About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社、画期的なアプリケーション実行環境、
Apolloのパブリックアルファ版をAdobe Labsで公開


Web開発者が持つRIAの技術をデスクトップにまで拡大


【2007年3月19日】


米国カリフォルニア州サンノゼ発(2007年3月19日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ:ADBE、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、Apolloの最初のパブリックアルファ版の提供を、Adobe Labs(http://www.adobe.com/go/apollo)を通じて開始したと発表しました。Apolloとは、クロスプラットフォームで動作するアプリケーション実行環境(ランタイム)の開発コードネームであり、ApolloによってWeb開発者は、すでに習得しているAdobe® Flash®やAdobe Flexのみならず、HTML、JavaScriptやAjaxのスキルを活用して、デスクトップ上でも動作するRIA(リッチインターネットアプリケーション)を開発することができます。Apolloは、Webの広範な配信性とデスクトップアプリケーションの高い表現力を組み合わせ、OSの違いやブラウザの制約を超えて動作することで、より一貫性の高い魅力的なユーザ体験を提供します。アルファ版のApolloランタイムとApollo SDK(ソフトウェア開発キット)、およびApollo Extension for Flex Builder 2.0.1は、Adobe Labsから無償でダウンロードできます。

アドビ システムズ社は、すべての開発者およびデザイナーに、効果的かつリッチな新しいタイプのアプリケーションやコンテンツ、体験の創造や提供を可能にする、技術および製品ワークフローを提供することにより、場所や時間を問わず人々にいつでも充実した体験を提供することを戦略として掲げています。Apolloはその戦略の重要な要素に位置づけられています。

アドビ システムズ社のシニアバイスプレジデント兼チーフソフトウェアアーキテクトであるケビン リンチ(Kevin Lynch)は、「RIAは今日のWeb体験の中核となっています。アドビでは、この新世代の革新的なアプリケーションを活用し、WebとPCの間に存在する隔たりの橋渡しをする取り組みを進めています。Apolloによって何百万人ものWeb開発者が、これまで慣れ親しんだツールを使って、彼らが持つ高度なRIAのスキルをデスクトップアプリケーションにも適用することが可能になります。今回のアルファ版公開によって、当社は引き続き、開発者やデザイナーのコミュニティと協力し、世界中の人々のアイデアや情報との関わり方にさらなる変革をもたらすべく努力を継続していきます。コミュニティがこの新しい技術を利用して、革新的なアプリケーションを生み出してくれることを大いに期待しています」と述べています。

Apolloによって、ユーザはブラウザを開くことなく、HTML、JavaScript、Flash、PDFを使って構築されたインターネットアプリケーションに直接アクセスすることができます。これにより、デスクトップアプリケーションと同様の快適な操作性を得ることができるとともに、より簡単で確実なコンテンツの活用が可能になります。また、Apolloで構築されたアプリケーションはデスクトップで起動し、オフライン環境で使用することも可能です。オフライン時に新規に作成、変更されたコンテンツは、オンラインになった際にシームレスに同期されます。今後公開されるバージョンでは、Apolloとデスクトップとの連携がさらに進み、ユーザは画像ファイルなどのメディアを、直接Apolloアプリケーションにドラッグ&ドロップで追加できるようになります。

eBayのディスラプティブ・イノベーション担当のシニアディレクターであるマックス マンシニ(Max Mancini)氏は、「eBayでは、当社のエンドユーザだけでなく開発者にも最高に魅力的な体験が提供できるよう、絶えず努力を重ねています。eBayでは、ブラウザ以外でもユーザに素晴らしい体験をしていただけるよう、さまざまな形態のサービスを提供していますが、Apolloの採用はその好例の一つです。Apolloの採用により、eBay.comマーケットプレイスは、決済システム、取扱い製品の在庫状況のリアルタイムな案内やオークションの更新情報の通知などのサービスの利便性が向上すると同時に、ユーザのデスクトップから直接アクセスすることが可能になります」と述べています。

開発者向けの最初のバージョンとなるApolloには、Apolloアプリケーションを開発、使用するためのコマンドライン ツール群が収められた無償SDK、および最初に提供されるApolloアプリケーション統合開発環境(IDE)となるFlex Builder 2.0.1で、アルファバージョンのApolloランタイムを利用したアプリケーションを開発できるApollo Extension for Flex Builder 2.0.1が用意されています。Web開発者は、EclipseベースのFlex Builder、Flash、Dreamweaver®といったアドビ システムズ社のソフトウェアをはじめ、好みのIDEを使用してApolloアプリケーションを開発することができ、デスクトップアプリケーションの開発、提供に要する時間が従来に比べ大幅に短縮されます。ApolloはAjaxや他のRIA技術を補完するもので、今後公開されるApolloのバージョンには、PDFの統合、Linuxへの対応、Ajaxに対するサポートの拡充が計画されており、将来的にはモバイル技術の活用も可能になります。

Big Spaceship社の共同創設者でCEOのマイケル レボヴィッツ(Michael Lebowitz)氏は、「現在当社が開発しているWebアプリケーションを、追加のコーディングやOSを基盤とする複雑な開発技術を新たに取得することなく、デスクトップ上や異なるプラットフォーム環境で動作させることができれば、新たなビジネスチャンスが生まれます。Webアプリケーションには、ページ更新時にデータが失われるなどいくつかの欠点があります。Apolloによって、当社は今ある開発技術を使って、これらの欠点を解消し、当社のクライアント企業がさらに顧客との関係性を強化するためのサポートができます」と述べています。

価格と入手方法について
Apolloアプリケーションを動作させるために必要なアルファ版のApolloアプリケーションランタイムと、Apollo SDK、およびApollo Extension for Flex Builder 2.0.1は、Adobe Labs(http://www.adobe.com/go/apollo)から無償でダウンロードできます。Apollo SDKとApollo Extension for Flex Builder 2.0.1は英語での提供となります。Apolloランタイム、Apollo SDKともにWindowsとMacintoshの両方に対応しており、将来バージョンではLinuxにも対応する予定です。Apolloおよびシステム要件についての詳細は、http://www.adobe.com/go/apolloをご覧ください。

Adobe Flex Builder 2.0.1は、2007年3月23日発売予定です。Flex Builder 2.0.1にはWindows版とMacintosh版が用意されます。Adobe Flex 2についての詳細は、http://www.adobe.com/jp/flex をご覧ください。
※ Flex 2.0.1についての情報は、3月22日以降に掲載されます。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jp に掲載されています。