皆さんもきっと、夢のプロジェクトを心に秘めていることでしょう。問題は、それを実現するための時間とリソースが追いつかないこと。そこで創設されたのが、Adobe Creative Residencyです。このプログラムの使命は明確。クリエイティブコミュニティを支援し、創作と共有の文化を育成することです。
アドビドキュメントサービス
「This Book is A Camera」:Kelli Andersonがレジデントとして制作したプロジェクト

レジデントの役割

作品を創って公開することが、レジデント(Creative Residency参加者)の役割です。他の人の参考になる革新的な活動を自発的におこないましょう。活動の進行状況を伝え、気がついたことや結果を広く公開して、積極的に他の人々と交流しましょう。活動の可能性を探るために、新しいツールやワークフローを試しましょう。イベントへの参加、カンファレンスでの講演、同じ分野のリーダーたちとのコラボレーションもあります。グローバルなクリエイティブコミュニティで活動プロセスを公開すれば、活動を共有する価値を実感できます。

「実現を夢見ていた数々のプロジェクトを、やっと形にして公開できました。Adobe Creative Residencyがなかったら、これらのプロジェクトは古いスケッチブックの中で死んでいくだけだったかもしれません。Creative Residencyのサポートを得たことで、私の経歴は大きく変わりました。自分の制作活動の可能性に対する認識が、もう後戻りできないほど激変してしまったのです」
— Kelli Anderson(2015年レジデント)
Kelli Anderson(2015年レジデント)

Adobe Creative Cloud
「Studio Desk」:Becky Simpsonがレジデントとして制作したイラストレーション

レジデントになることのメリット

  • 1年間にわたって個人のクリエイティブ活動に専念できる
  • プロジェクトの実現に役立つアドビのサポートとノウハウを利用できる
  • Creative Cloudが利用できる
  • プロジェクトで使用するハードウェアが支給される
  • クリエイティブ界をリードする人々に会い、指導を受ける機会が得られる
  • Adobe MAX、99Uなどのクリエイティブイベントに参加できる
  • クリエイティブコミュニティでの注目度と評価が上がる
  • 十分な報酬と福利厚生が提供される

「まるでリスク無しの投資話みたいです。1年間参加して5年分の経験を得ることができました。期間中、活動を広げるチャンスはいくらでもあります。こんなに充実した時間、資金、そしてアドビチームの応援が与えられるなんて、私にはまったく考えられない環境でした。おかげで今年は、以前よりも着実な活動習慣と自信が身につき、クリエイティブな発想もより豊かになりました」
— Becky Simpson(2015年レジデント)
Becky Simpson(2015年レジデント)

よくある質問

 
Creative Residencyへの応募はいつからできますか?
2018年プログラムの応募受付は1月からです。
 
Creative Residencyの実施期間を教えてください。
Creative Residencyの実施期間は毎年5月から翌年の4月までです。
 
応募時にはどのようなことを尋ねられますか?
Creative Residencyに応募する場合は、十分に時間をかけて、応募に必要な資料を集めてください。皆さんのプロジェクト案とこれまでに制作した作品サンプルを参考に、2017年プログラムのレジデント選抜をおこないます。応募の際は、以下のような質問項目に回答していただきます。
  • プロジェクトはどのような内容で、それによって目指すものは何ですか。
  • このプロジェクトは、皆さんがおこなってきた制作活動をどのように発展させたものですか。
  • どのツールを使用しますか。
  • どのような制作プロセスを予定していますか。
  • クリエイティブコミュニティでどのように活動を共有しますか。
  • プロジェクトから他の人は何を学ぶことができますか。
 
以上の質問項目についての回答を準備すると共に、皆さんの過去のプロジェクトから代表的な3作品を選び、オンラインポートフォリオとBehanceページのリンクもお知らせください。効果的なポートフォリオの作成方法については、過年度のレジデントのBehanceプロジェクトを参照してください(過年度のレジデントの例: Christine HerrinSyd Weiler)。
 
応募書類の予算項目はどのように記載するのですか?
プロジェクトに直接かかる費用のみを記載してください。報酬、旅費、宿泊費は含めません。
 
レジデントが期間中に制作した作品の所有権は誰に帰属しますか?
レジデントが期間中に制作したすべての作品の所有権は、レジデント本人に帰属します。ただし、レジデントは、期間中に制作した作品をアドビが使用することを許諾するものとします。アドビはレジデントに協力し、レジデントの作品を改変することなく公正に使用します。
 
レジデントには報酬が支払われますか?
レジデントには、各自の経験と地理的環境に応じた十分な報酬が支払われます。また、Creative Residency期間中のレジデントの旅費とハードウェアを含むプロジェクト活動費も支給されます。
 
Adobe Creative Residencyのレジデントとなる資格要件を教えてください。
  • 米国、ドイツ、カナダのいずれかに居住していること
  • 居住国の法律により労働可能な年齢であり、労働することが認められていること
  • 英語での会話と記述に支障がないこと

 

Creative Residencyに参加したら引っ越す必要がありますか?
レジデントは、現在の居住地で既存の作業場所を使い、活動を継続します。ただし、アドビのサンフランシスコオフィスへの出張が四半期に1回発生するほか、クリエイティブイベントに参加するための出張に活動時間の最大25%が充てられる可能性があります。
 
レジデントが、期間中に他のクライアントの仕事をすることは認められますか?
自分のプロジェクトに取り組んで長期目標を達成していただくことが、このプログラムの趣旨です。例外的な取り扱いについては、ケースバイケースで対応します。
 
他の人と共同で、またはチームで応募することはできますか?
現在のところ、Adobe Creative Residencyは個人での応募のみを受け付けています。
 
「レジデントの出張は年間4分の1以内」とはどのような意味ですか?
レジデントは、Creative Jams、Adobe MAX、99U、その他のカンファレンスへの参加が予定されていますが、プログラムコーディネーターと共に、どの出張がプロジェクト制作に最も有益かを判断することになります。出張は年間を通じて実施されます。
 
Creative Residencyについての問い合わせ先を教えてください。
電子メールで、CreativeResidency@adobe.comまでお問い合わせください。

「ちょっと考えてみてください。いつか取り組みたいと思ってメモしてある傍流プロジェクトのこと。そう、いつも頭から離れないあのアイデアのこと。Creative Residencyプログラムに参加すれば、そういった構想に専念し、アドビの強力なサポートを受けながら、じっくり1年かけて実現することができます」
Nic Annette Miller(2015 Creative Residencyメンター)

 
現在活動中のレジデントの状況を知るには、 こちらをご覧ください。Creative Residencyプログラムについて詳しくは、 Create Magazineの記事をお読みください。

Adobe Creative Residency