About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
編集ワークフローにおけるコラボレーションを
強力にサポートするAdobe InCopy CS2 日本語版を発表


画期的な割り当てベースのワークフローにより複数ユーザによるドキュメント制作を実現
グラフィック機能により編集とデザインのグループ間での洗練されたコラボレーションを実現

【2005年6月7日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、プロフェッショナル向けライティングおよび編集ソフトウェア「Adobe® InCopy® CS2日本語版」を発表しました。Adobe InCopy CS2は、同日発表のAdobe InDesign® CS2 日本語版と緊密に連携し、小規模な制作チームのための共同編集ワークフローを効率化し、より強化します。またアドビ システムズ社は、Adobe InCopy CS2をシステムインテグレータおよびサードパーティデベロッパ向けにライセンス提供し、中規模から大規模ワークグループ向けのより高度な編集ソリューションの開発を支援します。

Adobe InCopy CS2 日本語版はMacintosh®版およびWindows®版ともに、2005年7月上旬 8月中旬*1より、アドビストア(http://www.adobe.co.jp/store/)および全国のアドビ製品取扱い会社を通じて購入することができます。アドビストアでは、Adobe InCopy CS2 日本語版の予約受付を本日より開始します。 また、アドビストアでのダウンロード販売も7月上旬 8月中旬*1から開始予定です。(*1 2005/07/05訂正)

アドビストア提供価格(税込み、送料別)
Adobe InCopy CS2 日本語版 (Macintosh版/Windows版)

■ 通常版 20,790円 (本体価格  19,800円)
■ アカデミック版 9,345円 (本体価格  8,900円)*2(*2 2005/07/05訂正
※ Adobe InCopyは、Creative Suiteには含まれません。

なお、大規模な導入をお考えの方にお得なアドビライセンスプログラムをご用意しております。詳細はwww.adobe.co.jp/aooをご参照ください。

Adobe InCopy CS2は、画期的な割り当てベースのワークフローを実現します。これにより単独あるいは複数の編集者とデザイナが、並行して、InDesignファイルのおのおの別々の部分の作業を各自進めることができ、しかも互いの変更内容を上書きしてしまう心配はありません。グラフィックコントロール機能と編集機能により、強力なコラボレーション ワークフローを構築することができます。また、Adobe InCopy CS2とAdobe InDesign CS2を併用することで、デザイナと編集者の間のレビューおよび改訂のサイクル数を減らし、原稿の編集管理をより確実なものにすることができるため、結果として、出版物の市場投入を早めることができます。

コンデナスト社のGQ誌やGruner+Jahr社のCapital誌、Metro Newspapersなどの有力な雑誌および新聞で使用されているK4 Publishing Systemを開発したSoftCare社のマネージング ディレクタ Andreas Schrader氏は、次のように述べています。「InCopy CS2は画像やアートワークの配置や拡大縮小能力、極めて堅牢なINXフォーマット対応などの革新的な機能を備えており、当社の顧客は出版ワークフロー全体で一段と効果的な共同作業を行うことができます。InCopy CS2に搭載されている拡張機能は、顧客が編集プロセスを迅速化し、出版物の制作作業全体の効率や品質を高めるのに役立つでしょう」

マルチユーザ ワークフローによりドキュメント コラボレーションが向上
Adobe InCopy CS2を導入することでライターや編集者は、Adobe InDesign CS2を使用するデザイナとの共同作業をより効率的に行うことができます。Adobe InCopyのLiveEditプラグインは、小規模ワークグループ向けに効率的なファイルのチェックイン/チェックアウト システムを提供します。割り当て機能により編集プロセスが簡素化され、デザイナは編集者がアクセスできるコンテンツ、例えばページ内の個別フレーム、あるいは複数の見開きページやInDesign文書全体に至るまでを割り当てることができます。また、一つのInDesign文書に含まれる複数の記事を、それぞれを異なる編集者に割り当てることもでき複数のユーザによる真の編集コラボレーションが実現します。

デザイナは編集者に、画像やアートワークの配置、拡大縮小、トリミング、回転を行うことができるフレームを割り当てて、編集者にグラフィックをレイアウトしてもらうこともできます。また、Adobe InCopy CS2内でWord文書を開いて編集し、RTFファイルとして保存することができるので、編集者はMicrosoft® Word®を使用する執筆者との共同作業をより効率的に行うことができます。

編集ワークフローの効率化により締め切り厳守の編集作業をサポート
Adobe InCopy CS2は、編集作業を迅速にする多くの拡張機能を備えています。テキストをドラッグ&ドロップできるほか、テキストをある領域から別の領域に移動させる場合でも、フォーマットを適用せずにペーストすることができるため、手作業による再フォーマットは不要になりました。テキストマクロを使えば、例えばWHでWhite Houseを表示するといったコードを取り込んでスペースバーで登録されるといったように、使用頻度の高い語句を短縮登録し、テキストの入力スピードを上げることができます。また、複数のユーザ辞書にリンクして、単語リストをインポートおよびエクスポートできるので、ユーザ同士で簡単に交換することができます。個々の割り付けは編集者が管理することができ、レイアウトがまだ作成中の段階にあっても、割り付け領域を定義できます。また、レイヤの表示/非表示を切り替えることができるため、特定のコンテンツの複数のバージョンの表示、編集を容易に行うことができます。

必要システム構成

Macintosh版
・ PowerPC® G3、G4、またはG5 プロセッサ ※
・ Mac OS X v.10.2.8‾10.4日本語版(10.3.4‾10.4を推奨)
・ 192MB以上のRAM(256MB以上を推奨)
・ 500MB以上の空き容量のあるハードディスク
・ 1024 × 768 以上の解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
・ CD-ROMドライブ
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または電話回線
※ PowerPC G5にはMac OS X 10.3以上が必要です

Windows版
・ インテル® Pentium® IIIまたは4 クラスプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft Windows 2000(Service Pack 4)日本語版、またはWindows XP (Service Pack 1、2)日本語版
・ 192MB以上のRAM(256MB以上を推奨)
・ 500MB以上の空き容量のあるハードディスク
・ 1024 × 768 以上の解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
・ CD-ROMドライブ
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または電話回線

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、効果的で信頼性の高いデジタルコンテンツを製作、管理、配信するためのソフトウェア ソリューションを提供する世界有数の企業です。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。