アクセシビリティ
アドビ
サインイン プライバシー マイアカウント

Flexリリースノート

Flex Builder 3.0.2 リリースノート

Adobe® Flex® Builder™ 3 へようこそ。Flex Builder 3 は、Flex 開発者向けの Eclipse™ ベースの IDE です。

注意:Adobe Flex Builder 3 では、Flex 3.2 SDK と Flex 2.0.1 SDK(Flex 2.0.1 Hotfix 3)の両方が自動的にインストールされます。

Flex Builder 3 のダウンロードページで、トライアル版をダウンロードできます。

Flex 3 SDK のインストール方法については、「Flex 3 のインストール手順」を参照してください。

新機能

Flex Builder 3 の主な新機能と変更点は次のとおりです。新機能について詳しくは、Flex デベロッパーセンターを参照してください。

Adobe® AIR® のネイティブサポート - Flex Builder 3 には Adobe AIR のサポートが追加されており、開発者は HTML、AJAX、Flash、Flex などの既存の Web 開発スキルを使用して RIA を構築しデスクトップに展開できます。Adobe AIR には、AIR プロジェクトの作成や AIR 形式でのリリースビルドの書き出しなどの機能が含まれています。
注意:Flexbuilder 3.0.1 では、このサポートが AIR 1.5 に更新されています。

Flash Player 10 のサポート – Flexbuilder 3.0.2 では、Adobe Flash Player 10 のサポートが追加されています。

生産性の強化 - Flex Builder 3 には、リファクタリングのサポート、パフォーマンスおよびメモリ調整用の新しいプロファイラ、データアクセス用のコード生成ツールが導入されています。

Creative Suite 3 との統合 - Adobe Photoshop、Illustrator、Fireworks および Flash 用の新しいスキンテンプレートを利用できるようになりました。Flex Builder 3 には、これらの CS3 アプリケーションからアセットをスキンとして読み込むための新しいウィザードが追加されています。

リモートサーバ上のデータにアクセスするための新しいウィザード - ウィザードの指示に従ってデータベースに接続し、サーバサイド PHP、Java、ColdFusion または ASP.NET コードの生成を選択してデータを表示できます。このウィザードでは、単純な REST 呼び出しを使用してサーバ上のデータに対して標準的な CRUD 処理を実行する、基本的な Flex アプリケーションに必要なすべての MXML および ActionScript コードも生成されます。生成されたコードを拡張して、アプリケーションに組み込むことができます。

SOAP Web サービスの強化 - Flex Builder 3 には、Web サービスからのデータアクセスを簡素化するために、Web サービスイントロスペクションのサポートが追加されています。Flex Builder 3 を使用して、WSDL をイントロスペクトし、Web サービス操作の呼び出しや処理を容易にするコードを自動的に生成できます。特定のサービスで呼び出すことができるメソッドを示すコードヒントに加えて、生成されたコードによって応答は厳密に型指定されたオブジェクトに非直列化され、Flex アプリケーションの残りの部分に組み込むことができます。

強化された Flex Builder のデザインビュー - Flex Builder のデザインビューは、アイテムレンダラーを正確にプレビューできるように強化されています。新しいパンツールとズームツールによって、さらに細かい操作が可能になりました。

CSS デザインビュー - 新しい CSS デザインビューによって、Flex Builder ユーザは Flex コンポーネントのスキンやスタイルを視覚的に操作できます。CSS デザインビューには、コンポーネントプロパティのスタイルを指定するためのツールが含まれています。

Flex Ajax Bridge ウィザード - Flex Builder 3 には、Flex Ajax ライブラリを使用して、JavaScript による Flex アプリケーションの呼び出しを生成するウィザードが用意されています。これによって、JavaScript 開発者は、アプリケーションの内部を知らなくても、Flex アプリケーションを呼び出すことができるようになります。

インストール手順

このリリースには、次のバージョンの Flex Builder が含まれています。

  • スタンドアローン Flex Builder IDE(Eclipse ベース)
  • Flex Builder Eclipse プラグイン
  • さらに、スタンドアローンバージョンとプラグインバージョンのどちらの Flex Builder にも、Flex 3.1 と Flex 2.0.1 Hotfix 3 の 2 つの Flex SDK が含まれています。

注意:Flex Builder 2.0.1 と Flex Builder 3 を同じシステムで実行できます。Flex Builder 2.0.1 をアンインストールする必要はありません。

Flash Player 10 インストーラのデバッグバージョンが Flex Builder 3.0.2 の install/Player/10 に含まれています。 これらは、3.0.2 アップデートによってデフォルトでインストールされることはありません。

注意:Flex Builder 2 の既存のインストールまたは以前のベータ版の Flex Builder 3 と同じ場所に Flex Builder 3 をインストールしないでください。 特に、プラグインバージョンの Flex Builder 3 を、既にプラグインバージョンの Flex Builder 2 を実行している Eclipse のインストール先にインストールしないでください。

Windows での Flex Builder スタンドアローンのインストール

Flex Builder スタンドアローンのデフォルトのインストールディレクトリの場所は、C:¥Program Files¥Adobe¥Flex Builder 3 です。

  1. Windows 管理者またはコンピュータ管理者(管理者権限を持つユーザ)としてログインします。

    注意:管理者権限を使用せずにインストールした場合、インストールは問題にフラグが付いた状態で完了します。ただし、インストールされた Flex Builder は不完全であり、実行することができません。

  2. インストールの前に、プレリリース版の Flex Builder 3 をすべてアンインストールします。
  3. インストーラの実行可能ファイルを開くか、ダブルクリックします。
  4. ライセンス契約に同意し、指示に従います。
  5. デフォルトでは、デバッグ版の Flash Player 9 ブラウザプラグインのインストールが選択されています。
    • デバッグ版の Flash Player は Flash Player 9(9.0.124.0)です。
    • このバージョンは、Adobe Flex Builder で開発されたアプリケーションの表示やデバッグで必要になります。
    • Internet Explorer 用の Flash Player プラグインと、Firefox および Netscape ブラウザ用の Flash Player プラグインは、個別にインストールするように選択する必要があります。
  6. (オプション)次のものをインストールすることを選択できます。
    • Flex Builder 用 ColdFusion 拡張機能
    • JSEclipse - JavaScript プラグイン(日本語版はありません)
  7. 画面の指示に従ってインストールを完了します。
  8. 以前に Flex Builder 3 のベータ版をインストールしていた場合は、「キャッシュされたバンドルデータのクリーンアップと再初期化」の手順に従います。
  9. リリースノートを読みます。
  10. スタートメニューの「Adobe」の下に表示されるショートカットを使用して Flex Builder を起動します。
  11. 画面の指示に従って、シリアル番号を入力するか、体験版のオプションを選択します。
  12. ヘルプメニューの「Flex Builder の更新を検索」コマンドを実行します。メッセージが表示されない場合は、Adobe Update Manager が自動的にインストールされていません。次の手順に従って修正してください。
    • インストール済みの Flex Builder 3 フォルダで、¥AMT¥AdobeAUM5.1All.win.installer¥Setup.exe ファイルを実行します。

Mac OS X での Flex Builder スタンドアローンのインストール

  1. インストールの前に、プレリリース版の Flex Builder 3 をすべてアンインストールします。
  2. インストーラの DMG ファイルを開くか、ダブルクリックします。インストーラのイメージがマウントされます。
  3. インストーラアプリケーションを開くか、ダブルクリックして Flex Builder のインストールを開始します。
  4. ライセンス契約に同意し、指示に従います。
  5. デフォルトでは、デバッグ版の Flash Player 9 ブラウザプラグインのインストールが選択されています。
    • デバッグ版の Flash Player は Flash Player 9(9.0.115.0)です。
    • このバージョンは、Adobe Flex Builder で開発されたアプリケーションの表示やデバッグで必要になります。
  6. (オプション)次のものをインストールすることを選択できます。
    • Flex Builder 用 ColdFusion 拡張機能
    • JSEclipse - JavaScript プラグイン(日本語版はありません)
  7. 画面の指示に従ってインストールを完了します。
  8. 以前に Flex Builder 3 のベータ版をインストールしていた場合は、「キャッシュされたバンドルデータのクリーンアップと再初期化」の手順に従います。
  9. リリースノートを読みます。
  10. Flex Builder を起動するには、/Applications/Adobe Flex Builder 3 にある実行可能ファイルを探してダブルクリックします。
  11. 画面の指示に従って、シリアル番号を入力するか、体験版のオプションを選択します。
  12. ヘルプメニューの「Flex Builder の更新を検索」コマンドを実行します。メッセージが表示されない場合は、Adobe Update Manager が自動的にインストールされていません。次の手順に従って修正してください。
    • インストール済みの Flex Builder 3 フォルダで、/AMT/AdobeAUM5.1All.win.installer/Setup.app ファイルを実行します。

Windows での Flex Builder プラグインのインストール

注意:Flex Builder は Eclipse 3.2.2 または Eclipse 3.3 上でのみサポートされています。

注意:プラグインバージョンの Flex Builder 3 を、既に Flex Builder 2 プラグインをホストしている Eclipse のコピーにインストールしないでください。 引き続き Flex Builder 2 プラグインを実行する場合は、Eclipse の新しいコピーをダウンロードし、Flex Builder 3 のインストール時に新しいコピーを使用します。 また、それぞれの Flex Builder プラグイン用に独立した Eclipse ワークスペースを使用してください。

  1. Windows 管理者またはコンピュータ管理者(管理者権限を持つユーザ)としてログインします。

    注意:管理者権限を使用せずにインストールした場合、インストールは問題にフラグが付いた状態で完了します。ただし、インストールされた Flex Builder は不完全であり、実行することができません。

  2. インストールの前に、プレリリース版の Flex Builder 3 をすべてアンインストールします。
  3. インストーラの実行可能ファイルを開くか、ダブルクリックします。ライセンス契約に同意し、指示に従います。
  4. デフォルトでは、デバッグ版の Flash Player 9 ブラウザプラグインのインストールが選択されています。
    • デバッグ版の Flash Player は Flash Player 9(9.0.115.0)です。
    • このバージョンは、Adobe Flex Builder で開発されたアプリケーションの表示やデバッグで必要になります。
    • Internet Explorer 用の Flash Player プラグインと、Firefox および Netscape ブラウザ用の Flash Player プラグインは、個別にインストールするように選択する必要があります。
  5. (オプション)次のものをインストールすることを選択できます。
    • Flex Builder 用 ColdFusion 拡張機能
    • JSEclipse - JavaScript プラグイン(日本語版はありません)
  6. 画面の指示に従ってインストールを完了します。
  7. 以前に Flex Builder 3 のベータ版をインストールしていた場合は、「キャッシュされたバンドルデータのクリーンアップと再初期化」の手順に従います。
  8. リリースノートを読みます。
  9. スタートメニューの「Adobe」の下に表示されるショートカットを使用して Flex Builder を起動します。

    (Windows Vista のみ)初めて Flex Builder 3 を実行する場合は、管理者として実行する必要があります。その後は通常どおりに実行できます。

    管理者として実行するには、スタートメニューで Adobe Flex Builder 3 Eclipse Launcher の起動アイコンを右クリックし、「別のユーザーとして実行」を選択して管理者権限を持つユーザを指定します。

  10. ウィンドウ/パースペクティブを開く/その他/Flex 開発を選択します。
  11. 画面の指示に従って、シリアル番号を入力するか、体験版のオプションを選択します。
  12. ヘルプメニューの「Flex Builder の更新を検索」コマンドを実行します。メッセージが表示されない場合は、Adobe Update Manager が自動的にインストールされていません。次の手順に従って修正してください。
    • インストール済みの Flex Builder 3 フォルダで、¥AMT¥AdobeAUM5.1All.win.installer¥Setup.exe ファイルを実行します。

注意:開始する前に新しいワークスペースを作成してください。メニューバーからファイル/ワークスペースの切り替えを選択し、新しいディレクトリ名を入力します。ディレクトリが存在しない場合は、自動的に作成されます。

Mac OS X での Flex Builder プラグインのインストール

注意:Builder は Eclipse 3.2.2、Eclipse 3.3 または Eclipse 3.4 上でのみサポートされています。

注意:プラグインバージョンの Flex Builder 3 を、既に Flex Builder 2 プラグインをホストしている Eclipse のコピーにインストールしないでください。 引き続き Flex Builder 2 プラグインを実行する場合は、Eclipse の新しいコピーをダウンロードし、Flex Builder 3 のインストール時に新しいコピーを使用します。 また、それぞれの Flex Builder プラグイン用に独立した Eclipse ワークスペースを使用してください。

  1. インストールの前に、プレリリース版の Flex Builder 3 をすべてアンインストールします。
  2. インストーラの DMG ファイルを開くか、ダブルクリックします。インストーラのイメージがマウントされます。
  3. インストーラアプリケーションを開くか、ダブルクリックして Flex Builder のインストールを開始します。
  4. 画面の指示に従って、既存の Eclipse インストールディレクトリを選択します。
  5. ライセンス契約に同意し、指示に従います。
  6. デフォルトでは、デバッグ版の Flash Player 9 ブラウザプラグインのインストールが選択されています。
    • デバッグ版の Flash Player は Flash Player 9(9.0.115.0)です。
    • このバージョンは、Adobe Flex Builder で開発されたアプリケーションの表示やデバッグで必要になります。
  7. (オプション)次のものをインストールすることを選択できます。
    • Flex Builder 用 ColdFusion 拡張機能
    • JSEclipse - JavaScript プラグイン(日本語版はありません)
  8. 画面の指示に従ってインストールを完了します。
  9. 以前に Flex Builder 3 のベータ版をインストールしていた場合は、「キャッシュされたバンドルデータのクリーンアップと再初期化」の手順に従います。
  10. リリースノートを読みます。
  11. Flex Builder を起動するには、Finder ウィンドウで eclipse フォルダを開き、Eclipse を実行します。次に、ウィンドウ/パースペクティブを開く/その他/Flex 開発を選択します。
  12. 画面の指示に従って、シリアル番号を入力するか、体験版のオプションを選択します。
  13. ヘルプメニューの「Flex Builder の更新を検索」コマンドを実行します。メッセージが表示されない場合は、Adobe Update Manager が自動的にインストールされていません。次の手順に従って修正してください。
    • インストール済みの Flex Builder 3 フォルダで、/AMT/AdobeAUM5.1All.win.installer/Setup.app ファイルを実行します。

注意:開始する前に新しいワークスペースを作成してください。メニューバーからファイル/ワークスペースの切り替えを選択し、新しいフォルダ名を入力します。フォルダ名が存在しない場合は、自動的に作成されます。

キャッシュされたバンドルデータのクリーンアップと再初期化(ベータ版ユーザ)

Flex Builder 3 をベータ版のワークスペースと共に使用する場合は、リリース版の Flex Builder 3 をインストールした後、次のプラットフォーム別の手順に従ってワークスペースをクリーンアップおよび再初期化します(この操作では、ワークスペースに存在する Eclipse プロジェクトは削除されることも、変更されることもありません)。ワークスペースのクリーンアップに加えて、この操作ではキャッシュされたバンドルデータが再初期化されます。

Windows:

  1. install_drive¥Program Files¥Adobe¥Flex Builder 3 に移動します。または、Flex Builder プラグインを使用している場合は、Eclipse インストールディレクトリのルートに移動します。
  2. テキストエディタで FlexBuilder.ini または Eclipse.ini を開きます。
  3. ファイルの先頭(末尾ではない)に次の行を追加し、保存します。
    	-clean 
  4. Flex Builder または Eclipse を起動します。
  5. Flex Builder または Eclipse を終了した後、-clean を削除します。

OS X:

  1. install_drive/Applications/Adobe Flex Builder 3 に移動します。または、Flex Builder プラグインを使用している場合は、Eclipse インストールディレクトリのルートに移動します。
  2. Flex Builder アプリケーションまたは Eclipse アプリケーションを右クリックし、「パッケージのコンテンツを表示」を選択します。
  3. コンテンツ/Mac OS を開きます。
  4. テキストエディタで FlexBuilder.ini または Eclipse.ini を開きます。
  5. ファイルの先頭(末尾ではない)に次の行を追加し、保存します。
    	-clean 
  6. Flex Builder または Eclipse を起動します。
  7. Flex Builder または Eclipse を終了した後、-clean を削除します。

Flex 自動テスト機能のインストールと設定

Flex 自動テストを使用するには、Flex Builder 3 Professional をインストールする必要があります。Flex 3 SDK だけでは、Flex 自動テストを使用することはできません。Flex Builder Professional のライセンスがない場合は、テストスクリプトのアクション数が 30 個に制限されます。Professional ライセンスがない場合で、テストのアクション数が 30 個を超えている場合は、ライセンスが存在しないという警告が表示されます。

Flex 自動テストの SWC ファイルは、既定で Flex Builder 3 と共にインストールされます。 これらのファイルは、他の SWC ファイルと共に ¥frameworks¥libs ディレクトリに保存されています。Flex 自動テストの使用を開始し、これ以上のインストールを行わずに、カスタムエージェントを構築できます。

実行時の自動テストを使用するには(推奨):

  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. flex_builder_root¥sdks¥3.0.0¥templates¥automation-runtimeloading-files ディレクトリに移動します。
  3. build.bat ファイルを実行します。これにより、runtimeloading.mxml ファイルが SWF ファイルとしてコンパイルされます。
  4. runtimeloading.swf および RunTimeLoading.html ファイルが Web ブラウザにコピーされます。テストする Flex アプリケーションをこのサーバにもコピーします(アプリケーションは、オートメーションライブラリと共にコンパイルする必要がありません)。
  5. RunTimeLoading.html ファイルを要求し、次のように、Flex アプリケーションを automationswfurl クエリ文字列パラメータとして渡します。
    http://localhost/RunTimeLoading.html?automationswfurl=MyApp.swf

静的なオートメーションのサポートによってアプリケーションをコンパイルするには:

  1. Flex Builder を起動します。
  2. 新しい Flex プロジェクトを作成します。
  3. ナビゲータで新しい Flex プロジェクトを選択します。
  4. プロジェクト/プロパティ/Flex コンパイラを選択します。
  5. 追加コンパイラ引数フィールドに次を入力します。
    -include-libraries "flex_builder_dir¥sdks¥3.0.0¥frameworks¥libs¥automation.swc"
    "flex_builder_dir¥sdks¥3.0.0¥frameworks¥libs¥automation_agent.swc"
    "flex_builder_dir\sdks¥3.0.0¥frameworks¥libs¥qtp.swc"
    "flex_builder_dir¥sdks¥3.0.0¥frameworks¥libs¥automation_dmv.swc"

    include-libraries コンパイラオプションは Flex Builder のインストールディレクトリを基準にしています。Windows のデフォルトでは C:¥Program Files¥Adobe¥Flex Builder 3¥ です。

  6. 「OK」ボタンをクリックして変更を保存し、「OK」をクリックしてプロジェクトのプロパティダイアログボックスを閉じます。
  7. Flex アプリケーションをコンパイルします。

    カスタムエージェントの使用例およびドキュメンテーションについては、「Custom Agents」を参照してください。

Flex 3 Plug-in for HP QuickTest Professional
Flex 自動テストを Flex 3 Plug-in for HP QuickTest Professional(旧 Mercury QuickTest Pro)と共に使用するには、次の手順に従う必要があります。このセクションの残りの部分では、Flex 3 Plug-in for HP QuickTest Professional をインストールして使用する方法について説明します。

QTP プラグインを使用するための要件
Flex 自動テストと QTP を使用してアプリケーションをテストするには、次のものをインストールする必要があります。

  • Internet Explorer 6 用の Mercury QuickTest Professional 9.2
  • Internet Explorer 6 & Internet Explorer 7 用の HP(Mercury)QuickTest Professional 9.5
  • Mercury QuickTest Professional 9.2 用の スマート ID のサポートが必要な場合は、パッチ 1701
  • Mercury QuickTest Professional 9.2 は Internet Explorer 7 ではサポートされていません
  • Adobe Flex 3 プラグイン for Mercury QuickTest Pro
  • Microsoft Internet Explorer バージョン 6 以降
  • Flash Player ActiveX コントロール、バージョン 9.0.28.0 以上

プラグインのインストール
このセクションでは、QC テスト担当者が QTP を設定して Flex アプリケーションを操作する場合に必要な手順について説明します。QTP およびプラグインをインストールする必要があります。

QTP をインストールするには:

  1. Microsoft Internet Explorer 用の Flash Player 9 ActiveX コントロール(9.0.28.0 以上)をインストールします。現在サポートされているのはこのブラウザ / プレーヤーのみです。
  2. スマート ID のサポートが不要な場合は、QTP 9.1 をインストールします。スマート ID が必要な場合は、QTP 9.2 およびパッチ 1701 をインストールします。 QTP 9.1 は Mercury から入手する必要があります。
  3. Microsoft Windows Vista 上で Mercury QTP を使用している場合は、ユーザアカウント制御(UAC)機能を無効にする必要があります。UAC を無効にする手順については、こちらを参照してください。
  4. コンピュータを再起動します。

Flex 3 プラグイン for Mercury QuickTest Pro をインストールするには:

  1. flex_builder_root¥Installers¥QTP_Plugin_Installer.exe を実行します。
  2. QTP を起動します。
  3. QTP を閉じます。

このプラグインのインストーラは、プラグインの DLL および XML ファイルに加えて、インストールディレクトリに次のコンポーネントを含めます。

  • /demo - プラグインの使用方法の基本的な事項を説明した Flash ムービーが含まれています。必ずコンピュータのオーディオを有効にしてください。
  • /Uninstall Adobe Flex 3 Plug-in for Mercury QuickTest Pro - アンインストーラが含まれています。

プラグインの使用

  1. プラグインをインストールした後、もう一度 QTP を起動します。アドインマネージャに Flex プラグインが表示されます。
  2. アドインマネージャで Flex プラグインを選択します。
  3. 新規/テストを選択し、「記録」ボタンをクリックします。

注意:QTP での Flex アプリケーションのテストは、現在 Microsoft Internet Explorer の ActiveX Flash Player でのみサポートされます。

これらの作業と QTP を使用した Flex アプリケーションのテストについて詳しくは、「MERCURY QUICKTEST PROFESSIONAL を使用した ADOBER FLEX アプリケーションのテスト」を参照してください。

QTP での Flex オブジェクトの操作およびプロパティについて詳しくは、「QTP Object Type Information」を参照してください。

自動テスト用のサンプル
カスタムエージェントのサンプルは、「Custom Automation Agents」で入手できます。

QTP でのテストに使用できるアプリケーションは、「Flexstore AT」で入手できます。このサンプルを使用して、QTP プラグインのインストールが正常に完了したかどうかをテストすることができます。

カスタムコンポーネントを自動化する例については、「Automating Custom Component」を参照してください。

Adobe Flex Component Kit for Flash CS3 でのオートメーションの使用
Flex のコントロール、コンテナ、スキンおよびその他のアセットを Flash CS3 Professional で作成し、これらのアセットを Flex アプリケーションに読み込むことができます。このようなアセットを使用するアプリケーションを自動化する場合は、automation_flashflexkit.swc ライブラリを含める必要があります。

実行時ロードを使用している場合は、flex_builder_root¥sdks¥3.0.0¥templates¥automation-runtimeloading-files¥ にある build.bat ファイルを使用して runtimeloading.swf ファイルを再コンパイルします。このバッチファイルには、必要なライブラリが含まれています。

オートメーションのサポートをアプリケーションにコンパイルする場合は、automation_flashflexkit.swc を include-libraries コンパイラオプションに追加します。これは、他のオートメーション SWC ファイルに追加されます。SWC ファイルは flex_builder_root¥sdks¥3.0.0¥frameworks¥libs ディレクトリにあります。

アンインストール

Flex Builder スタンドアローンおよび Flex Builder プラグインのアンインストールの手順は同じです。

Windows での Flex Builder 3 のアンインストール:

  1. スタート/設定/コントロールパネルを選択します。
  2. 「アプリケーションの追加と削除」を選択します。
  3. アンインストールする Adobe Flex Builder のバージョンをクリックします(Flex Builder、Flex Builder プラグインのみ)。
  4. アンインストーラのダイアログボックスで「アンインストール」ボタンをクリックします。
  5. 「完了」をクリックします。

Mac OS X での Flex Builder 3 のアンインストール:

  1. flex_builder_root/Uninstall Adobe Flex Builder 3 フォルダに移動します。
  2. "Uninstall Adobe Flex Builder 3" をダブルクリックします。
  3. アンインストーラのダイアログボックスで「アンインストール」ボタンをクリックします。
  4. 「完了」をクリックします。

Flash Player のアンインストール
アプリケーションをデバッグする場合は、Flex Builder 3 または Flex 3 SDK に含まれているデバッガ版の Flash Player を使用します。現在、以前にリリースされた Flash Player を使用している場合は、新しいデバッガ版の Flash Player をインストールする前に、以前のリリースの Flash Player をアンインストールする必要があります。

Flash Player のアンインストールの手順

  • Flex Builder 3 を使用している場合、インストーラは、適切なデバッグ版の Flash Player をインストールする前に古い Flash Player をアンインストールします。

  • Flex 3 SDK を使用している場合や、Flex Builder をインストールするときに新しいデバッグ版の Flash Player をインストールしなかった場合は、次の手順に従ってください。

Windows プラグインベースのブラウザ
この TechNote から適切なアンインストーラを入手して実行します。

Macintosh
この TechNote から適切なアンインストーラを入手して実行します。

Linux
手動での削除(インストールスクリプトでプラグインをインストールしたユーザの場合):

  • /home//.mozilla/plugins/ ディレクトリにある libflashplayer.so バイナリと flashplayer.xpt ファイルを削除します。

RPM での削除:

  • ルートとしてログインし、端末で次のように入力します。
    # rpm -e flash-plugin
  • Enter キーを押して、画面の指示に従います。

互換性に関する注意事項

Adobe AIR での Flex Builder の使用 - Flex Builder 3 を Adobe AIR で使用している場合、このリリースノートでは説明されていない問題が発生する可能性があります。「AIR リリースノート」を参照してください。

Flex Builder 用 ColdFusion 拡張機能に含まれている Query Builder は、Mac OS X プラットフォームではサポートされていません。

Flex Design Extensions for CS3 - Flex Component Kit for Flash は日本語にローカライズされていますが、Flex Design Extensions for CS3 は翻訳されていません。

Flex Builder データベースウィザード - Flex Builder データベースウィザードを使用して、サーバテクノロジによってデータベーステーブルに接続するサンプルコードを生成できるようになりました。この機能を使用するには、Java 1.5 が必要です。現在サポートされているプラットフォームは次のとおりです。

  • LiveCycle Data Services 2.5 サーバを使用する Java
  • REST(XML over HTTP)トランスポートを使用する Java
  • REST(XML over HTTP)トランスポートを使用する PHP(MySQL のみ)
  • Web サービスを使用する ASP.NET(C# および VBScript)ASP.NET(SQL Server のみ)

プロジェクトでデータベースウィザードを実行するには、最初にプロジェクトを作成するときに(プロジェクトウィザードの最初のページで)サーバサイド言語を設定しておく必要があります。

Java プロジェクトでデータベースウィザードを実行するには、プロジェクトを作成する前に、Eclipse Web Tools Platform プロジェクト(WTP)をインストールしておく必要があります(詳しくは、FB-9324 を参照してください)。

Mac OS X 上の Flash Player - Mac OS X では、Flash Player によってユーザのホームディレクトリ(~)(一般的には /Users/<ユーザ名>)にある mm.cfg ファイルが検索されます。このファイルが見つからない場合は、/ライブラリ/Application Support/Macromedia で mm.cfg が検索されます。以前のバージョンの Flash Player では、ユーザのホームディレクトリ /Users/<ユーザ名> にある mm.cfg ファイルは無視されていました。ユーザがホームディレクトリに mm.cfg ファイルを保存している場合、flashlog.txt ファイルへのトレースが機能しないことがあります。

Flex 2 Charting - Flex 2 Charting コンポーネントを使用するには、個別に Flex 2 Charting シリアル番号を入手する必要があります。Flex 2 Charting のライセンスされたバージョンがあり、そのコンポーネントを Flex Builder 3 で使用する場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • Flex 2 Charting の license.properties ファイルから、次の行(シリアル番号を含む)をコピーして、Flex Builder 3 の SDK 2.0.1 用の license.properties ファイル(flex_builder_root/sdks/2.0.1/frameworks/license.properties にあります)にペーストします。

    charting=serial_number
  • プロジェクト/プロパティ/Flex コンパイラを選択し、「SDK 2.0.1 in Flex Builder 3」を選択します。「特定の SDK を使用する」オプションを選択し、ドロップダウンリストから「Flex 2.0.1 Hotfix 3」を選択します。

既知の問題

このセクションでは、既知の問題の一部について説明します。Flex Builder の問題とそのステータスの一覧については、公開バグベースを参照してください。公開バグベースでは、既知の問題を検索したり、既知の問題にコメントしたり、新しいバグを追加したりすることができます。

ヒント:検索条件をカスタマイズするには、フィルタを使用します。

AIR

  • FB-11294  デジタル証明書を使用して AIR アプリケーションに署名する場合、デジタル署名ファイル(拡張子は .p12)をプロジェクトのソースフォルダに保存しないでください。プロジェクトのソースフォルダに保存すると、デジタル署名ファイルは AIR アプリケーション自体に埋め込まれ、セキュリティのリスクが発生します。

ActionScript エディタ

  • FB-10804 「インポートの整理」で、ファイルが書き込み可能かどうかが検証されません。
  • FB-6060 trace() でオートコンプリート機能を使用すると、コンパイルされないトレースの読み込みが追加されます。
  • FB-12275 「コメントブロックの切り替え」、「CDATA ブロックの追加」メニューアイテムが常に非アクティブになります。

インストーラ / ライセンス

  • FB-10052 Flex Builder は 64 ビット Eclipse で実行されません。
  • FB-9038 UNC の homedrive および homepath を使用すると、Windows でのインストールに失敗します。回避策:ローカルユーザアカウントを使用します。

デザインビューおよび CSS デザインビュー

  • FB-11252 コンストラクタ以外のカスタムコンポーネントを使用すると、デザインビューの Flex Builder がフリーズします。この問題を回避するには、スーパーメソッドを呼び出すだけのダミーの updateDisplayList メソッドを追加します。
  • FB-11677 カスタムコンポーネントをライブラリからデザインビューにドラッグするとハングします(Mac PowerPC のみ)。
  • FB-7373 MXML でのカスタム MXML コンポーネントのタイプセレクタスタイルが DV でレンダリングされません。
  • FB-12041 OS X 104.x のみ:コンポーネントパネルと Flex プロパティビューの両方がドッキング解除されている場合、コンポーネントパネルから DV にコンポーネントをドラッグすると FB がハングします。

プロファイラ

  • SDK-9421SDK-12655 および SDK-12638 状況によって、プロファイラでリークオブジェクトの後方参照が表示されないことがあります。これは、ほとんどの場合、ABC デコード時に作成された String のように、非ヒープオブジェクトで発生します。後方参照を使用せずにリークオブジェクトを調べるには、割り当てトレースを参照します。割り当てトレースは、起動ダイアログボックスで有効にする必要があります。
  • SDK-13688 パフォーマンスのプロファイリングは Mac PPC ハードウェアではサポートされていません。
  • SDK-11873 OS X では、未使用の関数の表示に非常に時間がかかります。

プロジェクト

  • FB-10212 AIR プロジェクトの特性を追加する方法はありません。
  • FB-11116 ルートフォルダとしてリンクされたリソースを使用する場合、Flex SDK バージョンはサーバの SDK を使用するように設定されます。
    回避策:Flex コンパイラのプロパティページを開き、使用する SDK を変更します。
  • FB-11064 2.5 以前のサーバプロジェクトのデフォルトが、互換性のないクライアント SDK に設定されます。
    回避策:Flex コンパイラのプロパティページを開き、使用する SDK を変更します。
  • FB-10826 ディレクトリの深さが複数レベルであるコンテンツフォルダを指定できません。
  • FB-8947 出力フォルダの URL に file:////C: が含まれる場合、有効な URL として認識されません。
  • FB-5692 Flex Builder では、Eclipse のリンクされたリソース名がドル記号と波括弧(${FOO})で囲まれます。
    回避策:.setting ファイルと、flex build のライブラリ、ソースなどの設定を更新します。
  • FB-11954 LCDS を使用する Flex プロジェクトを読み込むと、ビルドパスで fds.swc の場所が正しく設定されません。
    回避策:プロジェクトのプロパティ/Flex ビルドパス/ライブラリパスを選択し、パスを LCDSSERVERROOT¥WEB-INF¥flex¥libs に更新します。
  • FB-12035 プロジェクトを実行すると、読み込まれたプロジェクトで使用されている場合、無効な URL が開かれます。 
    回避策:実行の設定を編集し、適切な実行 / デバッグ URL を入力します。

リファクタリング

  • FB-12016 参照されているライブラリプロジェクトのソースパスに存在するクラス名をリファクタリングすると、null 引数エラーが発生します。
    回避策:ライブラリプロジェクトからリファクタリングします。
  • FB-12007 インスタンス化時にコンストラクタ部分を選択してクラス名を変更すると、タグバージョンのクラスインスタンスの名前が変更されます。
  • FB-12004 src が添付されていない swc 内の型名を変更すると、エラーダイアログボックスが表示され、ログエントリが記録されます。

データベースウィザード

  • FB-12060 Db ウィザードの AIR 生成記述子が古い(M5)形式です。この問題に関する TechNote があります。
  • FB-11873 更新のために選択されたデータグリッドレコードを削除しても、ASP.NET サーバサイドを含むプロジェクトを使用している場合は効果がありません。
  • FB-11935 Flex Builder スタンドアローンの場合、または Eclipse 3.3 上の Flex Builder プラグインの場合、データベースウィザードでは JRE 1.5 が必要です。この要件は、Exlipse 3.2 上の Flex Builder プラグインには該当しません。

Web サービスのイントロスペクション

Eclipse 用の ColdFusion 拡張機能

  • FB-10914 ColdFusion/Flex ウィザードを、ColdFusion サーバを使用する既存の Flex プロジェクトと共に使用すると、追加のコンパイラ引数は上書きされます。
    回避策:追加のコンパイラ引数を、ColdFusion/Flex ウィザードを使用する前に使用されていたコンパイラ引数に変更します。
  • FB-10913 ColdFusion/Flex ウィザードを、ColdFusion サーバを使用する既存の Flex プロジェクトと共に使用すると、出力フォルダが変更されます。
    回避策:プロジェクト/プロパティ/Flex ビルドパスを選択し、出力フォルダと出力フォルダの URL を設定します。
  • FB-10907 ColdFusion/Flex ウィザードを使用して作成されたプロジェクトには、サーバプロパティがありません。
    回避策:Flex プロジェクトウィザードを使用し、デフォルトの場所として Web ルート上のフォルダを使用して CF プロジェクトを作成します。次に、ColdFusion/Flex ウィザードを使用し、最後の手順で既存の Flex プロジェクトを使用することを選択します。
  • FB-9616 CF RDS を使用した後、Flex Builder を閉じるときに例外が発生します。
  • FB-9888 ColdFusion Flex Builder 拡張機能を BEA 10.2 にインストールできません。
  • FB-14176 - Eclipse3.4 の FlexBuilder3.0.2 プラグインでインストールされた拡張機能(CF /JSEclipse)をアンインストールできません。Eclipse3.4 に直接インストールされた場合は、アンインストールできます。
  • CF 71293 ColdFusion/Flex ウィザードで生成されたフォームでデータが断続的に表示されません。
    回避策:詳細フォームを閉じ、もう一度開きます。
  • CF 73118 - Services Browser:ユーザが CFCs/wsdls のメソッドおよびパラメータを参照しようとすると、「Contacting Server」というメッセージがいつまでも表示されます。 回避策:メソッドやパラメータを表示するには、これらの CFCs/wsdls をブラウザで参照する必要があります。
  • CF 73013 - RDS File View/RDS Data View:RDS Data View/RDS File view を展開すると、「Contacting Server」というメッセージが表示されます。
  • 回避策:RDS Server を右クリックして、「Refresh RDS Server」をクリックします。

Flex Skin Design Extensions for CS

  • FB-11003 Photoshop スキニング拡張機能:個々のレイヤーのみが書き出されるので、ネストされたレイヤーで問題が発生します。

日本語版 Flex Builder

  • FB-6026 Macintosh では、2 バイト文字のワークスペース名が壊れて、実行やデバッグが失敗します。コンポーネントアイコンは正しく表示されません。
  • FB-11057 最初に日本語ロケールで、2 バイト文字のパスにインストールされた Flex Builder を、英語ロケールでアンインストールすることはできません。
  • FB-10411 Macintosh では、2 バイト文字の名前を持つ出力フォルダを作成できません。
  • FB-10021 Macintosh で、ワークスペースフォルダ名に濁音記号付きの 2 バイト文字が含まれる場合、壊れた名前の重複するフォルダが作成されます。
  • FB-10124 Windows で、特定の 2 バイト文字を含むパスにインストールすると、Flex Builder がクラッシュします。
  • FB-10088 Flex Skin Design Extensions for Illustrator/Photoshop は、CS3 日本語版では動作しません。
  • FB-11891 日本語版のインストールでは、JSEclipse 拡張機能をインストールすることを指定しなかった場合でも、自動的に JSEclipse ヘルプエントリがインストールされます。
  • FB-10031 JSEclipse は日本語版ではサポートされません。
  • FB-11947 JA - ヘルプ:イメージ上のロールオーバーテキストが文字化けします。
  • FB-11914 JA - ダイナミックヘルプおよび関連するヘルプのドキュメントは英語で表示されます。
  • FB-12078 JA:標準的なシリアルを入力した後のライセンスダイアログのテキストはまだ英語で表示されます。
  • FB-13556 JA Flex Builder が Macintosh 上の 2 バイト文字のパスにインストールされている場合、「カスタム」以外のすべてのコンポーネントはコンポーネントパネルに表示されません。

データ管理および視覚化に関する問題

Advanced DataGrid

  • FLEXDMV-1449 カスタムのソートレンダラーを実行時に設定しても機能しません。
  • FLEXDMV-1438 複数のセルを選択しているときに縦にスクロールすると、正常に機能しません。
  • FLEXDMV-1117 列をソートすると、ADG Summary Row が最上部に移動する場合があります。
  • FLEXDMV-1417 PADG の sortExpertMode を設定すると、ソート表示が正しくレンダリングされません。
  • FLEXDMV-1382 すでにソートされている列の昇順または降順を変更する際に、ソートアイコン領域に表示されるソート指示が正しくありません。
  • FLEXDMV-1347 MXML の完了には、DefaultProperty が考慮されません。
  • FLEXDMV-1171 Enter キーを使用した、キーボードナビゲーションでのセルのハイライトが正しくありません。
  • FLEXDMV-784 selectionMode="multipleCells" の場合、ドラッグ&ドロップが正しく機能しません。
  • FLEXDMV-1300 "groupedColumns" で AdvancedDataGrid が使用される場合、Flex Builder デザインビューが更新後に空になります。

Flex Builder Professional、自動テスト

  • FLEXENT-841:automation_flashflexkit.swc がありません
ヘルプリソースセンターホーム
製品ヘルプリソースセンター

ヘルプリソース:各国語バージョン
関連リソース
サポート
製品のアップデート
フォーラム
デベロッパーセンター
Design Center
トレーニング
Adobe Labs*