About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
Adobe Acrobatの導入により、シスコシステムズ社が
文書プロセスの効率化を加速


先進性が認められているシスコシステムズ社法務部門が
AcrobatとAdobe PDFを活用して、より迅速で正確な契約業務を実現

【2004年12月14日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2004年12月13日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ 以下アドビ システムズ社)は本日、シスコシステムズ社が、これまで以上に安全な文書ベースの業務プロセスを実現するためにAdobe® Acrobat®を導入したと発表しました。今回の導入によりシスコシステムズ社は、さらに安全な文書ベースのプロセスの実現、同社の従業員の生産性向上、ならびに外部とのコミュニケーションの向上を目指しています。法務関連業務の自動化において先駆的な存在であるシスコシステムズ社の法務部門では、契約締結の最終処理プロセスを簡単に、そして迅速に行うためにAdobe Acrobatと、ユビキタスなAdobe PDF(Portable Document Format)フォーマットを導入しました。

シスコシステムズ社では、Adobe Acrobatの導入によって、文書ワークフローの簡素化に加えて、従業員による顧客や取引先とAdobe PDF形式での文書共有が可能になりました。これによって、文書に施される全ての正式な修正や変更の履歴の管理が可能になるばかりでなく、最終文書が配布される前に不正に変更が加えられることを防止できるようになりました。また、Adobe Acrobat Professional版のフォーム作成機能を活用して、Web上に入力フォームを掲載することにより、部署内でのデータの収集にも役立てています。

シスコシステムズ社 リーガルビジネスサービスのマネージャーであるMichael Stevens(マイケル・スティーブンス)氏は、「Acrobat Professionalやその他のアドビ社製品を活用して社内の文書による業務プロセスを改善することによって、プロジェクトをこれまで以上に迅速、かつ正確に進行させることが可能となりました。シスコシステムズの法務部門では独自のオンライン ツールを多数開発し、利用してきましたが、アドビのソリューションはこうした既存のシステムに対しても親和性が高いため、統合はとてもスムーズに完了することができました」と述べています。

シスコシステムズ社の法務部門では、膨大な契約書類の取り扱いにAdobe Acrobatを活用することにより、顧客に対して契約記録を電子的に提供することが可能になりました。契約記録の電子的な提供を実現したことにより、紙による契約書を提示する回数を低減させるとともに、機密性の高い契約情報の取り扱いに要する時間を短縮することができました。加えて、シスコシステムズ社の法務部門は、画像やグラフィックの編集にAdobe Photoshop®を採用しています。社内のメディア チームはAdobe Photoshopを使用して、グラフィックを組み込んだ高度なプレゼンテーションやビデオ・オン・デマンドでのトレーニング資料を作成、活用しています。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、人々と企業のコミュニケーションをより豊かにするために、業界をリードするデジタルイメージング、デザインならびにドキュメント技術のプラットフォームを、一般ユーザ、クリエイティブプロフェッショナルおよび法人ユーザ向けに提供しています。アドビ システムズ社の2003年度の売上は12億米ドル超でした。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。