About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社 
「Adobe® After Effects®」と「Adobe Photoshop®」が
「グラディエーター」の視覚効果で重要な役割を発揮

【2001年3月27日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2001年3月27日)(NASDAQ:ADBE):Adobe Systems Incorporated(以下、アドビ システムズ社)は本日、本年度アカデミー賞において最優秀作品賞や最優秀視覚効果賞など主要5部門受賞に輝いた「グラディエーター」- 製作:DreamWorks Pictures and Universal Studio(ドリームワークス/ユニバーサルスタジオ)、監督:リドリー スコット(Ridly Scott)- におけるビジュアルエフェクトが使用された数々の場面において「Adobe After Effects(アドビ アフターエフェクツ)」と「Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)」が使用されたと発表しました。

アドビ システムズ社社長兼CEOのブルース チゼンは次のように述べています。「“グラディエーター”の制作に携われたことは、Adobe After EffectsとAdobe Photoshopのようなビジュアルエフェクトツールがまさに成熟の時期を迎えたことを証明するものです。ドリームワークスのような世界を代表する製作会社が、特に重要な特殊効果シーンを創りだすうえでも、高価なハイエンド向け編集システムやソフトウェアがもはや必要でないことに気づきつつあるのです。」

「グラディエーター」の制作に際して、スコット監督は目標のひとつとして、「ベンハー(Ben Hur)」や「スパルタカス(Spartacus)」のような過去の名作が行ってきたように、大スクリーンの向こう側に古代ローマの栄光と壮大なスケールを創りだすことを掲げました。この目標を達成するためにスコット監督はドリームワークスに卓越したビジュアル エフェクトを生み出してもらうことを依頼しました。

制作も終盤に近づくと、アーティストたちはいくつかのビジュアルエフェクト場面を短時間で、それも低予算で作る必要に迫られました。ドリームワークスのビジュアル エフェクト担当エディターでありAdobe After EffectsやAdobe Photoshopを使った最終エフェクト場面の監督者であったウェス シーウェル(Wes Sewell)氏は、それらがわずか数日間で完成したのをみて次のように述べています。

「我々がこれほどのハイエンドのビジュアル エフェクツをデスクトップ上でつくってしまったことに、ずいぶんと驚きの声があがっていました。我々としては我々の次プロジェクト、つまりリドリー スコット監督の次作品では、Adobe After EffectsやAdobe Photoshopを使ってさらに多くのビジュアル エフェクト場面を制作していく計画です。」

Adobe After EffectsやAdobe Photoshopを使って制作されたビジュアル エフェクト場面は以下の通りです。

* 映画の最初に、ラッセル クロウ演じる主人公マキシマスが家族が襲撃される前に馬に乗って家族に会いに戻る場面。このシーンでは、漏斗雲と稲妻の背景と馬に乗るクロウの動きのある場面とを一体化させている。

* 家に着き家族が惨殺されているのを見つけたマキシマスが地面に倒れ伏し、そこで悪夢のシーンが挿入される。After Effectsで制作された悪夢のシーンでは、雲が頭上を早回しで動くなか、太陽が地平線に沈んでいく。つづいて、クロウの意識が朦朧とするなか 担がれるカットがいくつか挿入される。

* 映画の最後でマキシマスが死ぬとき、マキシマスは天国にいる家族の元へ行く。マキシ マスの妻は天空の雲のなかに立っているが、このシーンにAfter Effectsが使われている。海のショットをとり、それを上下に反転させ、それをAfter Effectsを使って操作、合成している。

「グラディエーター」制作に際してドリームワークスでは、実際のシーンのいくつかを制作したことに加えて、古代ローマ建設の場面のためプレビジュアリゼーションとプリプロダクションのすべてを、PhotoshopとAfter Effectsを使って行いました。まず最初にアーティストは、古代ローマのモデルのポスターをPhotoshopでスキャンし、後から加えられたイラストやテキストの部分を消しました。それからAfter Effectsのなかで、オーディエンスにまるで古代ローマに向かって飛んでいるかのように思わせるために、デジタルの雲や動きを付け加えていきました。このプレゼンテーションは大成功となり、その結果、ドリームワークスチームはシーン制作のモデルとなる写真を撮影するために実際にローマに飛行機で飛んだのです。


アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、1982年に創立された、米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおくソフトウェア会社です。これまで、Web、印刷、ネットワークパブリッシングで定評のある様々なソフトウェアソリューションを提供し、多くの業界賞を受賞してきました。その優れたグラフィックデザイン、イメージング、映像動画、そしてオーサリングのためのツールは、豊かな視覚効果にあふれ、信頼度の高いコンテンツの制作、管理、配信を可能にします。アドビシステムズ社は米国を本拠とするパーソナルコンピュータ用ソフトウェア会社中第2位で、2000年会計年度の年商は13億ドルを超えています。アドビシステムズ株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトwww.adobe.co.jpでご覧いただけます。