アクセシビリティ

Flash Remoting ドキュメンテーション

Macromedia Flash Remoting コンポーネント

このドキュメントには、Flash 8 用の Flash Remoting コンポーネントと Flash MX 2004 用バージョンの Flash Remoting コンポーネントに関する情報が記載されています。

Macromedia Flash 8 ActionScript 2.0 リリースノート
Macromedia Flash MX 2004 ActionScript 2.0 リリースノート

Flash 8 ActionScript 2.0 対応 Macromedia Flash Remoting

09.20.2005

このセクションには、Flash 8 用の Flash Remoting コンポーネントに関する情報が記載されています。

システム要件

Flash 8 (任意のバージョン) および Flash Player (バージョン 8.0、バージョン 6.0r79 以降、またはバージョン 7.0r19 以降) がインストールされている必要があります。
Remoting Connector を使用するには Flash Professional 8 が必要です。

Flash 8 用の Flash Remoting の新機能

このバージョンの Flash Remoting コンポーネントは、Flash Professional 8 および Flash Basic 8 をサポートしています。英語版、フランス語版、ドイツ語版、および日本語版が提供されています。英語版は、Flash の他の言語版と共にインストールすることができます。

インストーラには次のものが含まれています。

  • Flash Remoting コンポーネント
  • Flash 8 用のサポートファイル
  • NetConnection Debugger
  • Flash の [ヘルプ] パネルで表示可能な HTML コンテンツ
  • ActionScript 2.0 API クラスソースコード

Flash Remoting コンポーネント、サポートファイル、およびヘルプコンテンツは、以前のバージョンのインストーラで提供されるものと同じです。

Flash MX 2004 ActionScript 2.0 対応 Macromedia Flash Remoting

このドキュメントには、Flash Remoting コンポーネントに関する最新情報が記載されています。

システム要件

Flash MX 2004 (任意のバージョン) および Flash Player (バージョン 6.0r79 以降またはバージョン 7.0r19 以降) がインストールされている必要があります。
Remoting Connector を使用するには Flash MX Professional 2004 が必要です。

この製品の韓国語版はリリースされません。

Flash MX 2004 ActionScript 2.0 対応 Flash Remoting の新機能

Flash MX 2004 ActionScript 2.0 対応 Flash Remoting は、次の 2 つの主要機能で構成されています。

  • Remoting Connector コンポーネント

    RemotingConnector コンポーネントは、Flash MX 2004 Professional の新しいデータバインディング機能を使用して直接作業することを可能にする、新しいコンポーネントです。RemotingConnector をステージにドラッグしてコンポーネントインスペクタを使用すれば、スキーマとバインディングを設定することができます。さらに、RemotingConnector コンポーネントは、Flash MX 2004 Professional で使用する他のコネクタと整合性がある基本的な API も提供します。

  • ActionScript 2.0 API

    Flash Remoting ActionScript API は、ActionScript 2.0 に適合するように更新されました。ActionScript 2.0 バージョンの API は、次の重要な機能を備えています。

    • 厳密なデータ入力の実行。これにより、変数のデータタイプを宣言することが必要になり、異なるデータタイプを変数に割り当てることが禁じられます。
    • 大文字と小文字の区別の実行。たとえば、myvar と myVar はそれぞれ異なる変数と見なされます。ActionScript 1.0 では、これらは綴りが異なる同一の変数と見なされました。
    • 新しい Service クラス。ゲートウェイ接続を作成すると同時に、サービスへのリファレンスおよびそのメソッドを取得します。このクラスには接続のプロパティが含まれています。接続のプロパティは、接続を返したり、リモートサーバー上の認証のために証明を設定できるようにしたりします。
    • NetServices クラスは引き続きサポートされますが、新しい Service クラスと Connection クラスが主に使われるようになりました。
    • 新しい Connection クラス。Flash Remoting 接続の作成と使用が可能になります。
    • Connection クラスが、従来の NetConnection クラスと入れ替わっています。
    • サービスメソッドに対する呼び出しごとに返される新しい PendingCall オブジェクト。これは、Service オブジェクトを使用して起動されます。PendingCall オブジェクトには、レスポンダプロパティが含まれています。このプロパティを使用して、サービス呼び出しの結果を処理するメソッドを指定することができます。
    • 新しい RelayResponder クラス。このクラスは、サービス呼び出しの結果イベントや失敗イベントを渡すメソッドを指定します。
    • 新しいプロパティ (columnNames、アイテム、長さ)、新しいメソッド (clear()、contains()、editField()、getEditingData()、getIterator()、getLocalLength()、getRemoteLength()、isEmpty()、sortItems())、および新しい modelChanged イベントを含む RecordSet オブジェクト。
    • ActionScript 2.0 の Flash Remoting API の詳細については、Flash Remoting ActionScript 辞書のヘルプを参照してください。

ヘルプの一部で使用する新しいフォーマットなど、ドキュメントに対しても著しい改善が加わっています。

新しいサンプルアプリケーションがこのリリースには含まれています。

Flash Remoting コンポーネントの既知の問題

  • URL のエンコーディングを介してセッションのトラッキングを使用するときの一部の ColdFusion 設定では、Flash Player 7 への発行時にリモートクライアントが正常に応答しないことがあります。
  • 変数を入力するときに、Connector および Service クラスのコードヒントが表示されません。

    var test:<-- Connector および Service クラスがヒントとして表示されません。

クラス名をドロップリストから選択するのではなく、キー入力することにより、この問題を解決することができます。

var con:Connector;
var serv:Service;

  • "Trigger.xml" が、マルチユーザーコンピュータ上のすべてのユーザーフォルダにコピーされません。"Trigger.xml" ファイルは Remoting の今回のリリースで更新され、Remoting Connector クラスを含むようになりました。今回の更新により、Flash オーサリング時でのトリガの動作は変更され、XML Connector および Web Services Connector に加えて新しいターゲットとして Remoting Connector が示されるようになりました。今回のバージョンの "Trigger.xml" ファイルは、管理者の "<user_folder>¥Behavior" フォルダにインストールされるだけです。複数のユーザーが同じコンピュータを使用する環境では、このファイルを各ユーザーに対して同じフォルダに手動でコピーする必要があります。Remoting がアンインストールされた場合、このファイルは管理者のコンピュータから削除されるだけです。更新された "Trigger.xml" ファイルが Flash オーサリング時の既存の機能に変更を加えることはありません。したがって、このファイルを削除する必要はありません。
  • すべての Macintosh プラットフォームで、Flash Remoting を再インストールするかどうかを確認するプロンプトが表示されません。
  • サンプルアプリケーションには、Flash Player 7.0r19 以降が必要です。
  • 最良の結果を得るためには、NetConnection Debugger を Flash の外部で実行する必要があります。

注意事項、使用条件、およびその記載先

Copyright (c) 1993-2005 Macromedia, Inc. and its licensors.All rights reserved.Macromedia、Macromedia ロゴ、Flash、Macromedia Flash、ColdFusion、および Dreamweaver は、Macromedia, Inc の米国またはその他の国における商標または登録商標です。その他の商標は、各社の所有物です。

本コンピュータプログラムは著作権法および国際条約によって保護されています。無許可でこのプログラムまたはその一部を使用、複製、もしくは配布することは、民事および刑事上の厳しい処罰の対象となることがあり、法律の許容する最大限の範囲において、告訴される可能性があります。

サードパーティ製ソフトウェアのライセンスに関する注意事項とその他の条件については、http://www.macromedia.com/go/thirdparty_jp/ および本製品に参照事項として組み込まれている内容をご覧ください。

デベロッパーセンター

 

ダウンロード

 

テクニカルサポート