Accessibility

FlashPaper リリースノート

FlashPaper 2 リリースノート

本ドキュメントは、FlashPaper 2 に関する情報を提供します。

FlashPaper について

FlashPaper は、ファイルを Web 対応の Flash ドキュメントまたは PDF に変換します。 

FlashPaper を使用すると、印刷可能なファイルを Macromedia Flash ドキュメントまたは PDF に変換することが誰でも簡単にできるようになり、Web 上でのドキュメント共有が簡単に、低コストで実現できます。クリック 1 回で Flash ドキュメントを作成し、Macromedia Contribute、Dreamweaver またはその他のHTML 編集ツールを使用して、ドキュメントをインターネットに公開することにより、5 億人を超えるインターネットユーザーがすぐにドキュメントを閲覧できるようにすることが可能です。またはファイルを電子メールでの送付、保管や印刷に適するように、セキュリティ保護されたコンパクトな PDF に変換することも可能です。またContribute に組み込まれた「ドラッグ & ドロップ Flash ドキュメント作成機能」を使用しても、FlashPaper ドキュメントを作成することが可能です。FlashPaper と Contribute は、会社組織などのWeb サイトの作成、メンテナンス、更新が低コストで実現できる、拡張性に優れたソリューション、Macromedia Web Publishing System の決め手となるコンポーネントです。

システム要件

  • IBM PC またはそれに完全に互換性のあるシステム
  • 486 システムプロセッサ (またはそれ以上)
  • Windows 2000、Windows XP、Windows 2003 (.NetServer2003)

サポートされていないプラットフォーム :

  • Windows 98
  • Macintosh OS X

判明している問題点

Adobe Acrobat 6.0 Professional/Standard

Windows 版Adobe Acrobat 6.0.0用の Microsoft Office 機能拡張には、いくつかのバグがあることが判明しています。バグの一部には、Word がクラッシュしたり、Macromedia FlashPaper Office アドインまたは他のアドインがインストールされている場合に Word が誤動作する、といった深刻な問題を生じるものも含まれていますが、これらの問題はAdobe Acrobatバージョン 6.0.1 および 6.0.2 のアップデータにより逐次修正されました。Adobe Acrobat 6.0 Professional 版または Standard 版をお使いのお客様には、このような問題を解決するために最新バージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。詳細につきましては、以下のアドビの Web サイトをご参照ください。

http://www.adobe.com/support/downloads/product.jsp?product=1&platform=Windows

この問題は Adobe Acrobat 6.0.0 でのみ発生します。

Adobe Reader

無償配布の Adobe Reader (PDF ファイル表示/印刷ソフトウェア) は、CMYK グラフィックをカラープリンタで印刷するときに、カラー補正を行いません。これにより、CMYK グラフィックが含まれている PDF ファイルを Adobe Reader を使用して印刷する場合、カラーが正確に再現されない可能性があります。CMYK コンテンツを印刷するときにカラーを正確に再現するには、Adobe Acrobat の Professional 版または Standard 版を使用してください。

Microsoft Word 2000

Microsoft Word 2000 には、Macromeida FlashPaper ツールバーボタンが付いておりません。Word 2000 から Macromedia FlashPaper を使用するには、[FlashPaper] メニューを使用するか、[ファイル]-[印刷] で [Macromedia FlashPaper] を選択してください。

Microsoft PowerPoint 2003

PPT ファイルに保護されている埋め込みフォントが含まれている場合、[FlashPaper] メニューまたは [FlashPaper] ツールバーを使用してファイルを変換することはできません。FlashPaper アドインはプリンタを設定できないため、PowerPoint でエラーメッセージが表示されます。このようなファイルを FlashPaper に変換するには、ファイルを PowerPoint で開き、[ファイル]-[印刷] で [Macromedia FlashPaper] に印刷してください。この問題は PowerPoint 2003 にのみ影響します。

Microsoft PowerPoint 2000

PPT ファイルを Macromedia FlashPaper のアイコンまたはアプリケーションウィンドウにドラッグして、PowerPoint ファイルを Macromedia FlashPaper に変換すると、ドキュメントはモノクロ表示になります。この問題を回避するには、プリンタを [Macromedia FlashPaper] に設定し、PowerPoint の [FlashPaper] メニューを使用してドキュメントを変換してください。この問題は PowerPoint 2000 にのみ影響します。

Microsoft PowerPoint 2000

スライド以外の形式に設定されている PowerPoint ファイルを変換すると、リンク、アウトライン、およびアクセシビリティの情報がすべて失われることが判明しています。リンクやアウトラインを保持したまま正しくドキュメントを変換するには、ファイルを PowerPoint で開き、[ツール]-[オプション]-[印刷] を選択して、[印刷対象] でドキュメントがスライドとして印刷されるよう指定してください。この問題は PowerPoint 2000 にのみ影響します。

Microsoft Excel

Microsoft Excel ファイル内のリンクは、Macromedia FlashPaper で Flash および PDF に変換することはできません。

著作権に関する注意

Copyright © 2003-2004 Macromedia, Inc. and its licensors. All rights reserved.Macromedia、Macromedia ロゴ、Flash、および Macromedia Flash は、Macromedia, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の商標は、各社の所有物です。

FlashPaper リソース

 

Studio 製品ファミリ
ドキュメンテーション

 

ドキュメンテーションの種類について

ドキュメンテーションの種類に関する詳しい情報をご覧ください。ドキュメンテーションには LiveDocs、オンラインヘルプ、PDF バージョンなどがあります。