About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
Webサイトデザインから運営、配信まで一連のワークフロー環境を提供する
WebオーサリングソリューションAdobe GoLive 6.0日本語版を発表

コラボレーション、ダイナミックグラフィックス、クロスメディア
3つの新たなWebパブリッシングワークフローを実現


【2002年3月12日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:石井 幹)は本日、プロフェッショナルWebオーサリングツール「Adobe® GoLive®(アドビ ゴーライブ)」の新バージョン「Adobe GoLive 6.0日本語版」にWebDAVサーバ製品「Adobe Web Workgroup Server(アドビ ウェブ ワークグループ サーバ)」を同梱し、2002年4月中旬より発売すると発表しました。なお、同じく本日発表のWebアニメーションツールAdobe LiveMotion® (アドビ ライブモーション) 2.0日本語版とのパッケージ製品、Adobe GoLive/LiveMotion PACK (ゴーライブ / ライブモーションパック)日本語版もあわせて発売を開始します。Windows版、Macintosh版ともにアドビストア(http://www.adobe.co.jp/store/)および全国のアドビ製品取り扱い会社を通じて販売されます。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

Adobe GoLive 6.0 日本語版(Windows版、Macintosh版)
アドビストア提供価格(消費税、送料別)
■通常版: 24,800円
■アップグレード版*: 12,100円
*アップグレード版はGoLive 4.0、5.0日本語版ユーザが対象となります。

Adobe GoLive/LiveMotion PACK日本語版 (Windows版、Macintosh版)
アドビストア提供価格(消費税、送料別)
■通常版: 34,800円
■アカデミック版: 8,400円

Adobe GoLive 6.0は、Webサイトの設計および制作からサイト管理、運営までの一連のワークフロー環境を提供するWebデザインソリューションです。Adobe Photoshop® (アドビ フォトショップ)、Adobe Illustrator®(アドビ イラストレーター)、Adobe LiveMotion(アドビ ライブモーション)といった他のアドビ製品のソースファイルをサポートすることで、これらの製品をシームレスに連携し、DTP感覚でWebサイトを制作することができる視覚的なwebオーサリング環境を提供します。

Adobe GoLive 6.0は、Web サイト設計からデザインをシームレスに行うことができるサイトデザインダイアグラムや、強化されたテーブル取り扱い機能を備えています。またQuickTimeビデオ、オーディオ、SWF 、SVG のほか、最新のテクノロジーSMILもサポートしており、高品質なWeb サイトの制作、管理を効率的に行う多彩な機能を搭載しています。さらにコンテンツの一部だけを簡単に更新することができる変数機能により、煩雑なWeb 更新作業を大幅に削減することができます。

また、プロのWeb サイト制作がより大規模になる傾向がある中、チームを組んでの共同作業の必要性が高まっています。ユーザは同梱のWebDAV サーバを使って、プロジェクトを一元管理し、制作、管理段階におけるチーム作業を、大きなコストをかけずに、スムーズに行うことができます。

さらにGoLive 6.0はXML を用いたクロスメディアワークフローやワイヤレスオーサリングをサポートしており、メディアごとの複数の制作ワークフローを1 つに統合し、ワンソースマルチユースを実現することができます。

アドビ システムズ 株式会社 代表取締役 石井 幹は次のように語っています。「Adobe GoLive 6.0は、制作環境の統合と、複数メディアへの配信という大きな2つの方向性を実現しています。即ち、複数のデザインワークフローの統合、およびチーム作業の一元化によりデザイン作業の効率化を図るとともに、配信先としてPC、携帯端末だけでなく将来の情報家電まで視野に入れた柔軟なWebパブリッシングワークフローを実現しているのです。さらに、GoLive 6.0は、単にクリエイティブツールとしての機能を提供するだけでなく、デザインコンセプトの段階から、制作管理、そして配信運用まで、一貫したソリューションを提供します。アドビは、ビジュアルリッチでパーソナライズされたコンテンツをいつでも、どこでも、どんなデバイスにも、確実に伝えるというネットワーク パブリッシングのビジョンを掲げ、クロスメディアソリューションの提供を通じて、あらゆるメディアでの、豊かなコミュニケーションをサポートしていきます。」

Adobe GoLive 6.0では、ワイヤレスコンテンツのオーサリング機能が強化されています。特に、Windows版にはNTT DoCoMoのiモードなど多くのNonPC端末向けブラウザを開発しているACCESS社のiモードホームページビューワが搭載されており、ワイヤレスコンテンツの再現性を、効率良く確認することができます。

ACCESS代表取締役社長 荒川亨氏は次のように述べています。「Webソフトウェアのリーディング カンパニーであるAdobeと一緒に仕事ができる機会を非常にうれしく思います。これからの数年、より多くの国々において、携帯電話をはじめとする様々なモバイル機器でネット接続が可能となり、インターネットは人々の生活の中で、より身近なものになるでしょう。それと共に、ネット接続機能をもったモバイル機器を使った様々なコンテンツやサービスが生まれていくでしょう。Adobeに我々のビューワ技術を提供させていただき、共に新しいインターネットの世界を広げていけることを楽しみにしています。」

Adobe GoLive 6.0の詳細はhttp://www.adobe.co.jp/products/golive/main.htmlをご覧ください。

Adobe GoLive 6.0 日本語版 必要システム構成
Macintosh版
* PowerPC® プロセッサ(MacOS X v10.1使用の場合はPowerPC G3またはG4推奨)
* Mac OS 9.1、9.2日本語版またはMac OS X v10.1日本語版
* 96MB以上のRAM(128MB以上を推奨)
* 90MB以上の空き容量のあるハードディスク
* CD-ROMドライブ

Windows版
* インテル® Pentium® IIまたはそれ以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ(400MHz以上を推奨)
* Microsoft® Windows 98 Second Edition 日本語版、Windows 2000日本語版、Windows Me日本語版、またはWindows XP日本語版
* 96MB以上のRAM(128MB以上を推奨)
* 90MB以上の空き容量のあるハードディスク
* CD-ROMドライブ

Adobe Web Workgroup Server日本語版 必要システム構成
Macintosh版
* PowerPC G3またはG4プロセッサ搭載モデル
* Mac OS X v10.1日本語版
* 96MB以上のRAM(128MB以上を推奨)
* 150MB以上の空き容量のあるハードディスク
* CD-ROMドライブ

Windows版
* インテル Pentium III以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ(600MHz以上を推奨)
* Microsoft Windows 2000日本語版、またはWindows XP日本語版
* 96MB以上のRAM(128MB以上を推奨)
* 150MB以上の空き容量のあるハードディスク
* CD-ROMドライブ

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、1982年に創立された、米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおくソフトウェア会社です。これまで、Web、ePaper、印刷、ネットワーク パブリッシングで定評のある様々なソフトウェアソリューションを提供し、多くの業界賞を受賞してきました。その優れたグラフィックデザイン、イメージング、映像動画、そしてオーサリングのためのツールは、豊かな視覚効果にあふれ、信頼度の高いコンテンツの制作、管理、配信を可能にします。アドビ システムズ社は米国を本拠とするパーソナルコンピュータ用ソフトウェア会社中第2位で、2001年の年商は12億ドルを超えています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトwww.adobe.co.jpでご覧いただけます。