命令第11246号の規定、1974年Vietnam Era Veterans Readjustment Assistance Act(USC第38編第4212条)第402条および修正後の1973年Rehabilitation Act第503条、ならびにCFR第41編パート60-1ないし60-60、60-250および60-741の規制を含みます)が適用される場合はこれをすべて遵守することに同意します。積極的是正措置の条項および上記の法令に定められた規制は、本契約の一部を構成するものとします。
 
17. 欧州連合に関する条項
 
本契約のいかなる規定(第3条5項(d)号を含む)も、強制法規により認められる、本ソフトウェアを逆コンパイルする非放棄権を制限するものではありません。例えば、欧州連合(EU)に所在する配布業者は、本ソフトウェアと別のソフトウェアプログラムとの相互運用を実現するために、まずアドビにかかる相互運用を実現するために必要な情報の提供を書面で要請し、アドビが当該情報を公開しないために逆コンパイルすることが必要なときに、法に規定された条件に基づき本ソフトウェアを逆コンパイルする権利が与えられる場合があります。また、かかる逆コンパイルは、配布業者または配布業者に代わって本ソフトウェアのコピーを使用することを許可された他者のみがおこなうことができます。アドビは、当該情報を提供する前に、逆コンパイルに対する合理的な条件を課す権利を有します。アドビから提供された情報または配布業者が入手した情報は、本契約条件に従い、本契約に定められた目的にのみ使用し得るものとし、第三者に開示してはならず、また、本ソフトウェアと実質的に類似する形態のソフトウェアを作成するために使用したり、アドビまたはそのライセンサーの著作権を侵害する他の行為に使用することもできません。
 
18. 監査に関する権利
 
配布業者は、アドビまたはアドビの権限ある代理人から要求された場合、本契約の条件に従っていることを、30日以内に文書により証明することに同意するものとします。本契約期間中、配布業者は、各四半期ごとに配布した本ソフトウェアのコピー数の完全、明確かつ正確な記録のため業務上合理的な措置を講じ、配布業者の本契約条件遵守をアドビが検証できるようにするものとします。アドビは、本ソフトウェアの複製と配布に関するすべての書類および記録を検査および監査する権限を有しているものとします。監査で得られた情報は、アドビの権利を行使すること、および配布業者が本契約の条件に従っているかどうかを判断することを目的としてのみ使用されます。この監査は、通知後7日以内に、配布業者のオフィスにて通常勤務時間内に、配布業者の通常業務を不当に妨害しない方法で実施されるものとします。
 
本契約に関してご質問のある場合、またはアドビからの情報を希望される場合は、アドビカスタマーサービス( http://www.adobe.com/jp)までお間い合わせください。
 
Adobe、Adobe AIR、AIR、Flash、Reader、ShockwaveおよびXtrasは、アドビ システムズ社の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
 
付録A(最終合意製品に固有のもの)
 
1. Adobe Reader
 
1.1 配布されるアドビの本ソフトウェア
 
1.2 被許諾者の製品またはサービスの説明
 
1.3 指定オペレーティングシステムおよびプラットフォーム
 
1.4 何名のエンドユーザーに配布する予定ですか?
 
1.5 アドビの本ソフトウェアをどのように配布する予定ですか?
 
1.6 発効日
 
2. Adobe Flash PlayerおよびAdobe Shockwave Player
 
2.1 配布されるアドビの本ソフトウェア
 
2.2 被許諾者の製品またはサービスの説明
 
2.3 指定オペレーティングシステムおよびプラットフォーム
 
2.4 何名のエンドユーザーに配布する予定ですか?
 
2.5 アドビの本ソフトウェアをどのように配布する予定ですか?
 
2.6 発効日
 
3. Adobe AIR
 
3.1 配布されるアドビの本ソフトウェア
 
3.2 配布製品またはサービスの説明
 
3.3 指定オペレーティングシステムおよびプラットフォーム
 
3.4 何名のエンドユーザーに配布する予定ですか?
 
3.5 許可された配布方法
 
3.6 発効日
 
PlatformClients_PC_WWDistribution-en_US-20101209_1530