About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
Adobe® After Effects® 4.1 ProVersion日本語版に
27 の強力なエフェクト プラグインを同梱


Cycore社のCult Effects(TM) 1.5を同梱しAfter Effectsが同価格でさらにパワーアップ

【2000年 10月26日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:堀 昭一)は本日、同社のプロフェッショナル向けモーショングラフィックスとビジュアルエフェクトソフトウェアである「Adobe After Effects(アドビ アフターエフェクツ) 4.1 ProVersion(プロバージョン)日本語版(Windows® 版、Macintosh® 版)」に、スウェーデンのサードパーティプラグインベンダCycore(サイコア)社のAfter Effects用プラグインソフトウェア「Cult Effects (カルトエフェクツ)1.5」を同梱したパッケージをこれまでの単体製品価格と変わらず、アドビストア提供価格200,500円で提供すると発表しました。

Adobe After Effects 4.1 ProVersion日本語版には、すでに米国Atomic Power(アトミックパワー)社の After Effects用プラグインソフトウェア「Evolution(エボリューション)」が同梱されていますが、今回さらにCycore社のCult Effects1.5が追加されたことにより、オニオンスキンやアルファマットペイントを装備するベクターベースのCE Paintや、グリッドを生成するCEGrid、4色のグラデーションイメージを表現するCE ColorsQuadなどの機能が追加されAdobe After Effectsをさらに拡張した強力なエフェクトツールとなっています。同パッケージは、ワールドワイドで提供されており、映画、テレビ、マルチメディアおよびWebのビジュアルエフェクトアーティストやモーショングラフィックスデザイナー向けに、包括的で高品質、かつ低価格の映像コンテンツ制作・編集ソリューションを提供するアドビの取り組みを示すものです。なお同梱されるCult Effectsは英語版です。ドキュメントその他も英文となります。またCycore社からは英語以外の言語は提供されておりません。

Cult Effects 1.5を同梱したAdobe After Effects 4.1 ProVersion日本語版は、Windows版、Macintosh版ともに本日2000年10月26日(木)より、アドビのオンラインストアであるアドビストア(www.adobe.co.jp/store/)で発売を開始します。また店頭においても全国のアドビ製品取り扱い会社を通じて10月下旬より順次発売される予定です。なお、2000年10月1日(日)以降に、Cult Effects 1.5が同梱されていないAdobe After Effects 4.1 ProVersion 日本語版を購入した場合には、ユーザ登録をした後に、アドビストア・アップグレードセンター(電話:03-3345-4300)に申し込むことにより、Cult Effects 1.5が無償で提供されます。ただし、スタンダード版、アップグレード製品(旧バージョンからのアップグレード、スタンダードからのアップグレード)、アカデミック製品、ライセンス製品は対象外となります。

Cycore社のCult Effects 1.5は、ディストーション、ラインティング、スタイライズおよび映像シミュレーションまで、Adobe After Effects向けに特別に開発された27種類のプラグインを装備しており、ベクターベースでノンデストラクティブ(非破壊的:オリジナルを直接書き換えない)なペイントを行うCE Paintなど、創造性をさらに高める一連のプラグインを提供します。またCult Effectsには、フラクタルノイズマップ、ラジアルシャドウ、ラフエンドエッジ(凹凸縁取り)などのプラグインも組み込まれています。

Sassoon Film DesignのTim Sassoon氏は、「CE PaintだけでもAfter Effectsユーザにとっては、とても重宝するツールです。CE Paintを使えば、ちょっとしたタッチアップやダスト除去から完全なシーン描画に至るまで、簡単で迅速にしかもノンデストラクティブに作業を行うことができます」と述べています。

Cycore社CEOのBengt Starke氏は、「アドビ システムズ社がAdobe After Effects 4.1に当社のCult Effectsを同梱することを決定したことを誇りに思います。同製品は、新たなAfter Effectsユーザに非常に大きな価値をもたらし、またデスクトップコンポジットツールセットを必要としている人々にとって人気の的となることは間違いありません」と述べています。

また、アドビ システムズ社シニアディレクターのロン オカモトは、「Adobe After Effects 4.1が、Cycore社Cult Effectsを同梱したことには、他社の製品のユーザにとっては羨望の的になることでしょう。現在市場で最も優れているコンポジット(合成)ツールを利用できるようになるだけでなく、当社とCycore社との提携により、非常に人気の高い様々なプラグインをワンパッケージで入手できるというメリットも享受できるのです」と述べています。


ダイナミックメディアソリューションについて

現在、アドビ システムズ社では、Adobe Photoshop® 、Adobe Illustrator® 、Adobe Premiere® 、Adobe After Effectsを組み合わせたDynamic Media Solution(ダイナミックメディア ソリューション)を提案しています。これらの製品を効果的に組み合わせて使用することで、文字や写真、グラフィックスなどの静止画に「動き」の要素を与え、新しい映像表現を創り出すことが可能になります。また、撮影した実写画像やCGアニメーション、オーディオといった異なる素材を効果的に組み合わせて頭の中のイメージを思いのままに映像にすることもできます。

例えば、Adobe IllustratorとAdobe Photoshopで背景やフレーム、画像などのグラフィックコンテンツを作成、加工し、Adobe After EffectsとAdobe Premiereでエフェクトをかけて時間軸に沿った編集を行うことで、写真やイラスト、文字といった静的なグラフィックを映像という動的なメディアで利用することができます。また、静的なグラフィックそのものを動的なグラフィックス(モーショングラフィックス)として表現することもできます。これらのツールで作成したグラフィックスは、映画やTV番組、TVコマーシャル、Web、DVD、DVなどで使用することができます。

この4製品には、アドビ製品として一貫性のあるデザインツール群が採用されており、作業の効率化と高品質な結果が保証されます。コマンドやパレット、ツール、ショートカットなどのインタフェイスが統一されているため、各アプリケーションでスムーズに作業を行うことができます。


Adobe After Effects 4.1日本語版 必要システム構成

Windows版
・ Intel® Pentium® プロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
(Pentium II以降、マルチプロセッサシステムを推奨)
・ Microsoft® Windows 98日本語版、Windows NT® 4.0日本語版、
Windows2000 日本語版
・ 32MB以上 (64MB以上を推奨)のRAM(Windows 98日本語版)
・ 64MB以上 (96MB以上を推奨)のRAM(Windows NT 4.0日本語版)
・ QuickTime(TM) 4.0, 4.1
・ CD-ROMドライブ
・ 80MB以上の空き容量のあるハードディスク
(500MB以上ハードディスクまたはディスク アレイを推奨)
・ 16ビットカラーディスプレイアダプタ
(24ビットカラーディスプレイアダプタおよびビ デオキャプチャカードを推奨)
・ サウンドカードを推奨

Macintosh版
・ Power Macintosh® Mac OS 8.1, 8.5, 8.6, 9.0日本語版
・ 32MB以上のアプリケーションメモリ(64MB以上を推奨)
・ QuickTime 4.0, 4.1
・ CD-ROMドライブ
・ 80MB以上の空き容量のあるハードディスク
(500MB以上ハードディスクまたはディスク アレイを推奨)
・16ビットカラーディスプレイアダプタ
(24ビットカラーディスプレイアダプタおよびビデオキャプチャカードを推奨)


アドビ システムズ社について


アドビ システムズ社は、1982年に創立された、米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおくソフトウェア会社です。これまで、Webおよび印刷、出版分野において定評のある様々なソフトウェアソリューションを提供し、多くの業界賞を受賞してきました。その優れたグラフィックデザイン、イメージング、映像動画、そしてオーサリングのためのツールは、あらゆるタイプのメディアにおいて豊かで視覚効果あふれるコンテンツの制作、出版、配信を可能にします。アドビ システムズ社は米国を本拠とするパーソナルコンピュータ用ソフトウェア会社中第3位で、1999年の年商は 10億ドルを超えています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイト www.adobe.co.jp でご覧いただけます。

<本件をご掲載いただく場合の読者からの問い合わせ先>
アドビ製品一般に関する問い合わせ先
アドビ カスタマーインフォメーションセンター
電話:03-5350-0407

アドビストアでの購入に関する問い合わせ先
アドビストア・アップグレードセンター
電話:03-3345-4300