Accessibility
 
ホーム / 製品 / ColdFusion / サポート
Macromedia ColdFusion Support Center Release Notes

ColdFusion MX アップデータリリース 3
リリースノートパート 4 -
インストールされるファイル、アンインストール、およびアップデートのサイレントインストール

2003 年 3 月 19 日

このドキュメントは、ColdFusion MX アップデータ 3 リリースノートのパート 4 です。アップデータに関する追加情報が記載されています。


パート 4 目次
アップデータがインストールするファイル
アップデートのアンインストール
ColdFusion MX サーバー上のサイレントインストール

リリースノートの他のパート
パート 1 -- 既に知られている問題とインストール手順
パート 2 -- このアップデータリリースで修正された問題
パート 3 -- 以前のアップデータリリースで修正された問題

メモ: これらのリリースノートでは、cf_root は ColdFusion MX がインストールまたはデプロイされるディレクトリを指します。ColdFusion MX サーバーは、デフォルトで Windows では C:\CFusionMX、UNIX では /opt/coldfusionmx にインストールされます。ColdFusion MX for J2EE Application Servers をデプロイするディレクトリは、アプリケーションサーバーにより異なります。



アップデータがインストールするファイル

アップデータリリース 3 は、ColdFusion MX サーバーを更新する際に、このセクションにリストされているファイルをインストールします。

ColdFusion MX for J2EE 用のアップデータは、すべてのインストールファイルを置き換えます。ただし、このリストにある項目に対応するファイルのみは、元のバージョンとは異なります。また、リストにあるファイルによっては、ColdFusion MX サーバーに含まれているアプリケーションサーバーと Web サーバーに必須であるものもあります。これらのファイルは ColdFusion MX for J2EE には含まれていません。

このリストでは、xx は言語識別子接尾辞を指します。ColdFusion MX はドイツ語、英語、フランス語、日本語、韓国語で使用可能で、接尾辞はそれぞれ de、en、fr、jp、ko です。そのため、 _xx.xml の各項目の語尾は、5 つの言語専用ファイル (すべてがインストールされる) に対応します。

すべてのプラットフォーム

置換ファイル
cf_root/lib/cfusion.jar
cf_root/lib/jrpatch.jar
cf_root/lib/macromedia_drivers.jar
cf_root/lib/viewer.jar
cf_root/lib/webcharts.jar
cf_root/lib/webchartsJava2D.jar
cf_root/runtime/lib/java2wsdl.jar
cf_root/runtime/lib/jrun-ant-tasks.jar
cf_root/runtime/lib/jrun-comp.ear
cf_root/runtime/lib/jrun-xdoclet.jar
cf_root/runtime/lib/jrun.jar
cf_root/runtime/lib/jrun.policy
cf_root/runtime/lib/jrunwizard-installer.jar
cf_root/vruntime/lib/jrunwizard.jar
cf_root/runtime/lib/jspc.jar
cf_root/runtime/lib/migrate.jar
cf_root/runtime/lib/oem-xdoclet.jar
cf_root/runtime/lib/sniffer.jar
cf_root/runtime/lib/webservices.jar
cf_root/runtime/lib/wsconfig.jar
cf_root/runtime/lib/wsdl2java.jar
cf_root/runtime/lib/xdoclet.xml
cf_root/runtime/lib/xmlscript.jar
cf_root/runtime/servers/default/flashgateway.ear
cf_root/runtime/servers/default/SERVER-INF/default-web.xml
cf_root/runtime/servers/default/SERVER-INF/jndi.properties
cf_root/runtime/servers/default/SERVER-INF/jrun-jms.xml
cf_root/runtime/servers/default/SERVER-INF/jrun-users.xml
cf_root/runtime/lib/webservices.jar
cf_root/runtime/lib/wsconfig.jar
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/Application.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/odbcsocket.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/logviewer/_searchlog_cfformat.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/logviewer/_searchlog_other.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/security/cfadminpassword.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/Application.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/analyzer/featureview.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/analyzer/fileview.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/analyzer/index.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/archivewizard.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/buildwizard.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/deploywizard.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/index.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_applets.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_cfdirectorymappings.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_cfxtags.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_datasources.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_save.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_schedulebuild.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_scheduledtasks.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_settings.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_todolist.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/archivewizard_page_veritycollections.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/archives/wizards/deploywizard_buttons.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/archives_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/code_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/datasources_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/debugging_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/extensions_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/general_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/logging_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/logviewer_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/mail_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/migrate_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/migratelog_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/probe_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/reports_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/scheduler_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/security_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/settings_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/cftags/resources/verity_xx.xml
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/Application.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/db2.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/db2os390.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/index.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/informix.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/odbcsocket.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/oracle.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/datasources/sybase.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/enter.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/extensions/webservices.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/homepage.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/include/udflibrary.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/logging/index.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/logging/settings.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/logviewer/_searchlog_cfformat.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/logviewer/_searchlog_other.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/logviewer/_searchloglogic_cfformat.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/mail/index.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/migration/_migrate_schedule.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/migration/dsmigrate/datasourcemigrate1.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/migration/migratesettings.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/migration/migrationcheck.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/migration/runmigration.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/navserver.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/reports/_reportsi10n.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/reports/rendersummary.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/reports/settingssummary.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/right.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/scheduler/_getprobes.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/scheduler/editprobe.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/scheduler/probes.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/scheduler/scheduleedit.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/scheduler/scheduletasks.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/security/_fileoptions.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/security/cfadminpassword.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/security/index.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/security/sandbox.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/settings/_licensedata.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/settings/version.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/verity/index.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/verity/k2server.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/welcome.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/welcomedoc.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/administrator/welcomeexapps.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/componentutils/cfcexplorer_utils.cfm
cf_root/wwwroot/CFIDE/probe.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/applet.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/cache.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/component.cfc
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/dump.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/form.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/grid.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/gridcolumn.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/gridrow.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/input.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/savecontent.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/select.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/slider.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/textinput.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/trace.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/tree.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/cftags/treeitem.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/debug/classic.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/debug/dockable.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/debug/dreamweaver.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/exception/detail.cfm
cf_root/wwwroot/WEB-INF/exception/exception_xx.xml
cf_root/wwwroot/WEB-INF/server-config.wsdd

Windows 置換または追加ファイル
cf_root\bin\connectors\Apache_connector.bat
cf_root\bin\connectors\ConnectorList.bat
cf_root\bin\connectors\IIS_connector.bat
cf_root\bin\connectors\iPlanet_connector.bat
cf_root\bin\connectors\Remove_ALL_connectors.bat
cf_root\bin\connectors\Upgrade_all_connectors.bat
cf_root\bin\updater_compile.bat
cf_root\runtime\bin\WindowsLogin.dll
cf_root\runtime\jre\lib\security\cacerts
Linux
Solaris
HP-UX
置換または追加ファイル
cf_root/bin/updater_compile.sh
cf_root/jre/lib/security/cacerts

目次に戻る


 

アップデートのアンインストール

次の手順に従い、ColdFusion MX アップデータをアンインストールします。

メモ:

  • ColdFusion MX と JRun に付随するビルトイン Web サーバー「以外」の Web サーバーを ColdFusion MX サーバーと併用している場合は、アップデートをアンインストールする前に、「Web サーバーコネクタの再設定」セクションの手順に従う必要があります。
  • アップデータ 3 およびアップデータ 2 の両方をアンインストールし、Apache 2 を Web サーバーとして使用する場合は、Apache 2.0.43 (かそれ以降) サーバーをより以前のバージョンと置き換える必要もあります。アップデータ 1 をインストールして ColdFusion MX を使用する場合は、Apache 2.0.40 が必要です。 ColdFusion MX と Apache 2 をアップデータなしに併用することは避けてください。

Web サーバーコネクタの再設定

ColdFusion と JRun に付随するビルトイン Web サーバー以外の Web サーバーを ColdFusion MX サーバーと併用している場合は、ColdFusion MX アップデートをアンインストールする前に、Web サーバーコネクタを再設定する必要があります。

Web サーバーコネクタを再設定するには

  1. 次のように、更新された wsconfig.jar を使用して、現在のコネクタをアンインストールします。
    Windows:
    cf_root\runtime\jre\bin\java -jar cf_root/runtime/lib/wsconfig.jar -v -u

  2. UNIX:
    cf_root/jre/bin/java -jar cf_root/runtime/lib/wsconfig.jar -v -u

  3. 更新された wsconfig.jar を、バックアップフォルダ (cf_root/cfmx_updater/cfmx_updater_XX/runtime/lib/wsconfig.jar) 内の元の JAR ファイルと置き換えます。


  4. コネクタを Microsoft IIS Web サーバーと併用する場合は、IIS をシャットダウンし、cf_root\\runtime\lib\wsconfig\jrunwin32.dll ファイルを削除します。


  5. コネクタを再インストールする場合は、cf_root/bin/connectors 内で ColdFusion MX 用に提供されるスクリプトのいずれかを使用します。詳細は、最新の ColdFusion MX リリースノートをご覧ください。

Windows の ColdFusion MX サーバーアップデートのアンインストール

このセクションでは、Windows プラットフォームから ColdFusion MX アップデートをアンインストールする手順を説明します。

Windows で ColdFusion MX アップデートをアンインストールするには

  1. 次のサービスを停止します。
    ColdFusion MX Application Server
    ColdFusion MX ODBC Agent
    ColdFusion MX ODBC Server


  2. cf_root\lib\jrpatch.jar ファイルを削除します。

  3. アップデート用のバックアップフォルダ cf_root\cfmx_updater\cfmx_updater_XX (この XX はこれからアンインストールするアップデートに対応する) 内のファイルのすべてを元の位置に移動し、更新されたファイルと置き換えます。 (バックアップフォルダディレクトリツリー内のファイルの位置は、cf_root ディレクトリに相対するそれぞれの位置に対応します。)


  4. cf_root\wwwroot\WEB-INF\cfclasses ディレクトリから ColdFusion MX の生成したクラスファイルを削除します。


  5. 手順 1 で停止したサービスを再起動します。Web サーバーを再起動する必要がある場合もあります。

UNIX の ColdFusion MX サーバーアップデートのアンインストール

このセクションでは、UNIX プラットフォームから ColdFusion MX アップデートをアンインストールする手順を説明します。

UNIX で ColdFusion MX アップデートをアンインストールするには

  1. 次のコマンドで ColdFusion MX を停止します。
    /cf_root/bin/coldfusion stop


  2. cf_root//lib/jrpatch.jar ファイルを削除します。

  3. アップデート用のバックアップフォルダ cf_root/cfmx_updater/cfmx_updater_XX (この XX はこれからアンインストールするアップデートに対応する) 内のファイルのすべてを元の位置に移動し、更新されたファイルと置き換えます。(バックアップフォルダディレクトリツリー内のファイルの位置は、cf_root ディレクトリに相対するそれぞれの位置に対応します。)


  4. cf_root/wwwroot/WEB-INF/cfclasses ディレクトリから ColdFusion MX の生成したクラスファイルを削除します。


  5. 次のコマンドで ColdFusion MX を再起動します。
    /cf_root/bin/coldfusion start
    Web サーバーを再起動する必要がある場合もあります。

ColdFusion MX アップデートのアンインストール

このセクションでは、ご使用のアプリケーションサーバーから ColdFusion MX for J2EE アップデータをアンインストールし、ColdFusion MX for J2EE の元のインストールに戻す手順について説明します。

メモ: これらの手順では、ご使用のアプリケーションサーバーの ColdFusion MX for J2EE インストール手順を参照します。インストール手順は、http://www.macromedia.com/go/cfmxj2ee-cert_jp でオンラインで参照できます。「サポートされる J2EE アプリケーションサーバー」表には、サポートされるサーバーに適したインストール手順へのリンクがあります。「アーカイブインストールでサポートされないアプリケーションサーバー」セクションには、追加サーバーをインストールする手順へのリンクがあります。

ColdFusion MX for J2EE アップデートをアンインストールするには

  1. 「ColdFusion MX for J2EE アップデートのインストール」の手順 1〜5 に従います。この手順で、現在の ColdFusion MX 設定と ColdFusion インストールの部分ではないすべてのファイルをバックアップします。この手順で作成される EAR ファイルまたは WAR ファイルは今後使用しません。

  2. ご使用のアプリケーションサーバーから ColdFusion MX J2EE アプリケーションをアンデプロイします。ご使用のアプリケーションサーバー用の ColdFusion MX for Application Servers インストール操作にある手順に従ってください。ただし、Windows システム上でアップデートをアンインストール中に、アンインストール操作で uninstall.bat コマンドを実行するように指示されても、そのコマンドを実行してはいけません。

  3. ColdFusion MX for J2EE の元のバージョンをインストールし、デプロイします。ご使用のアプリケーションサーバー用の ColdFusion MX インストール手順に従ってください。Phase 2 アーカイブベースのインストーラを使用する場合は、ColdFusion MX Administrator を開いたり、スタートアップウィザードを実行してはいけません。また、セキュリティ設定や Verity サポート設定などのような ColdFusion MX for J2EE インストール手順にあるデプロイ後の手順を実行する必要もありません。

  4. 「ColdFusion MX for J2EE アップデートのインストール」の手順 8〜12 に従い、ご使用の設定と他のファイルを復元します。

目次に戻る


 

ColdFusion MX サーバー上のサイレントインストール

ColdFusion MX サーバー用のアップデータのサイレントインストールは、ユーザーとインタラクトしません。これは同じインストールオプションで複数のコンピュータにインストールする場合に便利です。ColdFusion MX for J2EE 上では、アップデートのサイレントインストールはできません。

ColdFusion MX をサイレントインストールする場合は、次の手順に従ってください。

  1. プロパティファイルを設定します。
  2. サーバーを停止します。
  3. アップデータをサイレントに実行します。

インストーラプロパティファイルの設定

インストーラプロパティファイルは、インストールのパラメータを定義する ASCII テキストファイルです。

インストーラプロパティファイルのネーミング

インストーラプロパティファイルを installer.properties と名づけ、それを ColdFusion MX アップデータファイルと同じディレクトリ内に置くと、インストーラファイルのディレクトリからインストーラを実行する際に、アップデータは自動的にその installer.properties ファイルを使用します。ファイルに別の名前を付け、異なるディレクトリに保存することもできますが、その場合は、インストールでそのファイルが使用されるように、常に明示的にそのプロパティファイルを参照する必要があります。

メモ: インストーラプロパティファイルの拡張子は .properties であり、.txt ではありません。

アップデータ用に複数のインストーラプロパティファイルが必要な場合――たとえば、組織内と外でインストールするために異なるプロパティを使用する場合――は、それぞれに説明的な名前を付けると良いでしょう。必ず拡張子を .properties にしてください。

インストーラプロパティファイルの作成

インストーラプロパティファイル内で以下の設定を指定する必要があります。

INSTALLER_UI 値 INSTALLER_UI=silent が必要です。
REBOOT Windows にのみ必須です。UNIX では使用されません。値 REBOOT=1 が必要です。
USER_INSTALL_DIR ColdFusion MX がインストールされる cf_root ディレクトリの位置。
USER_MAGIC_FOLDER_1 システム上の CFIDE の位置。

UNIX システム上では、サンプルインストーラプロパティファイルに、次のテキストが含まれている可能性があります。

INSTALLER_UI=silent
USER_INSTALL_DIR=/opt/coldfusionmx
USER_MAGIC_FOLDER_1=/var/www/html/CFIDE

Windows システム上では、サンプルインストーラプロパティファイルに、次のテキストが含まれている可能性があります。

INSTALLER_UI=silent
REBOOT=1
USER_INSTALL_DIR=C:\\CFusionMX
USER_MAGIC_FOLDER_1=C:\\Inetpub\\wwwroot\\CFIDE

次の規則がプロパティファイルに適用されます。

  • ファイルの指定するディレクトリが存在する必要があります。存在しない場合、アップデータは適切に機能しません。
  • プロパティファイルには、3 つの項目すべてが必要です。
  • プロパティファイル内のファイルパスにバックスラッシュ (\) を使用する場合は、例のように、二重バックスラッシュ (\\) を使用してエスケープする必要があります。

サーバーの停止

インストールするシステム上で ColdFusion を実行している場合は、アップデータを実行する前に、ご使用のインストールスクリプトが ColdFusion を停止する必要があります。また、Windows システム上では、スクリプトが IIS サービスを停止する必要もあります。

Windows でのサーバーの停止

Windows システム上では、インストールスクリプトが、次のコマンドを発行して、サイレントインストールを実行する前に、サービスを停止する必要があります。

NET STOP "ColdFusion MX Application Server"
NET STOP "ColdFusion MX ODBC Agent"
NET STOP "ColdFusion MX ODBC Server

ColdFusion MX 用の Web サーバーとして IIS を使用している場合は、次のように、World Wide Web Publishing Service を停止します。

NET STOP "World Wide Web Publishing Service"

IIS または ColdFusion MX のビルトイン Web サーバー以外の Web サーバーを使用している場合は、その Web サーバーを停止します。

メモ: ColdFusion MX アップデータをインストールする場合は、jrun.exe プログラムと inetinfo.exe プログラムを停止する必要があります。まれに、Windows にサービスを停止するよう要求しても、これらのプログラムが停止しない場合もあります。

UNIX と Linux でのサーバーの停止

UNIX と Linux システム上では、次のコマンドを実行して ColdFusion を停止します。

cf_root/bin/coldfusion stop

また、Web サーバーを停止する必要もあります。

アップデータの実行

メモ: この手順で一般的に使用される cfmx_updater_file とは、アップデータファイルのことです。専用のアップデータファイル名は、オペレーティングシステムにより異なります。アップデータ 3 用のファイル名は次のとおりです。

Windows cfmx_updater_windows_r3.exe
Linux cfmx_updater_linux_r3.bin
Solaris cfmx_updater_solaris_r3.bin
HPUX cfmx_updater_hpux_r3.bin

アップデータコマンドには次の形式があります。

UNIX:
./cfmx_updater_file -i mode [-f propertiesFilePath]

Windows:
cfmx_updater_windows_r3 -i mode [-f propertiesFilePath]

mode 引数は、インストールのモードを指定します。次の表で、有効な mode 値を説明します。

モード 説明

自動

インターフェイスを表示しません (インストーラプロパティファイルを必要とします)。

コンソール

コマンドラインコンソールインターフェイスを表示します (UNIX ではデフォルト、Windows ではサポートされません)。

GUI

アップデータの GUI を表示します (Windows ではデフォルト)。

アップデータをサイレントに実行する場合は、-i silent を指定する必要があります。

propertiesFilePath 引数は、アップデータ用の特有の指示が含まれているインストーラプロパティファイルを指定します。パスは、アップデータセットアップコマンドファイルが置かれているディレクトリへの絶対パスまたは相対パスです。

次の条件がすべて当てはまる場合は、propertiesFilePath 引数を必要としません。

  • プロパティファイルが installer.properties と呼ばれている
  • プロパティファイルがインストーラファイルと同じディレクトリ内に置かれている
  • このディレクトリ内でアップデータセットアップコマンドファイルを実行している

以上が当てはまる場合は、アップデータはデフォルトで installer.properties ファイルを使用します。

次のコマンドを使用して、ColdFusion MX アップデータセットアップコマンドファイルが置かれているディレクトリ内からアップデータを実行します。同じディレクトリに置かれているデフォルトの installer.properties ファイルを使用してください。

UNIX:
./cfmx_updater_file -i silent

Windows:
cfmx_updater_windows_r3 -i silent

次のサンプルコマンドは、インストーラディレクトリの外からアップデータを実行する方法を示します。Linux システム上では、異なるディレクトリ内に置かれたインストーラプロパティファイルが使用されます。画面では 2 行になっていますが、1 行でコマンドを入力してください。

/home/jdoe/software/cfmx_updater_linux_r3.bin -i silent
     -f /home/jdoe/config/cfmx_updater_installer.properties

次の行は Windows 用の同様のコマンドラインです。

C:/downloads/CFUpdater/cfmx_updater_windows_r3 -i silent
     -f C:/downlads/CFUpdater/config/cfmx_updater_installer.properties


目次に戻る
パート 1 -- 既に知られている問題とインストール手順
パート 2 -- このアップデータリリースで修正された問題
パート 3 -- 以前のアップデータリリースで修正された問題