注意:2015年11月以降、Edge Reflowの開発は必要な場合に限り行われます。 さらに詳しく
 

Edge Reflow CC(プレビュー版):レスポンシブWebデザイン

 
メディアクエリーブレークポイント、正確なCSSレイアウト、グループ化などを使用して、レスポンシブデザインをすぐに開始でき、正確なプロトタイプを作成できます。Edge Reflowは Adobe Photoshop CCと連携しているため、クリック1つで固定デザインをレスポンシブWebデザインに変換できます。
Adobe Edge Reflow CC

機能

  • WebKitでレスポンシブなデザイン
  • メディアクエリーブレークポイントの可視化
  • リンクを使用した複数ページのデザインを作成
  • デザインをブラウザーで確認
  • Photoshop CCアセット読み込みの強化
  • CSSとHTMLを書き出して任意のコードエディターで使用
  • フォームエレメントを作成
  • hoverステートやactiveステートなどのデザイン要素
  • ローカルフォント、Adobe Typekitフォント、Edge Web Fontsを使用したデザイン
  • Edge Inspectと連携して、デバイス上でデザインを共有
  • 統合された可変グリッドシステム

今日から始めるEdge Reflow

アドビとラーニングパートナーのエキスパートが提供するビデオチュートリアルをご覧ください。何百ものAdobe Creative Cloudチュートリアルコレクションからお選びいただけます。主要なスキルを学び、常に新機能をチェック、さらに高度な技術も磨けます。
今日から始めるEdge Reflow CC(プレビュー版)