進化し続けるアドビ

Photoshop CCでは、新機能をリリースと同時にいつでもご利用いただけます。 バージョンごとの機能を比較 ›

Photoshop CC(2015)

1か所で編集を行えば、リンクされたアセットすべてに反映

Creative Cloud Libraries内のアセットをリンクできるようになりました。これにより、ユーザーとチームメンバーは、アセットに変更が加えられた場合に、そのアセットが使用されているPhotoshop、IllustratorまたはInDesignのすべてのプロジェクト間でそのアセットを更新するオプションを使用できます。
詳細を見る ›

効率的なデザインを実現するアートボード

レスポンシブなマルチ画面デザインに最適です。アートボードでサイズが異なる複数のレイアウトを作成し、それらを1つの文書内にレイアウトして、一度に確認できます。アートボード間でコンテンツのコピーと共有ができるようになり、コンテンツを個別にまたは複数同時に書き出すことができるようになりました。
詳細を見る ›

最適な画像やグラフィックをすぐに発見

新しいAdobe Stockマーケットプレイスでは、ロイヤリティフリーの画像をPhotoshop CC内から直接検索、購入および管理できます。4,000万点ものアセットから選択し、Creative Cloud Librariesに保存した後、そのアセットを使用するプロジェクトにドラッグします。
詳細を見る ›

デザイナー向けの合理的で最適な体験

Photoshop CCの新しいエクスペリエンスとして開発されているDesign Space(プレビュー版)には、新しいインタラクションおよびデザインに特化した機能を持つ指定モードがあり、モバイルアプリやWebサイトで作業するデザイナーは、クリック回数、マウスの動きおよび手間を減らすことができます。

迅速かつ簡単な画像の書き出し

設計変更された書き出しでは、1つのレイヤー、アートボードまたは文書全体をワンクリックで書き出すことができます。さらに、圧縮エンジンの改善、高度なプレビューオプション(カンバスサイズなど)、アセット抽出機能の強化が盛り込まれています。これは従来の「Web用に保存」機能が刷新されたものです。
詳細を見る ›

レイヤースタイルを追加して思いどおりの外観に編集

選択したレイヤースタイル(ドロップシャドウ、グラデーションオーバーレイ、カラーオーバーレイ、シャドウ(内側)および境界線)の効果を、1つのレイヤーまたはレイヤーグループに最大で10個まで簡単に追加でき、スタイルはいつでも再編集できます。異なるレイヤーグループ間でのラスタライズ効果や重なりはありません。

PhotoshopでのデザインをiOSデバイス上での表示確認

実際のiOSデバイス上でモバイルアプリやレスポンシブWebデザインのプレビューを、正確にライブで可能。ネイティブiOSのアプリの Adobe Preview CCを利用して、USBまたはWi-Fiを介してデバイスを接続すれば、Photoshopで作業中のデザインを直接デバイス上で表示できます。
詳細を見る ›

「ノイズを追加」使用して、よりリアルなぼかし効果を加える

ぼかしギャラリー効果にモノクロノイズやカラーノイズを追加して、元の画像により一致させることができ、表示時や印刷時のバンディングを低減できます。

画像の修復およびパッチが一段とスピーディに

Mercury Graphics Engineの強化により、修復ブラシ、スポット修復ブラシおよびパッチツールが超高速化されています。修復ブラシの結果をリアルタイムで確認できるようになり、スポット修復ブラシおよびパッチツールの結果はCS6より最大で120倍速くなっています。

すべてのデザイン内の字形にアクセスしやすくなった字形パネル

Illustrator CCやInDesign CCの字形パネルとほぼ同じデザインの新しいPhotoshop CCの字形パネルでは、1つのフォント内で使用可能なすべての字形を参照したり、選択中の字形の代替を表示したり、よく使用される字形にアクセスしたりできます。

オブジェクトの移動と拡張をよりきめ細かくコントロール

コンテンツに応じた移動とコンテンツに応じた拡張の強化により、移動中のオブジェクトまたは拡張中の領域のサイズと回転を調整できるようになりました。「ドロップ時に変形」を使用して、画像のサイズと位置が合うように、最終的なオブジェクトの位置をきめ細かく調整することができます。

コンテンツに応じた塗りを使用して、パノラマをより美しく

「コンテンツに応じた塗りつぶし」オプションを利用すれば、つなぎ合わせたパノラマの透明領域を自動的に埋め合わせて自然な結果が得られます。

Adobe Camera Raw 9.1の強化

かすみ(霞)や霧のような「もや」を取り除いたり加えたりできます。また、部分補正をおこなう際に、白/黒レベルをさらに細かく調整することができます。

WindowsのHiDPIディスプレイでの優れた視聴体験

Windows版Photoshop CCでHiDPIの画面がサポートされるようになったので、より高解像度でよりシャープに画像を表示できます。以前はテクノロジープレビューとして提供されていましたが、アプリがHiDPIの画面を検出すると、HiDPIのサポートが自動的にオンになります。

複雑な3Dモデルを簡素化

3Dモデルの解像度を下げることでPhotoshopのパフォーマンスを向上させ、高画質の3Dコンテンツをタブレットやスマートフォンなどのデバイス上でも拡張して表示できます。

画像からバンプマップを自動的に生成

写真のテクスチャから、より正確なバンプマップ/法線マップを自動的に生成できます。また、3Dモデルのサーフェスに追加したバンプマップ/法線マップから生成されるエンボス/デボスの高さと深度を簡単にコントロールできます。

3Dコンテンツを簡単にプリント

Photoshop CC内から、プリント可能な3DのPDFファイルやSVXファイルを作成でき、3Dプリントサービスプロバイダーに迅速かつ簡単にアクセスできるように、プリントジョブを3Dハブに直接送信できます。

その他の強化機能

その他にも、レイヤーの移動時の動作の改善、アイドル時のエネルギー消費量を最大で80%削減、3Dプリントサービスプロバイダーの料金のアップデートなどが行われています。
すべてのリリースノートを見る ›

Photoshop CC(2014.2、Camera Raw 9.0付き)

HDRマージ

コントラストがバラバラのシーンから、自然な画像や超現実的な画像を作成できます。HDRマージを使用すれば、異なる露出設定で撮影した複数の写真を組み合わせて、1枚のハイダイナミックレンジ(HDR)画像を簡単に仕上げることができます。

パノラママージ

超広角でも驚くほどきめ細かな画像を実現します。Photomergeテクノロジーにより、RAWファイルを含む複数の画像を合成して、美しいパノラマ写真を作成できます。

パフォーマンスの強化

Photoshopと互換性のあるグラフィックプロセッサーを利用することで、あらゆる工程の処理速度が大幅に向上しました。Adobe Camera Rawでの処理範囲も含めて、写真の仕上げまでを一段とスピーディにおこなえます。

Photoshop CC(2014.2)

Creative Cloud Libraries

Photoshop、Adobe Illustrator、およびAdobe SketchやDrawなどのモバイルアプリで使用できる新しいライブラリで、お気に入りのクリエイティブアセット(グラフィック、カラー、テキストスタイル、ブラシなど)にアクセスできます。ライブラリは、必要なファイルを必要なときに使用できるようにCreative Cloudと同期されています。
詳細を見る ›

アセットを抽出

Adobe Generatorを基盤として構築されるシンプルで視覚的な「アセットを抽出」インターフェイスが、最適化された画像アセットを簡単にレイヤーから抽出して、SVGをはじめとする各種フォーマット、解像度で保存。ワークフローに応じて個別またはリアルタイムの自動更新抽出を生成できます。
詳細を見る ›

ガイドの強化

複数のガイドを一度にすばやく作成。それぞれのガイドを個別に作成したりドラッグアウトしたりする必要はありません。複数の列または行の幅やマージンを正確に設定でき、ガイドをプリセットとして保存することもできます。
詳細を見る ›

Windowsタッチデバイスのサポート

ピンチ、ズーム、パン、回転ジェスチャを使用できるようになったため、Windows 8.1タッチデバイスの操作がさらにインタラクティブになりました。

COLLADAファイルのリギングおよびアニメーションデータ

Photoshop CCでCOLLADAファイルのリギングおよびアニメーションデータを解釈できるようになったため、Photoshopで直接アニメーションを再生したり、アニメーションを好きな場所で一時停止してキャラクターのポーズを設定したりすることができます。
詳細を見る ›

3D PDFファイルのサポート

Photoshopから3Dデザインを3Dファイルとして書き出すことができるため、同僚やクライアントが3DデザインをAdobe Acrobatで簡単に表示したり操作したりできるほか、コメントを付けることもできます。
詳細を見る ›

新しい3Dプリンターのプロファイル

i.Materialiseや新しいMakerBotプリンターなどの3Dプリンターや、3Dプリントサービスプロバイダーが新たにアップデートされました。

SVGの書き出し

新しいExtract AssetsとAdobe Generatorを使用することによってSVGグラフィックを書き出すことができます。出力には、どのブラウザーでもスムーズに調整されるコンテンツのパス情報やレイヤースタイル情報などが含まれます。
詳細を見る ›

Mercury Graphics Engineによるパフォーマンスの向上

Adobe Mercury Graphics Engineのパフォーマンスの向上により、焦点領域が最大で3倍、コンテンツに応じた機能が最大で12倍速く動作するようになりました。

その他の強化機能

その他にも、選択時のパディングオプション、新しいフレームパターンスクリプトなどが追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›

Photoshop CC(2014.1)

拡張された3Dプリント機能のサポート

多様なプリンターや各種のサービスプロバイダーでプリント可能な3Dファイルを作成できます。また、Photoshopは、第5世代のMakerBot Replicator 3Dプリンターおよび日本のDMM.comによるオンライン3Dプリントサービスをサポートするようになりました。

より多くの3Dファイルフォーマットをサポート

VRML、U3D、PLY、IGESなど、新たなファイルフォーマットをサポートして、より幅広い3Dワークフローが可能になりました。Photoshopでは、CADワークフローとのさらなる連携、3Dスキャナーのサポートの強化などが含まれています。

効率化された3Dペイント

Photoshopの機能強化により、3Dモデルのペイントがさらに素早く簡単になりました。

最適化された3Dプリントのリソース

単一のプリントベッドで複数の3Dオブジェクトを容易にレイアウトできるため、プリント実行時の効率を最大化できます。

3Dプリントのワークフローの強化

Photoshopでアセンブリを読み込み、写真から法線マップやバンプマップを使用して、より簡単に深度やテクスチャを表面に追加できます。より正確なプレビューと、メッシュの修復でのより高い再現性を実現できます。

その他の強化機能

その他にも、線や点のレイトレーシング、3Dプリント設定ダイアログのレイトレースプレビューを無効にする機能などが追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›

Photoshop CC(2014)

スマートオブジェクトの強化

1つのディレクトリに自動的にパッケージすることで、外部ファイルへのリンクを維持できます。埋め込まれた既存のスマートオブジェクトをリンクされたスマートオブジェクトに変換することもできます。
詳細を見る ›

レイヤーカンプの改善

レイヤーカンプの1つのレイヤーの表示、位置、外観を変更し、その変更を他のすべてに同期できるようになったため、作業効率が向上します。さらに、各レイヤーカンプの属性を簡単に確認でき、スマートオブジェクト内でレイヤーカンプを切り替えることも可能です。
詳細を見る ›

ぼかしギャラリーのモーション効果

スピンぼかしを使用して、円形または楕円形に回転するぼかしを作成できます。パスぼかしを使用すれば、パスに沿ったぼかしの追加も可能。Mercury Graphics Engineがぼかしギャラリーのすべての処理をスムーズに高速化します。
詳細を見る ›

焦点領域

Photoshopが、画像内のフォーカスのある領域を自動的に選択してマスクします。焦点領域は、ポートレイトなどの被写界深度の浅い画像に適しています。Mercury Graphics Engineが高速処理を実現しています。
詳細を見る ›

コンテンツに応じた機能の改善

コンテンツに応じた塗り、移動、パッチの機能が改善され、空などのグラデーションを含む領域をスムーズにブレンドして、かつてないほど滑らかでリアルに仕上げることができます。
詳細を見る ›

よりスマートになったスマートガイド

カンバス上で、複数のシェイプやオブジェクトを均等な間隔に並べる手間が省けます。オブジェクト間の距離がピクセルで即座に表示されるようになったため、コンテンツを正確にレイアウトできます。
詳細を見る ›

Typekitデスクトップフォント

Typekitライブラリから必要なフォントを選択してデスクトップと同期し、Photoshopのフォントメニューからすぐに利用することができます。ドキュメントに不足しているフォントがあればPhotoshopが自動的に置き換えます。
詳細を見る ›

フォントの検索

フォントを名前で検索し、瞬時にプレビューすれば、最適なフォントをすぐに見つけ出すことができます。
詳細を見る ›

3Dプリント機能を拡張

Photoshopによってどこにある3Dメッシュがどのように修復されたかを正確に確認できるようになったため、サードパーティの3Dモデリングアプリケーションを使用してデザインを洗練することが簡単になりました。WYSIWYGプレビューにより、プリントする前にモデルを正確にレンダリングできます。3Dプリンターとサービスプロバイダーのサポートも拡充しています。
詳細を見る ›

Adobe Generatorの強化

ドキュメント全体の既定値を設定し、アセットを書き出すサブフォルダーを指定して、Generatorのアセット命名プロセスを簡素化するとともにGeneratorからの出力の柔軟性を高めました。Generatorには新しいAPIも搭載されているので、開発者はよりパワフルなプラグインを作成できます。
詳細を見る ›

Adobe Camera Raw 8の強化

さらにきめ細かい画像の修復、遠近感の歪みの修正、周辺光量の補正が可能。インタラクティブなヒストグラム、補正前/補正後のプレビューなども利用できます。
詳細を見る ›

Windows 8.1スタイラスのサポート強化

Windows 8.1デバイスでスタイラスを使用して素早く快適操作。周波数の向上したサンプリングにより、スムーズなブラシストロークが実現します。

Mercury Graphics Engineのサポート強化

Mercury Graphics EngineによりOpenCLの処理能力が大幅に向上し、画像のアップサンプリングが最大15倍スピードアップしました(ファイルサイズおよびビデオカードの構成による)。新しいぼかしギャラリーのモーション効果と焦点領域の機能にもMercury Graphics Engineが威力を発揮します。

テクノロジープレビュー

新しい環境設定を使用して、Photoshopの新機能が正式にリリースされる前に試用できます。

さらに高速化した高品位なアップサンプリング

低解像度の画像を美しく印刷できるように拡大したり、最初から比較的大きめの画像を使ってポスターや看板サイズにまで引き延ばしたりすることに利用できます。アップサンプリングでは、ノイズが発生することもディテールが損なわれることもなく、画像をシャープなまま維持できます。またOpenCLを使用したMercury Graphics Engineにより、作業結果が即時反映されます。
詳細を見る ›

作業効率の強化

ワークフロー全体にわたる新しい機能強化によって、より迅速でスマートな処理が実現されます。拡充したカラーパネルを利用できるようになりました。最後に使用したブラシを利用でき、「設定を同期」を使用してワークスペース、キーボードショートカット、メニューのカスタマイズを同期できます。

その他の強化機能

その他にも、非常に大きなPNGファイルへの対応、3D LUTの書き出し機能、Sony RAWとCanon RAWをはじめとする新しいビデオフォーマットのサポートなどが追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›

Photoshop CC(14.2)

遠近法ワープ

周辺に影響を与えることなく画像の特定部分の遠近感を調整。オブジェクトを見ている位置にパースを変更できます。例えば、望遠写真を広角写真に(またはその逆に)変更します。異なる消失点やカメラ位置からなる画像合成もシームレスに行えます。
詳細を見る ›

リンクされたスマートオブジェクト

コラボレーションを強化して作業を効率化。リンクされたスマートオブジェクトがローカルシステムやネットワークドライブに保存されたファイルを参照し、複数のPhotoshopドキュメントでアセットを再利用できます。ファイルサイズが小さくなるため、ハードディスクの容量節約にもなります。
詳細を見る ›

3Dプリント

Photoshopの3Dプリント機能で3Dデザインを実際に造形。デザインを簡単に作成、調整、プレビューしたら、ローカル接続の3Dプリンターやオンラインサービスでモデルを直接プリントできます。
詳細を見る ›

さらなる高速パフォーマンス

スマートシャープ、ゆがみツール、パペットワープなどの主要ツールを使用した編集のレスポンスが向上しました。OpenCLを使用した次世代のAdobe Mercury Graphics Engineにより、サイズの大きなファイルの編集でも作業結果が即時反映されます。

高度なスクリプトパターンと塗りつぶし

スクリプトパターンの塗りをプレビューし、新しいコントロールで調整。パスに沿って塗りつぶしたり、カスタマイズ可能なフレームや境界線、20種類近いオリジナルの木のグラフィックを生成したりして、創造性をさらに広げることができます。
詳細を見る ›

作業効率の強化

機能としては小さいものの、ユーザーから頻繁にリクエストが寄せられていた機能が追加されたことにより、一般的な作業がスピーディに処理できるようになりました。新しい修飾キーで簡単にパスを作成する、スペースバーを使用してパスを移動するなど、様々な処理が可能です。
詳細を見る ›

Mercury Graphics Engineによるさらなる高速パフォーマンス

アップサンプリング、ぼかしギャラリー、スマートシャープ、ゆがみツール、パペットワープなど、主要な編集ツールのレスポンスが向上しました。OpenCLを使用した次世代のAdobe Mercury Graphics Engineにより、サイズの大きなファイルの編集でも作業結果が即時反映されます。

その他の強化機能

その他にも、スマートシャープのパフォーマンス向上、Adobe Generatorの機能強化によるスマートオブジェクトの拡大・縮小と余白の追加、フォントの変形とシェイプの選択の機能強化が追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›

Photoshop CC(14.1)

Adobe Generator

Adobe Generatorテクノロジーにより、デベロッパーは手間のかかる作業を自動化し、ワークフローを簡潔にするインテリジェントなツールを利用して、より深くPhotoshopファイルを利用することができます。
詳細を見る ›

リアルタイムで画像アセットを生成

様々な画面用にデザインする際に、アセットをスライスして書き出す面倒な手作業は不要。編集作業中、Adobe Generator技術により、タグの付いたレイヤーおよびレイヤーグループが、選択した形式の個別の画像ファイルとして保存され、すべてが1つのフォルダーにまとめられます。

その他の強化機能

その他にも、UIの強化およびRetinaディスプレイでのHiDPIプレビューのサポートをはじめとする手ぶれ補正機能の強化、シャドウ、ハイライト、ミッドトーンの範囲とぼかしを変更できる新しいコントロールなどが追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›

Photoshop CC(14)

刷新したスマートシャープ

表情豊かなテクスチャ、くっきりとした境界線、明瞭なディテール。刷新されたスマートシャープは、現時点で利用されるツールの中で、最先端のテクノロジーが搭載されたツールです。画像を分析して鮮明度を最大限に高め、ノイズやハロー効果を最小限に抑えることが可能。微調整を行って高画質で自然な仕上がりを実現できます。
詳細を見る ›

手ぶれ補正

カメラが動いてしまったミスショットでも、シーンを美しくよみがえらせることが可能。シャッタースピードが遅くなった原因でのピントずれ画像の場合でも、手ぶれ補正の機能がブレの軌跡を解析して、シャープな画像に修復します。
詳細を見る ›

フィルターとしてのAdobe Camera Raw 8とCamera Raw

Camera Rawがフィルターメニューとして利用可能。Photoshop内でレイヤーやファイルに適用し、好みの方法で加工することができます。新しいAdobe Camera Raw 8では、さらにきめ細かい画像の修復や、遠近感の歪みの修正、周辺光量の補正を行えます。
詳細を見る ›

画像のサイズ変更機能の向上

「画像サイズ」コマンドに、画像を拡大したときにディテールを保持し、シャープな画像にする機能が追加されました。また、画像解像度ダイアログボックスが変更され、使いやすくなっています。
詳細を見る ›

編集可能な角丸の長方形

シェイプを作成前または作成後に、そのシェイプをサイズ変更、編集、再編集できます。角丸の長方形で個々の角の半径を編集することも可能です。Web用のシェイプなら、ファイルからCSSデータを書き出して作業時間を短縮できます。
詳細を見る ›

複数のシェイプとパスを選択

複数のパス、シェイプ、ベクターマスクを一括選択できます。大量のパスが含まれた複数レイヤーのドキュメントでも、新しいフィルターモードを使用すれば、目的のパス(およびレイヤー)をカンバス上で簡単に選択できます。
詳細を見る ›

Adobe Edge Reflow CCとの連携

ワンクリックでPhotoshopのモックアップからEdge Reflow CCにアセットを移し、あらゆる目的のデバイスに合わせてレイアウトを素早く調整できます。Adobe GeneratorによってレスポンシブWebデザインが容易になります。

Photoshop Extendedの機能を搭載

これまでPhotoshop Extendedでしか使えなかった高度な3D編集ツールや画像解析ツールなどを搭載しています。

システムに応じて文字をアンチエイリアス

MacまたはWindowsのアンチエイリアスにマッチさせるオプションを使用して、文字がWeb上でどのように見えるかをリアルにプレビューできます。
詳細を見る ›

Behanceとの連携

PhotoshopからBehanceポートフォリオに直接作品を投稿して公開できます(英語版。日本語版は14.2で搭載)。
詳細を見る ›

設定を同期

環境設定、ブラシ、アクションなど、ワークスペースの設定を複数のコンピューターで同期できます。
詳細を見る ›

スマートオブジェクトのサポート強化

スマートオブジェクトの対応範囲がさらに広がり、元の画像品質を損なうことなく、ぼかしギャラリーやゆがみ効果などを適用できます。ぼかし効果を適用したり、画像やビデオをプッシュ、プル、縮小、膨張したりしても、元のファイルは保持されます。ファイルを保存した後でも、効果は常に編集したり取り除いたりすることが可能です。
詳細を見る ›

改良された3Dペイント

3Dオブジェクトやテクスチャマップのペイント時に、ライブでのプレビューが、これまでと比べて最高100倍速くなり、応答性も高まりました。パワフルなPhotoshopのペイントエンジンにより、どんな3Dモデルでも美しく仕上げることができます。
詳細を見る ›

文字スタイル機能の強化

書式設定を整えるためだけに何時間も費やしていませんか?文字スタイル機能を使用すれば、書式設定をプリセットとして保存して、ワンクリックで適用することができます。文字スタイルをすべてのPhotoshopドキュメントで使用するように定義することも可能です。
詳細を見る ›

CSSサポートの強化

HTML、CSS、SVGから直接カラースウォッチを読み込み、既存のWebスキームと簡単に合わせることができます。カラーや角丸などのデザイン要素のCSSコードを生成し、Webエディターにコードをコピー&ペーストすると、思いどおりの結果が得られます。
詳細を見る ›

条件付きアクション

日常的な作業は、条件付きアクションで自動的に実行。これらのコマンドは、if/thenステートメントを使用し、設定したルールに基づいて様々なアクションを自動的に選択・実行します。
さらに詳しく ›

改善された3Dシーンパネル

3Dシーンパネルには、複製、効果、グループ、削除など、レイヤーパネルでおなじみのオプションが多く、スムーズに2Dから3Dの編集に移行できます。
詳細を見る ›

最小値/最大値フィルターの機能強化

新たに直角や円を維持できるオプションを搭載して強化された最小値/最大値フィルターを使用して、さらにきめ細やかにマスクの作成や範囲の選択を行えるようになりました。

ワークフローの高速化

アプリケーション全体にわたる機能強化によって、より迅速でスマートな処理が実現します。拡充したカラーパネルや最後に使用したブラシを利用できるほか、設定を同期を使用してワークスペース、キーボードショートカット、メニューのカスタマイズを同期できます。

その他の強化機能

その他にも、インド諸言語のサポート、レイヤーまたはグループからのCSSコードの直接書き出し機能、プリセット移行機能の強化などが追加されています。
すべてのリリースノートを見る ›