Accessibility

Dreamweaver リリースノート

Dreamweaver MX 2004 および Dreamweaver MX 2004 アップデート 7.0.1 リリースノート

Dreamweaver MX 2004 について

Macromedia Dreamweaver MX 2004 は、共同作業による開発に対応した、簡単かつ強力なオープンオーサリングツールです。開発チームの各メンバーは Dreamweaver MX を使用して、堅牢な Web サイトやインターネットアプリケーションをすばやく作成することができます。革新的な CSS サポート機能を搭載し、HTML、XHTM、XML、Web サービス、ColdFusion、ASP.NET、ASP、JSP、または PHP など、開発に使用する言語やサービスにかかわらず、単一の環境で作業できるので、高度な Web サイトを簡単に作成および管理できます。

7.0.1 アップデートについて

Macromedia Dreamweaver MX 2004 (7.0.1) では、Dreamweaver MX 2004 で報告された既知の問題がいくつか修正されました。修正された問題には、Dreamweaver のパフォーマンスの低下やクラッシュの原因となっていた深刻な問題も含まれています。すべての Dreamweaver MX 2004 ユーザーに本アップデートをダウンロード*してインストールすることをお勧めします。

必ず、現在ご使用の Dreamweaver と同じ言語のアップデータを選択してください。たとえば、Dreamweaver の日本語版をご使用の場合、英語版のアップデータをインストールすることはできません。

システム要件

Dreamweaver MX 2004 では、Windows Me、Windows NT、Mac OS 9 および Mac OS X の10.2.5 以前のバージョンをサポートしていません。また、1024 x 768 以下の解像度のモニタもサポートしていません。詳細については、Macromedia Web サイトの Dreamweaver システム要件を参照してください。

Dreamweaver MX 2004 の新機能

Dreamweaver MX 2004 の新機能の概要については、Dreamweaver MX 2004 の新機能*を参照してください。Dreamweaver MX 2004 の習得に役立つ、製品付属のチュートリアルやデベロッパーセンターに用意されている各種の参考資料をご利用ください。ヒントや記事、チュートリアル、リソースなどを参照してサイト開発の手掛かりとすることができます。また、フォーラムやコード例、Exchange、リファレンスマテリアルなどを活用し、プロジェクトに役立ててください。

7.0.1 アップデートで解決された問題

7.0.1 アップデートでは、Macintosh と Windows の両方のプラットフォームで Dreamweaver MX 2004 のバグが修正されました。修正されたバグのうち、重要なものについて以下に説明します。

パフォーマンスの向上

本アップデートでは、ユーザーから報告されたパフォーマンスの低下に関する問題がいくつか修正されました。たとえば、ネストされたテーブルを含むページでのテキストの入力、ドキュメントの切り替え、Dreamweaver の起動の際のパフォーマンスの低下が解消されました。

安定性の向上

本アップデートでは、Dreamweaver がクラッシュする原因となっていたバグがいくつか修正されました。デザインビューで ASP.NET または JSP ページを編集した場合や、テキストにカラースタイルを適用した後にさらに太字や斜体を適用した場合など、特定の状況下で Dreamweaver がクラッシュするという問題が修正されました。

タイムライン

タイムライン機能が復元されました。この機能は、Dreamweaver MX では利用できましたが、Dreamweaver MX 2004 からは削除されていました。タイムライン機能の使い方については、Dreamweaver ドキュメンテーションセンターから『タイムラインを使用したレイヤーのアニメーション化』(PDF) をダウンロードし、参照してください。

ASP.NET

本アップデートでは、ASP.NET での埋め込み編集およびワークフローにおける問題に加え、ASP.NET ドキュメントにおける数々のレンダリングおよび視覚化面での問題が修正されました。

CSS 編集およびレンダリング

本アップデートでは、安定性と CSS 編集時の一般的なバグのいくつかが修正されました。さらに、スタイルシートの読み込み、表示プロパティを "none" に変更後のデザインビューの更新など、CSS レンダリングにおける重要なバグが修正されました。

FTP

本アップデートの修正によって、異なる FTP サーバーとの接続および相互運用性が大幅に向上しました。

検索/置換

本アップデートでは、安定性の向上やより一貫した検索性能など、Dreamweaver 内での検索/置換機能が著しく向上しました。

サイト管理

サイト管理の性能および安定性が大幅に改善されました。修正内容には、[ファイル] パネル、表示の自動更新、並べ替え、スクローリングの改善が含まれています。

文字エンコーディングが何も指定されていないファイルを開く

既存のページに文字エンコーディングが何も指定されていない場合、Dreamweaver で西ヨーロッパ言語の文字を正しく表示できないという問題が西ヨーロッパのユーザーから報告されました。Dreamweaver でページを開くと、Dreamweaver はそのページのメタタグに指定されたエンコーディングをチェックし、ファイル内の文字をエンコードおよびデコードする方法を識別します。メタタグでエンコーディングが指定されていない場合、Dreamweaver は、Latin 1 または他のエンコーディングを推定しますが、これらのエンコーディングが常に適切であるとは限りません。

この問題を解決するために、Dreamweaver でページを開くたびにエンコーディングをチェックする新しいオプションが環境設定に追加されました。このオプションでは、ページに何もエンコーディングが指定されていない場合に、そのページのエンコーディングを、指定されたデフォルトのエンコーディングに設定します。このオプションを有効にするには、[環境設定] ダイアログボックスの [新規ドキュメント] を開き ([編集]-[環境設定]-[新規ドキュメント] を選択)、[エンコーディング初期設定] ポップアップメニューの下のチェックボックスをオンにします。

サーバー上のファイルを移動する場合の安全性の向上

新しく追加された環境設定により、サーバー上のフォルダまたはファイルを移動したときに Dreamweaver でメッセージが表示されるようになりました。この環境設定はデフォルトで有効になっていて、リモートファイル操作の安全性を向上させます。この環境設定を無効にするには、[編集]-[環境設定]-[サイト] を選択し、[移動オプション ] チェックボックスをオフにします。

ColdFusion リファレンスヘルプ

ColdFusion ヘルプのリファレンスの各章が更新されました ([ヘルプ]-[ColdFusion の使い方] を選択)。アップデートされたヘルプでは、セクションの紹介ページにトピックタイトルだけが表示され、各セクショントピックへのリンクが表示されないという問題が修正されました。さらに、リファレンスの定型の小見出し (解説、カテゴリ、構文など) が表示されないという問題も修正されています。

ファイルサイズを抑えるために、この新しいリファレンスは 7.0.1 アップデータには含まれていません。ただし、新しいリファレンスは、Windows または Macintosh に拡張機能として個別にインストールできます。注意 :拡張機能をインストールすると、[リファレンス] パネルではなく、ヘルプシステムが更新されます。詳細については、Dreamweaver Exchange にアクセスし、「Dreamweaver Help: Using ColdFusion」について検索してください。

その他の問題点

本アップデートで解決した問題点の詳細な一覧については Macromedia Web サイト* をご覧ください。

判明している問題点

7.0.1 アップデートのインストール後、製品を使用する際には、以下の問題について留意してください。

一般

Flash エレメントのイメージビューアで GIF がサポートされていない

特許権の問題により、イメージビューア Flash エレメント ([挿入]-[メディア]-[イメージビューア]) では GIF がサポートされていません。Fireworks または Photoshop で GIF を JPEG に変換してください。

HTML ファイルを ASP ファイルとして保存する際に必要なコードが挿入されない

.htm ファイルを .asp ページとして保存する際、ASP スクリプト言語を認識するために必要なコードがページの上部に挿入されません。ASP-Javascript サイトの場合、.asp ファイルにはページの上部に <%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="1252"%> というコードが必要です。このコードがないと、ページはサーバー上で正しく機能せず、Dreamweaver によって認識されなかったり、サーバービヘイビアを正しく追加することができない可能性があります。この問題を解決するには、手動で上記のコードをファイルの先頭に挿入して保存し、いったん閉じてから、Dreamweaver で再度開きます。

フォームオブジェクトの挿入後に名前を変更する

同じ種類のフォームオブジェクトを複数挿入すると、各オブジェクトの名前はすべて同じになります。たとえば、テキストフィールドオブジェクトは、すべて textfield という名前になります。このため、プロパティインスペクタ、タグインスペクタまたはコードビューを使用して、各オブジェクトの名前を変更する必要があります。必要に応じて、同じ種類のフォームオブジェクトを複数挿入した場合に、デフォルトで各オブジェクトに個別の名前が付くように Dreamweaver 環境設定で指定することができます (たとえば、textfield1、textfield2 のように名前を付けることができます)。このように指定するには、[編集]-[環境設定]-[コードの書き換え] を選択し、[ペーストするときにフォームアイテムの名前を変更] をオンにします。この環境設定は、新規フォームオブジェクトを挿入するときにも適用されます。

Windows 98 または 2000 への ColdFusion MX 6.1 のインストール

ColdFusion MX 6.1 を Windows 98 または 2000 上にインストールした場合、MDAC (Microsoft Data Access Components) 2.6 以降もインストールする必要があります。MDAC は Microsoft Web サイト*から無償でダウンロードできます。

Macintosh のみの問題

Panther にアップグレード後、Dreamweaver が起動しない

Panther にアップグレード後、Macromedia アプリケーションが動作しなかったという報告が一部のユーザーから寄せられています。多くの場合、アプリケーションアイコンが Dock から飛び出したように表示された後、アプリケーションの起動に失敗します。この問題は通常、Mac OS X のアップグレード時に [アーカイブおよびインストール] または [消去インストール] オプションのいずれかを選択した場合に発生します。

この問題と解決策は、「Some applications won't run after upgrading to Macintosh OS X version 10.2.8 or to Panther (version 10.3)*」(ServiceNote 18933) に説明されています (英語のみ)。

Mac OS 10.3 ユーザー認証ダイアログが失敗する

Dreamweaver のインストール後、Macintosh ユーザー認証ダイアログボックスがクラッシュしたり、メッセージが表示されたまま先に進まない場合があります。

標準のインストールでは、この現象が発生することはありません。この問題は、"Library/Application Support/Macrovision" フォルダにある "AuthenticationService" ファイルが削除された場合、または見つからない場合に発生します。次の 3 つのいずれかの原因が考えられます。

  1. "Macrovision" フォルダまたは "Application Support" フォルダを手動で削除した場合。
  2. Mac OS 10.3 と Mac OS 10.2 を side-by-side インストールしていて、Dreamweaver が Mac OS 10.2 の下にインストールされている場合。
  3. Mac OS 10.2 の下に Dreamweaver がインストールされていて、別のパーティション上に Mac OS 10.3 がインストールされている場合。

この問題は、ユーザー認証ホットフィックスを実行することで解決できます。詳しくは、「Some applications won't run after upgrading to Macintosh OS X version 10.2.8 or to Panther (version 10.3)*」(ServiceNote 18933) を参照してください (英語のみ)。この問題を解決するには、Dreamweaver を Mac OS 10.3 に再インストールします。

Macintosh で 非 Roman キーボードを使用する

Macintosh で 非 Roman キーボードを使用している場合に、Dreamweaver が頻繁にクラッシュする問題が報告されています。この問題が発生した場合は、次のように操作してください。

  1. Mac OS X で [システム環境設定] を開きます。
  2. [言語環境] ボタンをクリックします。
  3. [言語環境] パネルで、[入力メニュー] タブをクリックします。
  4. [入力メニュー] ウィンドウで、[オプション] ボタンをクリックします。
  5. 表示されたダイアログボックスで、[キーボードとテキストを一致させる] オプションのチェックを解除します。一部のシステムでは、このオプションは [フォントとキーボードを一致させる] という名前になります。

ドキュメンテーション

正誤表

Macromedia では、マニュアルの記載内容に関して可能な限り正確を期しておりますが、マニュアルの翻訳後に見つかった誤りがいくつかあります。マニュアルの記載内容に関する最新の変更および訂正については、Macromedia Web サイトのドキュメンテーションページに公開する予定です。

Apple ヘルプビューアでリンクが無効になる

ヘルプシステムのいずれかを Apple ヘルプビューアで表示中に、[編集]-[フォントサイズを大きくする] を選択し、シャットダウン後、再びヘルプビューアを開くと、ヘルプ内のリンクが無効になります。現在この問題は、Mac OS 10.3 (Panther) では修正されていますが、Mac OS 10.2.6 では修正されておらず、解決策もありません。この問題を解決するには、フォントサイズを標準に戻してください。

バグに関するご報告

バグを見つけたら、まず、Macromedia カスタマーサポートにご連絡ください。Macromedia カスタマーサポートでは、お客様から寄せられる問題の解決をお手伝いし、ご報告いただいたバグを記録しています。サポート対象外のお客様の場合は、Macromedia 製品へのリクエスト / バグ報告フォームをご利用ください。

注意 : すべてのお問い合わせに回答できるとは限りませんのであらかじめご了承ください。

Macromedia Dreamweaver MX 2004 をご利用いただきありがとうございます。皆様からのフィードバックをお待ちしております。

注意事項、使用条件、およびその記載先

このソフトウェアには、 別途の注意事項および使用条件* を必要とする他社製のソフトウェアが含まれます。そのようなサードパーティ製ソフトウェアに関する注意事項や使用条件は、本ソフトウェアに適用されるエンドユーザーライセンス契約 (EULA : End User License Agreement) で規定されている内容および本製品に参照事項として組み込まれている内容をご覧ください。

Search

サポートデータベース

トラブルや操作方法、サポート情報、よくあるご質問などをキーワードで検索

現行バージョン
Dreamweaver CS6
ダウンロード