downloads
ダウンロード Adobe Photoshop Elements 2.0 日本語版
Webフォトギャラリー(WebコンタクトシートII プラグイン)アップデータ
このWebコンタクトシートII プラグインアップデータは、Webフォトギャラリーを特別な設定で使用すると特定のファイルを削除してしまう不具合を解決します。

WebコンタクトシートII プラグインにはWebフォトギャラリー機能があります。 WebフォトギャラリーとはPhotoshop Elementsにあるツールの一つで、自動的にソースフォルダの中のイメージを最適化してWeb上で公開可能なフォトギャラリーを作成可能にします。具体的にはhtmlページがWebフォトギャラリーとその中のイメージ(リサイズされたオリジナルファイル)を表示します。Webフォトギャラリーでは元画像を指定する項目とWebフォトギャラリーに関連するファイルの保存先を指定する項目があります。現在のWebコンタクトシートII プラグインでは、連続してWebフォトギャラリーの機能を使用する際に、保存先を同じ保存先に設定して保存するとソースフォルダ内のすべてのファイルを削除してしまうと言う問題が生じていました。

製品 Photoshop Elements
バージョン 2.0
プラットフォーム Macintosh
リリース日 12/13/2002
ファイル名 pse_2_webcontactsheet_jp.hqx
ファイルサイズ 854KB

このWebコンタクトシートII プラグインアップデータをご使用になると上記の問題は解決されます。

プラグインアップデータのダウンロード、および使用することにより、お客樣には使用許諾条件に同意いただいたものとみなさせていただきます。ダウンロードする前に使用許諾条件を必ずお読みください。


必要システム構成
Adobe Photoshop Elements 2.0 for Macintosh

インストール方法
".hqx"ファイルをMacintoshにダウンロードした後、Aladdin Systems (http://www.aladdinsys.com/)のStuffIt Deluxe®またはStuffIt Expander®を使用して圧縮されたファイルにアクセスします。StuffIt Expanderはフリーウェア製品として利用できます。

ダウンロードに関するヘルプはこちらをご覧ください。

プラグインのインストール方法と使用方法

1. Photoshop Elements 2.0が起動していないことを確認してください。
2. 「WebコンタクトシートII」プラグインがはいっている圧縮ファイル(Archive)をダウンロードしてください。
3. StuffIt DeluxeまたはStuffIt Expanderを使って圧縮ファイルの解凍をおこなってください。
4. Adobe Photoshop Elements 2 > プラグイン> 自動処理フォルダを参照してください。
5. 解凍された「WebコンタクトシートII」プラグインをプラグインフォルダ内の自動処理フォルダにドラッグアンドドロップしてください。この新しい「WebコンタクトシートII」プラグインは古いものを上書きします。
6. Photoshop Elements 2.0を起動します。
7. 「WebコンタクトシートII」をControl キー+クリックしてサブメニューの中から「パッケージの内容を表示」を選択して下さい。
8. 「WebコンタクトシートII」が開きますので“Contents” サブフォルダの中からMacOSもしくはMacOSClassicを開いて下さい。
9. 「WebコンタクトシートII」を選択しCommand キー+ I でファイル情報ダイアログを開いてバージョンを確認して下さい。
10. 「2.0.1」と記述されていればアップデートを行う必要はありません。もしバージョン情報に「7.0」と記述されていればアップデートする必要があります。

ダウンロードサイト:
ファイル名 pse_2_webcontactsheet_jp.hqx
ファイルサイズ 854KB
HTTP http://download.adobe.com/pub/adobe/photoshopelements/mac/2.x/pse_2_webcontactsheet_jp.hqx
使用許諾契約書

お客様がAdobe Systems Incorporatedまたはその子会社(以下「アドビ」)の本ソフトウェアをダウンロードされることにより、お客樣には下記の使用許諾契約の諸条件に同意いただいたものとみなさせていただきます。 同意いただけない場合には、本ソフトウエアをダウンロードまたは使用することはできませんのでご注意ください。 ダウンロードまたはインストール後において特定のソフトウェアにエンドユーザ使用許諾契約の条件が別途付されている場合は、かかる条件がそのソフトウェアについて優先して適用されるものとします。

アドビのソフトウエア製品の輸出および再輸出は米国輸出管理規則により規制されており、キューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、スーダンもしくはシリアまたはその他米国政府が輸出を禁ずる国への輸出および再輸出は許可されません。 さらに、アドビのソフトウェア製品は、TDO(Table of Denial Orders)、Entity ListまたはList of Specially Designated Nationalsの取引禁止対象者リストの対象者へ頒布することは許可されておりません。

アドビのソフトウェア製品をダウンロードすることにより、お客樣にはキューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、スーダンもしくはシリアまたはその他米国政府が輸出を禁ずる国の国民でないこと、TOD、Entity Listまたは List of Specially Designated Nationalsの取引禁止対象者リストの対象者ではないことを証していただきます。

本ソフトウエアが他のアドビ製品(以下「ホストソフトウエア」)との併用を予定している場合、アドビは本ソフトウェアを専らホストソフトウエアと併用するために使用できる非排他的な権利を許諾します。ただし、かかる許諾はお客様がホストソフトウエアの正規ライセンスを有していることを条件とします。 下記に定める規定を除き、本ソフトウエアの使用条件はホストソフトウェアの使用について適用されるアドビのエンドユーザ使用許諾契約の規定によるものとします。

保証の放棄:本ソフトウェアは現状有姿にてお客様に提供されるものです。 アドビおよびサプライヤーは、本ソフトウェアに関し明示または黙示を問わず何らの保証も致しません。特に、商品性、特定の目的に対する適合性または第三者の権利を侵害しない旨の保証は、一切行いません。 本項はお客様の法律上の権利行使を制限するものではありません。

限定責任:本ソフトウェアのインストールまたは使用に関連してお客様に直接的または間接的に発生する一切の損害(ハードウェア、他のソフトウェアの破損、不具合等を含む。また、通常損害、特別損害、結果損害を問わない)および第三者からなされる請求についてアドビまたはサプライヤーは一切責任を負担しません。 本項はお客様の法律上の権利行使を制限するものではありません。