About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
アドビ製品の緊密な連携で効率的かつ高品質な映像制作をサポートする
新トータルパッケージ製品「Adobe Video Collection 日本語版」を発表

プロフェッショナル向けオーディオ編集新製品「Adobe Audition」を加え
同時発表のアドビデジタルビデオ新製品群とともにパッケージを一新
最新のWindows XP、最新のIntel Pentiumプラットフォームで
生産性の高い映像制作ワークフローを実現


【2003年8月7日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、業務用、放送用の映像制作トータルパッケージ製品「Adobe® Video Collection (アドビ ビデオ コレクション)Professional日本語版 」および「Adobe Video Collection Standard日本語版」を発表しました。両製品はWindows®版のみでの発売となり、Professionalはアドビストア(http://store.adobe.co.jp/)より、またStandardはアドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて、2003年10月下旬の発売を予定しています。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。また、オーディオ編集ツール「Adobe Audition(TM)(アドビ オーディション)英語版」もアドビストアにて発売します。Adobe Video Collection に含まれる製品と価格およびAdobe Auditionの価格は以下の通りです。

Adobe Video Collection Professional 日本語版(Windows版)
製品構成
■ Adobe After Effects® 6.0 Professional 日本語版
■ Adobe Premiere®® Pro 日本語版
■ Adobe Encore(TM) DVD 日本語版
■ Adobe Audition 英語版
■ Adobe Photoshop 7.0日本語版

アドビストア提供価格(消費税、送料別)
■ 通常版 248,000円
Adobe Video Collection Professional 日本語版はアドビストアのみの取り扱いとなります。

Adobe Video Collection Standard 日本語版(Windows版)
製品構成
■ Adobe After Effects 6.0 Standard 日本語版
■ Adobe Premiere Pro 日本語版
■ Adobe Encore DVD 日本語版
■ Adobe Audition 英語版

アドビストア提供価格(消費税、送料別)
■ 通常版 148,000円 (キャンペーン価格:118,000円
■ アカデミック版 72,800円 (キャンペーン価格: 64,800円
※Adobe Video Collection Standard日本語版を購入するユーザを対象にした
2004年1月9日(金)までの発売記念キャンペーン特別価格になります。


Adobe Audition英語版(Windows版)(単体製品)
アドビストア提供価格(消費税、送料別)

■ 通常版 38,000円
Adobe Audition 英語版はアドビストアのみの取り扱いになります。
Cool Edit Pro 1.x / 2.x、およびCool Edit 2000からのアップグレードについては、アドビストアにてお申し込みいただけます。
今回発売されるAdobe Auditionは英語版ですが、日本国内で販売される単体製品およびVideo Collection日本語版ともに、日本語に翻訳された「はじめる前に」が付属します。

Adobe Video Collection は、映画、放送、CF、アニメーション、ゲームといった映像制作において必要とされる、リアルタイムビデオ編集、モーショングラフィックスおよびビジュアルエフェクト、オーディオ編集、DVD オーサリングをサポートするトータルデジタルビデオパッケージです。このCollectionに含まれる製品は、Windowsプラットフォームにおいて相互に高い連携を実現しており、映像制作のスムーズなワークフローを提供します。

Adobe Video Collectionに同梱されているアドビ製品間の緊密な連携により、ユーザは慣れ親しんだユーザインタフェイスと一貫した操作感の中で、ファイルフォーマットの種類を意識することなく、映像制作に取り組むことができます。例えばAdobe Photoshop ファイルを、レイヤー情報を保持したままAdobe After Effects で読み込んでモーショングラフィックスを作成したり、Adobe Premiere Proでテロップとして利用したり、さらにAdobe Encore DVD でメニュー作成に利用することができます。また、マルチトラックレコーディングによる効率的なオーディオ制作ツールであるAdobe Auditionで作成したオーディオファイルは、Adobe Premiere ProプロジェクトやAdobe After Effectsコンポジションへ書き出すことができるほか、Adobe Encore DVDで多言語のインタラクティブDVDをオーサリングすることもできます。

さらに、Adobe After EffectsおよびAdobe Premiere ProはIntel® Pentium® 4のマルチプロセッサおよびハイパー・スレッディング・テクノロジに最適化されており、Windowsプラットフォームのパフォーマンスを最大限に活用することで映像制作ワークフローの生産性を画期的に向上させることができます。

インテル コーポレーション最高経営責任者 クレイグ バレット(Graig Barrett)氏は次のように述べています。「インテルのテクノロジが搭載されているPCは企業内のプロフェッショナルユーザ、デザイナやクリエイタの方々に積極的に選ばれています。ハイパー・スレッディング・テクノロジは、インテルプロセッサテクノロジの代表例の一つで、アドビ システムズ社が開発しているビデオやグラフィックスのソフトウェアのように、PCにとって比較的負荷のかかるアプリケーションを使って仕事をしているプロのユーザへも、編集作業に支障をきたさないパフォーマンスを提供しています。」

マイクロソフト コーポレーション経営最高責任者 スティーブ バルマー(Steve Ballmer)氏は「かつては一部の限られた企業でしか用意できなかった映像制作の環境を、アドビ システムズ社がPCに導入してきたことを大変嬉しく思います。アドビの強力なデジタルビデオ製品は、Windows XPというプラットフォームが、ユーザがデジタル映像を楽しむのに最適なプラットフォームということだけではなく、そういったデジタルメディアコンテンツを制作する人たちにも最適であるということを証明しています」と述べています。

アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長 石井 幹は次のように述べています。「よりハイエンド業務向けに設計されたAdobe Premiere Pro、さらに進化した定番ツールAdobe After Effects に、DVDオーサリングツールのAdobe Encore DVDとオーディオ編集ツールのAdobe Auditionという新製品を加えたAdobe Video Collectionを最新のPentiumテクノロジを搭載したWindows XP のシステム環境で活用いただくことによって、高品質で生産性の高い映像制作業務を実現することができます。今後もインテル株式会社やマイクロソフト株式会社とともにWindowsプラットフォームにおいて映像プロフェッショナルユーザのニーズを満たす、常に進化するビデオソリューションツールを提供していきます。」

Adobe Video Collection日本語版に関する詳しい情報は、以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.co.jp/products/dvcoll/main.html

Adobe Audition英語版に関する詳しい情報は、以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.co.jp/products/audition/

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、1982年に創立された、米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおくソフトウェア会社です。これまで、法人ユーザおよびクリエイタ向けに様々なソフトウェアを提供し、ネットワークパブリッシングを推進してきました。それらの製品は、豊かな視覚効果にあふれ、魅力的で、信頼度の高いコンテンツの制作、管理、配信を可能にします。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。