マーケティングコミュニケーションとテクニカルコミュニケーションの戦略的な統合

現代のマーケティング担当者とWebコンテンツ立案者は、各種チャネルの普及、グローバルとローカルの微妙なバランス調整、幅広い情報を持つ顧客の増加など、様々な課題に直面しています。このように新しい変化や要求が次々に発生する環境では、統一された方法でテクニカルコミュニケーションのコンテンツをマーケティング目的で活用することにより、比較的簡単に変化や要求に対応することができます。
—Noz Urbina氏
アカウンタビリティの時代:Adobe Experience Managerでマーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを統一
アカウンタビリティの時代:Adobe Experience Managerでマーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを統一
コンテンツのパラドックスを解決:「より多く」ではなく「より少なく」
コンテンツのパラドックスを解決:「より多く」ではなく「より少なく」
コンテンツを配信するにはそのためのリソースが必要になるため、デジタルコンテンツが普及する前は、実質的に各企業がコンテンツの管理者としての役割を担っていました。各企業は、セールス用のコンテンツとマーケティング用のコンテンツを見込み客に送信し、既存の顧客には製品に関する技術的なコンテンツを送信していました。現在では、企業と顧客のこうした力関係は変化しています。企業が、情報量の少ないコンテンツへのアクセスを制御することはなくなりました。代わりに、コンテンツの利用者がコンテンツに関する決定権を持つようになってきました。つまり、自分が興味を持っているコンテンツを利用者自身が選択するということです。現代は、アカウンタビリティの時代です。各企業は、時代のニーズに応えていく必要があります。
—Sarah O'Keefe氏、Gretyl Kinsey氏
どの企業も、可能な限り高品質なコンテンツをスケジュール通りに予算内で作成しようとしていますが、その際、同じような課題に直面しています。優れたコンテンツを作成する秘訣は、逆説的な考え方をすることです。品質の高いコンテンツをスケジュール通りに予算内で作成するというのは、「より多くのコンテンツを作成する」という問題ではありません。より多くのコンテンツを作成すると、コンテンツ作成者の負担が増え、コンテンツの価値が低下することになります。
—Bernard Aschwanden氏、Jacquie Samuels氏
コンテンツの幅を広げて顧客が求める情報に対応
コンテンツの幅を広げて顧客が求める情報に対応
テクニカルコミュニケーションとマーケティングコミュニケーションの統合
テクニカルコミュニケーションとマーケティングコミュニケーションの統合
現代の企業は、自社がコンテンツ産業の一部を構成しているという事実を無視することはできなくなっています。新聞、雑誌、書籍の発行など、コンテンツ自体を商品として扱う典型的なコンテンツ業界を除くと、現在のコンテンツ産業は、ほぼすべての企業が関係する産業になっています。Webサイトに記載されるマーケティングコンテンツでは、ユーザーに訴えかけるような直接的な表現が使用されますが、そうした説得力のあるコンテンツは、製品について正確に伝えようとする様々な情報コンテンツのほんの一部にすぎません。
—Rahel Anne Bailie 氏
どのようなコンテンツであろうと、コンテンツであることに変わりはありません。マーケティングコミュニケーションとテクニカルコミュニケーションは、テクノロジーアダプションライフサイクルの異なる領域に属するエンドユーザーに対して発信されます。マーケティングコミュニケーションとテクニカルコミュニケーションの差異は、以前よりもはるかに小さくなっています。管理者は、どのコンテンツ作成者のスキルにも大きな違いはないと考え、それらのコンテンツ作成者を1つの役割や部門にまとめることがよくありますが、その判断はおそらく間違ってはいません。
—Jacquie Samuels氏、Bernard Aschwanden氏