About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社
XMLとPDFに基づいた電子フォームを設計する
新ソフトウェアのパブリックベータ版を提供開始

PDF形式のインテリジェントなドキュメントを簡単に作成、
活用する強力なツールAdobe Designer

【2004年3月9日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2004年3月8日)(NASDAQ:ADBE)Adobe Systems Incorporated(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ 以下アドビ システムズ社)は本日、Adobe® PDF(Portable Document Format)形式もしくはHTML形式のインテリジェントなフォーム(定型書式)を設計、活用するための、GUIベースのXMLフォーム設計ツール「Adobe Designer」のパブリックベータ版配布を開始したと発表しました。Adobe Designerを用いることで、企業や組織は、フォームに基づくワークフローの自動化や、ビジネスに不可欠な情報へのアクセスの高速化を実現する、Adobeドキュメント サービスを用いたソリューションを構築することが可能となります。

カリフォルニア大学バークレー校、School of Information Management and Systemsのロバート グルシュコ(Robert Glushko)博士は、「Adobe Designerは、企業や組織がWebサービスやXMLへ移行することを支援します。Adobe Designerでは、XMLスキーマに基づいたフォーム要素をドラッグ&ドロップで取り入れることが可能なため、XMLとの新たなデータ接続が、わかりやすく直観的な方法で行えます。Adobe Designerを用いれば、比較的初心者であっても、インタラクティブで、プロが作成したのと遜色ないフォームを作成し、それをバックエンドのシステムに接続させることができます」と、述べています。

Adobe Designerは、エンタープライズ内でインテリジェントなドキュメントの生成、共同作業、処理、セキュリティを実現するためにアドビ システムズ社が提供するIntelligent Document Platformを構成する製品です。Adobe Designerは、既存フォームからの情報の取り込み、フォーム テンプレート上でのビジネスロジックの定義といった、フォームを正確に設計するためのあらゆる機能を備えています。フォームの設計者は、フォーム内のデータを、XML、OLEDBおよびWebサービスを通じて簡単にコア エンタープライズ システムに統合することができます。加えて、Adobe Designerは、安全な電子的取引を促進する電子署名技術を取り入れたフォームを設計することが可能です。

Adobe DesignerはデスクトップPCで利用するソフトウェアで、複数の形式に配信するためのXMLフォームのテンプレートを設計できると同時に、ユーザが、PDFやMicrosoft® Wordといった形式の既存のフォームを取り込む、あるいはそれらに新たなインテリジェンスを付加することも可能です。Adobe Designerで作成したフォームは、入力されたデータ量に応じて自動的に記入欄のサイズを変更したり、入力されたデータに応じて必要なだけの入力欄を表示したりすることができます。例えば、個人がローン申請を行う際には、その個人の条件にあった記入欄のみが表示されるようになります。このようなインテリジェントなフォームは、一般的なWebブラウザ、Adobe Acrobat®もしくは広く普及しているAdobe Reader®で表示、利用することができます。

アドビ システムズ社 Intelligent Document Business Unit シニア バイス プレジデントのアイヴァン クーン(Ivan Koon)は、「エンタープライズ アプリケーションへの投資を完全に実質化するためには、企業や組織は、そのアプリケーションの活用範囲を、セキュアな情報の取り込み、交換、そして追跡が可能なプロセスにまで拡大する必要があります。この課題に応えるため、Adobe Designerは、柔軟性に富んだ、インテリジェントなドキュメントを生成するためにXMLを活用し、エンドユーザにはダイナミックなインターフェイスを提供します。同時に、PDFを通じた効率の良い、信頼性の高い、セキュアな情報交換を可能とすることでインタラクティブなデータのキャプチャとビジネス コラボレーションを実現します」と、述べています。

Adobe Designerは、アドビ システムズ社が提供する他のドキュメント サービスと組み合わせることで、企業や組織がコア システムを拡大し、社内外を相手としたビジネス プロセスを簡単に自動化することを可能とします。出金伝票や購買請求書のような社内書式から、申請書や請求書のような社外文書まで、アドビのソリューションはエンタープライズがPDFとXMLのパワーを利用し、インテリジェントなドキュメントをIT環境に統合することを可能とします。

Adobe DesignerはMicrosoft Windowsに対応しており、米国における価格、販売開始時期等の詳細は、2004年中頃に発表される予定です。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、人々のそして企業間のコミュニケーションをより豊かにするために、業界をリードするデジタルイメージング、デザインならびにドキュメント技術のプラットフォームを、一般ユーザ、法人ユーザおよびクリエイティブプロフェッショナル向けに提供しています。アドビ システムズ社の2003年度の売上は10億米ドル超でした。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。