About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
Webサイトの設計からデザイン、構築、運営、管理にいたる
あらゆる面をサポートするプロフェッショナル向け
Webデザインツールの最新版Adobe GoLive CS 日本語版を発表

強化されたAdobe PDFサポート、高度なCSSオーサリング、
そしてAdobe InDesign CSとの連携強化により新たな次元の
ワンソース マルチユース環境を実現し、GoLive CSとして登場


【2003年12月4日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、Webデザインに関わるクリエイティブプロフェッショナル向けに、Webパブリッシングツールの最新バージョン「Adobe® GoLive® (アドビ ゴーライブ) CS 日本語版」を発表しました。Adobe GoLive CSはWindows®版およびMacintosh®版での発売となり、アドビストア(http://store.adobe.co.jp/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて販売されます。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。製品の発売は2004年1月中旬を予定しています。Adobe GoLive CSの価格は、以下の通りです。

Adobe GoLive CS 日本語版(Windows版/ Macintosh版)
アドビストア提供価格(消費税、送料別)

■通常版 24,800円
■アップグレード版* 12,100円
■アカデミック版 9,200円
*アップグレード版の対象はGoLive 4.0、5.0、6.0ユーザです。
Co-Author™ CD追加ライセンス 11,600円
※Co-Author CD追加ライセンスの受注は製品発売予定の2004年1月中旬より開始致します。但し、アドビストアのみでの販売となります。

Adobe GoLive CSのバージョンは、最新の7.0ですが、製品名よりバージョン番号をとり、Adobe GoLive CSとすることで、Adobe Creative Suiteを構成する製品としての連携感、統一感を図りました。

Adobe GoLive CSは、本日発表されたAdobe Creative Suite 日本語版を構成する主要製品のひとつです。Adobe GoLive CSは、Adobe InDesign® CSの「GoLiveパッケージ」、GoLive Co-Author、また、カスケーディングスタイルシート(CSS)の高度なビジュアルオーサリングとAdobe PDFファイルのサポートの拡張など画期的な機能により、Webサイトのデザインと制作の生産性を大幅に向上させます。CSSに完全対応したことで、業界標準に準拠した強力なビジュアルオーサリング環境を提供します。GoLiveパッケージ機能は、印刷用に作成されたコンテンツをWebで再利用を可能にし、さらに強化されたワンソース マルチユースを実現します。また、GoLive Co-Authorはクライアントサイドでの更新作業を可能にし、Web更新作業効率化させることができます。ターゲットユーザは、Web専門または紙もWeb制作も扱うWeb制作会社、一般企業そして教育機関となります。

Adobe GoLive CSが提供する業界標準に準拠した強力なビジュアルオーサリング環境により、デザイナはCSSエディタによるビジュアルオーサリング環境で最新のWebサイトを簡単に制作することが可能になります。Adobe GoLive CSでは、今回CSSに完全対応するためにソースコード、アウトラインモード、レイアウトモード、ライブレンダリングウィンドウのエンジンをすべて書き換えました。CSS Level2およびCSS-P (Positioning HTML Elements with Cascading Style Sheets)への対応により、表現豊かなWebサイトをテーブルではなくCSSベースでデザインできるようになります。また、ソースコードの自動入力機能が追加され、ユーザはポップアップリストから直接タグをソースコードエディタに取り込み、手入力と同じように記述することができます。Adobe GoLive CSは、Webデザイン製品として唯一、コード、レイアウト、またはCSSに適用した修正をリアルタイムで表示するライブレンダリングウィンドウを提供しています。CSS対応に加えて、Adobe GoLive CSには、QuickTime™ファイルのオーサリング機能も拡張しています。

Adobe GoLive CSは、アドビ製品共通のインタフェイスを採用しているので、Adobe Photoshop®、 Adobe Illustrator®に使い慣れているデザイナはすぐに使いこなせるようになります。また、カラーマネジメントについてもアドビCS製品共通のカラーエンジンAdobe Color Engine(ACE)を搭載しており、ワークフロー全体で効率的なカラーマネジメントを実現します。

Adobe InDesign CSに新たに搭載された「GoLiveパッケージ」機能によって、ワンソース マルチ−ユースが実現しました。デザイナはInDesignファイル上のテキストや画像などのアセットを、GoLive CSに簡単に配置できます。これにより、例えば印刷物とWebを連動させたキャンペーンの作成に必要な時間を大幅に削減できます。また、「スマートオブジェクト」が強化されたことにより、ユーザは、psdファイルの複数レイヤーを1回でWeb用に最適化できるようになり、作業効率が向上しました。

Adobe GoLive CSでは、Adobe PDFサポートを強化し、アプリケーションから直接Adobe PDFを開くことができ、PDF内に埋め込まれたブックマーク(しおり)やリンクの設定、編集が迅速に行えます。また、Adobe PDFプレビューウィンドウを使用して、ページレイアウトやサイト設計図を素早くAdobe PDFに変換し、クライアントレビューのために送付することができます。

Adobe GoLive CSは、Watchfire™の新機能であるWebXACT™との連携が図られており、「WebXACT」パレットを使用して、サイトの品質、プライバシーおよび米国リハビリテーション法第508条とW3Cのアクセシビリティ基準への準拠、その他さまざまな検証を行うことができます。

Adobe GoLive CSに付属しているGoLive Co-Authorは、クライアントサイドで、デザイナがGoLiveで作成したWebページのテキストを変更したり、更新することができるソフトウェアです。GoLive Co-Authorをクライアント側に提供しておけば、簡単な修正はクライアント側で行うことができるため、デザイナはよりクリエイティブな作業に時間を充てることができるようになります。GoLive Co-Authorは、Adobe GoLive CSに1つ付属していますが、1ライセンス単位で追加購入することができます。

アドビ システムズ社 クリエイティブプロフェッショナル製品担当上席副社長のジム ヒーガー(Jim Heeger)は、「Adobe GoLive CSの新機能によって、デザイナが印刷物向けに組んでいたワークフローを迅速にWeb向けに移行させることができ、Webオーサリング作業を進化させます。何百万というWebサイトで利用されているAdobe PDF(Portable Document Format)への対応を強化し、シンプルなPDFワークフローを提供します。また、Adobe GoLive CSは、印刷向けに作成されたコンテンツをWebで使用することができ、ワンソース マルチユース環境を実現しています」と述べています。

Adobe GoLive CS 日本語版
必要システム構成*

Macintosh版
・ PowerPC® G3、G4、G5 プロセッサ
・ Apple® Mac® OS X v.10.2.4 〜 10.2.7 日本語版およびJava Runtime Environment 1.4.1
・ 128 MB 以上のRAM(192 MB 以上を推奨)
・ 200 MB 以上の空き容量のあるハードディスク
・ 1,024 × 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 16 bit 以上のカラー 表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(24 bit カラー以上を推奨)
・ CD-ROM ドライブ
・ マルチメディア機能を使用するにはQuickTime 6.3とQuickTime 3GPPコンポーネントが必要

Windows版
・ インテル® Pentium® III、または4クラスプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft Windows 2000 日本語版(Service Pack 3)、Windows XP 日本語版
・ 128 MB以上のRAM(192MB以上推奨)
・ 200 MB以上の空き容量のあるハードディスク
・ 1,024 × 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 16 bit 以上のカラー 表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(24 bit カラー以上を推奨)
・ CD-ROM ドライブ
・ マルチメディア機能を使用するにはQuickTime 6.3とQuickTime 3GPPコンポーネントが必要

* 必要システム構成は、製品出荷前に変更されることがあります。

Adobe GoLive CS 日本語版に関する詳しい情報は、以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.co.jp/products/golive

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、人々のそして企業間のコミュニケーションをより豊かにするために、業界をリードするデジタルイメージング、デザインならびにドキュメント技術のプラットフォームを、一般ユーザ、法人ユーザおよびクリエイティブプロフェッショナル向けに提供しています。アドビ システムズ社の2002年度の売上は10億米ドル超でした。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。