About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社が
企業内の文書プロセスを自動化する
新たなサーバ製品およびソリューションを発表

文書プロセスを基幹システムやEPP等のコア ビジネス アプリケーションと
統合するための革新的なネットワーク パブリッシング ソリューション


【2002年10月22日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2002年10月21日)(NASDAQ:ADBE):Adobe Systems Incorporated(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ 以下アドビ システムズ社)は本日、業務上必要不可欠な、文書に依存したプロセスを自動化するために開発されたサーバ製品ならびにソリューションの新ラインアップを発表しました。基幹システム等のコア ビジネス アプリケーションと、書類、契約書、報告書、請求書といった旧来の文書との間隙を埋めることを狙いとした新たなアドビのネットワーク パブリッシング ソリューションは、企業全体にわたる文書生成、コラボレーションおよびプロセス管理を改善することを目的とした製品です。

アドビ システムズ社 社長 兼 CEOであるブルース チゼンは、「大規模な組織は、バックエンドのコア ビジネス アプリケーションの自動化に対して重点的に投資していますが、情報を提出したり、情報に基づいて行動する上では、いまだに文書があたかも通貨のようにコミュニケーションのベースとなっています。文書の処理(プロセス)がいまだに多くの場合手作業で行われ、バックエンドシステムと分断されている状態であるがゆえに、企業はまだ原因の診断もされていない効率の悪さに悩まされています。アドビの戦略は、これらの課題を過去のものとするために、Adobe® Acrobat®の販売強化やAdobe PDFをはじめとする文書に関するテクノロジーにおける当社の専門知識を有効活用することにあります」と、述べています。

米国の調査会社META Groupの執行副社長 兼 エレクトロニック ビジネス ストラテジー担当ディレクターであるデヴィッド ヨケルソン(David Yockelson)氏は、「企業や組織は、高度に構造化されたデータと構造化されていない紙ベースの情報とを統合することができないビジネス プロセスの限界を急速に認知しはじめています。特に、信頼のおけるかたちでセキュリティが保たれ、共有、閲覧、印刷できなければならない文書に依存している官公庁や規制事項の多い業界では、コア ビジネス アプリケーションの導入にあたって、文書を系統立てて自動化できるソリューションを求めています」と、述べています。

アドビのネットワーク パブリッシング ソリューションは、官公庁や、金融業界、製造業界といった規制事項の多い業界でよく見られる、重度に文書依存したプロセスに対処するために開発されました。このソリューションを構成する製品、プロフェショナル サービスおよびサポートは、コア ビジネス アプリケーションと、組織内での文書の流れを統合します。プロセスの最初の情報入力から、最終のカスタマイズされたアウトプットの配布を、誰にでも、いつでも、どんな端末にも可能とします。

本日発表となった新製品のひとつは、企業のコア ビジネス アプリケーションの拡張を文書生成機能によって支援する「Adobe Document Server(アドビ ドキュメント サーバ)」です。このソフトウェアは、カスタマイズされたAdobe PDFファイルを、1部でも大量部数でも、XMLコンテンツを含む多種多様なデータ ソースから、エンタープライズ向けのセキュアなサーバ環境内で、ダイナミックに組み上げることを可能とします。例えば、組織は、Adobe Document Serverソフトウェアを組み込んで旧来の紙ベースのプロセスを自動化することことによって、ERPやCRMシステムを拡張することができます。これにより、処理にかかるコストを低減し、個別の文書を瞬時に生成することを可能とします。例えば、顧客の投資ポートフォリオに関する個人向けの報告書を、自動的に適切なデータやグラフィックスを取り込んで作成できます。

同じく本日発表のAdobe Document Server for Reader Extensions(アドビ ドキュメント サーバ フォー リーダー エクステンションズ)は、新たなレベルの電子フォーム ソリューションを提供します。Adobe Document Server for Reader Extensionsは、世界中ですでに約4億9千万本がダウンロードされているAcrobat Reader®を用いて、企業や官公庁が、顧客やパートナーや市民と直接やりとりするための共通の方法を提供します。各個人が、新たに発表されたAdobe Acrobat Reader 5.1(アドビ アクロバット リーダー 5.1)を使って電子フォームに記入、保存、提出といった操作をオンラインで行えるようにすることで、組織が情報を安全に入手することを可能とします。Acrobat Readerは、世界で最も普及しているソフトウェアのひとつであり、Adobe PDFは、Web上で最も広く使用されている文書形式の1つです。

これらのサーバ製品は、アドビの既存のサーバ ソリューションであるAdobe Form Server(旧称:Adobe Accelio Capture ReachForm)、Adobe Workflow Server(旧称:Adobe Accelio Integrate InTempo)、Adobe Central Pro Output Server(旧称:Adobe Accelio Present Central Pro)のラインアップに新たに追加されます。
※日本においては、旧称にて販売を継続します。製品名変更の際は、別途お知らせ致します。

本日発表された新たなアドビのネットワーク パブリッシング ソリューションは、コア ビジネス アプリケーションへの文書ベース プロセスの統合から、エンドユーザによる電子文書の操作と提出にいたる、すべてをオンライン上で可能とした、文書のライフサイクル全体に取り組むものです。本日の発表は、企業顧客のニーズに応えていくというアドビのイニシアチブにおける新たな里程標となります。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、1982年に創立された、米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおくソフトウェア会社です。これまで、法人ユーザおよびクリエイタ向けに様々なソフトウェアを提供し、ネットワークパブリッシングを推進してきました。それらの製品は、豊かな視覚効果にあふれ、魅力的で、信頼度の高いコンテンツの制作、管理、配信を可能にします。アドビ システムズ社は米国を本拠とするパーソナルコンピュータ用ソフトウェア会社です。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。