Adobe Museは、グラフィックデザイナーのために開発された直感的なWeb制作ツール。コードを1行も記述することなく、最新のWeb標準に対応したサイトを作成できます。 機能を説明

Museを、わずか1,580 円/月 不課税から使えるCreative Cloudの各種プラン購入プランを選ぶ

最新情報:2014年リリースCreative Cloud登場新機能こちら

Adobe Museの活用例

小さな画面に、大きなインパクトを

個性的なWebサイトを、デスクトップ、タブレット、スマートフォン向けに最適化。テキストはすべてのサイトで再利用できます。1箇所で編集を行えば、すべてに反映されます。スライドショーなどのタッチ対応機能をウィジェットによるドラッグ&ドロップの簡単操作で配置可能、サイト上のアイコンから音声通話、マップ、メールを呼び出すこともできます。 機能を説明

ソーシャル対応も簡単

ソーシャルメディアやビデオ、マップサイトとの連係機能をシンプルに実現。Facebookの「いいね」ボタン、Twitterの「フォロー」ボタン、YouTubeやVimeoのビデオ、Googleマップをドラッグ&ドロップでレイアウト。カラースキーム、ボタンのタイプ、マップのアドレスなど様々なカスタマイズにも対応できます。 機能を説明

検索トラフィックの動きを意のままに

Adobe Museでは、サイトの書き出しやアップロードの際、検索エンジン最適化(SEO)対応のサイトマップが自動生成されます。パブリッシュしたサイトは主要な検索エンジンに効果的にヒット。サイトの設置場所がアドビサイトでも他のプロバイダーでもSEO機能が発揮されます。ランキングの上昇に有効なキーワード、説明文、スタイル、タグの利用も可能です。 機能を説明

コミュニティのパワーを活用

プロジェクトの立ち上がりに弾みがつくCreative Cloudアドオン。デザインコミュニティのメンバーから寄せられる新しいAdobe Museウィジェット、スターターファイル、ワイヤーフレームなどが能率アップに役立ちます。ダウンロードしてクリックするだけで、Adobe Museライブラリパネルに自動的に追加され、すべてのデザイン内で利用可能に。必要に応じてスタイルのカスタマイズもできます。 機能を説明

Adobe MuseとCreative Cloud

最新のクリエイティブアプリケーションすべてをデスクトップですぐに利用可能。共有、共同作業もシームレスに行えます。 さらに詳しく

  • ワンクリックでアップデート

    新機能をリリースと同時に使い始めるか、作業の区切りがつくまで保留するかは自由に選択できます。 新機能を見る
  • Edge Web Fonts

    Typekitが提供する数百種類のEdge Web FontsをAdobe Museのフォントメニューから選択できます。 機能を説明
  • Creative Cloudのアドオン

    カスタマイズ可能なウィジェット、スターターファイル、その他のデザイン要素をダウンロードして、Adobe Museで作成するサイトに利用できます。 機能を説明
  • トレーニングを用意

    あらゆるレベルのユーザー向けに用意されている数百ものチュートリアルを活用してスキルを磨き、新しいメディアに取りかかることができます。チュートリアルは、ブラウザーでもiPadでもご覧いただけます。 体験版を試す