アクセシビリティ

Adobe® AIR® 1.5.2 - Adobe AIR ユーザー向けリリースノート

リリース日:2009 年 7 月 30 日

はじめに

このドキュメントには、AIR 1.5.2 ランタイム使用時の必要システム構成、インストール手順、既知の問題、その他の情報が含まれています。追加情報については、Adobe AIR 1.5.1 リリースノートを参照してください。

必要システム構成

Adobe AIR の必要システム構成については、http://www.adobe.com/jp/products/air/systemreqs/ を参照してください。

AIR 1.5.2 の新機能

Adobe AIR 1.5.2 は Adobe AIR ランタイムおよび SDK のアップデートです。このアップデートでは、信頼性、互換性、セキュリティが改善されます。このアップデートは、すべての AIR ユーザーにお勧めします。以前のバージョンの AIR 用に開発された AIR アプリケーションは、アップデートしなくても使用できます。

AIR アプリケーションインストーラーが改善されました。証明書チェーンを使用してアプリケーションが署名されると、発行者 ID を表示するセクションが簡略化されます。

Adobe AIR のインストール

AIR のインストールに関する追加情報については、AIR 1.5.1 リリースノート または http://go.adobe.com/kb/ts_kb403150_en-us* を参照してください。

Linux

  • 64 ビット版 Linux は正式にサポートされていませんが、32 ビット版の依存関係ファイルを 64 ビット版 Linux にインストールすることで、Adobe AIR が動作するようにすることができます。詳しくは、http://kb2.adobe.com/cps/408/kb408084.html* を参照してください。

AIR アプリケーションのインストール

AIR アプリケーションのインストールに関する追加情報については、AIR 1.5.1 リリースノートを参照してください。

  • badge.swf ファイルを読み込む HTML 埋め込みタグについては、wmode 属性を設定しないでください。このタグは、デフォルト設定("window")のままにしてください。他の wmode 設定を使用すると、一部のシステムでインストールを実行できなくなります。Web ページからの AIR アプリケーションのインストールと実行 の関連情報を参照してください。