About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
印刷物にもWebにも最適化されたデザインプラットフォームを
提供するAdobe Creative Suite 日本語版を発表

一斉フルバージョンアップで実現したアドビ製品間のより緊密な連携と、
画期的なファイルバージョンマネージャAdobe Version Cueにより、
新しい世代のデザインプラットフォームを提供


【2003年12月4日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、クリエイティブプロフェッショナル向けに新しい世代のデザインプラットフォームを提供する「Adobe® Creative Suite(アドビ クリエイティブ スイート)日本語版(以下Adobe Creative Suite)」(PremiumおよびStandard)を発表しました。Adobe Creative SuiteはWindows®版およびMacintosh®版での発売となり、アドビストア(http://store.adobe.co.jp/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて販売されます。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。製品の発売は2004年1月中旬を予定しています。Adobe Creative Suiteの価格は、以下の通りです。

Adobe Creative Suite Premium 日本語版(Windows版/ Macintosh版)
アドビストア提供価格(消費税、送料別)

■通常版 198,000円
■アップグレード版* 128,000円
■アカデミック版(Premiumのみ) 69,800円
製品構成: Adobe InDesign® CS 日本語版、Adobe Photoshop® CS 日本語版、
Adobe ImageReady® CS 日本語版、Adobe Illustrator® CS 日本語版、
Adobe GoLive® CS 日本語版、Adobe Acrobat® 6.0 Professional 日本語版、Adobe Version Cue™

Adobe Creative Suite Standard 日本語版(Windows版/ Macintosh版)
アドビストア提供価格(消費税、送料別)

■通常版 168,000円
■アップグレード版*   98,000円
製品構成: Adobe InDesign CS 日本語版、Adobe Photoshop CS 日本語版、
Adobe ImageReady CS 日本語版、Adobe Illustrator CS 日本語版、
Adobe Version Cue

* アップグレード版の対象はAdobe Collectionsユーザ(Streaming Media Collection、Video Collection Standardを除く)およびPhotoshop 1.0 〜 7.0ユーザ(Photoshop LE、Photoshop Elements®、Photoshop Album™、Photoshop Elements plus Photoshop Album 2.0を除く)です。

Adobe Creative Suiteは、デザイナのクリエイティブ ワークフロー全体を効率化する新しいデザインプラットフォームを構築するべく開発された製品です。すべての製品(Adobe Acrobat 6.0 Professionalを除く)が、新しいバージョン名「CS」として同時にフルバージョンアップすることで、完全なファイルの互換が実現し、クリエイティブプロフェッショナルは製品間のバージョンの違いによるファイルの互換で苦労することはなくなります。グラフィックエンジン、カラーマネジメント、PDFライブラリといった共通のコアテクノロジーの採用が実現し、製品間の連携も強化されました。Adobe Creative Suiteの新しい世代のデザインプラットフォームを実現する新機能Adobe Version Cueは、制作グループ内での共同作業の実現、ファイルの検索、繰り返し行われるファイルの保存、修正作業の履歴管理を行うためのファイルバージョンマネージャです。

Adobe Version Cueの基本的な機能は、ファイルの管理、ファイルの検索、そしてファイルやプロジェクトの共有です。クリエイティブプロフェッショナルは年間何千何万というファイルを扱いバージョン管理(ファイルの履歴管理)を行っており、作業時間の約10%をファイル管理に費やしているとも言われています。Adobe Version Cueはこのような現状を解決し、デザイナの生産性を向上させ、よりクリエイティブな作業に時間を割り当てることを可能にします。Adobe Version Cueは共同作業を行う制作グループ内で、デザイナに技術的な知識を強要せず、また、複雑なかつ高額なサーバを構築する必要なくコンテンツの共有を容易に行うことができます。また、制作グループ内で使用している個別ファイルのバージョンを管理できます。ファイルの個々のバージョンを管理することにより、制作グループ内で同一のファイルを使って作業する場合でも、他のメンバーが行った作業内容を間違って上書きしてしまうことを未然に防げるようになります。さらに、現在の編集内容を破棄することなく、過去のバージョンを呼び出すこともできます。進行中のファイルはネットワーク上の共有フォルダで管理され、Adobe Photoshop CS、Adobe Illustrator CS、Adobe InDesign CS、Adobe GoLive CSのアプリケーション上から画像のサムネールを使った高速な検索に加え、ファイルに付加されたコメント、キーワード、日付などのXMP情報を使って必要とするファイルを即座に検索することができます。

Adobe Creative SuiteにはAdobe InDesign CSと、Adobe Acrobat 6.0 Professional(Premiumのみ)がパッケージされているため、ドキュメントのレビューと注釈に加え、複雑な印刷前のチェックを簡単、確実かつ迅速に行い、ISO準拠の標準規格であるPDF/Xに直接書き出し、確実に出力できるデータを印刷会社に入稿するというPDFに基づくワークフローが実現できます。

Adobe Creative Suiteは複数のソフトウェア製品で構成されていますが、インストールは、単一のインストーラを用いてワンステップで行えます。アプリケーションをまとめてインストールするか、または個別にインストールするかはユーザが選択できます。また、シリアル番号はAdobe Creative Suiteとしての単一のシリアル番号が提供され、電話によるユーザサポートもこのシリアル番号のみでAdobe Creative Suiteに関するさまざまなサービスを受けられるように配慮されています。そのため、技術的な問題が発生しても常にすみやかな対応が受けられます。

Adobe Creative Suiteには、ワークフロー全体に渡る効率的な作業工程について詳しく解説する100ページ以上におよぶ「デザインガイド」が同梱されており、あらゆるレベルのユーザに対して、デザインワークをサポートする様々な情報を提供します。

アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長である石井 幹は、「Adobe Creative Suiteにより、クリエイティブプロフェッショナルに高品質な制作物を作成できる環境を提供します。Adobe Creative Suiteは、パッケージ製品個々の大幅な機能強化と複数の製品にまたがるワークフローの効率化を実現しています。当社は20年に渡る技術革新と世界中のクリエイタ コミュニティとのパートナーシップを基盤としてきました。そして、このユニークな強みをさらにいかしながら、従来的なソフトウェア企業を超え、クリエイティブプロフェッショナルの未来に向けた新しいデザインプラットフォームを提供する企業となることを目指してゆきます」と述べています。

アドビ システムズは、本日2003年12月4日より2004年1月15日まで、「アドビストア限定Creative Suite先行予約キャンペーン」を実施します。期間中アドビストアにて、Adobe Creative Suiteを予約購入していただいた方の中から抽選で50名様にアドビオリジナルバッグをプレゼントします。さらに、2003年12月4日より2004年2月29日までにアドビストアにてAdobe Creative Suiteを購入された方は、送料が無料になります。

Adobe Creative Suite Premium 日本語版
必要システム構成*

Macintosh版
・ PowerPC® G3、G4、 G5プロセッサ
・ Mac® OS X 10.2.4〜10.2.7およびJava Runtime Environment 1.4.1
・ アプリケーション1つあたり192MB以上のRAM (256MB以上を推奨)
・ 複数アプリケーションの動作には追加のRAMが必要
・ Adobe Version Cueデスクトップサーバの動作には追加のRAM128MBが必要
・ 全てのアプリケーションのインストールには2.205 GB以上の空き容量のあるハードディスクが必要
・ 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(24bitカラー以上を推奨)
・ CD-ROMドライブ
・ Adobe PostScript®プリンタでの出力にはAdobe PostScript Level 2またはAdobe PostScript 3™が必要
・ インターネット接続(推奨)
・ マルチメディア機能を使用するには QuickTime™ 6.3が必要

Windows版
・ インテル® Pentium® IIIまたは4プロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 日本語版、Windows XP 日本語版
・ アプリケーション1つあたり192MB以上のRAM (256MB以上を推奨)
・ 複数アプリケーションの動作には追加のRAMが必要
・ Adobe Version Cueデスクトップサーバの動作には追加のRAM128MBが必要
・ 全てのアプリケーションのインストールには1.820 GB以上の空き容量のあるハードディスクが必要
・ 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
(24bitカラー以上を推奨)
・ CD-ROMドライブ
・ Adobe PostScriptプリンタでの出力にはAdobe PostScript Level 2またはAdobe PostScript 3が必要
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または電話回線
・ マルチメディア機能を使用するには QuickTime 6.3 が必要

* 必要システム構成は、製品出荷前に変更されることがあります。
* Standardのシステム構成についてはインストールに必要なハードディスク容量が、Macintosh版が1.375GB、Windows版が1.6GBとなります。その他の必要システム構成はPremiumと同じです。


Adobe Creative Suite 日本語版に関する詳しい情報は、以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.co.jp/products/creativesuite

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、人々のそして企業間のコミュニケーションをより豊かにするために、業界をリードするデジタルイメージング、デザインならびにドキュメント技術のプラットフォームを、一般ユーザ、法人ユーザおよびクリエイティブプロフェッショナル向けに提供しています。アドビ システムズ社の2002年度の売上は10億米ドル超でした。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。