About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ、
革新的なクリエイティブ機能により高品質なDVD制作を実現する
Adobe Encore DVD 2.0を発表


フローチャートビュー、スライドショー エディタ、Adobe Photoshopとの優れた連携機能を搭載
新しいワークフローにより、DVD制作を簡素化

【2006年1月18日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg) 以下、アドビ システムズ)は本日、DVD オーサリングのプロフェッショナルデザインツールAdobe® Encore® DVDの最新版Adobe Encore DVD 2.0日本語版(Windows®版)を2月3日(金)から、アドビストア(http://www.adobe.co.jp/store/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて提供すると発表しました。アドビストアでは、Adobe Encore DVD 2.0 日本語版の予約受付および先行予約キャンペーンを本日より開始します。また、アドビストアでは2006年1月18日(水)から2月2日(木)、Adobe Production Studio(詳細は、Adobe Production Studio 日本語版発表プレスリリースをご参照ください)の発表を記念して合計500名にアドビオリジナルモデルのポータブルハードディスクやUSBメモリが当たる先行予約キャンペーンを実施します。詳しくはhttp://www.adobe.co.jp/store/video/にてご確認ください。

Adobe Encore DVD 2.0は、新たに搭載されたのスライドショーエディタ、フローチャートビュー、チャプターメニューの自動生成、およびロイヤルティフリーのテンプレートとアートワークによりDVD制作ワークフローを簡素化することにより、生産性を向上させることができます。新しいクリエイティブツールと全く新しくなった柔軟なインタフェイスに加え、最新版ではDVDオーサリングにおいて広く使用されているソフトウェアAdobe Photoshop® CS2との連携がさらに強化されています。Adobe Encore DVD 2.0は単体ソフトウェアとして、また本日発表の統合ポストプロダクションソリューションAdobe Production Studioの構成製品としても提供されます。

さらに、アドビ システムズ は、Adobe Production Studioの発表を記念して、2月14日(火)より全国5都市(福岡、大阪、名古屋、札幌、東京)でAdobe Encore DVD 2.0を含むユーザ向け新製品セミナー「Adobe Production Studio Debut! セミナー -アドビ ビデオ&オーディオ新製品とワークフロー- 」を開催いたします。詳細は、http://www.adobe.co.jp/videoday2006をご参照ください。

アドビストア提供価格(税込み、送料別)
Adobe Encore DVD 2.0 日本語版(Windows版)

通常版 45,150円 (本体価格43,000円)
アップグレード版 14,700円 (本体価格14,000円)
購入対象:Encore DVD日本語版の正規登録ユーザ
アカデミック版 16,800円 (本体価格16,000円)

なお、大規模な導入をお考えの方にお得なアドビライセンスプログラムをご用意しております。詳細はhttp://www.adobe.co.jp/aooをご参照ください。

アドビ システムズ社 プロダクトマネジメント Web & ビデオソリューション担当バイスプレジデント ジム ジェラルド(Jim Guerard)は、「Adobe Encore DVD 2.0により、当社におけるビデオおよびオーディオのポストプロダクション ソリューションは完成し、緊密に統合されたオーサリング環境が実現します。ワークフローの効率化とAdobe Photoshop®、Adobe After Effects®、Adobe Premiere® Proなどの主要ソフトウェアとの連携強化により、映像プロフェッショナルはAdobe Encore DVDを用いて創造性を最大限に発揮したDVDを制作することができます」と述べています。

創造性豊かなDVDを手軽に制作
Adobe Encore DVD 2.0には、創造性あふれるDVDを容易に制作するための機能が多数搭載されています。新機能のスライドショー エディタでは、全く新しいインタフェイスを使用してダイナミックなスライドショーを容易に作成することができます。例えば、ナレーションやBGMを入れてスライドショーを引き立たせたり、トランジションエフェクト、パンエフェクトやズームエフェクトなどを追加することができます。このスライドショー エディタでは、スライドの名称と説明を使用して自動的にサブタイトルを作成することができます。

Adobe Encore DVD 2.0には、DVDプロジェクトを効率よくグラフィッカルに表示することができる、全く新しいフローチャートビューが加わりました。フローチャートはナビゲーション定義からオーサリング、最終的な品質チェックまで、DVD制作のどの段階でも使用することができます。ナビゲーションリンクはドラッグ&ドロップによって簡単に作成、変更できるほか、革新的なレイアウト機能によりフローチャートの内容を分かりやすく整理して表示することができます。

Adobe Encore DVD 2.0は、Adobe After EffectsおよびAdobe Premiere Proとの連携がさらに強化されました。多様なプロフェッショナルなポストプロダクション環境にも容易に組み込むことができ、高品質なDVDを制作することができます。Adobe Encore DVD 2.0は、Adobe Photoshop CS2と完全に統合された唯一のDVDオーサリングのデザインツールです。

他のアドビ製品との高度な連携により生産性を飛躍的に向上
Adobe Encore DVD 2.0は、DVD制作時間を短縮するチャプターメニューの自動作成機能が搭載されています。これにより、高品質なDVD制作に必要となる、クリエイティブなデザインワークに、より多くの時間を割くことができるようになります。Adobe Encore DVD 2.0のユーザ インタフェイスは、ウィンドウの配置に関して全く新しいシステムを採用しています。ワークスペースパネルをドッキングしたりグループ化することにより、ユーザの作業スタイルに合わせてデスクトップ画面を整えることができます。この新しいユーザ インタフェイスは、アドビ システムズの他の新しいビデオおよびオーディオ製品にも採用されており、ビデオやオーディオ制作者向けに、統一された制作環境を提供しています。

Adobe Encore DVD 2.0には、ビデオファイルやオーディオファイル、画像ファイルを閲覧、整理するためのファイル ブラウザAdobe Bridgeが搭載されました。Adobe BridgeはXMPメタデータを使用してファイルに関する詳細な情報を提供するほか、強力な検索機能も備えています。また、簡単に制作を開始できるよう、Adobe EncoreのDVDメニューが大幅に拡充されています。新しいメニューの多くは背景にグラフィックが使用されています。4GBを超えるロイヤルティフリーで自由にカスタマイズ可能なアートワークも同梱されています。

Adobe Encore DVD 2.0 日本語版の詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.co.jp/products/encore/main.html

必要システム構成
Adobe Encore DVD 2.0 日本語版(Windows版)
・ インテル® Pentium® 4 1.4GHz 以上のプロセッサ
・ Microsoft® Windows XP日本語版Service Pack 2
・ 512MB 以上のRAM(1GB 以上を推奨)
・ 基本インストール用に1GB の空き容量のあるハードディスク
・ コンテンツ用に5GB 以上の容量の追加ハードディスクを推奨
・ ワーク用に10GB 以上の空きのハードディスクまたはディスクアレイを推奨
・ DVD-ROM ドライブ
・ DVD に書き出す場合はDVDライター(DVD ± R/DLT)
・ 1280×1024 以上の解像度をサポートするディスプレイ
・ 32bit 以上のカラー表示が可能なディスプレイ、グラフィックカード
・ ASIO、もしくはMicrosoft DirectX® 対応のオーディオインタフェイス
・ QuickTime ファイルの読み込みには、Apple® QuickTime® 6.5 が必要
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためのインターネット接続または電話回線

動作確認されているDVD ライターの最新リストは、こちらに掲載されています。http://www.adobe.co.jp/products/encore

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。