Adobe AIR SDKの配布
 
Adobe AIR SDKは、単独で配布するか、または別の製品に含めて配布できます。例えば、Adobe AIR SDKを部署内や組織内で配布したり、ソフトウェア製品(IDEや開発ツールなど)とともに部署や組織の外部に配布したりできます。
 
個人のユーザー
 
開発者の方がAIRアプリケーション作成のためにAdobe AIR SDKをダウンロードされる場合、配布許諾契約は必要ありません。アドビのWebサイトから直接 Adobe AIR SDKをダウンロードし、同梱のエンドユーザー使用許諾契約(EULA)に従ってご使用ください。
 
個々の ライセンスの一部として、Adobe AIR SDKに付属する多くのファイルの再配布が許可されますが、ドキュメントやビルドツールの再配布は許可されません。例えば、使用許諾契約では、ビルドファイル、コンパイラー、ランタイムライブラリ、bin、lib、ランタイムディレクトリのその他の内容、adl.exe、adl.bat、adt.jarの配布は許可されていません。ドキュメントとビルドツールを配布するには、Adobe AIR SDKの配布許諾契約を締結する必要があります。
 
Flex SDKの個別のライセンス
 
Flex SDKの配布をご希望の場合は、 license-flexsdk@adobe.com(英文のみ)にお問い合わせください。
 
ライセンスの概要
 
Adobe AIR配布許諾契約では、社内イントラネットサイトまたはローカルネットワーク上にAdobe AIR SDKを掲載していただくことができます。また、開発者向け製品(IDEやその他の開発ツールなど)に含めての配布が可能です。Adobe AIR SDK配布許諾契約をアドビとの間で締結するには、想定される配布行為についての情報を記載したお申込書を提出していただく必要があります。お申し込みが承認されると、契約条件に基づくAdobe SDKの配布が可能になります。
 
Adobe AIR配布許諾契約に基づく権利および制約の概要は次のとおりです。
 
  • 被許諾者は、1つの閉じたイントラネット環境内にある複数のワークステーションにAdobe AIR SDKを配布できます。
  • 被許諾者は、Adobe AIR SDKをCD、DVDまたはその他の物理メディアに含めることにより、IDEやその他の開発ツールの一部として配布できます。
  • 被許諾者は、IDEなどの開発ツールの一部としてAdobe AIR SDKを配布できます。
  • 被許諾者は、サポート対象プラットフォーム上での使用を目的とする場合に限りAdobe AIR SDKのビルドツールを配布できます。例えば、PC以外のデバイスや組み込み用システムはサポート対象プラットフォームではありません。サポート対象でないOSまたはデバイスにおける開発で使用するためにAdobe AIR SDKのビルドツールを再配布する必要がある場合は、 license-airsdk@adobe.com(英文のみ)にお問い合わせください。
  • 被許諾者は、Adobe AIR SDKのビルドツールのファイルを、改変することなく配布する必要があります。
  • 被許諾者は、製品またはイントラネットサイト上に、アドビの商標ガイドラインに従って「Supports Adobe AIR」ロゴを自らの裁量により表示できます。

 

 
この契約に不都合な点があり、独自の契約を締結するためにアドビとの話し合いを希望される場合は、電子メールで license-airsdk@adobe.com(英文のみ)にお問い合わせください。
 
ライセンスの申請
 
この申請には5分から10分程度の時間を要し、意図されている用途に関する概要を提供していただく必要があります。申請、確認および承諾の手続きが終わると、Adobe AIR SDKへのリンクを電子メールでお知らせします。ご契約は、アドビによって申請が承諾され、この電子メールが送信されるまで有効にはなりません。