About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
クリエイティブプロフェッショナルの生産性、効率性を高める
新機能を多数搭載したAdobe InDesign CS日本語版を発表

アドビ製品との連携を強化し、パフォーマンスを大幅に向上し、安定した出力を実現した
クリエイティブプロフェッショナル向けページレイアウトデザインソフトウェアの最新版


【2003年12月4日】

【2003年12月4日】
アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、プロフェッショナル向けレイアウトデザインソフトウェアの最新バージョン「Adobe® InDesign®(アドビ インデザイン) CS 日本語版」を発表しました。Adobe InDesign CSは、Windows®版およびMacintosh®版での発売となり、アドビストア(http://store.adobe.co.jp/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて販売されます。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。製品の発売は2003年1月中旬を予定しています。Adobe InDesign CSの価格は、以下の通りです。

Adobe InDesign CS 日本語版(Windows版/ Macintosh版)
アドビストア提供価格(消費税、送料別)

■通常版 98,000円
■アップグレード版* 25,000円
■アカデミック版 29,800円
*アップグレード版の対象はAdobe InDesign 1.0、2.0 日本語版ユーザです。

Adobe InDesign CSのバージョンは、最新の3.0ですが、製品名よりバージョン番号をとり、Adobe InDesign CSとすることで、Adobe Creative Suiteを構成する製品としての連携感、統一感を図りました。

Adobe InDesign CSは、強力な制作機能を搭載し、柔軟性を高め、また、アドビ製品との連携もより強化され、クロスメディアのサポートを実現しました。さらに、クリエイティブプロフェッショナル向けの画期的な新機能も多数搭載することで、生産性をさらに高め、かつ安全で確実な出力も実現しました。

アドビ システムズ社のクリエイティブプロフェッショナル製品担当上席副社長のジム ヒーガー(Jim Heeger)は、「Adobe InDesign CSは、デザイナが熱望する創造性と、プロフェッショナルパブリッシャーが求める堅牢な制作機能とのバランスのとれた製品です。数年という短い間に、Adobe InDesignは成熟したパブリッシングプラットフォームへと成長し、デザイナ、広告会社、雑誌、新聞、印刷業者はAdobe InDesignを中心にデザインおよびパブリッシング環境を構築しています」と述べています。

生産性、操作性、パフォーマンスの向上を実現
Adobe InDesign CSでは、製品のあらゆる箇所において、生産性、操作性、パフォーマンスの向上が図られています。「ストーリーエディタ」は、統合されたワードプロセッシング機能を備え、複数のテキストフレームやページにまたがる長文テキストを素早く効率的に編集することができます。入力した変更部分はリアルタイムでレイアウトに反映されるほか、スタイルの表示や適用も「ストーリーエディタ」で行えます。また、「先頭文字スタイル」により、複雑なテキストの書式を迅速に適用できます。

また、XML検証のための文書型定義(DTD:Document Type Definition)の組み込みに対応することにより、XMLベースのワークフローとAdobe InDesign CSを統合し、さらに効率的なワークフローを実現します。すなわち、InDesignのデータをXMLに組み込むだけでなく、InDesignに取り込むことができ、自動組版システムを実現することができます。

ワークスペース管理が改善されたことで操作性が向上しました。デザイナは縮小可能なパレット、ワークスペースの保存、コントロールバーを使って、ワークスペースを自分の作業工程に合わせてカスタマイズすることができます。縮小可能なパレットを使用してカスタマイズしたワークスペースは保存でき、いつでも読み込むことができます。「コントロールバー」により、ワークスペース上の一箇所から、テキストの書式設定、オブジェクトの編集、表の細かい調整を素早く行えます。

Adobe InDesign CSでは、パフォーマンスの大幅な向上が図られており、再描画、スクロール、起動時間、Adobe PDFへの書き出し、テキスト配置、画像ファイルの読み込みといったクリエイティブプロフェッショナルが頻繁に使用する操作がより速く行えるようになりました。

安定した出力を実現
Adobe InDesign CSでは、より安定した出力を実現するためのツールが搭載されています。混合インキをサポートしており、2色の特色インキの混合、または特色インキと1色以上のプロセスインキの混合により、今まで画面では表現できなかった「特色を利用した任意の中間色」を使用することができます。それにより、版の数を増やすことなく作品中のカラー数を増やすことができ、コスト削減につながります。

さらに、「分版プレビューパレット」により、クリエイティブプロフェッショナルは、スポットカラー分版とプロセスカラー分版を画面上でプレビューできるため、従来出力を行うまで確認ができなかったミスを事前に回避し、大幅なコストダウンと時間短縮を図ることができます。「分割・統合プレビューパレット」を使用すると、ドキュメントに含まれる透明領域が印刷時や書き出し時にどのように分割および統合されるかを画面上にハイライト表示して確認できるため、出力トラブルを回避できます。また、ISO準拠の標準規格であるPDF/Xに直接書き出しできるため、誰もが確実な出力を簡単に行えるようになりました。

斬新なアイデアをそのままページに反映
新たに搭載された「線種エディタ」はストライプ線、点線、破線の線種をプリセットから選択し下線、打ち消し線、境界線に適用するだけでなく自由にカスタマイズすることもできます。また、Adobe InDesign CSでは、表のヘッダとフッタの設定機能についても、効率性が向上しています。一度設定すると、リンクされた複数のテキストフレーム内の表に対して自動的にヘッダまたはフッタが追加されます。

アドビ製品との連携による効率的なワークフロー
Adobe InDesign CSは、Adobe Creative Suiteに含まれる他の構成製品との緊密な連携およびAdobe Graphic Manager(AGM)、Adobe Color Engine(ACE)、PDFライブラリなど共通のコアテクノロジの採用により、デザインワークフロー全体の生産性を大きく向上させることができます。Adobe InDesign CSでは、Adobe PDFサポートを強化したことで、作成したコンテンツをオリジナルファイルに施されたレイヤー付きでPDF1.5形式に書き出すことができます。Adobe InDesign CSでは、ダブルトーンや特色カラーを含んだAdobe Photoshop®ファイルの配置と印刷を行うことができるほか、「GoLive®パッケージ」により、Adobe InDesign CSで作成したコンテンツをWeb用に再利用することができ、制作時間を大幅に削減します。

Adobe InDesign CS 日本語版
必要システム構成*

Macintosh版
・ PowerPC® G3、G4、G5プロセッサ
・ Mac® OS X v.10.2.4 〜 10.2.7 日本語版
・ 128 MB以上の RAM(256MB以上推奨)
・ 250MB以上の空き容量のあるハードディスク
・ 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 256色以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(24bitフルカラー、高解像度ディスプレイを推奨)
・ CD-ROMドライブ
・ Adobe PostScript®プリンタでの出力には、Adobe PostScript Level 2またはAdobe PostScript 3™が必要
・インターネット接続(推奨)
・ マルチメディア機能を使用するにはQuickTime™ 6が必要

Windows版
・ インテル® Pentium® IIIまたは4クラスプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 日本語版、Windows XP日本語版
・ 128 MB以上のRAM(256MB以上推奨)
・ 185MB以上の空き容量のあるハードディスク
・ 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 256色以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(24bitフルカラー、高解像度ディスプレイを推奨)
・ CD-ROMドライブ
・ Adobe PostScriptプリンタでの出力には、Adobe PostScript Level 2またはAdobe PostScript 3が必要
・ インターネット接続(推奨)
・ マルチメディア機能を使用するには QuickTime 6が必要

* 必要システム構成は、製品出荷前に変更されることがあります。

Adobe InDesign CS 日本語版に関する詳しい情報は、以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.co.jp/products/indesign

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、人々のそして企業間のコミュニケーションをより豊かにするために、業界をリードするデジタルイメージング、デザインならびにドキュメント技術のプラットフォームを、一般ユーザ、法人ユーザおよびクリエイティブプロフェッショナル向けに提供しています。アドビ システムズ社の2002年度の売上は10億米ドル超でした。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。