About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が業界標準ベクトルグラフィックツールの最新版
「Adobe
® Illustrator® 9.0 日本語版」
および同製品を含む統合パッケージ2製品を発表

革新的なトランスペアレンシー機能と先進的なWebグラフィック作成機能を搭載し、
印刷からWebまであらゆるデザイン領域に対応したコンテンツの作成を可能に。

【2000 年 6月 2日】
革新的なトランスペアレンシー機能と先進的なWebグラフィック作成機能を搭載し、
印刷からWebまであらゆるデザイン領域に対応したコンテンツの作成を可能に。

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:堀 昭一)は本日、グラフィック作成ツール「Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター) 9.0 日本語版」を発表しました。同製品は、従来にない革新的なトランスペアレンシー機能と強力なWebグラフィック作成および最適化機能を備えており、プロのデザイナの高い要求を満たすグラフィックを実現します。

Adobe Illustrator 9.0 日本語版は、Windows®版、Macintosh™版ともにアドビストア(www.adobe.co.jp/store/)および全国のアドビ製品取り扱い会社を通じて2000年7月中旬より販売される予定です。アドビストアでは2000年6月14日(水)より予約受付を開始します。

Adobe Illustrator 9.0 日本語版(Windows版、Macintosh版)
■アドビ ストア提供価格: 79,500円
■アップグレード版アドビストア提供価格: 25,000円
 ※アップグレード価格はすべてのバージョンの登録ユーザに適用されます。

また、Adobe Illustrator 9.0 日本語版のアップグレードにともない、同製品を含むトータルビデオ制作ソフトウェアの統合パッケージ製品「Adobe Dynamic Media Collection(アドビ ダイナミック メディア コレクション) 日本語版」およびパブリッシングソフトウェアの統合パッケージ製品「Adobe Publishing Collection (アドビ パブリッシング コレクション)日本語版」の最新版を発表しました。両コレクション製品は、Windows版、Macintosh版ともにアドビストアおよび全国のアドビ製品取扱い会社を通じて2000年7月21日(金)より販売される予定です。

Adobe Dynamic Media Collection日本語版は以下の製品を含みます。
・Adobe Illustrator 9.0 日本語版
・Adobe After Effects® (アドビ アフターエフェクツ)4.1 日本語版(スタンダード版)
・Adobe Premiere® (アドビ プレミア) 5.1 日本語版
・Adobe Photoshop® (アドビ フォトショップ) 5.5 日本語版

Adobe Publishing Collection 日本語版は以下の製品を含みます。
・Adobe Illustrator 9.0 日本語版
・Adobe Photoshop 5.5 日本語版
・Adobe PageMaker® (アドビ ページメーカー) 6.5 plus 日本語版
・Adobe Acrobat® (アドビ アクロバット) 4.0 日本語版

両コレクション製品とも、アプリケーション間のシームレスな連携により、生産性の高いワークフローを実現し、一貫したソリューションを提供します。

アドビ システムズ社 社長のブルース チゼンは、「Adobe Illustrator 9.0 は、既に当社のAdobe Photoshopのユーザにご好評をいただいているWeb最適化機能やピクセルプレビューモードといった新機能を搭載し、Webでの利用にも最適化されています。デザイナはIllustratorでベクトルグラフィックを作成し、それをWeb用に出力できるようになりました。Illustrator 9.0 は、これまでの商業印刷と同様に当社のプロフェッショナルWebグラフィック作成ツールのラインアップの中でも非常に重要な新製品です」と、述べています。

コンピュータグラフィック黎明期からIllustratorをメインツールとして様々なシーンで活動し、@niftyグラフィックフォーラムのシステムマネージャーを務めるグラフィックデザイナでありイラストレーターの海津 宜則氏は、「Adobe Illustrator 9.0 は、ライブシェープ、描画モード、不透明度、Web対応などが強化され、ユーザのアイデアを具体化するための自由度の高いソフトウェアに進化しています。これは、実に驚異的なことです。また、Photoshopとのシームレスなデータ互換や成熟したインタフェイスなど、デファクトスタンダードとしての地位を更に不動なものとしました。Adobe Illustrator 9.0 のリリースが、私の今後の創作活動の歴史的分岐点となることは確かです」と述べています。

デジタルデザインとサービスのリーディング企業であり、世界中のマーケティングおよび広告関連企業をクライアントにもつCapps Digital社のシニア デジタル アーティスト、Charlie Townes氏は、Illustratorの最新バージョンを同社のデザインツールの中心に据えています。同氏は「最新バージョンは、印刷とWebの双方にとってまさに革新的なツールといえます。Photoshopのブレンディング モード、トランスペアレンシー、エフェクトが使える点は、非常に優れています。ワークステーションの前に座ってIllustrator 9.0 がデザイナにもたらすクリエイティブパワーを目のあたりにしたときは、非常に驚きました」と述べています。

革新的なトランスペアレンシー機能
Adobe Illustrator 9.0 は既存のソフトウェア アプリケーションでは実現が難しかった本格的なトランスペアレンシー機能(透明効果機能)を搭載しており、より自由なアートワーク環境を提供します。また、Illustrator 9.0 は、あらゆるベクトルベースのイラストレーション プログラムの中でもっとも強力なトランスペアレンシーのコントロール機能を備えており、ユーザの要求を満たす美しい出力を提供します。このトランスペアレンシー機能を使って、作成中のあらゆるオブジェクトやレイヤーに対して多彩な透明効果を適用し、背面にある他のグラフィックが透けて見えるように設定できます。また、Photoshop(.psd)ファイル内のレイヤーを、透明度とマスクを保ちながらIllustratorのオブジェクトやレイヤーに変換したり、Illustratorファイルの透明効果を保持しながらアートワークをラスタライズしたり.psdファイルに書き出すことも可能です。

優れたWebグラフィック作成機能
Adobe Illustrator 9.0 は印刷用のグラフィックはもちろんのこと、Web用グラフィック作成をより簡単で効率的に行うための機能も搭載しています。これにより、Web上でビジネスを展開する企業は、顧客をひきつける、より高度に洗練されたインタラクティブなWebサイトを作成することができます。新たにFlash(.swf)およびWorld Wide Web Consortium(W3C)が仕様の策定を進めているScalable Vector Graphics(SVG)フォーマットへの出力をサポートしています。これによりコンパクトなベクトルグラフィックおよびラスターグラフィックを作成でき、短いダウンロード時間でスクリーン上に正確に表示させることができます。ピクセルプレビュー機能では、ベクトルグラフィックがWeb上でどのように表示されるかをAdobe Photoshopや様々なWebブラウザをわざわざ起動することなく簡単に確認することができます。

強力な生産性向上機能
Adobe Illustrator 9.0 には、アートワークを迅速化しワークフローを効率化する様々な機能が搭載されています。例えば、あらゆるオブジェクト、グループおよびレイヤーに対して、変形、フィルタ、歪み等の効果を一連のライブエフェクトとして適用することができます。ライブエフェクト適用後にオブジェクトを修正する場合は、元のオブジェクトのパスのみを修正すれば、適用されていたライブエフェクトも瞬時に新しいパスに反映され、それまでの作業を無駄にすることはありません。また、Illustrator 9.0 には各種のクリエイティブコントロール機能が搭載されており、複数の属性により構成される複雑な効果を管理し、簡単に編集、適用することができます。例えば、複数のレイヤーを含むグラフィックをネスト化(入れ子状態)することによって、レイヤーの構成を簡素化することができます。また、レイヤーパレットには複雑なレイヤー構造が体系的に表示され、各オブジェクトのサムネールを参照しながら、効率的に編集作業を行うことができます。さらに、ライブエフェクト、塗り、線、透明度の設定を組み合わせてグラフィックスタイルとして定義し、保存、編集することができます。

既存のアドビ製品とのシームレスな統合
Adobe Illustrator 9.0 は、Adobe Photoshop、Adobe GoLive™ (アドビ ゴーライブ)、Adobe LiveMotion™ (アドビ ライブモーション)、Adobe InDesign™ (アドビ インデザイン)、Adobe Premiere、Adobe After Effectsをはじめとする、アドビのWeb、プリントおよびDynamic Mediaソリューション製品群とシームレスに統合されています。ユーザは、アドビ製品共通のユーザインタフェイスやデザインツール群を使用して、一貫したグラフィック作成ワークフローを構築することができます。

「Adobe Illustrator 9.0 日本語版」の主な新機能

トランスペアレンシー機能(透明効果機能)
例えば、透かし文字、フェード、ソフトシャドウなどの透明効果を、文字、ラスターグラフィック、スポットカラーなど、あらゆるオブジェクト、レイヤー、グループに対して適用することができます。透明度の調整は、新たに搭載された透明パレットの不透明度設定を調整するだけで簡単に行うことができます。
レイヤー構造のコントロール
レイヤーのネスト化(入れ子状態)により、複数のレイヤー構造を持つ複雑なグラフィックの管理を簡素化できます。また、表示するレイヤーを限定するなど、レイヤーパレットの表示法をカスタマイズすることができます。

オーバープリントプレビュー機能
オーバープリント設定をプレビューし、印刷する前にトラッピングやスポットカラーの結果を検証することができます。例えばスポットカラーのオブジェクトが他のオブジェクト上にどのように重ね刷りされるか画面上で確認することができます。

カラーマネージメントの改善
Adobe Illustrator 9.0 には、「Adobe Color Engine(ACE)」の最新バージョンが搭載されており、デバイスに依存しない、カラー管理されたワークフローを実現します。ドキュメント全体にRGBまたはCMYKのカラースペースを指定し、RGBオブジェクトとCMYKオブジェクトの混在を防ぐことができます。ACEの最新バージョンには、ファイル間のカラーの設定を同期させる機能を備えており、今後出荷されるアドビ製品との間でカラーの一貫性を保つことができます。

パスの単純化
パスの形状を保持したまま、アンカーポイントの数を減らしてパスを単純化し、より滑らかで、ファイルサイズの小さいパスを作成することができます。

ピクセルプレビューモード
Web用にデザイン、レイアウトしたものを、ピクセルプレビューモードでプレビューし、作成したベクトルアートワークがWeb出力用にラスタライズされた場合どのように見えるかを確認し、画像を調整することができます。ピクセルプレビューモードのまま作業を行ったり、作業の途中でモードを切り替えることもできます。

ベクトルベースのFlashファイル(swf)、SVGファイルの出力
Web上で高品質なPostScriptアートワークとフォントを保ちながら、よりファイルサイズの小さいベクトルベースのFlashファイル、SVGファイルを作成できます。

Web最適化機能
ベクトルベースのイラストレーションを作成し、その後GIF、JPG、PNGといった標準Webラスターフォーマットに出力できます。これらのグラフィックを洗練された圧縮および書き出しコントロールを使ってWeb用に最適化できます。例えば、1つの画像に対して異なる減色や圧縮などの最適化設定を同時に3種類まで適用し、ライブビューパネルで元画像と同時にプレビューし、画像とファイルサイズを簡単に比較することができます。

RGB Webセーフカラーのワークフロー
Adobe Illustrator 9.0 の初期設定をRGBモードに設定するとRGBモードで作業しつづけることができます。Illustratorファイルを途中でRGBモードに変更し設定することもできます。また、カラーパレットからRGB Webセーフカラーを選択したり、カラーパレット、情報パレットで16進法値を参照することができます。

キーボードショートカットのカスタマイズ
ユーザ個々のワークフローに沿って、メニューコマンドやツール用のキーボードショートカットをカスタマイズすることができます。また、Adobe Illustrator 5.5日本語版を含むいくつかのバージョンのショートカットセットがデフォルトで用意されています。

必要システム構成
Adobe Illustrator 9.0 日本語版
Windows版
・ Intel® Pentium® または100%互換のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft® Windows 98日本語版、Windows NT® 4.0 日本語版、Windows 2000 日本語版
・ 64MB以上のRAM(96MBを推奨)
・ 105MB以上の空き容量があるハードディスク(150MB以上推奨)
・ CD-ROMドライブ
・ 800×600解像度以上のモニタ

Macintosh版
・ Power PC を搭載したPower Macintosh
・ Mac OS® 8.5、8.5.1、8.6、9.0 (日本語版)
・ 64MB以上のRAM(96MB以上推奨)
・ 105MB以上の空き容量があるハードディスク(150MB以上推奨)
・ CD-ROMドライブ
・ 800×600解像度以上のモニタ

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、1982年に創立された、米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおくソフトウェア会社です。これまで、Webおよび印刷、出版分野において定評のある様々なソフトウェアソリューションを提供し、多くの業界賞を受賞してきました。その優れたグラフィックデザイン、イメージング、映像・動画、そしてオーサリングのためのツールは、あらゆるタイプのメディアにおいて豊かで視覚効果あふれるコンテンツの制作、出版、配信を可能にします。アドビ システムズ社は米国を本拠とするパーソナルコンピュータ用ソフトウェア会社中第3位で、1999年の年商は10億ドル超に達しています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイト www.adobe.co.jp でご覧いただけます。

<本件をご掲載いただく場合の読者からの問い合わせ先>
アドビ製品一般に関する問い合わせ先
アドビ カスタマ−インフォメーションセンター
電話:03-5350-0407
アドビストアでの購入に関する問い合わせ先
アドビストア・アップグレードセンター
電話:03-3345-4300

Back To Top