About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
業務プロセスの設計、管理ソリューション
Adobe Workflow Serverを発表

「人」と「システム」を統合したプロセスをAdobe PDFで
自動化することにより、業務プロセスの効率化を実現


【2003年11月20日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、企業内、企業間の紙ベースで行われてきた業務プロセスの処理ルートを設計、展開し、管理するワークフローソリューション「Adobe® Workflow Server(アドビ ワークフロー サーバ)6.2」を日本で販売開始することを発表しました。Adobe Workflow Serverを用いることにより、顧客は従業員、顧客、パートナーなど、異なる組織の「人」にまたがるプロセスおよび情報のフローの管理が可能となり、ビジネスプロセスを効率化できます。アドビ システムズでは、業務プロセスで定型書式を用いることの多い金融機関、製造業ならびに官公庁などの業種を主なターゲットにしています。Adobe Workflow Server 6.2はアドビ システムズのソリューションパートナー各社を通じて販売され、製品の出荷予定は2004年1月初旬です。

Adobe Workflow Serverは、官公庁の電子決済や承認プロセス、金融機関での申込み、審査、決済業務プロセス、一般企業内での各種稟議、申請業務といった、定型書式を持った主に紙ベースで行われてきた業務プロセスをAdobe PDF(Portable Document Format)を用いてオンライン化、自動化します。見た目も扱いも紙とほぼ同様で、XMLをはじめとする各種データベースとの親和性の高さや、自動計算、エラーチェックなどの入力ロジックの実装など、電子ファイルならではのインテリジェンスを持ち合わせたAdobe PDFが基本となっているため、既存のシステムやインフラストラクチャを大幅に変更することなくワークフローを導入できます。さらに、HTMLベースのフォーム配信も可能なため、デスクトップだけでなく、iモードやPDA等のモバイルデバイスを使ったワークフロー利用も実現します。クライアント側にはWebブラウザや、無償で提供されているAdobe Reader®といったユニバーサルクライアントさえあればワークフローへの参加が可能なため、あらゆるユーザをワークフロープロセスに統合します。また、PDFフォームをメール添付でワークフロー参加者に配信し、オフラインでフォームを利用させることも可能です(※この場合はクライアント環境にAdobe Acrobat®が必要となります)。この機能により、常時接続ができない社外やシステム的に統合できない環境であっても、ワークフローに容易に参加できます。

ワークフローのプロセスルートの設計は、GUIベースで行えます。プロセス設計において条件分岐にも対応しており、例えば、請求書の処理の場合、金額が20万円未満ならば課長決済にまわし、それ以上ならば部長決済にまわすなどのルートを設計できます。

現在、多くの企業には全社規模のデータベースや基幹システムが存在しており、これらの既存システムを活用、再利用したいというニーズは日々高まっています。Adobe Workflow Serverでは、ワークフロー上を流れるデータそのものはXMLベースなため、他のアプリケーションやシステムとの連携が容易であり、また、ERPなどの基幹システムのフロントエンドとしても活用でき、ワークフローのメンテナンス上課題となる人事異動への対応も、ディレクトリサービスや、人事データベースとの連携により、柔軟に対応できます。

アドビ システムズは2003年11月27日(木)、インフォテリア株式会社、NECソフト株式会社と共同で「XMLとPDFで実現するコンテンツ&プロセス連携ソリューションセミナー」(http://www.squarecreate.com/pdfseminar/)を実施します。同セミナーでは、Adobe Workflow Serverをデモを交えてご紹介します。

必要システム構成
Adobe Workflow Designer(プロセス開発環境)
Microsoft® Windows® 2000 Professional(SP3)日本語版、Microsoft Windows XP Professional(SP1)日本語版

Adobe Workflow Server(プロセス実行環境)
Microsoft Windows 2000 Server(SP3)日本語版、Microsoft Windows 2003 Server 日本語版
対応DB:Microsoft SQL Server 2000、Oracle 9i(Windows版のみ)

対応する電子フォーム環境
・ Adobe Form Server
・ ネイティブPDFフォーム(Acrobat 6.0 Professionalで作成したPDFフォーム)
・ Adobe Form Client

Adobe Workflow Serverおよびその他のアドビのサーバ製品の詳細については、http://www.adobe.co.jp/serverをご覧ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、人々のそして企業間のコミュニケーションをより豊かにするために、業界をリードするデジタルイメージング、デザインならびにドキュメント技術のプラットフォームを、一般ユーザ、法人ユーザおよびクリエイティブプロフェッショナル向けに提供しています。アドビ システムズ社の2002年度の売上は10億米ドル超でした。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。