アクセシビリティ

Adobe AIR ユーザ向けリリースノート

リリース日:2010 年 2 月 11 日

はじめに

Adobe® AIR® ランタイムを使用すると、お気に入りの Web アプリケーションをいつでも利用できます。 Adobe AIR 用に構築されたアプリケーションは、Web ブラウザを使わずにデスクトップコンピューター上で実行できるので、デスクトップアプリケーションとまったく同じように使用できます。

このドキュメントには、AIR 1.5.3 ランタイム使用時の必要システム構成、インストール手順、既知の問題、その他の情報が含まれています。 追加情報については、Adobe AIR 1.5.1および Adobe AIR 1.5.2 リリースノートを参照してください。

必要システム構成

Adobe AIR システムの最新の必要システム構成については、http://www.adobe.com/jp/products/air/systemreqs/を参照してください。

AIR 1.5.3 での変更

Adobe AIR 1.5.3 は Adobe AIR ランタイムおよび SDK のアップデートです。 このアップデートでは、信頼性、互換性、セキュリティが改善されます。 このアップデートは、すべての AIR ユーザーにお勧めします。 以前のバージョンの AIR 用に開発された AIR アプリケーションは、アップデートしなくても使用できます。

AMD Phenom プロセッサー上での AIR アプリケーションのクラッシュに関する問題は、このリリースで解決されました。

64 ビット版 Linux は正式にサポートされていませんが、32 ビット版の依存関係ファイルを 64 ビット版 Linux にインストールすることで、Adobe AIR が動作するようにすることができます。 詳しくは、http://www.adobe.com/jp/support/kb/ts/235/ts_235089_ja-jp.htmlを参照してください。

AIR アプリケーションのインストール

AIR アプリケーションのインストールについては、Adobe AIR 1.5.1リリースノートを参照してください。