About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社、
ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8 日本語版の提供開始を発表


3次元CADデータをAdobe PDFに変換し、より安全で確実な情報共有や共同作業を実現
大日本印刷株式会社、3次元PDF制作サービスを本格稼動


【2007年5月15日】


アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg)以下、アドビ システムズ)は本日、3次元CADデータを高い圧縮率で、安全性と信頼性に優れたAdobe® PDFに変換し、組織内外に広がるチームメンバーとの情報共有を可能にするADOBE® ACROBAT® 3Dの最新版であるADOBE ACROBAT 3D VERSION 8が、2007年6月中旬から国内で提供開始されると発表しました。

自動車、航空宇宙、大型機械などの製造業や、エンジニアリング、建築・建設業界における設計エンジニア、技術文書の執筆者やクリエイティブプロフェッショナルは、ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8を使用することにより、あらゆる3次元CADファイルやその他の重要なプロジェクトデータを、高い精度を保ちながら圧縮率の高いAdobe PDFに変換することができます。また、この長期保存用途としても可能なPDFファイルを顧客や取引先、パートナー、その他組織内外に広がるチームメンバーと堅牢なセキュリティを維持しながら共有し、表現力豊かなコンテンツを介してのチーム共同作業や、異なるCADフォーマットでも相互運用を可能にします。

大日本印刷株式会社は、2006年4月にCADデータをもとに実写レベルの3次元CGを制作することで、カタログなどの印刷物やインタラクティブ・コンテンツの制作などを行うサービスを開始しています。このたび同社はADOBE ACROBAT 3D VERSION 8の提供開始にともない、同ソフトウェアを活用した3D PDF制作サービス「CADVIZ REAL™」を本格的に稼動します。CADシステムによってフォーマットが異なるデータを、3次元CGを制作しやすいように処理した上で、表面の材質感などを設定した3次元CGの基本データを制作し、提供するものです。

大日本印刷株式会社 情報コミュニケーション研究開発センター 研究開発第1部 部長 五味英隆氏は、「3次元データをAdobe PDFで取り扱うことで、より内容が確認しやすく、また、より視覚に訴える効果的なドキュメントを作成することができます。こうしたドキュメントは、取扱説明書、カタログ、プレゼンテーションなどに活用することが可能です。Acrobat 3D Version 8では、3DデータのPDF変換のパフォーマンス向上や、より大容量のCADファイルをPDFに変換できるようになり、今まで 以上に3次元PDFを制作しやすくなると期待しています」と述べています。大日本印刷株式会社、および同社が提供する3次元CADデータを活用したサービス「CADVIZ REAL™」については、以下のURLをご参照下さい。

大日本印刷株式会社 http://www.dnp.co.jp/index.html
DNP CADVIZ REAL™ http://www.dnp.co.jp/cadviz-real/index.html

ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8で3DモデルをAdobe PDFに変換すれば、広く普及した無償のAdobe Reader®のユーザとも効率的なレビュー作業を行うことができます。Adobe Readerのユーザは、詳細な3Dモデル構造を表示することができ、さらにADOBE ACROBAT 3D VERSION 8によって操作権限が付与されたPDFであれば、3Dモデルに直接注釈やコメントを付けたり、ものさしツールやクロスセクションツールを利用することも可能です。

リオン株式会社 技術統括部 聴能技術部 成沢 良幸氏は、「当社では現在、Acrobat 3Dを新製品のプレゼンテーションに社内外で利用していますが、今後はAcrobat 3Dを設計情報の閲覧・伝達手段としても大いに活用する予定です。3次元で設計された設計情報を3次元のまま下流工程に伝えるために、情報の発信側はAcrobat 3Dを活用し、受信側はAdobe Readerで閲覧できる3次元PDFの構図は、その普及の容易性やファイルの信頼性の面で最適と判断しています。モノづくりの現場で3次元データの活用を広げようとする今後の産業界の3次元図面構想にとって、Acrobat 3Dによる3次元PDFの広がりは大きな存在になると期待しています」と述べています。

ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8は、ファイルサイズが大きく、複雑な構造を持つCADデータを、非常に高い精度を維持しながら高圧縮なAdobe PDFファイルに変換することが可能です。Autodesk Inventor、Dassault Systemes CATIA、PTC Pro/ENGINEER、SolidWorks、UGS NXとI-deasなどの主要なCADアプリケーションをはじめ、40種類を超えるフォーマットから3次元PDFへの変換をサポートしています。ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8では、直接指定された幾何公差寸法、許容差情報、注釈などの仕様情報である製品製造情報(PMI)が盛り込まれたPDFを作成することも可能です。また、ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8のユーザは、PDFから正確な製造CADデータをSTEP、IGES、Parasolidなどの中間ファイルフォーマットに書き出し、機械加工や、工具や金型の設計などの下流工程で使用することもできます。

アドビ システムズ社のクロスプラットフォームのクライアント技術であるAdobe ReaderとAdobe Flash® Playerは、世界中で7億台を超えるインターネットに接続されたPCやその他の機器にインストールされています。

アドビストア提供価格(送料別)
ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8(Windows®版)

■ 通常版   135,870円 (本体価格129,400円)
■ アップグレード版(A)※1   40,320円 (本体価格 38,400円)
■ アップグレード版(B)※2   74,445円 (本体価格 70,900円)
■ アカデミック版   40,320円 (本体価格 38,400円)
■ 無償体験版   Webサイトからのダウンロードで提供
※1 アップグレード版(A)の対象ユーザは、Acrobat 3D日本語版の正規登録ユーザ
※2 アップグレード版(B)の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Professional、Acrobat 7.0 Professional、Acrobat 8 Professional日本語版の正規登録ユーザ


2006年9月18日から2007年6月中旬の提供開始日までにAdobe Acrobat 3D を購入したお客様は、提供開始日から60日以内にADOBE ACROBAT 3D VERSION 8 へ無償アップグレードが可能です。

必要システム構成
Windows版
• インテル® Pentium® IIIクラスのプロセッサ
• Microsoft® Windows® 2000 日本語版(Service Pack 4)、Windows XP(Service Pack 2)Professional、Home Edition、Tablet PC Edition 日本語版またはWindows XP Professional x64Edition 日本語版、Windows Vista™(32bit および 64bit) Ultimate、Enterprise、Business、Home Premium、または Home Basic日本語版
• Microsoft Internet Explorer 6.0
• 512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)
• 1.6GB以上の空き容量のあるハードディスク(オプションのインストールファイル用 キャッシュのための容量を含む)
• 最適なパフォーマンスには、Pixel ShaderをサポートするNVIDIA®または ATI®ビデオ カードおよびDirectX® 8.1 または 9 を推奨
• 1,024 × 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
• DVD-ROMドライブ
• プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)用にインターネット接続環境、また は電話回線
• Microsoft Office文書に 3D モデルを取り込み、ワンクリックでPDFを作成するには、 Microsoft Office 2000/XP/2003/2007 が必要

Adobe Acrobat 3d capture Utility をサポートするUNIXプラットフォーム
(インストールオプション)

• Sun™ Solaris™ 2.8:UltraSPARC®プロセッサ
• IBM® AIX® 5.2:POWER4 またはPowerPC® 604 プロセッサ
• HP-UX 11.0:PA-RISC 2.0 プロセッサ
• SGI™ IRIX™ 6.5:RISC 4000 プロセッサ
• 200MB 以上の空き容量のあるハードディスク

ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8の詳細についてはhttp://www.adobe.com/jp/products/acrobat3d/をご覧ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。