Accessibility
 
Home > Products > Contribute > Support > Release Notes
Contribute Icon Macromedia Contribute Support Center - Release Notes

Macromedia Contribute - リリースノート

Contribute について
必要なシステム環境

役立つ情報および判明している問題点

Contribute プレビュー版リリースのユーザーの方へ

Contribute ベータ版ユーザーの方へ

全般

Microsoft® Office® との統合に関する問題

ブラウザに関する問題

Web サイト管理に関する問題

Dreamweaver ユーザーの方へ

テンプレートに関する問題

   注意事項、使用条件、およびその記載先

Contribute について

Macromedia® Contribute™ では、HTML の知識がなくても、誰でも簡単に既存の Web サイトのコンテンツの更新、追加、および公開を行うことができます。Contribute を使用すれば、技術者やエンジニアではないユーザーの方も、既存の Web サイトのスタイル、レイアウト、コードに合わせて、Web サイトのコンテンツをすばやく簡単に更新することができます。このように一般のユーザーの方も簡単に Web サイト更新できるので、Web 技術者が費やす時間を節約でき、また編集可能なコンテンツを管理することができます。Contribute は、簡単にセットアップができる使いやすいツールです。また、Dreamweaver®、FrontPage®や、他の Web デザインツールを使用して作成されたあらゆる HTML Web サイトに対して使用することができます。   

必要なシステム環境

Windows®

300 MHz かそれ以上の Intel® Pentium® II かまたは相当のプロセッサ

Windows 98 SE/Me/ NT®4/2000/XP 日本語版
Microsoft Internet Explorer 5.0 以降
64 MB 以上の空きメモリ (RAM)
40 MB の空きディスク容量
800 x 600 か、それ以上の解像度を表示可能なカラーモニタ (解像度 1024 x 768、16 ビット以上を表示可能なカラーモニタを推奨)

役立つ情報および判明している問題点

Contribute プレビュー版リリースの時点で判明している問題点は以下のとおりです。ヒントや判明している問題点の最新情報については、Contribute サポートセンターのページをご覧ください。

Contribute の習得に役立つ、製品付属のチュートリアルや Contribute デザイナー & デベロッパーセンターに用意されている多様なリソースをご利用ください。製品に関するヒント、記事、チュートリアル、資料を参照したり、フォーラムを活用してプロジェクトに役立ててください。

Contribute プレビュー版リリースのユーザーの方へ

Contribute のリリース版をインストールする前に、Contribute プレビュー版をアンインストールする必要はありません。  プレビュー版で作成したサイトの接続はすべて、リリース版でも機能します。


Contribute ベータ版ユーザーの方へ

ベータ 2 版およびスクリーンショットビルドユーザーの方は、ベータ 2 版またはスクリーンショットビルドをアンインストールする前に、既存のすべてのドラフトを公開またはキャンセルしてください。 

ベータ 2 版またはスクリーンショットビルドを使用して作成した Web サイトについて、すべての共有設定ファイルを削除してください。これを行うには、Web サイトのルートにある "_mm" または "mm" という名前のフォルダをすべて削除してください。  このフォルダは、ローカルサイトとリモートサイトの両方から削除する必要があります。

ベータ版およびスクリーンショットビルドで作成したサイトの接続と管理設定は、リリース版に継承できません。  リリース版で、サイトの接続を再度確立し、管理設定を更新する必要があります。

全般

Contribute は Microsoft® Windows オペレーティングシステムにのみ対応しています。 Macintosh 版の Contribute のリリースも予定されていますが、時期は未定です。

Flash ムービーが含まれている Web ページの編集中に Contribute がクラッシュした場合はMacromedia Flash Player を最新バージョンに更新してください。

Contribute は Microsoft® Visual Source Safe や Perforce などのソース管理システムとは連携して動作しません。もしソース管理システムを使用している場合は、Contribute を使用する前に Web 管理者に相談してください。

Web サイトで仮想ディレクトリを使用している場合、Contribute の接続ウィザードは自動接続を行うことができません。 このような場合は、仮想ディレクトリが参照しているサーバーの位置を調べる必要があります。

ダイヤルアップ接続を使用して接続する場合、Contribute のパフォーマンスが低下したり、ダウンロードに時間がかかることがあります。低速な接続を使用していたり、低速な FTP サーバーを経由して接続している場合は、オフラインで作業 ([ファイル]-[オフライン作業] を選択して表示) するか、一部のサイト接続を無効にすることを考慮してください。

Microsoft® Windows NT Server の古いバージョンでサイトをホストしている場合、パフォーマンスが低下することがあります。

ネットワークから切断された場合、Contribute でサーバーを検索するのに時間がかかる場合があります。  このような場合は、[サーバーからの応答を待っています] ダイアログボックスの [キャンセル] ボタンをクリックして、オフラインで作業する ([ファイル]-[オフライン作業] を選択して表示) ことができます。

極端にサイズの大きなページで [ページの編集] ボタンをクリックした場合、応答に時間がかかることがあります。

ページをスクロールするときに、マウスのホイールでスクロールできない場合は、Microsoft® IntelliMouse® ドライバをインストールしてください。Microsoft IntelliMouse 以外のマウスを使用していても、多くの場合、これらのドライバをインストールすることでこの問題は解決します。

Contribute ブラウザおよび一部の管理機能は、引用符 (') を正しく処理できません。  URL、グループ名、およびグループの説明では、引用符を使用しないでください。

カスタム JavaScript を使用してブラウザのサイズを変更すると、Contribute ブラウザのサイズも変更されてしまうことがあります。  この問題を解決するには、Contribute アプリケーションウィンドウのサイズを手動で変更してください。

日本語のアカウント名を使用してコンピュータ/ネットワークにログインした場合、Contribute のようこそページ、チュートリアルページが見れません。この問題を解決するには、アカウント名を英数半角に変更するのを考慮してください。

Contribute のトライアル版でチュートリアルを使用していた状態でContribute リリース版を上からインストールした場合、Contribute のチュートリアルページが見れない場合があります。この問題を解決するには、一旦チュートリアルの接続を削除して再度接続しなおしてください(チュートリアルの内容は全てデフォルトの状態に戻ります)。

Microsoft® Office® との統合機能

Contribute ブラウザで Microsoft Office ドキュメントをブラウズしているときに、ブラウザに Contribute とは関係のない [保存] ダイアログボックスが表示されることがあります。このような場合は、[キャンセル] をクリックすると、ダイアログボックスが閉じます。この問題を回避するには、Microsoft ドキュメントを編集するときに、Contribute の [ページの編集] ボタンをクリックしてから目的のドキュメントをクリックするようにしてください。

Contribute のドラフトに直接 Microsoft Office 97 ドキュメントを挿入、ドラッグ & ドロップ、およびペーストすることはできません。  ただし、Office 97 ドキュメントでコンテンツをコピーして、Contribute で [編集]-[テキストのみペースト] を選択することで、そのコンテンツを追加することができます。

Contribute ブラウザで、最新の Microsoft Office ドキュメントよりも古いバージョンのドキュメントが表示される場合は、[更新] をクリックしてページを更新してください。 

状況によっては、Microsoft Word または Microsoft Excel のコンテンツを Contribute ドラフトに挿入するときに、一部のページフォーマットが失われることがあります。

Microsoft Office ドキュメントを他のブラウザで開いているときに、Contribute ブラウザでそのドキュメントをブラウズすることはできません。この問題を解決するには、他のブラウザのウィンドウを閉じてから、目的のドキュメントを Contribute で開いてください。

 

Contribute ブラウザ

Contribute ブラウザは、他の一般のブラウザとは異なる動作をすることがあります。  ブラウザ特有の問題としては、以下の問題があります。

  • Contribute ブラウザで表示している場合、ほとんどのオンラインショッピングカートは機能しません。
  • Contribute ブラウザを使用している場合、パスワード保護された Web サイトにログインできない可能性があります。ログインできないという問題は、Web ベースの電子メールアカウント、オンラインバンキングサービスなどのサービスでも発生する可能性があります。

Contribute では、リンク先のページを新しいウィンドウで開くように設定されているリンクをクリックした場合、そのページがデフォルトブラウザで開きます。  このページを編集するには、デフォルトブラウザウィンドウの URL をコピーし、Contribute の [アドレス] テキストボックスにペーストしてください。目的のページが編集中の Web サイト内にあれば、[ページの編集] ボタンをクリックしてそのページを編集することができます。

Web サイト管理に関する問題

複数のユーザーが、異なるコンピュータで同じサイトの管理設定をそれぞれ変更した場合、適用されるのはいずれか 1 人の加えた変更だけです。

電子メールアプリケーションによっては、[接続キーを送信] が正しく動作しない可能性があります。 これを回避するには、接続キーを書き出すときに [ローカルマシンに保存する] を選択して、電子メールメッセージにそのキーを手動で添付してください。

Dreamweaver ユーザーの方へ

Contribute 用のチェックイン/チェックアウト名には、Dreamweaver で使用している名前と違うものを使用する必要があります。

テンプレート

Contribute では、Dreamweaver 4 以上で作成したテンプレートのみを使用できます。

テンプレートから作られたページを編集するときには、そのページと、親であるテンプレートの両方が Web サーバに存在する必要があります。 いずれかが Web サーバに存在しない場合、または親のテンプレートが Web サイトのルートにある "Templetes" フォルダに存在しない場合は、エラーメッセージが表示されます。  親のテンプレートが正しい場所にあるにもかかわらず、このメッセージが表示される場合は、[Web サイトの管理] の設定を確認し、[テンプレートを非表示にする] リストにこのテンプレートがないことを確認してください ([テンプレートを非表示にする] リストを表示するには、([編集]-[Web サイトの管理]-[グループの編集]-[新規ページ] を選択します)。

テンプレートの依存ファイルが、親テンプレートと同期しない。  この問題が発生した場合は、テンプレートから作られたそのページをブラウザに表示させ[ページの編集] を選択してから、次に[キャンセル] をクリックすると、依存ファイルを更新することができます。

注意事項、使用条件、およびその記載先

本ソフトウェアには、別途の注意事項または使用条件が適用されるサードパーティ製のソフトウェアが含まれる場合があります。そのようなサードパーティ製ソフトウェアに関する注意事項や使用条件は、本ソフトウェアに適用されるエンドユーザーライセンス契約 (EULA : End User License Agreement) で規定され、参照用に組み込まれています。