About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
Webおよびモバイルコンテンツのための
次世代オーサリングツールAdobe GoLive CS2 日本語版を発表


革新的なCSSレイアウトツールおよび オープンスタンダードに準拠した
モバイルオーサリングをサポート
Adobe Creative Suite 2との緊密な統合により、
Webおよびモバイル機器向けデザインの新時代へ

【2005年6月7日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、Webコンテンツおよびモバイルコンテンツのためのパワフルなオーサリングツール「Adobe® Golive® CS2 日本語版」を発表しました。同製品は、単体ソフトウェアとして、また同日発表のAdobe Creative Suite 2 日本語版(詳細はAdobe Creative Suite 2 日本語版発表プレスリリースをご参照ください)の構成製品としても提供されます。Adobe GoLive CS2は、革新的なCSSレイアウト機能を備え、オープンスタンダードのサポートとAdobe Creative Suite 2との緊密な統合により、充実したモバイルコンテンツ制作環境を実現します。Adobe GoLive CS2を活用することで、WebデザイナやWebデベロッパは、最新のモバイル機器に最適なコンテンツの制作、管理、および更新にスムーズに対応することができます。

Adobe GoLive CS2 日本語版はMacintosh®版およびWindows®版ともに、2005年7月上旬より、アドビストア(http://www.adobe.co.jp/store/)および全国のアドビ製品取扱い会社を通じて購入することができます。アドビストアでは、Adobe GoLive CS2 日本語版の予約受付を本日より開始します。また、アドビストアでのダウンロード販売も7月上旬から開始予定です。

アドビストア提供価格(税込み、送料別)
Adobe GoLive CS2 日本語版 (Macintosh版/Windows版)
■ 通常版 26,040円 (本体価格 24,800円)
■ アップグレード版※ 12,705円 (本体価格 12,100円)
■ アカデミック版 9,660円 (本体価格 9,200円)
※アップグレード版購入対象者は、Adobe GoLive 6.0 ‾ CS 日本語版登録ユーザです。

なお、大規模な導入をお考えの方にお得なアドビライセンスプログラムをご用意しております。詳細はwww.adobe.co.jp/aooをご参照ください。

アドビ システムズ社 社長兼最高執行責任者シャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)は次のように述べています。「Adobe GoLive CSは、Web向けに配信可能なものと、モバイル向けにオーサリング可能なものとの間の隔たりをなくすことで、異なるメディアに対応する、最先端のクロスメディアコンテンツオーサリングツールとなりました。Webの未来を牽引するのは、グラフィックを駆使したインターネットサービスを求める無数のモバイル機器ユーザであり、このコンテンツ革命の中核を担うのがAdobe GoLiveなのです」

革新的なビジュアルCSSオーサリング
Adobe GoLive CS2は、簡潔かつ効率的なCSSコードを自動生成する一方で、視覚的なCSSデザイン環境を提供する新しい強力なツールでCSSの可能性を最大限に拡げます。あらかじめ設定された拡張可能なCSSブロックオブジェクトをWebページにドラッグ&ドロップして、手間のかかるCSSリキッドデザインも簡単に作成することができます。また、新しいレイヤーツール、レイアウトグリッドツール、およびテキストボックスツールを使って、CSSベースのレイヤーとテキストボックスをインタラクティブに配置したりサイズを変えたりすることもできます。先進的なレイアウトグリッド、レイアウトテキストボックス、レイヤーのオブジェクトはすべて、デフォルトでCSSベースのレイアウトを生成します。

オープンスタンダードに準拠したモバイルオーサリング
Adobe Golive CS2はモバイル機器に対応するために、オープンスタンダードに準拠した包括的なモバイルオーサリングツールを搭載しており、モバイル機器向けレイアウト(CSS、XHTML)、マルチメディアと双方向性(SVG、SVG-t)、ビデオ(3GPP、MPEG-4)をサポートしています。SVG-t1.1および1.2をサポートする新しいSVG-tエディタを使えば、Adobe Illustrator® CS2などのアプリケーションで作成されたSVG-tファイルを利用し、SVGエレメントとそのソースコードを素早く選択し、さまざまな双方向性を持たせることができます。

Adobe GoLiveは堅牢なMMSメッセージング開発環境を備えています。またAdobe GoLiveでは、Sony-Ericsson社とNokia社製の端末向けに、コンテンツをプレビューできる柔軟なデバイスエミュレーション機能が搭載されていますが、他社メーカーのモバイル機器をサポートするための拡張も簡単に行うことができます。ライブレンダリングエンジンには、Web向けに開発されたコンテンツがモバイル機器上の表示をプレビューできる新しいオプションとして、スモールスクリーンレンダリング機能が搭載されています。日本市場に向けては、株式会社ACCESSのNet Front Mobile Content ViewerをAdobe GoLive CS2にバンドルします(Windows 版のみ)。これにより、ACCESSの情報家電向けブラウザNetFrontの表示をGoLive CS2内で正確にエミュレートが可能となり、NetFront用に開発したコンテンツのチェックが簡単に行うことができます。

Adobe Creative Suite 2との緊密な統合
Adobe GoLive CS2を活用することで、Web向け印刷用コンテンツの再利用をこれまで以上に簡単に行うことができます。デザイナは、まずAdobe InDesign® CS2で印刷用コンテンツをパッケージした後、Adobe GoLive CS2で開き、プレビューし、最適化し、それからXHTML Webページとして自動エクスポートすることが可能です。また、このようなコンテンツを再利用したWebデザインに、さらにAdobe GoLive CS2で手を加えて、サイト管理を行うことができます。スマートオブジェクトサポートも拡張され、「お気に入り」アイコン(ファビコン)を、簡単に作成することができます。「お気に入り」アイコンはWebサイトのブランドを強調するために使われる、Webブラウザの「お気に入り」または「ブックマーク」メニューで、ページのタイトルとともに表示されるイメージです。さらに、Adobe GoLive CS2には生産性を向上させ、イメージを膨らませ、ひらめきを得るためのハブとなるAdobe Bridgeも搭載されています。さまざまなマルチビューのファイルブラウジングと、Adobe Creative Suite2の構成製品すべてにわたってのスムーズなインテグレーションを提供します。また、Adobe Bridgeからロイヤリティフリーの広範なストックフォトを直接Webやモバイルのオーサリングワークフローに組み込むAdobe Stock Photos(詳細はAdobe Stock Photos発表プレスリリースをご参照ください)へアクセスすることができます。

必要システム構成
Macintosh版
・ PowerPC® G3、G4、G5プロセッサ※
・ Mac OS® X v.10.2.8 ‾ 10.4 (10.3.4 ‾ 10.4を推奨)
・ 192 MB以上のRAM (256MB以上を推奨)
・ CD-ROMドライブ
・ 700MB以上の空き容量のあるハードディスクドライブ
・ 1024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー 表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(24bitカラー以上を推奨)
・ マルチメディア機能を使用するにはQuickTime 6.5 が必要
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または電話回線
・ Adobe Stock Photosや付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続
※ PowerPC G5にはMac OS X 10.3以上が必要です

Windows版
・ インテル® Pentium® IIIまたは4クラスプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft® Windows 2000 日本語版Service Pack4 、またはWindows XP(Service Pack 1または2)
・ 192 MB以上のRAM (256MB以上を推奨)
・ CD-ROM ドライブ
・ 700MB以上の空き容量のあるハードディスクドライブ
・ 1024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー 表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(24bitカラー以上を推奨)
・ マルチメディア機能を使用するにはQuickTime 6.5 が必要
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または電話回線
・ Adobe Stock Photosや付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、効果的で信頼性の高いデジタルコンテンツを製作、管理、配信するためのソフトウェア ソリューションを提供する世界有数の企業です。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。