アクセシビリティ

Breezeテクニカルノート

リモートデスクトップ接続を使用している場合、Breeze Live会議で共有中のアプリケーションに文字が入力できない

問題

Microsoftのリモートデスクトップ機能を使って接続しているコンピュータ上で、Breeze Live会議を使ってアプリケーションのスクリーン共有を行う際、ユーザにこのアプリケーションへの文字入力を許可すると、入力された文字が正しく表示されないことがあります。

解決方法

これは、Microsoftのリモートデスクトップ接続を使用する際に発生する既知の問題です。この問題は、Breezeの将来のリリースにおいて解決する予定です。本テクニカルノートは、この問題が解決された時点で更新されます。(参照番号:93340)

この問題が解決されるまでは、VNCなど、他のリモートデスクトップアプリケーションをご利用ください。

最終更新日: 2005-5-2

テクニカルノートの詳細

ID: baed647a
製品: Breeze, Breeze Meeting
バージョン: 5
OS: Windowsの全バージョン
ブラウザ: 全バージョン
サーバ: 全バージョン
データベース: 全バージョン