About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
岐阜大学の遠隔教育コースが、Flash形式のe-Learningを実現する
アドビ システムズ社のMacromedia Breezeを採用


いつでも参加できるオンデマンド形式の講義や、
リアルタイムの会議スタイルの講義まで幅広く対応

【2006年4月4日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg)以下、アドビ システムズ)は、国立大学法人 岐阜大学が推進する遠隔教育プログラムの中で、インターネット型遠隔授業のプラットフォームとして「Macromedia Breeze」が採用されたと発表しました。岐阜大学では現在、本年後半に公開開始が予定されている講義コンテンツの作成に取りかかっています。

岐阜大学ではかねてより遠隔教育推進の一環として、平成9年度よりテレビ会議システムを用いたサテライト型授業を展開しながら、平成15年度よりインターネットを活用した遠隔教育システムを併用しています。このたび、インターネット上でBreezeを用いることによって、もっと自由に、どこからでも参加できる開かれた遠隔教育が実現できるとしています。岐阜大学では、大学院教育学研究科において、文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」により「働きながら学ぶ現職教師の遠隔大学院」として、平成18年度よりカリキュラム開発専攻を、平成19年度より学校教育専攻、教科教育専攻にインターネット型授業を拡大していく計画です。

岐阜大学 総合情報メディアセンターの加藤直樹教授は、「学生および教員にとって、Breezeを活用することでオンデマンドかつリアルタイムにさまざまな講義手法が可能となり、既存資産の有効活用が可能となります。たとえば、多くの教員が使用しているMicrosoft® PowerPoint®のファイルなどもそのまま使用することができます。また、教員は遠隔授業を契機に、資料提示や討議、課題発表などの教育方法を積極的に工夫するようになり、対面型授業を受ける学生からも好評を得ています。また、Breezeにより講義ごとの受講率や視聴時間などの集計データがわかりやすく表示されるため、今後の展開計画への反映が容易となります」と述べています。

Breezeは、Flash®テクノロジーをベースに、Web会議、オンラインセミナー、オンデマンドプレゼンテーション、e-Learningなどの、インターネットを介したリッチなコミュニケーションを実現するための製品群です。簡単な教材の制作、配信、受講者管理などe-Learningに必要とされる機能を網羅していることから、教育機関における採用が進んでいます。

Breezeでは、Microsoft PowerPointファイルで教材を用意すれば自動的にWebで配信できるFlashファイルに変換されます。オンデマンド型講義の場合、発信側でPowerPointファイルとそれを説明する教授の声を用意すれば、Breezeが自動的に画面と音声を同期させ、ストリーミング配信の準備が整います。音声だけでなく教授の映像を同期させて表示することも可能で、より迫真な講義が実現できます。リアルタイム型講義の場合は、プレゼンテーションのファイルを参加者全員で共有し、教授の講義を聴きながら双方が随時質問し、回答できるようなシステムをBreezeが提供します。さらに、受講者の登録状況、受講履歴、進捗状況、成績などを記録し、進捗状況をリアルタイムに把握することが可能であることに加えて、素早い検索機能、スケジュール管理、受講者への案内や通知メールの自動配信など、充実した豊富な機能に簡単にアクセスすることができます。

岐阜大学が遠隔教育として最初に導入したサテライト型では、当初、テレビ会議システムを用いた手法は高品位の映像・音声の利用という面においては優れている反面、設備投資がかかることや、社会人学習者はサテライト教室に出向いて決められた時間に授業を受けなくてはならず、参加しにくい面も残っていました。そこで、岐阜大学は、どこからでも参加できる開かれた遠隔教育の実現に向けてインターネット型を適用してからは、授業内容の基盤となる資料コンテンツ、授業音声、授業映像を効率的にかつ簡単に届けられる遠隔教育ソリューションを求めて、さまざまなe-Learningソリューションを比較検討してきました。その中で、Breezeは、コンテンツ、音声、映像配信により授業をリアルタイムに届けるだけでなく、コースやカリキュラムの柔軟な構築や修了条件や試験の合否、回答結果など各種統計管理を含む、大学教育課程全体の質向上を実現できるソリューションを提供することから、岐阜大学ではBreezeの採用を決定しました。

Macromedia Breezeについて
Breeze 5は、Flashテクノロジーをベースにして、Web会議、コンテンツ作成、コンテンツ配信を一元的に実現するe-learningプラットフォームです。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/に掲載されています。