一般的な質問

 

Flexとは?
 
Flexは、iOS、Android、BlackBerry Tablet OS向けのモバイルアプリケーションをブラウザーやデスクトップ向けの従来のアプリケーションと同じプログラミングモデル、ツール、コードを使用して簡単に開発することができる強力なオープンソース型のアプリケーションフレームワークです。
 
Flexアプリケーションは無償のFlex SDKのみで構築することができますが、Adobe Flash® Builder®を使えば、インテリジェントなコード編集、ステップスルーデバッグ、メモリプロファイラーとパフォーマンスプロファイラー、ビジュアルデザインなどの機能を通じて開発を迅速に進めることができます。また、アドビは、オープンソースのBlazeDSプロジェクトおよび市販のAdobe LiveCycle® Data Services ES2モジュールを通じてエンタープライズ向けの高度なデータサービスも提供しています。
 
Flash BuilderとFlex 4.6の新機能は?
 
開発者は、Flex 4.6とFlash Builder 4.6を使用して、従来のPCブラウザー向け、デスクトップ向けアプリケーションと同じプログラミングモデル、ツール、コードを使用して、iOS、Android、BlackBerry Tablet OSデバイス向けのアプリケーションを構築することができます。また、Flash BuilderとFlex 4.6では、タブレットアプリケーション用の多くの生産性に関連する機能とコンポーネントが新しく提供されています。
 
Flexを使用すると、どのようなアプリケーションを開発できますか?
 
Flexを使用すると、モバイル、Webおよびデスクトップに対応した、高度にインタラクティブで表現力豊かな様々なアプリケーションを作成することができます。例えば、Flexを使ってダッシュボードアプリケーションを開発すれば、複数のバックエンドソースからデータを取得し、これらを一元的に、しかもインタラクティブに可視化できます。 ビジネスシーンでは、きめ細かなデータ分析を支援するために、取得したデータに対するドリルダウン機能を提供できるだけでなく、データ編集時に、新しいデータが自動的にバックエンドに反映されるようにもできます。 また、Flexを使って商品コンフィグレータを開発すれば、オンラインショッピングユーザーが商品を選択、カスタマイズする作業をスマートに支援できます。 セルフサービス型アプリケーションを開発すれば、顧客がガイドに従って自分で住所変更をおこなったり、従業員が給付金申請手続きをおこなう際に、通常は何段階もの複雑な手順が必要な操作を自分でおこなえるようになります。モバイルアプリケーションでは、既存のWebアプリケーションを拡張して、ビジネスに不可欠な情報にモバイルでアクセスできるようになります。
 
Flexアプリケーションを開発するにはどのようなソフトウェアが必要ですか?
 
Flexアプリケーションの作成とデプロイは、オープンソースのFlexフレームワークだけを使って実行できます。より生産性の高い開発を実現するには、市販のパワフルなEclipse™ベースのIDEであるAdobe Flash Builderを使用することができます。Flexアプリケーションをバックエンドサービスに接続する際の生産性とパフォーマンスをより高めるには、無償のオープンソースJava™ソリューションであるBlazeDSをお使いください。BlazeDSには、シリアル化されたバイナリーデータ転送のためのAction Message Format(AMF)と、リアルタイムのデータプッシュを可能にするFlexメッセージングサービスの両方が含まれています。LiveCycle Data Services ES2は、大規模なデータサービスとデータプッシュを実現し、モデル駆動型の開発をサポートします。
 
Flexの学習方法は?
 
Flexについて学習し、使用を開始する方法は数多くあります。 Adobe Developer Connection には、 無料のオンラインビデオトレーニングを初めとした自習用の教材が多数用意されています。また、アドビパートナーから、多くの 書籍オンライン研修コースが提供されています。また、 認定トレーナーによる教育コースも受講可能です。
 
Flash Builderとは?
 
Flash Builderはプロフェッショナル向けのEclipseベースの開発ツールで、モバイル、Webおよびデスクトップに対応したインテリジェントなコーディング、インタラクティブなステップスルーデバッグが可能であり、リッチインターネットアプリケーション(RIA)のユーザーインターフェイスのレイアウト、外観、ビヘイビアーをビジュアルにデザインできます。Adobe Creative Suite®からアセットを読み込んだり、Adobe Flash Catalyst®のプロジェクト全体をFlash Builderに読み込んだりして、デザイナーとデベロッパーの並行した共同作業を容易にすることができます。Flash Builderはデベロッパーの人数に応じてライセンスが発行される製品で、31,500円(税別)からご利用いただけます。Flash Builderの 60日間無償体験版をダウンロードして、今すぐ開発を開始できます。
 
Flash Builder 4.6 StandardとFlash Builder 4.6 Premiumの違いは?
 
Flash Builder 4.6 Standard
Flash Builder 4.6 Standardは生産性の高いEclipseベースの開発ツールで、インテリジェントなコーディング、インタラクティブなステップスルーデバッグが可能であり、ActionScript®およびFlexを使用して構築されたモバイル、Webおよびデスクトップアプリケーションのユーザーインターフェイスのレイアウト、外観、ビヘイビアーをビジュアルにデザインできます。主な機能は以下のとおりです。
 
強力なコーディングツール—MXML、ActionScriptおよびCSS対応のエディターが装備され、シンタックスの色分け表示、コードの自動補完、コードの折りたたみ表示、インタラクティブなステップスルーデバッグなどの機能も備わっています。
リッチなビジュアルレイアウト—組み込みコンポーネントまたはカスタムコンポーネントの充実したライブラリを利用して、視覚的な操作でユーザーインターフェイスのレイアウト、外観、ビヘイビアーをデザインおよびプレビューできます。
メディアの統合—メディアをアプリケーションにシームレスに統合できます。
Adobe Creative Suiteとの統合—Adobe Illustrator®、Animate CCおよびPhotoshop®から、すぐに使用できるクリエイティブなアセットを読み込んだり、Flash Catalystを使用してデザイナーと並行して共同作業を進めたりすることができます。
 
Flash Builder 4.6 Premium
Flash Builder 4.6 Premiumは、ビジネスにとって重要なアプリケーションの作成に利用できます。Flash Builder Standardに含まれるパワフルなすべての機能が搭載されており、さらに、メモリの使用状況を調査したり、アプリケーションが時間を消費する場所を分析したりするメモリプロファイラーおよびパフォーマンスプロファイラー、リグレッションテストのための自動ファンクションテストのサポート、ローカルのFlexアプリケーションとバックエンドの間で受け渡されるすべてのデータの詳細な追跡記録を生成して、デバッグやパフォーマンスチューニングに役立てるネットワークモニターなど、パワフルなテストツールが追加されています。Premium Editionには、Adobe ColdFusion® Builder® 2が同梱されています。
 
Flash Builder 4.5 for PHP
Flash Builder 4.5 for PHP Standard EditionまたはPremium Editionを使用すると、モバイル、Webおよびデスクトップに対応した、表現力豊かなPHPベースのFlexアプリケーションをすばやく構築することができます。Flash Builder 4.5に含まれる優れたすべての機能のほか、Flash Builder 4.5 for PHPには、最適化されたFlex/PHP開発エクスペリエンスを実現する、プロフェッショナルなPHP IDEであるZend Studio 8の統合版が追加されています。
 
BlazeDSとは?
 
BlazeDSを使用すると、バックエンドの分散データに簡単に接続して、データをリアルタイムでFlexアプリケーションおよびAdobe AIR®アプリケーションにプッシュ送信できるため、より応答性に優れたRIA操作が可能になります。以前はLiveCycle Data Services ES2の一部としてのみ提供されていた、BlazeDSに含まれるテクノロジーとAMFプロトコルの仕様は、現在Lesser General Public License(LGPL)v3に基づいてオープンソースとして提供されています。
 
アドビはBlazeDSに関してエンタープライズサポートを提供しますか?
 
はい。BlazeDSに関するエンタープライズサポートは、オープンソースソフトウェアに関連するビジネスモデルを確立した企業により提供されるサポートと同様、サブスクリプションの申し込みによりご利用いただけます。サブスクリプションにより、信頼できる認定ビルド、パッチ、保証、およびビジネスクリティカルなアプリケーションを対象とするエンタープライズサポートを得ることができます。詳しくは、 BlazeDSのよくある質問を参照してください。
 
オープンソースに公開されているFlexコンポーネントは?
 
オープンソースFlex SDKには、Adobe® Flex® SDK(コンパイラー、フレームワーク、デバッガーなど)のほとんどのコンポーネントが含まれますが、Adobe Flash® Player、Adobe AIR®ランタイム、高度なフォントエンコードライブラリなど、オープンソース以外のものは含まれません。オープンソースFlex SDKでは、Mozilla Public License(MPLバージョン1.1)で許可されるすべての方法でアプリケーションを作成できます。このパッケージは、バイナリデータを含め、MPLに完全準拠しています。Eclipse™ベースのIDEであるAdobe Flash Builder®(以前の名称はAdobe Flex Builder)は、オープンソースでは入手できません。
 
オープンソースFlex SDKと無償のAdobe Flex SDKの違いは?
 
オープンソースFlex SDKには、ActionScript®およびMXML言語のコンパイラーやFlexフレームワークなど、動作するFlexアプリケーションを作成するために必要なすべてが含まれています。無償のAdobe Flex SDKには、オープンソースFlex SDKのすべての機能に加え、追加コンポーネントが含まれます。Flexアプリケーションの作成プロセスを強化するこれらのコンポーネントには、高度なフォントエンコーダー、Adobe AIRアプリケーションのパッケージング用ツール、Adobe Flash Playerなどがあります。これらのコンポーネントはオープンソースではありませんが、Adobeから無償で提供されています。
 
オープンソースFlex SDKが準拠するオープンソースライセンスとは?
 
オープンソースFlex SDKは、オープンソースの MPLバージョン1.1に基づいて利用できます。これにより、オープンソースと商用製品の両方のデベロッパーが、ニーズに合わせてFlexフレームワークを拡張して、Flexフレームワークの発展に貢献できます。
 
Flex SDKがオープンソースとして公開されたのはいつですか?
 
オープンソースFlex SDKは、2008年2月25日のFlex 3のリリースと同時に、オープンソースMPLに基づいて公開されました。
 
Flexに対するアドビの方針は?
 
現在、Flex SDKの開発、品質保証、製品チームの担当者は、このオープンソースプロジェクトに専任で取り組んでいます。アドビでは、現行のフレームワークと言語の発展に対する投資を今後も継続的におこないます。
 
Flexの言語とフレームワークは、多くのアドビ製品の中心的要素であり、デザイナーやデベロッパーがオンラインおよびデスクトップ上で動作する次世代のリッチインターネットアプリケーション(RIA)を作成するために役立ちます。Flash Builderやthe Adobe Creative Suite®ファミリー製品などの多くのアドビ製品では、Flex SDKの利用により、Flash PlayerとAIRランタイムを簡単に活用できるようになります。また、Adobe Media PlayerやPhotoshop.comオンラインサービスなどの一部のアドビ製品は、Flexを使用して開発されています。他のISV、アドビパートナー、オープンソースコミュニティのメンバーも、Flex SDKを利用できる設計ツールや開発ツールの提供を予定していると考えています。
 
オープンソースFlexによるFlexデベロッパーへの利点は?
 
Flexを使用してWebやデスクトップの製品を開発することにより、Flexプロジェクトの参加者と直接意見交換や提案をおこなったり、公開されているバグトラッキングシステムにコードを投稿したり、拡張機能をFlexプロジェクトに直接提供したりできるようになりました。今後は、Flexのコアプロジェクトを拡張するサブプロジェクトの新規導入も予定しています。
 
Flexを使用してアプリケーションを構築した場合、プロジェクトをオープンソースとして公開する必要がありますか?
 
Flexアプリケーションのソースコードを公開する必要はありませんが、オープンソースFlex SDKの一部として提供されたActionScriptソースファイルに対してソースコードの変更をおこなった場合は、その変更を公開する必要があります。 これらの変更は、MPLに準拠して公開する必要があります。 これ以外に作成したファイルについては、複数のファイルが1つの実行ファイルやバイトコードファイルに結合されている場合でも、公開は義務付けられません。MPLでの権利と義務について詳しくは、法律の専門家にお問い合わせください。
 
この公表によるオープンソースプロジェクトの参加者への利点は?
 
MPLの条項に基づき、オープンソースプロジェクトのオーナーは、MPLの条項を満たすという条件で、Flexを使用したアプリケーションのパーツ開発、Flexの機能拡張とコミュニティへの提供、SDKの一部または全体のプロジェクトへの組み込みをおこなうことができます。
 
オープンソースFlexとTamarinプロジェクトとの関係は?
 
アドビ システムズ社は Tamarinプロジェクトの下で、これまでにActionScript Virtual MachineのソースコードをMozilla Foundationに提供してきました。Tamarinプロジェクトを使用するデベロッパーは、オープンソースFlex SDKをコンパイラーおよびデバッガーとして使用できます。
 
オープンソースFlexもMozilla Foundationに提供されますか?
 
いいえ。アドビは、Flex SDKオープンソースプロジェクトの将来の管理をApache Software Foundationに提供する意思を発表しました。詳しくは、こちら
 

ファーストステップガイド

 
Flexアプリケーションを開発し始めるには何が必要ですか?
 
Flex開発をすぐに始めるのに最適なのは、Flash Builderを使用することです。Flash Builder 4.6には、開発を始めるために必要な機能が揃っており、手順に従うだけで初めてのFlexアプリケーションを作成できます。そのほか、無償のFlex 4.6 SDKをダウンロードして、キットに含まれているFlexフレームワーク、コンパイラーおよびデバッガーを利用すると、好みのIDEを使用してFlexアプリケーションを開発できます。
 
Flash Builderを使用するには、Flex SDKをインストールする必要がありますか?
 
いいえ。Flash Builderをインストールすると、インストールしなくてもFlex SDKを自動的に入手できるだけではなく、Flexアプリケーションの開発を開始するのに必要な機能をすべて入手することができます。
 
Flexアプリケーションの開発および展開は無償ですか?
 
はい。アプリケーションの展開により、Flexに関するライセンスコストは発生しません。無償のFlex SDKのみを使用している場合、Flexアプリケーションの開発と展開は無料です。さらに生産性の高い開発環境をご希望の場合は、31,500円(税別)から購入可能なFlash Builder 4.6を使用してください。Flash Builder 4.6 Premiumの体験版は60日間無償でご利用いただけます。オープンソースBlazeDSを使用すると、高速のバイナリデータ転送とリアルタイムのデータプッシュ配信を利用できます。
 
Flexアプリケーションの開発にはFlash Builder が必要ですか?
 
いいえ。Flexアプリケーションは、無償のFlex SDKまたはオープンソースのFlex SDKだけで開発できます。ただし、ほとんどの場合、Flash Builderを使用してアプリケーションを開発した方が、デベロッパーの生産性は向上します。
 

モバイルアプリケーションの開発

 
Flash Builder 4.6でサポートされているモバイルプラットフォームは?
 
Flex 4.6とFlash Builder 4.6はいずれも、Android、Blackberry Tablet OS、iPhone、およびiPad向けのFlexとActionScriptのモバイルアプリケーションの開発とデプロイを全面的にサポートしています。
 
Flexで開発されたアプリケーションは、Apple App Store、Android Market、およびBlackBerry App Worldなどの様々なマーケットプレイスで利用することはできますか?
 
はい。Flexで作成されたアプリケーションは数多くあり、これらは、有償無償を問わず、3つのすべてのフィールドにおいて利用できます。さらに、これらのアプリケーションの多くは、Barnes & NobleのNookストアとAmazonのAndroidアプリストアで入手可能です。
 
タブレットのハードウェアはメーカーによって異なりますが、Flash Builder 4.6を使用している場合、各デバイスのすべての機能を利用することはできますか?
 
サポートしているタブレットとオペレーティングシステムに関し、現在市場で幅広く利用できる機能に基づいて、デバイスのほとんどの機能を活用することができます。AIRがネイティブエクステンションをサポートする場合、既存のネイティブライブラリとデバイスの追加機能を活用することができます。
 
Flex 4.6で開発されたモバイルアプリケーションのパフォーマンスはネイティブアプリケーションと同じくらいですか?
 
ほとんどの場合、Flexアプリケーションのパフォーマンスは、ネイティブアプリケーションと同程度です。
 
Web、モバイルおよびデスクトップで同じアプリケーションを実行することはできますか?
 
それぞれのプラットフォームおよびデバイスには、様々な機能、スクリーンサイズおよび解像度があるため、個々のプラットフォームをサポートするには変更が必要です。共通のコードライブラリを使用して、必要な変更をFlexコードに加えることで、コードの約70%をアプリケーションプラットフォームおよびデバイス間で再利用することができます。
 
モバイルとWebアプリケーションを開発する上で、HTMLベースのソリューションに対してFlexを使用する利点は何でしょうか?
 
● 一貫性:Flashベースのアプリケーションは、iOS、Android、BlackBerry Tablet OSにわたって一貫性を持って動作しますが、従来のコンピューターのブラウザーやデスクトップの環境下においても同じように対応するため、異なるブラウザーやオペレーティングシステム間におけるブラウザーの矛盾性を調べる必要はありません。
● 生産性:Flexは、すべて馴染みのある開発環境(強力でダイナミックなタイピング、継承性、インターフェイスなど)で構成されたプログラミング言語であることから、生産性を飛躍的に向上させることができます。また、Flexは、広範なコンポーネントとエンタープライズクラスのツールを搭載しています。
● ツール:Flash Builderは、アプリケーションの開発、デバッグ、プロファイルをおこなうエンタープライズクラスのIDEです。
● 表現性:Flexに内蔵されたコンポーネント、エフェクト、トランジション機能を使用すれば、さらにリッチで表現性豊かなアプリケーションを構築することができます。
● 設計者/開発者のワークフロー:最近のモバイルおよびデスクトップのアプリケーションは、設計者と開発者間の緊密な連携を図ることにより、高品質の生産性を実現しています。Adobe Flash Catalystは、連携のプロセスの効率化を図る固有の往復ワークフロー機能をFlash Builderに提供しています。
● 革新性:Flash Platformにはユーザーエクスペリエンスのレベルを継続的に引き上げてきた実績があります。HTMLは既存の一部の機能について標準化を図っていますが、Flashは、コンテキストベースのビデオ会議、画面共有、一貫した3Dエンジン等の新しい画期的な機能を既に導入し始めています。
 

ライセンス

 
Flash Builder 4.6の体験版を入手できますか?
 
はい。Flash Builder 4.6 Premiumの60日間無償体験版をダウンロードして、アプリケーションの開発を今すぐ開始できます。60日の無償体験期間の終了時に、ライセンスを購入してシリアル番号を入手すると、Flash Builderを継続して使用できます。
 
Flash Builder 4.6は、どの言語とオペレーティングシステムをサポートしていますか?
 
Flash Builder 4.6は、中国語(簡体字)、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、ロシア語で提供されています。Flash Builder 4.6は、Microsoft® Windows®とMac OSの両方で動作します。詳しくは、 Flash Builder 4.6 の必要システム構成を参照してください。
 
オープンソースFlexプロジェクトでアドビが使用しているライセンスは?
 
注意:以下は回答の一例であり、個々の状況によっては当てはまらない場合があります。回答は法的助言を目的とするものではありません。いかなる場合でも、Mozilla Public LicenseおよびAdobe Flex SDKライセンスの条項が優先されます。これらのライセンスに基づくユーザーの権利と義務について詳しくは、法律の専門家にご相談ください。
 
アドビでは、オープンソースFlex SDKのソースコードの使用基準として、MPLバージョン1.1を使用しています。このライセンスは、オープンソースコミュニティと商用ソフトウェアベンダーのニーズ調整が必要な、多くのオープンソースプロジェクトで使用されています。MPLとその派生ライセンス(Eclipse Public LicenseおよびCommon Public License)は、大規模なオープンソースコミュニティと大手商用ユーザーの双方が参加する、多くの著名なオープンソースプロジェクトで使用されています。
 
Flex SDKを含む製品やプロジェクトを配布する場合の選択肢は?
 
オープンソースFlex SDKは、MPLに従って再配布することができます。無償のAdobe Flex SDKも再配布可能ですが、再配布契約に同意する必要があります。オープンソースSDKのみの再配布をおこなう場合は、エンドユーザーがアドビからパッケージをダウンロードして、無償利用(ただしソース非公開)のコンポーネントをSDKに追加することができます。
 
Flexのソースコードを自分で再配布することはできますか?
 
はい。MPLの条項を順守している限り、オープンソースFlex SDKのソースコードを再配布することができます。
 
Flex SDKのオープンソース版を使用している製品にFlexの名称を使用できますか?
 
はい。オープンソースFlex SDKのみを使用している場合は、製品名に「Flex」の名称を使用することができます。無償のAdobe Flex SDKを使用している場合は、アドビ システムズ社の 商標ガイドラインに従っていただく必要があります。「Flex」はAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)が所有する商標で、アドビ システムズ社が配布する商用アプリケーションでのみ使用されます。
 
AppleのiOS向け開発者プログラムライセンス契約は、iOS用のアプリケーションを作成するために、開発者がFlash BuilderやFlexのようなサードパーティーのツールを使用することを許可していますか?
 
はい。Flexで作成され、iOS用に同梱されるアプリケーションは、オブジェクティブCのバイトコードでのみ構成されている標準的なiOSアプリケーションです。FlexアプリケーションをオブジェクティブCのバイトコードに変換することにより、ActionScript Virtual Machineへの依存性はなくなりました。アプリケーションをネイティブのオブジェクティブCのバイトコードに変換するプロセスは、他の多くの技術で採用されているものです。
Flash Builder 4.6の体験版を入手できますか?

はい。 Flash Builder 4.6 Premiumの60日間無償体験版をダウンロードして、アプリケーションの開発を今すぐ開始できます。60日の無償体験期間の終了時に、ライセンスを購入してシリアル番号を入手すると、Flash Builderを継続して使用できます。

Flash Builder 4.6の体験版を入手できますか?

はい。 Flash Builder 4.6 Premiumの60日間無償体験版をダウンロードして、アプリケーションの開発を今すぐ開始できます。60日の無償体験期間の終了時に、ライセンスを購入してシリアル番号を入手すると、Flash Builderを継続して使用できます。

Flash Builder 4.6の体験版を入手できますか?

はい。 Flash Builder 4.6 Premiumの60日間無償体験版をダウンロードして、アプリケーションの開発を今すぐ開始できます。60日の無償体験期間の終了時に、ライセンスを購入してシリアル番号を入手すると、Flash Builderを継続して使用できます。

Flash Builder 4.6の体験版を入手できますか?

はい。 Flash Builder 4.6 Premiumの60日間無償体験版をダウンロードして、アプリケーションの開発を今すぐ開始できます。60日の無償体験期間の終了時に、ライセンスを購入してシリアル番号を入手すると、Flash Builderを継続して使用できます。

Flex SDKのオープンソース版を使用している製品にFlexの名称を使用できますか?

はい。オープンソースFlex SDKのみを使用している場合は、製品名に「Flex」の名称を使用することができます。無償のAdobe Flex SDKを使用している場合は、アドビ システムズ社の 商標ガイドラインに従っていただく必要があります。「Flex」はAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)が所有する商標で、アドビ システムズ社が配布する商用アプリケーションでのみ使用されます。

 

無償のFlash Builder Standard(教育向け)

 
学生や教職員などのユーザーは、Flash Builderを無償で入手できますか?
 
Flash Builder Standardは、 条件を満たす教育関連のお客様に対して無償で提供されます。学生や教職員のお客様が、 登録サイトで登録手続きをされると、ダウンロードした体験版のライセンス認証をおこなうためのシリアル番号を入手できます。登録の際には、学生証または教職員証のコピーのアップロードを求められます。教育機関のレターヘッド付きの文書に、現在の所属が明記されたものをアップロードすることもできます。確認ができたら、Flash Builder Standardの無償の教育向けエディションのシリアル番号をメールでお送りします。申請してからシリアル番号を受け取るまで、最長2週間かかる場合があります。
 
学生および教職員が資格を証明するには?
 
資格を証明するには、登録時に次のドキュメントのいずれかをアップロードする必要があります。
 
● 現在の在籍を示す有効な学生証
● 現在の雇用を示す有効な教員証
● 現在の雇用を示す有効な職員証
● 学校のレターヘッド付きの文書に、現在学生または教職員であることが明記されたもの
 
上記文書のいずれかをスキャンして、Flex登録サイトにコピーをアップロードする必要があります。スキャンして作成したコピーはGIF形式またはPDF形式のファイルである必要があります。
 
学生が研究室で使用するため、複数のFlash Builderライセンスを取得するには?
 
研究室の複数のコンピューターでFlash Builderを使用する場合、教職員は登録サイトでの1回の申請で最大30個のシリアル番号を要求できます。30個を超えるシリアル番号が必要な場合は、数回に分けて申請してください。
 
教育ユーザーは、Flash Builder Standardのアカデミックパッケージを購入することもできますか?
 
いいえ。教育向けのFlash Builder Standardには、パッケージ版は用意されていません。
 
無償のFlash Builder Standardライセンスにはメンテナンスは含まれていますか?
 
いいえ。プラチナメンテナンス&サポートおよびアップグレードプランは、Flash Builder Premiumのフルライセンスを購入されたお客様に対してのみ、オプションで提供しています。教育機関のお客様は、Flash Builder PremiumをUS$299から購入することができます。
 
Flash Builderをプラチナメンテナンス&サポート付きで購入した場合、プラチナメンテナンス&サポートを更新して、引き続きメンテナンスとサポートを受けることができますか?
 
はい。更新条件に従って、最初の購入に基づくプラチナメンテナンス&サポートを更新できます。プラチナサポートは個別には販売されていません。
 
プラチナメンテナンス&サポートの購入または更新の資格がない場合、またはメンテナンスが不要な場合、どのようなサポートオプションを購入できますか?
 
Flex無償インストールサポートが提供されます。インストール以外の問題についてはサポートプランを有償で提供しています。これらのプランには、件数制限のない年間サポートと、1件ごとのサポートがあります。詳しくは、 年間サポートはAEDPサポートのページ1件ごとのサポートはSDKツールサポートのページをご覧ください。
 
無償のFlash Builder StandardおよびPremiumライセンスにはサポートは含まれていますか?
 
無償インストールサポートが提供されます。インストール以外の問題についてはサポートプランを有償で提供しています。これらのプランには、件数制限のない年間サポートと、1件ごとのサポートがあります。詳しくは、 年間サポートはAEDPサポートのページ1件ごとのサポートはSDKツールサポートのページをご覧ください。
無償のFlash Builder StandardおよびPremiumライセンスにはサポートは含まれていますか?
 
無償インストールサポートが提供されます。インストール以外の問題についてはサポートプランを有償で提供しています。これらのプランには、件数制限のない年間サポートと、1件ごとのサポートがあります。詳しくは、 年間サポートはAEDPサポートのページ1件ごとのサポートはSDKツールサポートのページをご覧ください。
無償のFlash Builder StandardおよびPremiumライセンスにはサポートは含まれていますか?
 
無償インストールサポートが提供されます。インストール以外の問題についてはサポートプランを有償で提供しています。これらのプランには、件数制限のない年間サポートと、1件ごとのサポートがあります。詳しくは、 年間サポートはAEDPサポートのページ1件ごとのサポートはSDKツールサポートのページをご覧ください。
無償のFlash Builder StandardおよびPremiumライセンスにはサポートは含まれていますか?
 
無償インストールサポートが提供されます。インストール以外の問題についてはサポートプランを有償で提供しています。これらのプランには、件数制限のない年間サポートと、1件ごとのサポートがあります。詳しくは、 年間サポートはAEDPサポートのページ1件ごとのサポートはSDKツールサポートのページをご覧ください。
 

FlexとFlash

 
FlexとFlashの違いは?
 
FlashアプリケーションとFlexアプリケーションは、ブラウザーではAdobe Flash Playerを使用して、デスクトップではAdobe AIRランタイム環境を使用してレンダリングされます。FlexアプリケーションとFlashアプリケーションは、アドビランタイムによって解釈されるバイトコードにコンパイルされます。
 
Animate CCは、インタラクティブコンテンツの作成を手がけるWebデベロッパー、マルチメディアプロフェッショナル、アニメーター、ビデオプロフェッショナル向けの代表的なオーサリングツールです。
 
Animate CCツールを使用したアプリケーション開発は、デベロッパーにとって難しい作業となる場合があります。Flexは、Java、PHP、Ajax、.NETなどの従来のプログラミングテクノロジーの知識があるデベロッパーに提供される、習得が容易なRIA開発用アプリケーションフレームワークです。さらに、Flexアプリケーションにはリッチメディアエレメントを埋め込むこともできます。
 
Flexアプリケーションを実行するには、Flash Playerのどのバージョンが必要ですか?
 
Flex 2、Flex 3およびFlex 4で開発されたアプリケーションを実行するには、Flash Player 9が必要です。Flex 4.6で構築されたアプリケーションには、Flash Player 10が必要です。
 
Flashで作成したコンテンツをFlexでも利用できますか?
 
はい。Flash Builderを使用している場合、Animate CCで開発したカスタムFlexコンポーネントを容易にインポートできます。
 
LinuxでFlexアプリケーションをデバッグするにはどうすればよいでしょうか?
 
Flex SDKには、Debug Flash Player for Linux®の最新バージョンがコマンドラインデバッガーと共に含まれています。
 

FlexとHTML

 
FlexとAjaxの連携は可能ですか?
 
はい。FlexとAjaxのテクノロジーは相互に補完する機能を維持しています。Flexに含まれているFABridgeは、リッチなFlexコンポーネントをAjaxアプリケーションに組み込むために役立ちます。FABridgeは、無償のFlex 3 SDKに含まれている小規模なコードライブラリで、Flexアプリケーション、Flexコンポーネント、または空のSWFファイルに挿入して、ブラウザー内のスクリプトで実行することができます。FABridgeおよびAjaxとの連携の詳細は、 Flex ドキュメンテーションを参照してください。
 
Flexを利用すれば、どのような機能がAjaxアプリケーションに追加できますか?
 
FlashとFlexのテクノロジーを利用すれば、従来のブラウザーの制約を克服できるだけでなく、オフライン状態でのデータアクセス、オーディオ/ビデオ、ベクターグラフィックス、高速なデータ通信、メッセージのパブリッシュおよびサブスクライブなどの機能をAjaxアプリケーションに追加できます。さらに、LiveCycle Data Services ES2により、FlexベースのRIAとAjaxベースのRIAをLiveCycleドキュメントおよびプロセスサービスに接続して、ビジネスプロセスとスムーズに連携するリッチなインターフェイスを実現することもできます。
 
BlazeDSまたはLiveCycle Data Services ES2とAjaxとの連携は可能ですか?
 
LiveCycle Data Services ES2に含まれているAjax Data Servicesを使用すると、Ajax形式のアプリケーションで、同期型のパブリッシュおよびサブスクライブによるメッセージング、ドメイン間データアクセス、高度なデータ管理、オフラインデータアクセスが可能になります。Flash Playerをインターフェイスとして使用するAjaxアプリケーションでは、BlazeDSを使用することもできます。
 

LiveCycle Data Services

 
LiveCycle Data Servicesとは?
 
LiveCycle Data Services(旧称Flex Data Services)を使用すると、次のことが可能になります。
 
LiveCycleドキュメントとプロセスサービスへRIAを簡単に統合できます。
● 革新的なクライアント/サーバープログラミングモデルにより、データとの緻密な連携が求められる低リスクのRIAを少ないコードで作成し、市場投入までの時間を短縮できます。
● スケーラブルで信頼性の高い方法で、堅牢なパブリッシュおよびサブスクライブメッセージングを使用して、オフラインで実行するAdobe AIRアプリケーションや、リアルタイムデータストリーミングアプリケーションを構築できます。
● 既存のアプリケーション、バックエンドデータ、J2EEインフラとRIAを統合できます。
● 事前に作成されたテンプレートに基づいて、RIAからグラフやチャートなどのグラフィカルなアセットを含むPDFを生成できます。
● モデル駆動型のアプリケーション開発手法を利用して、開発を高速化できます。
 
LiveCycle Data Servicesの詳細はどこで確認できますか?
 
LiveCycle Data Servicesの詳細と、他のLiveCycleソリューションのコンポーネントとスムーズに連携するFlexアプリケーションを開発して、革新的な顧客エンゲージメントアプリケーションを作成する利点については、 LiveCycle Data Services ES2のページを参照してください。
 

Flex 4.5 と 4.6

 
記事「Flex 4.5と4.6の新機能」を読む
 
Flex 4.5と4.6の新機能の概要を次に示します。
 
モバイルアプリケーションのオーサリングのサポートタッチスクリーンに対応し、最適化された、密度認識可能なモバイルコンポーネント
 
● View、ViewNavigator、TabbedViewNavigator
● MobileApplication、ViewNavigatorApplication
● ViewMenu、ViewMenuItem
● Busy Cursor
● SkinnablePopUpContainer
● Scroller
● List
● ItemRenderer
● Button、CheckBox、RadioButton、ToggleButton
● TextArea、TextInput
● HSlider、VSlider
● ActionBar
 
その他のモバイル機能
 
● コンポーネントをスクロールするためのキネティクスおよび伸縮可能なバウンス/プルエフェクト
● スクロールおよびトランジションのパフォーマンスの最適化の改善
● デバイスのピクセル密度に基づく自動サイズ変更
● デフォルトのモバイルテーマ:モバイルコンポーネントスキン用のライトオンダークカラースキーム
● キーボード入力のネイティブサポート
● スプラッシュ画面のサポート
● 多重解像度ビットマップのサポート
 
新しいSparkコンポーネントおよび機能
 
新たなコンポーネント
 
Spark DataGrid
 
● 完全にスキン変更可能なビジュアル
● 豊富な選択モデル
● 高度な列機能
● 編集可能
● 完全にアクセシブル
● MXの同等のコンポーネントより優れたパフォーマンス
 
Spark Form
 
● 完全にスキン変更可能
● 詳細なレイアウトの実現
 
Spark Image
 
● 完全にスキン変更可能
● 画像の読み込みの改善(品質およびパフォーマンス)
● 拡張可能なキャッシングおよびキューイングメカニズム
 
SparkモジュールおよびModuleLoader
 
Spark機能の改善
 
● BitmapImageプリミティブの拡張
● 水平レイアウト用のコンテナのベースライン整列サポート
● Spark TextInput、TextAreaおよびComboBoxのプロンプトサポートの追加(デスクトップおよびモバイル)
● OSMF 1.0のサポート
● TLF 2.0のサポート
 
アニメーション
 
● トランジションの自動反転
● トランジションの中断
● プロパティ値の変更のアニメーションの改善
 
グローバル化されたアプリケーションのサポートの改善
 
ネイティブローカリゼーション機能
 
● グローバル化されたバリデーター(数字、通貨)
● グローバル化されたフォーマッター(通貨、数字、日時)
● グローバル化されたSortおよびSortField
 
パフォーマンスおよびアプリケーションサイズの最適化
 
コンパイラー
 
● パフォーマンスおよびメモリ消費の改善
● SWFファイルサイズの分析
 
RSLの改善
 
● モジュール間のRSLの共有
● 使用されないRSLの削除
● 冗長なRSLの読み込みの回避
● モンキーパッチングでのRSLの利用
● SWFファイルサイズを削減するRSLのリファクタリング
 
その他追加のリファレンスアプリケーション
ASDocの改善
 
Flash Builderの体験版はどこからダウンロードできますか?
 
Flash Builder 4.6の体験版は Flash Builder体験版ダウンロードページからダウンロードできます。
 
現在Windows版Adobe Flex® Builder®を使用していますが、Windows版とMacintosh版の製品を交換できますか?
 
Flash Builderはマルチプラットフォーム製品であり、WindowsとMac OSの両方で同じシリアル番号を使用できます。Mac OSまたはWindowsのインストーラーが必要な場合は、アドビ体験版ダウンロードセンターにアクセスすると、どちらのインストーラーもダウンロードすることができます。インストーラーを実行する際に、Flash Builderのシリアル番号を入力してください。
 
無償のFlex SDKを自分のアプリケーションの一部として含めることはできますか?
 
はい。無償のFlex SDKには、コマンドラインツールからの呼び出しを必要とせず、コードから直接コンパイラーを呼び出すことができるJava APIが含まれています。無償のFlex SDKはアプリケーションと共に再配布可能ですが、再配布契約に署名する必要があります。
 
オープンソースFlex SDKの詳細はどこで確認できますか?
 
オープンソースFlex SDKプロジェクトの詳細を確認するには、オープンソースFlex SDKページを参照してください。
オープンソースFlex SDKの詳細はどこで確認できますか?

オープンソースFlex SDKプロジェクトの詳細を確認するには、 オープンソースFlex SDKページを参照してください。

オープンソースFlex SDKの詳細はどこで確認できますか?

オープンソースFlex SDKプロジェクトの詳細を確認するには、 オープンソースFlex SDKページを参照してください。

オープンソースFlex SDKの詳細はどこで確認できますか?

オープンソースFlex SDKプロジェクトの詳細を確認するには、 オープンソースFlex SDKページを参照してください。

オープンソースFlex SDKの詳細はどこで確認できますか?

オープンソースFlex SDKプロジェクトの詳細を確認するには、 オープンソースFlex SDKページを参照してください。

オープンソースFlex SDKの詳細はどこで確認できますか?

オープンソースFlex SDKプロジェクトの詳細を確認するには、 オープンソースFlex SDKページを参照してください。

 

FlexとOmnitureテクノロジー

 

Flexで作成したアプリケーション内にAdobe SiteCatalyst®を実装するにはどうすればよいでしょうか?
 
新しいSiteCatalyst Extension for Flash Builderを入手できます。SiteCatalyst Extension for Flash Builderを使用すれば、デベロッパーは既存のワークフローにすばやく視覚的にトラッキングを実装できます。また、使いやすい解析ライブラリを作成し、Flexアプリケーションに実装することもできます。 この拡張機能について詳しくはこちらをご覧ください。今すぐダウンロードすることもできます。