レジデントからのメッセージ

現在のレジデントの情熱あふれる創造性と、期間中に制作したユニークなプロジェクトをご覧ください。

2020年のレジデント

過去に参加したレジデントをご紹介します。



Julie Sanduski

Christina Poku

フォトグラファー
英国、ロンドン

Christina Poku

フォトグラファー
英国、ロンドン

Behanceアイコン
Instagramアイコン
TikTokアイコン

Christinaはテクノロジーを「豊かさ」だと考えています。彼女は写真、GIF、デザインを使って、テクノロジーがどのようにして成長を生み出し、コミュニティを築き、新規参入の障壁を変えることができるかを探求しています。そして、自身の経験や学びをInstagramやTikTokなどを通じて仲間のクリエイターと共有しています。彼女の長期的な目標は、フルサービスの写真スタジオを構え、デジタル画像の物理的要素と仮想的要素を融合した多様な実践をおこなうことです。3Dアーティスト、セットデザイナー、モーションデザイナーとのコラボレーションを楽しみにしています。

過去のプロジェクト

Lost Connection

Lost Connection:写真、プロップスタイリング、3Dプロジェクトを融合した視覚的な探検。デジタルな景観をナビゲートし、接続性と無限のデータの可能性のバランスをとります。

過去のプロジェクト

IRL R U Well?


Patricia Reiners

Maddy Beard

UI/UXデザイナー
コロラド州デンバー

Maddy Beard

UI/UXデザイナー
コロラド州デンバー

Behanceアイコン
Instagramアイコン
Mediumアイコン

人々のテクノロジーへの依存度が高まる中、Maddyは日常生活でのマインドフルネスを促進するインタラクションデザインの利用を模索しています。彼女はブランドと連携し、人々がテクノロジーを支えではなくツールとして使えるように支援する体験をデザインしています。自身のデザイン、プロセス、発見、日常生活を、写真、ビデオ、記事、インタラクティブな挑戦を通じて共有しています。将来はフリーランスデザイナーを目指したいと考えています。そして、革新的なブランドの仕事を引き受け、何百万人もの人々にリーチするデザインをつくり、デザインコミュニティのリーダーになりたいと思っています。

過去のプロジェクト

Commune project

Communeは個人と社会の福祉のための講習プラットフォームです。Communeの制作チームは、マインドフルネス、健康、持続可能性、市民参加などの分野で、世界の著名な講師と連携してメンバー向けのビデオ講習コースを制作しています。ユニークで親しみやすいユーザーエクスペリエンスをデザインしました。

過去のプロジェクト

Commune

Medium

インパクトのあるブランドストーリーの創作

すべてのブランドにストーリーがあります。しかし、偉大なブランドだけが、そのストーリーを重要なものにします。

Medium

インパクトのあるブランドストーリーの創作


これまでの修了生

修了生がレジデント期間中に取り組んだプロジェクトや現在取り組んでいる制作内容を知ることができます。

Juan José Egúsquiza

Juan José Egúsquiza

2019年度レジデント
ニューヨーク州、ニューヨーク

Juan Joséのプロジェクト「Impossible Stories」は、日常生活から切り取られたシーンを合成し、幻想的な世界を創り出すシリーズです。レジデント期間中、彼は自身のクリエイティブプロセスを共有し、コミュニティからフィードバックを得て、ストーリー制作ツールやテクニックを強化しています。数年以内に、アイデアを具現化するクリエイティブディレクターになりたいと考えています。


ADOBE CREATE MAGAZINE

リアリティに挑む合成写真が不可能を可能にする

Juan José Egúsquizaは、ニューヨークブルックリン拠点としていますが、いつも世界中を飛び回って過ごしています。
ペルーのリマ生まれのマルチメディアアーティストであり、レジデントの彼は、パリからサンフランシスコ、バルセロナ、ルツェルンなどカメラを片手に地球上を行き来しています。旅の途中で、彼は日常の瞬間をカメラに収めていきます。これらの画像が、彼が「不可能なストーリー」と呼ぶもののベースになります。これは、私たちの周囲を取り巻く環境とのかかわりあいや解釈の方法に疑問を投げかける、頭をひねるような合成写真です。

リアリティに挑む合成写真が不可能を可能にする
Takuma Nakata

Takuma Nakata

2019年度レジデント
日本、京都

Takumaはレジデント期間中、新たなビジュアルエクスペリエンスを実現するため、自作ハードウェアおよびソフトウェアシステムの開発に取り組んでいます。様々な分野のアーティストとのコラボにより、物理的な空間にデジタルの要素を取り込むというクリエイティブな課題や、これまで誰も見たことのないビジュアルを創り出して世界を驚かせる表現を模索しています。


THE NEW INDIA EXPRESS

忙しい人々:バンガロールの雑踏がこの日本人デザイナーのテーマに

テクノロジーとデザインの融合を探求するフェスティバル、DesignUpにおいて、Takuma Nakataは、地下鉄の雑踏からインスピレーション得て、自分作品に『Walk』(歩く)というぴったり名前を付けました。フェスティバルが開催されいる街に、Nakataは、Adobe Creative Residencyプログラム期間中出会ったUI/UXデザイナー、Patricia Reinersとのコラボレーションあるこの作品とともに登場しました。

忙しい人々:バンガロールの雑踏がこの日本人デザイナーのテーマに
Aiko Fukuda

Aiko Fukuda

2019年度レジデント
日本、東京

レジデント期間中、Aikoはアナログとデジタルのイラストを拡張現実(AR)で融合したポップアップブックを制作しています。また、クリエイティブコミュニティが参加できるイラストワークショップとオンラインチュートリアルを実施しています。将来は本を出版し、彼女の美意識に共鳴するラグジュアリブランドやイノベーティブな企業と仕事をしたいと考えています。


WIRED JAPAN

巨人アドビと「Fresco事件」の全真相

世界的なキャリアを拡大しているアーティスト、Aiko Fukudaは、PhotoshopとIllustratorの代表的なクリエイターになるでしょう。彼女は、新しいAdobe Frescoがプロのクリエイターにとっても新しい可能性に満ちていると述べています。「油彩画と水彩画のように、不可能な組み合わせを可能にする点が魅力的です。このアプリのライブブラシを使用すると複数のレイヤーを組み合わせることができるため、様々な画法を混合した表現が可能になります」

巨人アドビと「Fresco事件」の全真相
Nadine Kolodziey

Nadine Kolodziey

2018年度レジデント
ドイツ、ベルリン

Nadineは、フランクフルトとベルリンに拠点を置くビジュアルアーティスト/イラストレーターです。彼女はデジタルとアナログが交わる領域で活動しており、その目的は画像ではなく視覚的なエクスペリエンスを生み出すことです。レジデント期間中、彼女はプラスティックなどの素材とピクセルを組み合わせて、手作業でカットしたり溶接したりして作品を作りました。歩き回れるほど大きな仮想現実の作品になることもありました。そして、作品に参加できるようにコミュニティを招待しました。彼女は現在、新しい作品作りに興味を持ち、AR(拡張現実)を活用した制作やスケールの大きな展示作品などに挑戦しており、日本でもプロジェクトをおこなう予定です。


SCHRIN MAGAZINE

スタジオ訪問:3DとARによるマジカルイラストレーション(ドイツ語)

彼女の作品はとてもカラフルで、その制作スタジオにある棚は色鉛筆をモチーフにしたものや、ピンク色のクロックスがありとても明るい雰囲気です。

Nadineの記事
Craig Winslow

Craig Winslow

2016年度レジデント
オレゴン州、ポートランド

Craigはレジデントの1年間で、「Light Capsules」と題した大規模な一連のライトインスタレーションを世界各地で制作しました。彼の制作技術の向上やプロジェクションマッピングの制作プロセスの最適化や、看板やウインドウなどのサインペイントやタイポブラフィについて深く知識を深めることができました。彼はレジデントとなったことがきっかけで、思い切って大きなプロジェクトに取り組み、新しいコンセプトを探ることができたと話します。自分自身と作品に自信を持つことができたのです。


Craig Winslowのスタジオ

Trail Blazersのプレイオフ

最も厳しいデザインの制約は時間でした。これは、数秒間でセットアップし、90秒間再生した後、数秒間で撤去して、試合を開始できるようにコート上に何もない状態にする必要がありました。1つのコンセプトがすぐさまメインのアイデアになりました。中央の巨大なキャンバスになる円筒をすばやく配置し、円筒に360度のプロジェクションマッピングをした後、それを落下させるというアイデアです。

Craigの記事
Kelli Anderson

Kelli Anderson

2015年度レジデント
ニューヨーク州、ブルックリン

Kelliはレジデントとして「紙で何ができるか」を追求しました。音を大きくする、時刻を通知する、カメラとして機能するなど、この素材の可能性を求めて工夫を重ねました。身の回りのいくつかの製品をばらばらに解体し、紙を使って飛び出す絵本の形で再現したのです。その本には、シンプルな構造でありながら物理的には目に見えない力を利用して、驚くような高度な表現ができる方法や仕組みが説明されています。


KELLIANDERSON.COM

Exploratoriumでの1か月(英語)

Adrienne Richの詩は、抑圧的な体制(通常、資本主義や家父長制度)対する痛烈な批評でよく知られてvいます。彼女の詩「Hubble Photographs: After Sappho」は、科学的な啓蒙テクノロジー潜在的破壊力関する矛盾する感情を表しています。この詩は、他の銀河写真を見つめたとき湧き上がる恍惚した情の称賛から始まります。しかし、このはるかかなた写真が恋人見つめる写真よりすばらしいいう彼女の言葉は、ほとんどあるいは意図的に真実から外れています。

Kelliの記事
Aiko Fukuda

Aiko Fukuda

2019年度レジデント
日本、東京

レジデント期間中、Aikoはアナログとデジタルのイラストを拡張現実(AR)で融合したポップアップブックを制作しています。また、クリエイティブコミュニティが参加できるイラストワークショップとオンラインチュートリアルを実施しています。将来は本を出版し、彼女の美意識に共鳴するラグジュアリブランドやイノベーティブな企業と仕事をしたいと考えています。


WIRED JAPAN

巨人アドビと「Fresco事件」の全真相

世界的なキャリアを拡大しているアーティスト、Aiko Fukudaは、PhotoshopIllustrator代表的クリエイターなるでしょう。彼女は、新しいAdobe Frescoプロのクリエイターとっても新しい可能性満ちている述べています。「油彩画と水彩画のように、不可能な組合わせを可能にする点が魅力的です。このアプリのライブブラシを使用すると複数のレイヤーを組み合わせることができるため、様々な画法を混合した表現が可能になります」

巨人アドビと「Fresco事件」の全真相
Octavia Bromell

Octavia Bromell

2019年度レジデント
英国、シェアボーン

Octaviaは、幸福は毎日の生活の細部に宿るという考えのもと、「The Joyful Everyday」というテーマでイラストを制作しています。スタジオのプロセスビデオ、ブログ投稿、ソーシャルメディア作品を公開しています。文房具が大好きなので、将来はイラスト入りジャーナルを創りたいと考えています。また、編集に関する国際的事をして、人々をつなげる美しく誠実なブランドを立ち上げたいと考えています。


CREATIVE REBELS

創造性は絶望を癒せるか

このポッドキャストのエピソードで、Octavia Bromell自らの創造的な取り組み披露し、不安と絶望にもがいていたときに、どのようにアートイラスト作成を開始したかを話しています。彼女がどのように創造性を用いて、常にポジティブかつ明確な意志を持ち続けたかをご覧ください。

創造性は絶望を癒せるか
Anna Daviscourt

Anna Daviscourt

2018年度レジデント
オレゴン州、ポートランド

Annaはオレゴン州ポートランド出身のイラストレーターで、自身のポジティブなストーリーを通じて若い世代語りかけています。Creative Residentとして、彼女は最初のフォトブックを作成してShannon Associates発表しました。また、様々なテーマを取り上げた楽しいポートフォリオを作成し、賞を受賞しました。また、Adobe MAX、Lightbox Expo、およびAdobe Liveなどのイベントにも参加しました。彼女は現在も、子ども向けの出版について追求したり、オンラインでの指導で知識を共有したりしています。


ADOBE MAX

最高の作品の制作:エディットに必要な目を養う

Anna Daviscourtは、Adobe MAX 2019Drawing & Digital Paintingスピーカーセッションおいて、自分のインサイト、企業秘密、制作プロセス披露しています。

Annaの記事
Nadine Kolodziey

Nadine Kolodziey

2018年度レジデント
ドイツ、ベルリン

Nadineは、フランクフルトとベルリンに拠点を置くビジュアルアーティスト/イラストレーターです。彼女はデジタルとアナログが交わる領域で活動しており、その目的は画像ではなく視覚的なエクスペリエンスを生み出すことです。レジデント期間中、彼女はプラスティックなどの素材とピクセルを組み合わせて、手作業でカットしたり溶接したりして作品を作りました。歩き回れるほど大きな仮想現実の作品になることもありました。そして、作品に参加できるようにコミュニティを招待しました。彼女は現在、新しい作品作りに興味を持ち、AR(拡張現実)を活用した制作やスケールの大きな展示作品などに挑戦しており、日本でもプロジェクトをおこなう予定です。


SCHRIN MAGAZINE

スタジオ訪問:3DとARによるマジカルイラストレーション(ドイツ語)

彼女の作品はとてもカラフルで、その制作スタジオにある棚は色鉛筆をモチーフにしたものや、ピンク色のクロックスがありとても明るい雰囲気です。

Nadineの記事
Chelsea Burton

Chelsea Burton

2017年度レジデント
オハイオ州、レイクウッド

ペンシルベニア州エリー出身のグラフィックデザイナーChelseaは、このプログラムを利用して、ストリートアート、スケートボード作り、デザインの腕を磨き、彼女ならではのアートワークをあしらったロングボードを作り出しました。追求したテーマには、女性の強さに対する一般的なイメージ、個性、サステナビリティ、プロダクトクオリティ、およびアートの効果的な活用が含まれています。また、スケートボードの木製デッキを製造するまでの様々な段階を公開しました。


ADOBE CREATE MAGAZINE

ボードに乗って:スケートボード制作の技

Chelsea Burtonは、スケートボードが元から好きだったわけではありませんでした。「いつも挑戦したいと思っていたのですが、完全にはまりました」と、このグラフィックデザイナーは、バランスを取るようなしぐさで昔を振り返ります。高校でスノーボードを習ったことがきっかけになり、そのすぐ後にロングボードに出会って、凍った山々を滑り降りる動きを模倣したその動きのとりこになりました。

Chelseaの記事
Rosa Kammermeier

Rosa Kammermeier

2017年度レジデント
ドイツ、ミュンヘン

Rosaは、ドイツのミュンヘン出身のグラフィックデザイナー兼レタリングアーティストです。
レジデントとして取り組んだのはWalk of Happinessという、幸せな気持ちになれるメッセージをショーウィンドウに書き、町で宝探しをするというプロジェクトです。彼女のメッセージは、消費者の注意を引き付けて足を止めさせました。人々は笑わせられたり考えさせられたりしながら、自分たちの町の新しい姿や場所を見出しました。彼女は、より大きな効果が上がるよう考えながら独自のスキルを向上させることに挑戦しました。


GOOGLE

2019年国際女性デーのGoogle Doodle

Rosa Kammermeierグラフィックは、世界中で見ることできる13個のグラフィックうちの1つです。Googleよれば、彼らは「女性を力づける女性」というトピック中心にプロジェクトを展開しています。

Rosaの記事
Syd Weiler

Syd Weiler

2016年度レジデント
オハイオ州、コロンバス

Sydは、作品を中心に仲間が集まり、一緒に学んだり作業したりするクリエイティブコミュニティをレジデントとして設立しました。スタンプ人気に乗って、最近Facebookでも話題になったTrash Dovesを作成し、自分が作りたい作品を時間をかけて見極めました。レジテントを終えて、目標を達成して好きな仕事で食べていく心構えができ、オンラインクリエイティブコミュニティにできるだけ貢献し知識を提供する下地ができたと語っています。


MEDIUM

大好き、Trash Doves(英語)

2017年の初めに、短く激しく頭を振る「Trash Dove」という紫色の鳥が、極端なソーシャルメディアミームとしてウイルスのようにインターネットを席巻しました。Trash Dovesは私の作品であり、私の人生を一変させました。

Sydの記事
Becky Simpson

Becky Simpson

2015年度レジデント
テネシー州、ナッシュビル

BeckyはレジデントとしてオンラインストアChipper Thingsを作り上げました。これは日常の中の遊びや楽しみを大切にするライフスタイルグッズとペーパーグッズのブランドです。まずは100DaysOfGettingStartedプロジェクトから開始し、最初の3か月間は毎日新しいイラストを描きました。その間に作った作品の多くはChipper Thingsや米国とカナダの各地にある多数の店舗でも販売をおこなっています。2冊目の本『The Roommate Book』も完成させました。ルームメートとの生活をイラスト入りで説明したガイドで、Andrews McMeelから出版されました。


大きな不満

Becky Simpsonのインタビュー(英語)

大学でキャリアパスを選択するときになって、ファッションデザインとグラフィックデザインとでとても悩みました。そのとき、母が「あなたは服をデザインしたいの。それとも服を描きたいの」と私に尋ねました。それで決まりです。そのときから、グラフィックデザインを追求し、振り返らなくなりました。

Sydの記事
Amelie Satzger

Amelie Satzger

2019年度レジデント
ドイツ、ミュンヘン

Amelieは、自身のプロジェクト「Seeing Music」で、ミュージシャンと協力して歌詞をフォトアートで表現しています。ミュージシャンのバックグラウンドやプロフィールを制作し、ポーズを取らせ、作品をつくる際のクリエイティブなプロセスを最初から最後までソーシャルメディアで共有しています。彼女は、自身のアートと写真、ミュージックビデオとショートフィルムを表現することを計画しています。そして、シアター、ミュージシャン、俳優から、彼らの考えを写真で視覚的に表現する仕事にチャレンジしたいと考えています。


ADOBE CREATE MAGAZINE

Amelie Satzgerとともに音楽を見る

ドイツ人フォトグラファーAmelie Satzgerにとって、音楽は常にクリエイティブな衝動と結びついています。以前は親友とバンドで演奏していました。バンドを解散したときに、彼女のイマジネーションはカメラのレンズの奥に居場所を見つけました。

Amelie Satzgerとともに音楽を見る
Juan José Egúsquiza

Juan José Egúsquiza

2019年度レジデント
ニューヨーク州、ニューヨーク

Juan Joséのプロジェクト「Impossible Stories」は、日常生活から切り取られたシーンを合成し、幻想的な世界を創り出すシリーズです。レジデント期間中、彼は自身のクリエイティブプロセスを共有し、コミュニティからフィードバックを得て、ストーリー制作ツールやテクニックを強化しています。数年以内に、アイデアを具現化するクリエイティブディレクターになりたいと考えています。


ADOBE CREATE MAGAZINE

リアリティに挑む合成写真が不可能を可能にする

Juan José Egúsquizaは、ニューヨークのブルックリンを拠点としていますが、いつも世界中を飛び回って過ごしています。ペルーのリマ生まれのマルチメディアアーティストであり、レジデントの彼は、パリからサンフランシスコ、バルセロナ、ルツェルンなどカメラを片手に地球上を行き来しています。旅の途中で、彼は日常の瞬間をカメラに収めていきます。これらの画像が、彼が「不可能なストーリー」と呼ぶもののベースになります。これは、私たちの周囲を取り巻く環境とのかかわりあいや解釈の方法に疑問を投げかける、頭をひねるような合成写真です。

リアリティに挑む合成写真が不可能を可能にする
Tyler Babin

Tyler Babin

2019年度レジデント
ニューヨーク州、マンハッタン

ストーリー制作に情熱を傾けるTylerは、有名なアーティストのエクスペリエンスとともに、新進アーティストとしてエクスペリエンスを共有するビデオシリーズを制作しています。自身のクリエイティブプロセスをInstagramとYouTubeに投稿してコミュニティと共有しています。将来は、人々が夢を追うことに恐れを抱かないように励ますストーリーを制作し続けたいと考えています。


SPOTIFY

『Tuesday Morning Coffee』ポッドキャスト

Tyler Babinが、日常生活と創造性の相乗効果をテーマにした、クリエイター、インフルエンサー、起業家とのトークお届けします。

『Tuesday Morning Coffee』ポッドキャスト
Cyn Lagos

Cyn Lagos

2019年度レジデント
フロリダ州、マイアミ

Cynは、アーティスト志願者がビジュアルストーリー制作の考え方や実践方法を理解できるよう活動しています。1対1の学習体験を育み、写真、グラフィックデザイン、ビデオグラフィーの分野でアーティストを支える視覚的な方法を生み出しています。彼女は、ソーシャルメディアで教育に関する活動を立ち上げ、充実したコンテンツや学術的に意義のあるコンテンツの制作活動をおこないたいと考えています。長期的には、慈善活動に重点を置き、ストリートカルチャーに光を当てたストーリーを作りたいと考えています。


FRESHか、PHRESHか

Que Bolaポッドキャスト、エピソード33:Cyn Lagos

マイアミでクリエイターとなるのは難しいことです。この街で最先端のクリエイターであるCyn Lagos。彼女は学校で学んだ後、プロのフォトグラファー兼グラフィックデザイナーになりました。アドビのプログラムにビジュアル言語のクリエイティブレジデントに選抜されました。常に競争が厳しい小規模なクリエイティブコミュニティで成功するには何が必要かについて議論しています。

Que Bolaポッドキャスト、エピソード33:Cyn Lagos
Aaron Bernstein

Aaron Bernstein

2018年度レジデント
ニューヨーク州、ニューヨーク

ニューヨーク市に拠点を置くフォトグラファーAaron Bernsteinは、写真を中心としたプロジェクトを通じて現代文化を映し出すことに情熱を傾けています。レジデント期間中、彼は「Hungry Boy」というデジタル展示で食品、アート、スタイルの交わる部分を追求しました。現在は「Hungry Boy」をクリエイティブなアウトレットとして維持しながら、同じ考えを持つブランドとコラボレーションし、アートとデザインの世界をナビゲートするための効果的なツールとして食品に注目し続けています。


6SQST

都市を映すレンズ:「Manhattan Meltdown」フォトシリーズの目的はNYCの食べ物の保存と称賛(英語)

フォトグラファーAaron Bernsteinは、最初にファッションの仕事でニューヨーク市に移り住んだときに、本当に困惑しました。新しい家での生活に慣れるための方法の1つが、様々な食べ物の体験を通して順応することでした。

Aaronの記事
Temi Coker

Temi Coker

2018年度レジデント
テキサス州、ダラス

他分野で活躍するアーティストTemi Cokerは、ナイジェリアのラゴスで生まれ育ち、現在は妻のAfritina Cokerとともにテキサス州ダラスで暮らしています。彼の鮮やかな色とテクスチャを組み合わせた作品は、彼がナイジェリアで身につけた感性と、アフリカンディアスポラに対する愛情によるものです。彼のスタイルは、色、パターン、ストーリー制作を通じて感情を呼び起こすことを重視しています。写真とデザインを融合させることで、彼は際限のない可能性を持つ新しい表現方法を見つけることに成功しました。


SKILLSHARE

デジタルポスターデザイン:パワフルなビジュアルを実現するイメージと文字の合成(英語)

このプロンプトはTemi自身の「Poster-a-Day」プロジェクトからインスパイアされたものです。このプロジェクトで、彼は自分が崇拝する美や個人を称えるために、写真、イメージ、言葉を印象的なデザインとして独自に組み合わせて、20数枚のポスターを制作しました。

Temiの記事
Laura Zalenga

Laura Zalenga

2018年度レジデント
ドイツ、ベルリン

Lauraは、ロッテルダムを拠点とする、ドイツ出身の概念的ポートレートフォトグラファーです。彼女は、異なるジャンルの写真を探求してレジデントとしての期間を過ごしました。彼女のドキュメンタリープロジェクト『Beauty of Age』では、35人のお年寄りにインタビューし、ポートレートを撮影しました。彼女の目的は、美しさ、人生における知恵、経験から得た歴史の知識など、社会が考えている以上に年齢から得られるものが多い事実を示すことでした。Lauraはレジデントとなったことをきっかけにトークやワークショップの数を増やしました。現在、彼女は、社会的に重要な問題や社会のタブーとされるトピックを含む、新しいドキュメンタリーシリーズや概念的な作品を作成する予定です。


FUBIZ MEDIA

Laura Zalengaによる優れたポートレートとセルフポートレート

繊細なフィクション、ドラマティックなシュールレアリスム、ビジュアルな詩の間で、ドイツを拠点とするアーティスト、Laura Zalengaの写真は人間の感情を大胆に分析しています。それは、時に優しく、時に未熟で、ミステリアスです。

Lauraの記事
Aundre Larrow

Aundre Larrow

2017年度レジデント
ニューヨーク州、ブルックリン

ニューヨークのブルックリンに拠点を置くフォトグラファーAundreは、レジデントとして、国内の様々な人々とその暮らしや課題、ものの見方を探る一連の作品に取り組みました。中心となるプロジェクト「Stories from Here」は住民の目を通して見たアメリカのスナップ写真です。写真を撮り、初のビデオコンテンツ制作に挑み、その過程を公開しました。すべてはまったく注目されなかった自身の初作品について描く長編映像を制作するという目標に向けてのものです。


TEEN VOGUE

「これが檻なのだという認識」:以前に収監されていた2人の女性が塀の中での生活を語る(英語)

「私はニューヨーク市で生まれ、育ちました。日の出から日没、再び日の出までの間に、常に何かおこなうべきことがあります。常に何か夢中になるものがあります。常に何らかの詐欺まがいの行為がおこなわれています。

Sydの記事
Julia Nimke

Julia Nimke

2017年度レジデント
ドイツ、ベルリン

Juliaは、自然と旅を愛し、独自の文化的なストーリー表現にこだわる、ベルリン拠点のドイツ人フォトグラファーです。レジデントとして、民話と結び付いたヨーロッパ各地の文化を探って記録し、様々な写真のスタイルを試しながら写真とビデオを組み合わせて魅力的なストーリーに仕上げ、学んだことをコミュニティに伝えました。彼女の目標は、人が見知らぬ場所や文化に対して偏見を感じることなく好奇心を抱けるようにすることでした。


YOUTUBE

Mercedez-Benz MYVAN

バン愛好家、バン生活、およびバンのあるライフスタイルに最適なスポットです。非凡な人々とプロフェッショナルにスポットライトを当てたストーリーやルポルタージュを探求しています。

Juliaの記事
Sara Dietschy

Sara Dietschy

2016年度レジデント
ニューヨーク州、ブルックリン

Saraは、作品をソーシャルメディア全体に拡大し、YouTubeベースの「Creative SpacesTV」シリーズさらに大きなメディアで展開するという目標を掲げて臨みました。Adobe MAXやSXSWなどのイベントで講演する機会を得たほか、協力連携という形取ることで、Sony Alpha Collectiveメンバー、ドキュメンタリー映画「Internet Kids」撮影監督、2017 Shorty Awardsブロガーオブザイヤー候補にもなりました。


YOUTUBE

Shell: The Great Travel Hack

究極のエネルギー効率のチャレンジにおいて、2つのチームがより少ないCO2排出量での米国横断を目指して競い合います。『Big Bang Theory』に出演したKaley Cuocoがホストを務め、Shellエンジニアと科学者を目指す学生のチームMission Controlが監視して舞台裏を見守るこのレースは、速さを競うレースではなく、どれだけクリーンかを競うレースです。

Saraの記事
Isabel Lea

Isabel Lea

2018年度レジデント
英国、ロンドン

クリエイティブスタジオATYPICALの共同設立者であるIsabelは、タイポグラフィ、デザイン、アートディレクションが交わるところで活動しています。レジデントとしてのプロジェクトでは、タイポグラフィとデザインを使って言語をより楽しく実験的に視覚化する試みをおこないました。彼女は、文字を中心とした商品のコレクション、インタラクティブな展示品、書体、翻訳不可能と思われた文化を称賛する写真エッセイを通じて、言語に命を吹き込んでいます。クライアントとの仕事や委託作業を続けながら、これらのテーマに関するトークやエッセイに取り組んでいます。


ADOBE CREATE MAGAZINE

言語を活性化(英語)

バリアブルフォントフォーマットは、その分野に長く携わったことがない場合はなじみがないかもしれません。これによって、webフォントのファイルサイズを縮小し、豊富な書体のバリエーションを提供することができます。

Isabelの記事
Jessica Bellamy

Jessica Bellamy

2017年度レジデント
ケンタッキー州、ルーイビル

ケンタッキー州ルーイビル出身のデザイナー、Jessicaはデータと個人的な話術を使用して、政策変更に関する複雑な情報をかみくだいて説明した、わかりやすいビジュアル ストーリーを制作しています。社会の変革を推進するという目的に向け、彼女は非営利団体や地域団体と連携し、社会的なイニシアティブに関するインフォグラフィックスを共同制作しています。レジデントの期間中には、新しい制作プロセスとデザイン手法を試みるとともに、クリエイター仲間に対して、影響を受けるコミュニティや非営利団と公正に連携する方法を披露しました。


COMMARTS

データストーリー制作

私は大人になってから研究論文、ニュース書籍、社会文学の熱心な読者であったため、無味乾燥な長文のレポートや記事を読むことに慣れていました。

Jessicaの記事
Rosa Kammermeier

Rosa Kammermeier

2017年度レジデント
ドイツ、ミュンヘン

Rosaは、ドイツのミュンヘン出身のグラフィックデザイナー兼レタリングアーティストです。レジデントとして取り組んだのはWalk of Happinessという、幸せな気持ちになれるメッセージをショーウィンドウ書き、町で宝探しをするというプロジェクトです。彼女のメッセージは、消費者の注意を引き付けて足を止めさせました。人々は笑わせられたり考えさせられたりしながら、自分たちの町の新しい姿や場所を見出しました。彼女は、より大きな効果が上がるよう考えながら独自のスキルを向上させることに挑戦しました。


GOOGLE

2019年国際女性デーのGoogle Doodle

Rosa Kammermeierのグラフィックは、世界中で見ることができる13個のグラフィックのうちの1つです。Googleによれば、彼らは「女性を力づける女性」というトピックを中心にプロジェクトを展開しています。

Rosaの記事
Christine Herrin

Christine Herrin

2016年度レジデント
カリフォルニア州、バークレー

Christineはレジデントとして、人々が自分の生活を創造的かつ有意義な形で記録したくなるような、グラフィックデザインの使用方法を考案しました。最初の製品であるEveryday Explorers Travel Journalキットを発表し、そのキットを使用して、アイデアを試して発想を共有しました。新しいアイデアと、クリエイティブビジネスを立ち上げ育てるうえでの財政的および実用的な制限とのバランスのとり方について学びました。その最初のJournalから、ChristineはEveryday Explorersを、記録意欲と創造性を刺激する紙製品のブランドとして確立することに成功しました。


EVERYDAY EXPLORERS

Everyday Explorers

私たちは、果てしない探求、尽きない好奇心、および立ち止まって日々の生活の詳細を記録する時間を取ることの価値を信じています。

Christineの記事
Julie Sanduski

Julie Sanduski

2019年度レジデント
ワシントン州、シアトル

Julieは、食品、サステイナビリティ、UI/UXに関わる取り組みをしており、人間中心のデザインソリューションがどのように食品循環のシステムに影響するか探求しています。調査の実施およびオピニオンリーダーたちとの交流を通じて、食品廃棄物の削減や再利用に注目したデザインシリーズを生み出しています。その間、自分のデザインプロセスをコミュニティと共有し、身近なものの再設計に取り組むことの重要性を人々に伝えています。レジデント期間終了後は、新しいテクノロジーを駆使してより良い未来を創るエクスペリエンスデザイナーとして活動したいと考えています。


MEDIUM

世界を変えたいと思いませんか?

私が最初にユーザーエクスペリエンスデザインを始めたのは、専攻の決まっていない教養課程の学生として、不安な日々を送っていた大学2年生の頃でした。授業中も、宿題をしているときも、図書館からできるだけ遠く離れて、いくつかの(非常にマイナーな)問題を嘆いて過ごしていました。キャンパス外の住居を見つけることがなぜそれほど難しいのかということや、なぜ友人のグループのちょうど良い待ち合わせ場所がなかなか見つからないのかといったことです。

世界を変えたいと思いませんか?
Patricia Reiners

Patricia Reiners

2019年度レジデント
ドイツ、ベルリン

Patriciaは、未来の都市や、人工知能(AI)、音声制御、拡張現実(AR)などの新しいテクノロジーがインターフェイスやデザインをどのように変えるかについて追求しています。彼女は新しい仕事や生活、モビリティの世界に注目しており、人々がUXデザインの可能性に興味を持てるように、自分のデザインプロセスのすべての段階を共有しています。レジデント期間の後は、問題解決と新しいテクノロジーへの情熱を共有できる企業と連携して社会に貢献したいと考えています。


MEDIUM

The future of cooking スクリーンの向こうにある理由

アドビのCreative Residency期間を通して、未来の調理のあり方を探り、スクリーンのその先を考えることによって何を実現できるかを探求しています。包括的で革新的な未来の調理を実現するにあたって、非常に大きな役割を果たす(と私が考える)、UXに関する7つの重要なポイントを見つけました。

The future of cooking — スクリーンの向こうにある理由
Andrea Hock

Andrea Hock

2018年度レジデント
ミズーリ州、セントルイス

ミズーリ州セントルイスのUI/UXデザイナーであるAndreaは、レジデント期間中、自動化に重点を置いたアプリのデザインに取り組み、インターネットに接続されたオブジェクトが人間のエクスペリエンスをどのように向上できるかを示しました。また、自分のデザインプロセスとベストプラクティスをYouTubeチャンネル、ワークショップ、デジタルリソースで公開して、エクスペリエンスデザインやそれが社会や文化において持つ大きな役割について人々を刺激しました。現在は、独立系のUI/UXデザイナーとして、小規模な新興企業や大企業のクライアントと仕事をしています。


ADOBE CREATE MAGAZINE

Andrea Hockが自分のアプリデザインプロセスを共有

UI/UXデザイナーであり、Adobe Creative ResidentであるAndrea Hockは、舌センサーを用いた食事自動化アプリを制作するためのステップを順に紹介しています。それは、初期アイデアの発案とそのアイデアの改良から、調査とビジュアルの選択を経て、ワイヤーフレームと最終的なプロトタイプの作成に至るプロセスです。

Andreaの記事
Natalie Lew

Natalie Lew

2017年度レジデント
ニューヨーク州、ブルックリン

Natalieは、ニューヨークのブルックリンを拠点とするインタラクションデザイナーです。デザインと哲学の融合に情熱を傾けています。レジデントとして、専門家のネットワーキング、チャリティ活動(DonorsChoose.orgと連携)、公的資源の利用、教育関連ニュース(Newsela.comと連携)におけるデジタルソリューションを制作しました。UXデザインがクリエイティブコミュニティにとってもっとわかりやすいものになるように、クリエイティブプロセスを詳しく説明したノートの作成もおこないました。将来的には、市民参加計画や都市計画のためのインタラクションデザインの分野で活動する予定です。


アドビブログ

情熱、タイムライン、好奇心:デザインインサイト(英語)

「今年1年を通して1つのトピックに取り組むのではなく、様々な調査手法を徹底的にテストして、一連のプロジェクトにアプローチすることを予定しています」と彼女は話します。

Natalieの記事