About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ、Adobe ReaderとPDFをデジタル家電機器対応へ拡大

アドビの新たなLinux対応Adobe Readerが、
ソニーのカー ナビゲーション システムにバンドルされ、
車内で多様なPDFコンテンツの閲覧を可能に

【2004年6月10日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2004年6月10日)(NASDAQ:ADBE)Adobe Systems Incorporated(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ 以下アドビ システムズ社)は本日、デジタル家電機器向けLinux®プラットフォームにユビキタスな無償閲覧ソフトAdobe® Reader®とユビキタスなファイル形式であるAdobe PDFが対応したと発表しました。このデジタル家電機器向けLinux対応のAdobe Readerは、まずソニー株式会社が最初に、本日より発売開始となる日本市場向けHDD AV Naviシステム「XYZシリーズ」にバンドルされます。

本日の発表に伴い、世界中の人々はパソコンを用いることなくAdobe PDFで提供される情報にアクセスする新しい方法を手に入れることになります。デジタル家電機器向けLinuxベースの機器を使用することにより、ユーザは、どの機器で受け取るかにかかわらず、製作者の意図したとおりの体裁を再現するAdobe PDFの優れた汎用性とインテリジェンスを活用することが可能となります。

Adobe Readerとソニーの「XYZシリーズ」を組み合わせることで、自動車に乗っている間もガイドブック、デジタル写真やマルチメディアなどの多種多様なAdobe PDFコンテンツを閲覧し、取り扱うことが可能となります。

ソニー株式会社IT&モバイルソリューションズネットワークカンパニー社長の木村 敬治氏は、「ソニーの新しいHDD AV Naviシステム「XYZシリーズ」のインターネット接続機能によって、ユーザの皆様は車の中で豊富なインターネットコンテンツを楽しむことができるようになります。このほど、デジタル家電機器向けLinux対応のAdobe Readerが開発されたことにより、当社のNaviシステムのユーザの皆様は電子文書のデファクト・スタンダードとも言えるAdobe PDF形式のファイルを閲覧することができ、当社Naviシステムのポテンシャルを飛躍的に向上させるものと期待しています」と述べています。

アドビ システムズ社の社長兼CEOであるブルース チゼン(Bruce Chizen)は、「ソニーと、Adobe Readerの利用市場を更に拡大し、Adobe PDFのベネフィットをオープンプラットフォームの世界に提供できたことを嬉しく思います。ソニーはデジタル家電機器市場で比類なきリーダーシップを持っており、彼らの支持を受けたこの新しいデジタル家電機器対応Linuxは無限の可能性を持つプラットフォームとなっています。当社とソニーの協力により、PDFの真価がより幅広い方々に提供できるようになりました」と述べています。

デジタル家電機器向けLinuxでPDFファイルにアクセスするために、ユーザは広く普及しているPDF閲覧と操作をするツールであるAdobe Readerを使用することになります。アドビ システムズ社は1993年の発表以来、全世界で5億本を超えるAdobe Readerを配布してきました。Adobe Readerは現在、Windows®、Mac OS®、UNIX®、Linux、Palm OS®、Pocket PC、Symbian OS®など、様々なデスクトップ機器およびモバイル機器向けのオペレーティングシステムに対応しています。

Acrobat Readerを含むAdobe Acrobat 6.0製品ラインアップのより詳しい情報は英語版http://www.adobe.com/products/acrobat/main.html、日本語版http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/main.htmlでご覧いただけます。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、人々のそして企業間のコミュニケーションをより豊かにするために、業界をリードするデジタルイメージング、デザインならびにドキュメント技術のプラットフォームを、一般ユーザ、法人ユーザおよびクリエイティブプロフェッショナル向けに提供しています。アドビ システムズ社の2003年度の売上は12億米ドル超でした。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。