アクセシビリティ

Flash TechNote

JavaScript でムービーを制御する

このテクニカルノートでは、下記で動作している Flash と JavaScript の使用例をご紹介します。

Note: プラグインで動作するブラウザのうち LiveConnect 機能をサポートしていないブラウザでは動作しません。


(再生関連)


(ズーム関連)


(状態)


Total frame

PLAY?

LOAD(%)



上記、Flashムービーの使い方

 

  • 再生関連
    左からムービーの [再生] ボタン、[ストップ] ボタン、[巻き戻し] ボタン、[指定フレームへ移動] ボタンになります。
  • ズーム関連
    まずは [Zoom 200%] ボタンを押して下さい。ズーム関連は元のムービーサイズの状態では動作しません。[Zoom 200%] はズームインボタン、[Zoom 50%] はズームアウトボタン、[Zoom 100%] は通常のサイズに戻します。
    [ZoomRect] は部分アップ、[PAN] は左へ移動していきます。
  • 状態
    [Total Frame] は Flash ムービーのトータルフレーム数、[Play?] は現在、再生中かどうかを判定します。[LOAD] は Flash ムービーのダウンロード状況を判定します。


Javaスクリプト
現フレームを保存していただければわかると思いますが以下のようなスクリプトで設定されております。

Shockwave Flash のメソッド の詳細は Shockwave Flash のメソッド (fl0013) をご参照下さい。

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
var gTheMovie;
if(navigator.appName=="Netscape"){
gTheMovie = document;
}else{
gTheMovie=window;
}

function swfl_play() {
gTheMovie.swfl.Play();
}

function swfl_stop() {
gTheMovie.swfl.StopPlay();
}

function swfl_rewind() {
gTheMovie.swfl.Rewind();
}

function swfl_gotofr() {
gTheMovie.swfl.GotoFrame(31);
}

function swfl_zoom(){
gTheMovie.swfl.Zoom(50);
}

function swfl_zoom2(){
gTheMovie.swfl.Zoom(200);
}

function swfl_zoom3(){
gTheMovie.swfl.Zoom(0);
}

function swfl_total() {
document.form1.currentf.value=gTheMovie.swfl.TotalFrames();
}

function swfl_playf() {
b=gTheMovie.swfl.IsPlaying() ;
document.form1.playf.value=b;
}

function swfl_loadf() {
c=gTheMovie.swfl.PercentLoaded() ;
document.form1.perf.value=c;
}

function swfl_pan2() {
gTheMovie.swfl.Pan(5,0,1);
}

function swfl_zm() {
gTheMovie.swfl.SetZoomRect(2000,2600,7800,5000);
}

< /SCRIPT>

ID: fl0017
Product: Flash
Versions: 2
OS: all
Browser: N/A
Server: N/A
Database: N/A
Former ID: N/A