Character Animatorの新機能

Character Animator CCの最新機能をご確認ください。新機能やアップデートをリリースと同時にご利用いただけます。

Character Animator CC

新しいトリガーパネル

キーボードまたはMIDIデバイスで、パペットの様々な部分の表示と非表示、入れ替え、切り替えができます。新しいトリガーパネルで、すべてのトリガーを一元管理し、直感的に理解できるため、簡単にキャラクターを操作できます。トリガーのオンとオフの切り替え、ハンドポジションを素早く変更するためのスワップセットの作成、衣類の切り替えをおこなうことができます。

新しいコントロールパネル

新しいコントロールパネルを使うと、簡単に演技させたり、ビジュアルを高めたりすることができます。新しいコントロールパネルには、トリガーとパペットのプロパティがボタンとスライダーとして表示されます。動きをトリガーしたりレイヤーをスワップしたりするためのキーコマンドを覚える必要はありません。ボタンのデザインは、アートワークから自動的に生成され、キャラクターと一緒に保存され、他のユーザーと共有することができます。

眉と目のアニメーションの改良

眉に回転と動きが追加され、困った顔から怒り顔、驚き顔まで、表情豊かになりました。さらに、新機能「視線をスナップ」で、瞳の動きを細かく制御できます。
詳細を見る ›

ポーズ間のアニメーション

新しいポーズ間オプションで、手描きのようにキャラクターのポーズをなめらかに転換できます。スムージング量とポーズごとの長さをコントロールできます。

新しい動作:物理的性質、レイヤーピッカー、フェーダー

レイヤーピッカーを使って、パペットまたはグループの特定のレイヤーをトリガーします。フェーダーでは、パペットの特定の部分を表示または非表示にできます。新しい物理的動作の「衝突」では、パペットが環境要素や別のパペットとぶつかって跳ね返る動きを表現できます。

オーディオ調整機能の強化

波形表示で視覚的にオーディオを調整できます。また、Adobe Audition CCで編集し、その編集データをすぐに反映することが可能です。

リップシンクの精度が向上

新しいリップシンクアルゴリズムでは、より正確に口の形を対応する音声に合わせられるようになりました。Character Animatorで作成したリップシンク(編集を含む)をAdobe After Effects CCにコピー&ペーストできます。
詳細を見る ›

リギングとUIの改良

Adobe Photoshop CCからクリップグループを読み込んで、タイムライン上で詳細に編集し、自動ステープルによってパペットの部分を結合させることができます。

MIDIデバイスの制御

マウスとキーボードだけではなく、MIDIデバイスでもパペットをコントロールできます。

その他の強化機能

上記以外に、歩くときにつま先が曲がるなどの歩く動作の改良、キーボードショートカットで編集可能な口形素なども盛り込まれています。
すべてのリリースノートを見る ›

Character Animator CC(ベータ版)

歩行サイクル

1つのプロフィールポーズで、脚、腕、ボディをタグ付けし、キャラクターを歩かせることができます。歩く、走る、こそこそとなどの歩幅を選べば、それが脚の長さと歩行速度に自動的に適用されます。キャラクターが定位置で歩いても、シーンを横切っても、足が正しく地面に接地します。
詳細を見る ›

口形素エディター

音声または録音済み音声に合わせてパペットの口形を作成し、リップシンクの誤りを簡単に修正できます。

Facebook、YouTubeでのライブストリーミング

Mercury Transmitを使用して、キャラクターを外部デバイスまたはセカンドモニターに送信できます。MacとWindowsの両方に対応しました。ストリーミングアプリに接続し、Facebook LiveやYouTube Liveでキャラクターを配信することや、複数のマシンを使用して、相互に反応する複数のキャラクターをライブ制作で出力することもできます。

描画モード
レイヤーと下部のレイヤー間のインタラクションを制御して、パペットの外観を調整できます。Photoshop CCの描画モードを使用して、目のハイライト、ボディパーツのシャドウなどを演出できます。
ワークスペース

アニメーションプロセスの各手順に必要なツールを備えた4つのワークスペースを活用して、手際良く作業を進めることができます。「開始」でテンプレートからパペットをデザイン、「リグ」でパペットのアニメーションを作成、「録画」でボイスオーバーと動きを記録、「ストリーム」でプロフェッショナルなライブ出力を作成します。

パペットの口の機能強化

シンプルな口のアニメーションが表情豊かになりました。吹き替えの音が大きくなると口が広くなり、あごの右回転、左回転が可能になりました。

サポート言語が拡大

Character Animatorのサポート言語に、中国語(簡体字)、ポルトガル語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、韓国語が加わりました。

その他の強化機能

上記以外に、ダングルとサイクルレイヤー動作の強化、パペット複製機能の強化、パペットテンプレートの追加などが盛り込まれています。
すべてのリリースノートを見る ›

Character Animator CC(ベータ版)

パペットの作成が高速で容易に
複雑なパペットのリギング時の反応速度が向上。口、頭、その他のパーツを複数のPhotoshopおよびIllustratorファイルから結合し、すばやくマッシュアップを作成できます。
Creative Cloudアプリ間ワークフローの強化
Character AnimatorとPhotoshop、Illustrator間双方向のパフォーマンスが向上し、パペットの更新が高速化。Dynamic Linkの強化により、Character Animator、Premiere Pro、After Effects間で中間レンダリングが不要になりました。
効率化された録音と編集
キーボードトリガーによる録音をキーごとにグループ化し、対象を絞った編集ができます。タイムラインの移動も高速になりました。
Character Animatorの学習ツール
ワンクリックで起動する内蔵のインタラクティブチュートリアルで、Character Animatorの基本を習得できます。
Creative Cloudで共有
Creative Cloudフォルダーでは、.puppetファイル形式のパペットの書き出し、読み込み、共有が簡単にできます。
サポート対象アセットタイプの拡大
PNGシーケンスとSVGファイルをAdobe Animate CCから読み込み、Character Animatorのプロジェクトで使用できます。

Character Animator CC(プレビュー版)

シンプルになったキャラクターの動き
パペットレイヤーをすばやくタグ付けし、キャラクターの動きを複数テイクとして記録できます。新しい溶接、ヒンジ、フリーサブパペット接続機能により、パペットに親子関係を付けることができるようになりました。
モーショントリガーと自動まばたき動作
キャラクターを画面上でドラッグして動かし、その動きに応じて自動的にアニメーション化できます。
リアルタイムのアニメーション書き出し
Syphonクライアントを介して、アニメーションのライブフィードを無線で送信できます。
Adobe Media Encoderによる書き出し
Adobe Media Encoderを使用すれば、シーンを中間レンダリングなしで任意の形式に書き出せます。

Character Animator CC(プレビュー版)

マルチタッチのサポート
タッチディスプレイ上で指を使ってキャラクターの手足を動かし、その動きを記録できます。
言語サポートの拡張
Character Animatorのインターフェイスは、英語のほかにドイツ語、日本語、フランス語に対応します。

Character Animator CC(プレビュー版)

2Dアートワークのアニメーション化
IllustratorやPhotoshopで作成したキャラクターに命を吹き込みましょう。シンプルなキーボードアクションと自動機能を使用して、ユーザーの顔の表情をトラックし、セリフを録音、体の動きをトリガーできます。PhotoshopやIllustratorでアートワークを編集すると、Character Animatorでも自動的に更新されます。
感情を読み取るキャラクター
Webカメラで顔の表情や感情を取り込めば、Webカメラ、音声、キーボードの指示に応じて、キャラクターの顔のパーツの位置、サイズ、回転をコントロールできます。
自動リップシンク
Character Animatorが自動的にユーザーの声を取り込み、ユーザーの口の動きを忠実に再現します。必要なことはマイクの前で話すだけです。
キーボードで表情をトリガー
キーボード操作でまばたき、しわ線などの動きを加えれば、キャラクターがより本物らしくなります。
呼吸するキャラクター
リアルな呼吸モーションを自動的に追加でき、呼吸間隔の調整もできます。
リアルな口の動き
PhotoshopやIllustratorで口のアートワークを追加作成する必要はありません。Webカメラの前で口を開き、閉じるだけで、キャラクターの口が動き、話し始めます。
動きを制限
動かすパーツと動かさないパーツを指定することで、伸ばしたり曲げたりをリアルに表現できます。
四肢を簡単にアニメーション化
片手、片足のみをマウスでドラッグすることで、手を振り、歩く動作も簡単に作成できます。
副次的な動き
キャラクターの複数のボディパーツが何かに反応して動くと、より本物らしくなります。風になびく髪、ゆれるイヤリング、羽ばたきなどを表現できます。
パーティクルエフェクトの追加
パーティクルモードで、雪、雨が降るシーン、砲火のシーンなどを設定できます。
複数のテイクを作成
パペットの演技を録画し、タイムラインで再生できます。シーンに複数のパペットを配置し、それぞれの会話部分のトラックを別々に録画します。各パペットのインスタンスはトラックアイテムとして表示されるので、トリミングも時間の変更もできます。