About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ、
シックス・アパートと、ブログサイト構築用
Dreamweaver 8.0.1 拡張機能 for Movable Type 3.2を発表


スパム対策機能の強化と、テンプレート開発環境の提供などにより
セキュアなブログサイトを効率的に構築可能

【2006年2月27日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg)以下、アドビ システムズ)とシックス・アパート株式会社(本社:東京都港区:代表取締役:関 信浩、以下シックス・アパート)は、ウェブログサイトの生成および管理用のサーバーソフトウェア製品Movable Type™ 3.2に対応したMacromedia® Dreamweaver® 8.0.1向けの拡張機能、Dreamweaver 8.0.1 拡張機能 for Movable Type 3.2を発表しました。この拡張機能は、Webサイト(http://www.macromedia.com/jp/devnet/dreamweaver/articles/movable_type_32.html)を通じて2月27日(月)より無償ダウンロード提供が開始されます。また、この拡張機能が対応したMacromedia Dreamweaver 8のアップデータMacromedia Dreamweaver 8.0.1は、http://www.macromedia.com/jp/support/dreamweaver/より無償ダウンロード提供が開始されます。

Movable Typeは、ブログを生成、管理するためのサーバーソフトウェアで、標準的なWebサーバーに組み込んで利用します。バージョン3.2からは、スパム防御機能を強化したため、迷惑コメントや迷惑トラックバックを受け付けない、よりセキュアなWebサイトを構築することができます。また、多くの外部デベロッパーによって作成、配布されているプラグインを活用することで、ソーシャルブックマーク(del.icio.us)や写真共有Webサイト(flickr)、さらにポッドキャストに対応するWebサイトを構築することができます。

この拡張機能のユーザインタフェイスは、新たにタブ形式が採用され、メインメニューとシステムメニューが分けられるなど作業効率の高い制作環境を提供します。また、プルダウンメニューを使ってアーカイブおよびエントリーのファイル名を自由にカスタマイズすることができます。さらに、ユーザの使用用途や機能の限定、アクセスユーザ数やブログ数設定機能を変更し無制限となったため、より多くのユーザがさまざまなブログに投稿することが可能です。

アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長 ギャレット イルグは、「シックス・アパート株式会社と共同で発表したDreamweaver 8.0.1 機能拡張 for Movable Type 3.2は、優れた操作性により、効率的にWeb開発を可能にする環境を実現するものです。アドビ システムズは、ウェブログやソーシャルネットワーキングサービスといった、日々進化を続けるWebの世界において、開発者やユーザの皆様に、これまでにないアイデアや情報とかかわり方を提案します」と述べています。

シックス・アパート株式会社 代表取締役 関 信浩は、「Dreamweaver 8.0.1が当社のMovable Type 3.2に対応し、より多くのWeb開発者に、高品質なウェブログ開発環境を提供できることを喜ばしく思います。今後とも、アドビ システムズとの親密な協力関係を通じ、豊かなコンテンツ表現や、多様なWeb体験を提供するために、柔軟かつ強力なWeb開発環境を提供していきます」と述べています。

Macromedia Dreamweaver 8.0.1日本語版の詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.macromedia.com/jp/dreamweaver/

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/に掲載されています。