製品について

Adobe® Director® 12とは?
Adobe Director 12とAdobe Shockwave® Playerを利用すれば、Web、iOSデバイス、MacやWindows®のデスクトップ、DVD、CDといった多彩なメディアすべてを配信対象とした、魅力あふれるインタラクティブなゲームやデモ、プロトタイプ、キオスクコンテンツ、シミュレーション、eラーニング教材などを制作・パブリッシュできます。Adobe Flash®で制作したビデオやネイティブ3Dコンテンツなどを含む、主要ファイル形式をすべて統合できるので、クリエイティビティを限りなく発揮できます。
Adobe Director 12はどのような購入者を想定した製品ですか?
マルチメディアアプリケーション作成者、3Dゲームデベロッパー、教育研修アプリケーション作成者など、魅力あふれるインタラクティブコンテンツを作成するニーズをお持ちの方々です。
Adobe Director 12には、どのような新機能がありますか?
詳しくは、 Director 12の新機能一覧をご覧ください。ここでは主な新機能を紹介します。
  • iOSデバイスワークフローへのパブリッシュ - Adobe Director 12では、シンプルかつパワフルなワークフローで、iOSデバイスに直接ゲームをパブリッシュできるようになりました。既存のゲームを再パブリッシュして、iOSプラットフォーム上で実行でき、加速度計やその他のデバイス固有のインタラクションに対するサポートを新たに取り入れることで、ゲーム体験を向上させることができます。* 追加契約が必要
  • Adobe Director 12による立体映像 - LingoスクリプトまたはJavaScriptを使用すれば、Adobe Director 12で適切な奥行き設定の立体映像を実現。Shockwave Player 12では、ランタイム時にShockwave 3Dコンテンツが自動的に立体映像モードに変換されるので、手間が省けます。ゲームプレイヤーは、ゲーム中にいつでも没入型の立体映像モードを体験することができます。
  • 画期的な新しいテクスチャとシェーダー - PerlinNoise Texture、CubeMap Render Textureなどの画期的な新しいテクスチャや、Fresnel Shaderなどのシェーダーを活用することで、視覚効果の豊富なDirectorムービーを制作できます。
  • 新しいセンセーショナルなポストプロセッシング効果 - 畳み込みフィルター、カラー調整フィルター、フィールドの奥行き、ブルーム効果、暗視などの画期的な機能をいくつか追加して、ムービーの視覚効果を充実できるようになりました。
  • 圧倒的なサラウンドサウンドマルチメディアの作成 - 5.1チャンネルサラウンド、リアルタイムミキシング、各種のオーディオ効果やDSPフィルターを搭載。強力なビジュアル機能にふさわしい、臨場感あふれるゲームサウンドを実現します。
  • H.264ビデオの統合 - H.264ビデオの統合機能を使用することで、マルチメディアアプリケーション内や、ゲーム内でHD画質のビデオを全画面で再生し、充実したマルチメディア体験を実現できます。
  • Google SketchUp用の新3D読み込みツール - Google SketchUpとGoogle 3D Warehouseで提供されている豊富な3Dモデルを利用し、リッチな3D環境をすぐに構築できます。
  • ストリーミングのサポート - ぼかし、ドロップシャドウ、ベベル、グローなど、ビットマップフィルターを使用して、充実したリッチなビジュアル効果を実現できます。ビットマップフィルターはユーザーインターフェイスからも、スクリプトからも適用可能です。RTMP(Real Time Messaging Protocol)を使用すれば、インターネットでオーディオおよびビデオをストリーム配信できます。
  • ByteArrayの操作 - ByteArrayデータ型は、バイナリデータのアクセスと操作を簡単に実行でき、開発の迅速化とアプリケーション読み込み時間の短縮に役立ちます。
  • 高度な物理演算エンジン - 動きのある凹型剛体をサポートした物理演算エンジンにより、ダイナミックな動きとインタラクティブ性が格段にレベルアップ。今まで以上にリアルなゲームやシミュレーションを実現できます。
  • 生産性を向上するマルチレベルの取り消し/やり直し - 編集作業のどのステップにもクリック1つで戻れるヒストリーパレット。失敗を気にせず、納得のいくまで何度でも試すことができます。

 

InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverは拡張可能ですか?
InDesign CC Serverの機能説明には、どのようなものがありますか?

 

ライセンス、価格設定、入手状況

Director 12はいつ発売されますか?
現在、英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版のDirector 12をお求めいただけます。
Director 12では、教育機関向けの特別な価格設定はありますか?
一定の条件を満たす教育関係者は、Director 12アカデミック版を特別価格でお求めいただけます。教員や学生の方を対象とした特別価格について詳しくは、アドビアカデミックストアを参照してください。
Director 12を購入する前に、試用することは可能ですか?
Director 12の30日間無償体験版をご利用ください。
Mac版とWindows版両方のAdobe Director 12に同じライセンスキーを使用できますか?
はい、Windows版とMac版両方の製品で同じライセンスキーを使用できます。詳しくは、 こちらの記事を参照してください。

 

オーサリング関連一般

クロスプラットフォーム対応のムービーを作成する場合、Mac版とWindows版、両方の製品を購入する必要がありますか?
Director 12では、Mac版とWindows版のどちらか一方があれば、MacとWindowsの両プラットフォーム向けに実行可能ファイルとShockwaveコンテンツを作成できます。アドビシステムズ社では、コンテンツの視聴者が利用するすべてのプラットフォーム上で、コンテンツの動作確認をおこなうことを推奨しています。システムレベルのコントロールを含んだコンテンツを制作する場合は、コンテンツの配信対象プラットフォーム上でコンテンツのデバッグが必要になることがあります。
注意:iOSへのパブリッシュ機能は、Mac版のAdobe Director 12でのみ使用できます。
Director 12は、どのメディア形式に対応していますか?
Director 12がサポートするメディア形式は多岐に渡ります。QuickTimeビデオ、Adobe Flash用ビデオ、ビットマップ、テキスト、ベクター、サウンド、3Dコンテンツのほか、ストリーミングRealVideo、RealAudio形式もサポート対象です。

 

再生と配布について

一般ユーザーは、どうすればDirectorコンテンツをWeb上で視聴できますか?
Directorコンテンツの制作時に、コンテンツをWebで視聴可能なShockwaveムービーで保存すれば、ユーザーはAdobe Shockwave Playerを利用して、ブラウザーでコンテンツを視聴できます。
Shockwave Playerの普及度と入手方法は?
Shockwave Playerは4億人を超えるWebユーザーのマシンにインストールされているため、ほとんどのユーザーが今すぐShockwaveコンテンツを視聴できる使用環境にあります。Shockwave Playerダウンロードセンターから最新版を簡単にダウンロードできます。
作成したShockwaveコンテンツと共にShockwave Playerを再配布してもよいでしょうか?
はい。デベロッパーがFlash PlayerまたはShockwave Playerを必要とするCD-ROMコンテンツを制作する場合は、Playerをコンテンツとともに配布できます(エンドユーザーがWebから各自でダウンロードする手間を省くことができます)。詳しくは、 Adobe Flash PlayerとShockwave Playerのライセンスと配布についてを参照してください。
Director 12は実行可能形式のファイルを生成できますか?
はい、Director 12はプロジェクターと呼ばれる実行可能形式のファイルを生成することができます。Director 12では、Mac版とWindows版のどちらか一方があれば、MacとWindowsの両プラットフォーム向けにプロジェクターとShockwaveコンテンツを作成できます。
注意:iOSへのパブリッシュ機能は、Mac版のAdobe Director 12でのみ使用できます。

トップへ


 

サポートについて

Director 12を使ったアプリケーションオーサリング作業については、どのプラットフォームがサポート対象ですか?
Director 12では、Microsoft Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、およびMac Intel®プラットフォームでのオーサリングをサポートしています。
Director 12にはどの言語版が用意されていますか?
Director 12は日本語版と英語版をお求めいただけます。この他フランス語版とドイツ語版もありますが、日本での発売予定はありません。
Director 12を購入する前に、試用することは可能ですか?
Director 12の30日間無償体験版をご利用ください。
Directorにはどのようなテクニカルサポートが用意されていますか?
アドビ システムズ社では課金制のものから無償のものまで、様々なテクニカルサポートサービスを提供しています。詳しくは、アドビの サポートプログラムをご覧ください。Directorのサポートに関するその他の情報については、Directorの サポートページを参照してください。
Director 12にはどの言語版が用意されていますか?
Director 12にはどの言語版が用意されていますか?
Director 12にはどの言語版が用意されていますか?
Director 12にはどの言語版が用意されていますか?

ページツール
Facebookでシェア
Facebookでシェア
LinkedInでシェア
LinkedInでシェア