新聞や雑誌でのInDesign Server活用法

今日の新聞や雑誌は、競争力を維持するために、より魅力的で夢中になれるエクスペリエンスを実現しながらコンテンツを提供しなければなりません。つまり、よりはっきりとした個性、よりパーソナライズされたコンテンツ、そして斬新なメディアの使用が必要だということです。同時に、コストを削減しながら効率化を図り、さらにWebやビデオ、モバイルデバイスといった新たなメディアを活かさなければならないというプレッシャーもあります。Adobe® InDesign® CC Serverをベースにしたソリューションを利用すれば、印刷ワークフローを効率化することによりコストを削減しつつ、多様化するメディアに向けたコンテンツのパブリッシングをおこなうことができます。

 

セルフサービス方式の広告作成
セルフサービス方式のソリューションを利用すれば、お客様や社内スタッフがWeb上でプロ品質のディスプレイや項目別広告を簡単に作成できるようになります。こうすれば広告の品質をコントロールし、締め切りをより後の段階に変更すると同時に、顧客によりクリエイティブなオプションを提供することができます。広告の制作段階において、顧客をより価値の高い掲載位置に誘導するといった新たなビジネスチャンスも創出できます。 追加リソースに費用をかけなくても、新たなカテゴリーの広告を提供することも可能です。
編集ワークフロー
編集ワークフローソリューションは、ライターや編集者に対して、より柔軟で効率的な作業環境を提供できます。InDesign CC Serverを、既に確立されている数々の編集ソリューションと統合することで、ライターや編集者がWeb上でどこからでも記事を入力、編集し、InDesinのページにコピーフィットさせることも可能です。InDesign Serverを利用することにより、新聞や雑誌の編集ソリューションは、PDFやサムネールの作成といった、一般的におこなわれている非効率的な作業の自動化を実現できます。

 

印刷会社でのInDesign Server活用法

印刷会社では、コスト削減や納品のスピードアップ、ROIの最大化およびお客様に提供するサービスに対する付加価値の追加を常に追求しています。InDesign CC Serverをベースにしたソリューションを利用すれば、ハードウェアに大きな投資をすることなく、サービスの質を向上させ、バリアブルデータパブリッシング(VDP)に対して高まるニーズに応えるための新たな方法が見つかります。

 

パーソナライズされたマーケティング
パーソナライズされたマーケティングソリューションは、印刷会社に対して、かつてない大きな影響を及ぼしつつあります。デジタルオフセット印刷が登場したことで、印刷会社は、以前より低コストでパーソナライズされた魅力的なマーケティングサービスを提供できるようになりました。InDesign Serverソリューションによってその能力を強化すれば、定義されたグループや個人別のニーズに合わせてカスタマイズしたダイレクトメールやカタログを一段と効率的に作成することが可能になります。
クリエイティブサービスの拡大(Web to Print)
競争の厳しい今日の環境において、多くの印刷会社は、Web to Printソリューションを推進するテンプレートデザインと制作サービスを提供することによりビジネスを拡大しています。
報告書の作成(Web to Print)
年度末になると、企業は年次報告書を作成します。これには、膨大なデータの統合に加え、レイアウト作業が必要です。マークアップされたPDFやその他のドキュメントをやり取りする面倒をかけず、Web上で報告書を更新・編集できる機能を顧客に提供することにより、より効率良くサービスを向上できます。顧客がそれらのドキュメントを編集中だった場合でも、テンプレートとPDF設定をセットアップできるので、ファイルは一度で正確に印刷されます。

 

製薬業でのInDesign Server活用法

製薬会社では、大量のドキュメントやレポート、販促資料を作成しています。複数の言語でマーケティングをおこない、様々な規制の中でコンプライアンスを確立しようとすると、コストは大幅に上がります。InDesign CC Serverをベースにしたソリューションを利用すれば、商品ブランドの完全性を維持し、規制に準拠しながら、そうしたドキュメントの制作を自動化できます。

 

パッケージ(Web to Print)
国境を越えたワークフローが複雑化すると、パッケージの制作は、エラーの生じやすいプロセスとなりがちです。パブリッシングソリューションを自動化すれば、様々な言語と規制に対応するパッケージやその他のセールスツールを作成する際の時間と経費を削減できます。しかも、パッケージの品質を高いレベルに保つことが可能です。
パンフレットおよびチラシの作成(Web to Print)
医療機器メーカーや製薬会社は、医師、患者、保険会社などに向け、大量のドキュメントを絶えず制作する中で、顧客の多様なニーズに応えながら、企業としてのブランドを常にコントロールすることを課題としています。InDesign CC Serverを導入すれば、デザイナーは、カタログやパンフレット、販促ツールなどのテンプレートを設定し、続いて、ライター、編集者、マーケティング担当者が、Webを介して、そのコンテンツをカスタマイズできます。本格的なパブリッシングツールの使い方を習得する必要はありません。その結果、品質に妥協することなく、ドキュメントをより確実に管理することが可能になります。

 

官公庁でのInDesign Server活用法

今日の官公庁は、幅広い情報を人々が理解しやすい方法ですばやく伝えなければなりません。InDesign CC Serverをベースにした自動パブリッシングソリューションを利用すれば、複数の言語に対応する非常に読みやすいドキュメントの作成と配布をスピードアップできます。また、組織の信頼性が反映されたプロ品質のドキュメントを通じて、住民に常に最新の情報を届けることができます。

 

文書、ニュースレター、パフレットの作成(Web to Print)
広い地域にわたる印刷物の品質基準管理も、InDesign CC Serverベースのドキュメント作成ソリューションを利用すれば簡単です。デザイナーではない、プロのパブリッシングに不慣れな一般のユーザーがWeb上で標準のテンプレートを設定し、他の人がそれを利用して適切な形式でドキュメントを作成できます。
小規模なパブリケーションワークフロー(自動編集ワークフロー)
官公庁は、小規模ながら高度な印刷物を数多く作成する必要があります。そのためには、広範な地域の専門家からの情報が必要となることがよくあります。元来、こうしたドキュメントの作成と更新をおこなうには、幅広いプロジェクト管理と実際にクリエイティブな作業をおこなう制作スタッフが必要でした。InDesign CC Serverベースのソリューションは、こうしたワークフローを効率化するので、仕上がりの品質に妥協することなく、誰でもドキュメントにすばやく変更を加えたり、まったく新しいドキュメントを作成したりすることができます。

 

クリエイティブエージェンシーでのInDesign Server活用法

クリエイティブエージェンシーには、よりスピーディにコンテンツを提供しなければならないというプレッシャーが常にあります。また、市場が急速に変化し、デジタルコンテンツが進化する中で、制作物の質を高いレベルに維持したまま、新たなビジネスチャンスにリソースと投資を集約するための方法を見い出すことが求められています。InDesign CC Serverベースの自動パブリッシングサービスは、次にクライアントが広告を打ち出す際に、その効果を発揮するでしょう。

 

パーソナライズされた1対1マーケティング
ダイレクトメールの依頼主であるお客様は、メールの効果を上げる方法を常に模索しています。InDesign CC Serverを利用すれば、経験豊かなデザイナーがひとつひとつを手作業で作成したかのような、パーソナライズされた1対1のマーケティングキャンペーンを展開できます。魅力的なテンプレートをデザインし、次にデータソースを用意して、個々の顧客に関連性があり効果的だと思われるテキストや画像、グラフを配置します。
マーケティングツールの作成(Web to Print)
広告/マーケティングエージェンシーでは、データシートやホワイトペーパー、販促ツールなどのマーケティングツールの作成をしばしば要求されます。以前なら、これは、価値のあるデザインリソースをアサインおよび管理し、後工程でクライアントからの変更依頼に対応することを意味していました。InDesign CC Serverベースの自動ソリューションを導入すれば、クライアントがWebを介してアクセス可能なプロ仕様のテンプレートをデザインし、最終出力の品質を維持できます。これにより、プロジェクトの管理にかける時間が減り、基幹業務により専念することができます。
セルフサービス方式の自動広告作成
セルフサービス方式の自動広告作成ソリューションは、繰り返し部分の多いシンプルな広告を大量に作成するのに必要なリソースの削減をサポートします。たくさんの広告をデザインし、クライアントが新しい広告を依頼してくるたびに、それらにコンテンツを切り貼りして作りなおす代わりに、テンプレートを設定しておき、クライアント自らがWebブラウザーを使用して、そのテンプレートに新しいコンテンツをすばやく簡単に配置できるようにすることが可能です。
新聞折り込みと広告の作成(Web to Printおよびセルフサービス方式の広告作成)
クリエイティブエージェンシーにとって重要な業務となっているものに、新聞の折り込みやチラシ、または一面広告などの制作があります。元来、これは資源集約的な業務でした。しかし、新聞の折り込みおよび広告の自動作成ソリューションを導入することにより、制作時間の大幅な短縮が可能になります。クリエイティブエージェンシーがテンプレートを設定しておけば、あとは自動的に広告が作成されます。最終段階でコンテンツの追加や価格表示の変更が発生しても、クライアント自らが簡単にこれに対応できます。
カタログの作成(Web to Print)
カタログの作成を依頼するクライアントは、制作時間の短縮、変更へのすばやい対応、さらに新たな配布先や市場の拡大を実現する方法を常に求めています。InDesign CC Serverベースのソリューションを利用すれば、カタログの制作と更新に必要な時間とリソースの削減が可能です。クライアントは、毎年制作するカタログの部数を増やすとともに、複数の言語で発行したり、特定の地域や顧客に的を絞って配布することもできます。
案件ごとのニーズに特化した独自のソリューション
クリエイティブエージェンシーで仕事をされている方々は、常に次のビッグチャンスを思い描いていることでしょう。プロレベルのデザイン力を求めつつ、作業の自動化にも興味があるお客様をお持ちなら、アドビのパートナーにInDesign CC Serverベースのソリューションの導入についてご相談ください。

 

小売業でのInDesign Server活用法

小売業では、ターゲットとするお客様に対して、効率的にテクノロジーを利用する機会が増えています。InDesign CC Serverをベースにしたソリューションを利用すれば、対象となる顧客別にパンフレットやカタログ、ダイレクトメール、広告などを作成し、店舗の内外で、パーソナライズされたマーケティングを展開できます。また、創造性を効果的に反映させながら、販売促進用ドキュメントやツールを自動的に制作することも可能です。そればかりでなく、効率的にブランドを管理できる、クリエイティブサービス部門を設置する必要性が減る、基幹業務に一層専念できるといった大きなメリットももたらされます。
新聞の折り込み、カタログ、広告の作成(Web to Print/セルフサービス方式の広告作成)
小売業の販売促進活動において重要なものに、新聞の折り込みやチラシ、クーポン、カタログ、一面広告などの制作があります。元来、これは資源集約的な業務でした。しかし、新聞の折り込みおよび広告を作成するためのソリューションを導入することにより、制作時間を大幅に短縮しながら、ライバルより注目度の高い広告の制作が可能になります。社内のクリエイティブプロフェッショナルがテンプレートを設定しておけば、あとは自動的に広告が作成されます。しかも、最終段階でのコンテンツの追加や価格表示の変更も簡単におこなえます。
パンフレット、チラシ、販促ツール(Web to Print)
小売業では多くの場合、複数の店舗やフランチャイズを運営し、それぞれ少しずつ内容の異なるマーケティングツールや販促ツールの制作をおこなっています。こうした環境でのブランド管理は、難しい仕事となりがちです。各店舗が現場の状況に柔軟に対応できるようにしておきたいと考えるなら、なおさらでしょう。InDesign CC Serverを使用すれば、社内のクリエイティブプロフェッショナルが、カタログやパンフレット、販促ツールなどのテンプレートを設定し、それを各店舗の管理者が、全体的な外観や雰囲気は保持したまま、Webブラウザーを使用してカスタマイズできます。
データ駆動型のマーケティングキャンペーン(パーソナライズされたマーケティング)
今日の小売店は、以前よりもお客様に関する情報をよく把握しています。重要なのは、そうした情報を売り上げの拡大と業績の向上に役立てることです。個々の顧客の購買習慣に応じてパーソナライズされたマーケティングキャンペーンを展開すれば、顧客のレスポンス率を飛躍的に高めることができます。しかし、従来のVDP作業では、クリエイティブな制作物の仕上がりに満足できない場合があります。 InDesign CC Serverを使用すれば、ベテランデザイナーが手作業で作り上げたかのように魅力的なデータ駆動型マーケティングキャンペーンを展開できます。

 

金融機関でのInDesign Server活用法

金融機関では、お客様に対して常に最新の明細書や様々なデータから作成されたドキュメントを提供する必要があります。それらのドキュメントには信頼と金融機関のブランド価値が反映されていなければなりません。InDesign CC Serverをベースにしたソリューションを利用すれば、ベテランのクリエイティブプロフェッショナルが個々のユーザー向けに作ったかのような、最新データを包括的に盛り込んだドキュメントを、簡単かつコスト効率良く作成できます。
パフレットおよび事業案内書の作成(Web to Print)
金融商品を扱う会社では、多岐にわたる報告書や案内書、その他のドキュメントを制作します。それらの多くはデータに基づいて自動作成される一方、デザインや制作物の価値には、背景にあるブランドのクオリティが必ずしも反映されません。InDesign CC Serverをベースにしたソリューションを導入すれば、洗練された魅力あふれるデザインと最新のデータや情報とを組み合わせた、多彩なカタログを自動的に作成できます。
パーソナライズされたレポート(パーソナライズされた印刷)
金融機関に資産管理を委託するお客様は、自分の証券類や実際にそれらを管理している人たちについて、十分な情報を持つことはこれまでありませんでした。相場情報や有価証券報告書だけでなく、資金や管理者、お客様の直接の担当者についての詳しい情報も含む総合的なドキュメントを作成することにより、そうしたお客様のニーズを満たすことができます。InDesign CC Serverを使用すれば、何人ものクリエイティブプロフェッショナルを動員しなくても、これまでになくスピーディにインテリジェントなレポートを作成できます。

 

InDesign Serverソリューション活用例

InDesign CC Serverに個別にデザインできるオンライン・オフラインアプリケーションには限りがありませんが、企業のInDesign Serverの用途は、主に次の5つに分類することができます。「パーソナライズされたマーケティング」、「カタログの出版」、「パンフレットおよび販促ツールの作成」、「セルフサービス方式の広告作成」および「編集ワークフローの自動化」です。
パーソナライズされたマーケティング
VDPまたは1対1マーケティングの名でも知られる「パーソナライズされたマーケティング」は、集団的なお客様層ではなく、個人への訴求効果に重点をおいた、説得力のあるコンテンツを作成できることが特徴です。パーソナライズされたマーケティングでは、通常、InDesign Serverをベースにしたソリューションを使用し、それぞれの顧客に合わせた様々な出版物を作成します。カスタマイズされる部分の規模は、ページ内のいくつかの要素だけに限定される場合もあれば、ドキュメント全体におよぶケースもあります。ひとりひとりのためにカスタマイズされたメッセージを盛り込んだハガキから、顧客の購入履歴データに基づいて生成されるカタログに至るまでの様々な印刷物に対応しています。
従来のパーソナライズされたマーケティングでは、デザインや手作業による制作物の質が不十分になりがちでしたが、InDesign Serverを使用すれば、プロ品質のデザインとレイアウトを自動的に作成でき、その結果、より効果的なキャンペーンが展開できるだけでなく、お客様との間でより親密な関係を築くことが可能です。
カタログの出版
今日、小売店や通信販売会社は、より最新の流行をとらえ、特定のお客様や販売チャンスに的を絞ったカタログを作成する必要に迫られています。カタログ作成ソリューションを利用すれば、美しいプロ品質のデザインのカタログの制作を自動化できます。まずは出版業者がAdobe InDesignで洗練された柔軟なカタログテンプレートを作成し、それからデータソースとビジネスロジックを使用して制作を自動化するというのが、典型的なワークフローです。こうしたソリューションは、表計算シートをベースとする費用のかからない単体アプリケーションの場合もあれば、大規模でパワフルなCMSやPIM、またはカタログ管理システムに組み込まれている場合もあります。
このようなソリューションにInDesign CC Serverを導入すれば、追加リソースの必要なく、プロ仕様のカタログの制作時間を大幅に短縮することが可能になります。
パンフレットおよび販促ツールの作成
マーケティングツールの制作は、より重要な業務に支障をきたしかねないほど、多くの時間を費やす作業です。Web to Printともよばれるパンフレット/販促ツール作成ソリューションは、マーケティングツールを制作・改訂するための一層柔軟なワークフローを提供します。クリエイティブプロフェッショナルがマーケティングツールの見栄えを常にコントロールしながら、デザイナー以外の人でも特定のページエレメントを編集、変更できるようにすることが可能です。
一般的なワークフローでは、デザイナーが InDesignおよびその他のAdobe Creative Cloud™コンポーネントを使ってプロフェッショナル品質のテンプレートを作成し、それらをWebブラウザーで編集できるように提供します。これにより、ライター、編集者、およびマーケティング担当者は、ロゴや住所、製品情報といったコンテンツの追加や編集、変更ができるようになります。これらのソリューションを利用すれば、共同作業の効率が大幅に向上するとともに、ブランド管理者が出来上がった販促ツールの整合性を維持できます。
セルフサービス方式の広告作成
新聞社や雑誌出版社の場合は、見開き広告や案内広告の制作ワークフローを大幅に合理化できる機会があります。セルフサービス方式の広告作成ソリューションなら、顧客はあらかじめ用意された豊富なスタイルとテンプレートを駆使して、オンライン上で自らの広告をすばやく作成することができます。しかも、広告が掲載される前に、正確なプレビュー表示を確認することも可能です。また、広告の入稿締切がこれまでより遅く設定できるうえに、顧客に追加オプションなどの付加価値サービスを勧めることも可能になります。この結果、新聞社や雑誌出版社では品質低下の恐れや追加リソースの必要なく、新たな広告サービスを提供したり、顧客の満足度を高めることができます。
マーケティングツールの作成(Web to Print)
書籍、新聞および雑誌の出版社は、確立済みの編集フローの一部を自動化するために、InDesign Serverをベースにしたソリューションを利用しています。例えば、これまでデスクトップで扱っていた、プロセッサー負荷の大きなタスク(PDFやサムネイルの作成など)を処理させるために、InDesign Serverが導入されているケースもあります。また、遠隔地にいるライターや編集者がWebブラウザー経由で記事を作成・編集できるようにしているケースもあります。この際、本来デスクトップ版のAdobe InCopy®やInDesignが必要とされていた正確なコピーフィッティング処理機能を、遠隔地のライターや編集者に提供することも可能です。
案件ごとのニーズに特化した独自のソリューション
自動パブリッシングは、現在急成長している分野です。今まさに、数多くの方々が既存のタスクを自動化する方法を模索し、新たなサービスを実現しようとしています。InDesign CC Serverは、新たな収益源の獲得への幅広いチャンスに対応する、柔軟なプラットフォームを提供します。その活用方法は、お客様の想像力とビジネスの局面次第です。