About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社、
Adobe Flexのオープンソース化を発表


Flexフレームワークを拡張、強化することにより、
より多くのデベロッパにリッチインターネットアプリケーションの可能性を提供


【2007年4月27日】


米国カリフォルニア州サンノゼ発(2007年4月26日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ:ADBE、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、Adobe® Flex™のソースコードをオープンソース化して公開する計画を発表しました。この計画により、世界中のデベロッパは、クロスプラットフォーム環境に対応したリッチインターネットアプリケーション(RIA)を企業内やWeb上に構築できる業界最先端のフレームワークの発展に参加できるようになります。新しくオープンソース化されるAdobe Flex SDKと各種技術資料は、Mozilla Public License(MPL)に基づいて提供されます。

2006年6月から無償で提供が開始されているAdobe Flex SDKは、人気の高いFlexフレームワークを構成するMXML™コンパイラとActionScript™ 3.0ライブラリなど、デベロッパが効果的なFlexアプリケーションを作成するために必要なテクノロジーが含まれています。これらを併用することで、世界中に広く普及したAdobe Flash® Player上で展開が可能なRIAの開発に向け、BMC Software、eBay、salesforce.com、ScrapblogやSumsungなどの先進企業が使用する近代的な規格ベースの言語とプログラミングモデルが利用できるようになります。

Alfresco社のCTO、ジョン ニュートン(John Newton)氏は「オープンソースはAlfrescoの成長において中心的な役割を果たしてきました。アドビ システムズ社がFlexテクノロジーのオープンソース化を決めたことを嬉しく思います。当社はFlex SDKで実現される企業向けのコンテンツ管理機能の使いやすさに非常に高い関心を寄せており、今回のアドビ システムズ社の決断によってその魅力はさらに高まりました」と述べています。

今回の発表は、アドビ システムズ社によるオープンテクノロジーへの取り組みをさらに拡大するものです。この取り組みにはTamarinプロジェクトに基づいて行なわれた、Mozilla Foundationに対するActionScript Virtual Machineのソースコード提供、「Apollo」プロジェクトにおけるオープンソースWebKitエンジンの使用、およびISO標準化に向け、PDFの最新規格であるPDF 1.7の譲渡が含まれています。Adobe Flexのソースコードをオープンソースとしてデベロッパに公開することにより、アドビ システムズ社は、世界中のデベロッパコミュニティとのコラボレーションをさらに推進するとともに、他のオープンソースプロジェクトがFlexフレームワークの強力な機能を最大限に活用することを可能にします。

RedMonk社の創立者であるジェームズ ガバナー(James Governor)氏は「オープンソースの共同開発は、開発コミュニティの構築において非常に効果的な手段です。Adobe Flex SDKのオープンソース化というアドビ システムズ社の決断は、新しいデベロッパをFlexプラットフォームに引き寄せる画期的な展開になるでしょう」と述べています。

Adobe Flexのオープンソース化をMPLで行なうことにより、全てのソースコードが無償で利用できるようになります。デベロッパはFlexコンパイラ、コンポーネント、およびアプリケーションフレームワークのソースコードを自由にダウンロード、拡張、またそれらを提供することが可能になります。アドビ システムズ社は、従来までの流通チャネルを経由したAdobe Flex SDKと、その他Adobe Flex製品の提供も継続し、新規および既存のパートナーやお客様のニーズに最も適したライセンス条件を提供します。

アドビ システムズ社のエンタープライズ アンド デベロッパ ソリューション事業部担当のシニア バイスプレジデントであるデビッド メンデルス(David Mendels)は、「Flexの進化は、当初から驚くべき才能を有するアドビ システムズ社のデベロッパコミュニティからの影響を受けてきました。Flexをオープンソース化するという決断は、Flexが進むべき次のステップとして極めて自然なものでした。Flexによってデベロッパコミュニティと緊密な関係を構築し、その勢いと革新的技術をさらに拡大できることを非常に嬉しく思います」と述べています。

Adobe Flexのオープンソースライセンス供与は、Flexテクノロジーの開発にコミュニティの参画を求めるアドビ システムズ社の活動の一環として行われます。2007年夏に発表予定の次期Flex製品群(コードネーム「Moxie」)のプレリリース版を皮切りに、アドビ システムズ社は、公開バグデータベース付きのダウンロードサイトで、Flex SDKを日々更新していきます。MPLに基づいて提供されるオープンソース版Flexは、2007年後半に予定されているMoxieの最終版提供時期と合わせて行なわれる予定です。

MPLの条件の詳細、およびオープンソースFlexイニシアティブへの参加方法についてはhttp://www.adobe.com/go/opensourceflex をご覧ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。