進化し続けるアドビ

Dreamweaver CCでは、新機能をリリースと同時にいつでもご利用いただけます。

Dreamweaver(2014.1)

エクストラクト

コンテキストに応じたコードヒントを取得したり、最適化された画像をライブビューにドラッグ&ドロップしたり、CSSとテキストを簡単にコピーしたりできるほか、カラー、グラデーション、フォントなどについての情報や測定値をPSDから取得することもできます。
機能を説明 ›

ライブビュー

コンテキストメニューなどの新機能の導入と挿入パネル、キーボードショートカットおよびHTMLタグエディターの更新によって、Webサイトの編集とプレビューを従来よりもスピーディーに行うことができます。
機能を説明 ›

ライブガイド

ライブガイドを使用すると、HTML要素とそれに関連付けられているコードをドラッグ&ドロップ操作で正確に移動できます。

スターターテンプレート

カスタマイズ可能なレスポンシブデザインのテンプレートが利用できます。

64-bitアーキテクチャ

Dreamweaverが最先端の64-bitハードウェアおよびオペレーティングシステムを最大限に活用するように再設計されています。これにより、互換性が拡張され、パフォーマンスが向上しています。

Dreamweaver CC(2014)

エレメントクイックビュー

新しいDOMビジュアリゼーションツールを使用してマークアップを高レベルで可視化。ドラッグ&ドロップ、複製、削除、複数選択の操作により、コンテンツの構造を手軽に変更できます。
機能を説明 ›

ライブビュープロパティインスペクター

ライブビューで、HTML要素のプロパティを選択、変更、検証ができます。更新操作をすることなく、直ちに変更が反映されます。
機能を説明 ›

ライブでの挿入

ライブビューでは、挿入パネルを使用してHTML要素を追加し、モードの切り替えや更新の操作をすることなく変更をプレビューできます。
機能を説明 ›

CSSデザイナーの改善

直感的なビジュアル編集ツールで標準に準拠したクリーンなCSSを生成。テキスト、レイアウト、カラーなどのCSSプロパティをすばやく適用できます。強化された主なユーザビリティとしては、新しい境界線ツール、取り消しのサポートおよびワークフローの大幅な改善があります。
機能を説明 ›

証明書ベースのサイト管理

複数のサーバーに効率的にアクセスする、SFTP証明書ベースの認証を使用して、サイトからファイルを安全に管理できます。

Help Center

この機能は、最初に起動したときに新機能と効果的なワークフローを見つけるのに役立ちます。簡単にスキップでき、モジュール式なので簡単に元の場所に戻ることができます。
機能を説明 ›

その他の強化機能

その他にも、取り消し/やり直しの強化、拡張機能にアクセスする方法の変更、Adobe Business CatalystおよびPhoneGap Buildワークフローの更新などが追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›

Dreamweaver CC(13.1)

ライブハイライト

ライブビューのHTML要素と、適用されているCSSセレクターの関係を視覚化。CSSデザイナーを操作しながら、ライブビューでリアルタイムに要素を確認してハイライトできます。
機能を説明 ›

刷新されたライブビュー

Google Chromeと同じレンダリングエンジンを新たに採用したことにより、WebコンテンツのライブビューがChromeと同じパフォーマンスで確認でき、HTML5にも対応しました。コンテンツをテストするためにブラウザーと切り替える回数が減り、Dreamweaverでの作業により多くの時間を振り分けることができます。
機能を説明 ›

強化されたCSSデザイナー

直感的なビジュアル編集ツールでクリーンなWeb標準コードを作成します。グラデーションやボックスシャドウなどのCSSプロパティをすばやく適用できます。高いユーザビリティと新しいカラーピッカーにより、CSSビジュアル編集ワークフローがスピードアップし、生産性が向上します。
機能を説明 ›

設定を同期の強化

あらゆるコンピューターからCreative Cloudにログインして、各種設定、サイトの設定、カスタムワークスペース、キーボードショートカットを同期できます。Creative Cloudならワークフローを一度カスタマイズするだけで、どこからでもアクセスできます。
機能を説明 ›

最新のWeb標準に対応

HTML(HTML5フォーム、JQueryのサポート強化)、CSS、JavaScriptを使用してプロジェクトをオーサリングできます。
機能を説明 ›

改善されたコードビュー

行数のハイライトやタグのマッチングの追加など、コードビューが改善され、コーディングがさらに効率的になりました。新しいCSSセレクターのコードヒントには、カラーカスタマイズの環境設定のサポートが含まれました。
機能を説明 ›

その他の強化機能

その他にも、CSSセレクターのコードヒント、PHP 5.4のサポート、Adobe Extension Managerのアップデート、Adobe Exchangeの強化などが追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›

Dreamweaver CC(13)

CSSデザイナー

この直感的なビジュアル編集ツールを使用すると、クリーンなWeb標準コードを生成し、グラデーションやボックスシャドウなどのCSSプロパティを素早く適用できます。
機能を説明 ›

可変グリッドレイアウトの強化

Webデザインとレスポンシブレイアウトを視覚的に作成。更新された可変グリッドレイアウトのインターフェイスで、デスクトップやデバイスの画面サイズに合わせて表示が変化するプロジェクトを簡単にデザインできます。
機能を説明 ›

設定を同期

あらゆるコンピューターからCreative Cloudにログインし、ファイルや環境設定、各種設定にアクセスできるので、Webプロジェクトでの作業に必要なすべてを時間や場所に関係なく使用できます。
機能を説明 ›

Edge Web Fonts

Adobe Typekitが提供するAdobe Edge Web Fontsライブラリには、増え続ける膨大な数のWebフォントが用意されています。
機能を説明 ›

最新のWeb標準に対応

HTML、CSS、JavaScriptを使用してプロジェクトをオーサリングしたり、新たにサポートされたPHP 5.4を使用してダイナミックなWebページを作成したりできます。

簡易化されたユーザー体験

Dreamweaver CCのインターフェイスがより直感的に生まれ変わり、ワークフローがよりスムーズに。古い機能が削除された、より軽量で高速なアプリケーションで作業を行えます。
機能を説明 ›

jQuery UIウィジェット

jQuery UIウィジェットの完全なビジュアルサポートにより、開発ワークフローを効率化。
機能を説明 ›

HTML5のオーディオとビデオを簡単操作

魅力的なサウンドとムービーでデスクトッププロジェクトおよびモバイルプロジェクトを演出しましょう。WebサイトやアプリケーションにHTML5のオーディオとビデオを簡単に追加できます。すっきりとしたインターフェイスとコードヒントにより、リッチメディアの挿入をスピーディに効率良く行うことができます。
機能を説明 ›

HTML5要素をすばやく挿入

再編成された挿入パネルを使用すれば、HTML5のタグと一般的なページ要素を素早く追加できます。パネルは、目的のものを選択しやすいよう、わかりやすく分類されているので、便利な機能が集約された挿入パネルのインターフェイス内で、すぐに必要なアイテムを見つけて追加できます。

その他の強化機能

すべての新機能について、詳細をご確認ください。
すべてのリリースノートを見る ›