About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社、
Adobe Integrated Runtime(AIR)
(コードネームApollo)ベータ版の提供を開始


新たにローカルデータベース、PDF、Ajaxをサポート


【2007年6月12日】


米国カリフォルニア州サンノゼ発(2007年6月11日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ:ADBE、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、「Adobe® Integrated Runtime(AIR)」(コードネーム「Apollo」)のベータ版の提供を開始したと発表しました。異なるOSのアプリケーションランタイムであるAdobe AIR™によって、デベロッパーはHTML/CSS、Ajax、Adobe Flash®、Adobe Flex™を使用し、リッチインターネットアプリケーション(RIA)の適用範囲をデスクトップへと拡大することができます。Adobe AIRベータ版の新機能には、組み込みのローカルデータベース、PDFのサポート、JavaScriptデベロッパー向け機能の強化、Adobe Flexとのより緊密な連携などが挙げられます。Adobe AIRとAdobe AIRソフトウェア開発キット(SDK)のベータ版は、 http://www.adobe.com/go/air から無償でダウンロードが可能です。

Adobe AIRとAdobe Flex(Adobe Flex 3パブリックベータ版の提供開始については、本日配信の別リリースをご覧ください)は、アドビ システムズ社の包括的なRIAプラットフォームの基礎となる技術、製品です。デベロッパーやデザイナーはAdobe AIRとAdobe Flexによって、主要なオペレーティングシステムに対応した表現力豊かでダイナミックな、ブランドイメージに合わせたコンテンツやアプリケーションを制作することができます。また、Webkit HTMLエンジン、ActionScript™ Virtual Machine(Tamarinプロジェクト)、SQLiteのローカルデータベース機能など、Adobe AIRの主な要素はオープンソース化されています。さらに、アドビ システムズ社は、Adobe Flexをオープンソース化して公開する計画を発表しています。アドビ システムズ社では、技術のオープンソース化を推進し、ソフトウェアのプレリリース版を提供することで、世界中のデベロッパーが、業界最先端のプラットフォームの成長に参加し、異なるOSに対応したRIAを構築することを可能にします。

アドビ システムズ社のシニア バイスプレジデント兼チーフソフトウェアアーキテクトであるケビン リンチ(Kevin Lynch)は、「Adobe AIRは、Webとデスクトップの利点を兼ね備えた新たなメディアを実現します。Webデベロッパーは、Adobe AIRによって自らの大きな可能性をさらに拡大させることが可能になります。また、異なるOSで、かつブラウザ内であるか外であるかを問わずに機能する次世代のアプリケーションを構築し、WebとPCとのギャップを埋めることができます」と述べています。

Adobe AIRのベータ版では、デベロッパーはAdobe Reader® 8.1の機能を活用し、PDFを実装することが可能になります。ユーザは今後、これまでブラウザ内でPDFを操作していたのと同様の方法で、Adobe AIRアプリケーション内でPDFドキュメントの閲覧や操作を行なうことができるようになります。Ajaxのデベロッパーは、透過HTMLウィンドウやドラッグ&ドロップのサポート、Adobe AIRやFlash APIへの完全なアクセスなどの新機能によって、魅力的なデスクトップアプリケーション開発が可能です。またAdobe AIRアプリケーションを構築するデベロッパーは、好みに応じたAjaxフレームワークを使用することができるとともに、Adobe AIRベータ版に搭載されている、Apolloアルファ版に比べてさらに多くのコンポーネントが提供されている最新版WebKitの活用が可能になりました。また、異なるプラットフォームに対応したオープンソースの組み込みローカルデータベースであるSQLiteのサポートは、Apolloアルファ版ユーザから寄せられた最も多い要望の一つでした。SQLiteは、追加設定が不要でありながら、大規模なデータ容量と全文検索を可能とするため、既存のデータベースで情報の保管を行ってきたWebデベロッパーは、今までどおりの方法でデスクトップアプリケーションを簡単に構築することができます。さらに、Adobe Labsで提供されているAdobe Dreamweaver® CS3向け拡張機能を使用すれば、DreamweaverプロジェクトをAdobe AIRアプリケーションとして提供することが可能になります。

Ajaxian社の共同設立者であるベン ガルブレイス(Ben Galbraith)氏は、「Ajaxのデベロッパーは、Webアプリケーションをよりインタラクティブで利便性に富んだアプリケーションにすることで、Web2.0の可能性を追求してきました。Adobe AIRによってAjaxデベロッパーは、新たなスキルを習得することなく、Web2.0をデスクトップへと拡大することができるようになりました。Adobe AIRはリッチデスクトップとFlashの機能性をJavaScript APIの一つとしてデベロッパーに提供することで、全く新しい可能性を切り拓くことになるでしょう」と述べています。

salesforce.comの共同設立者兼エグゼクティブバイスプレジデントであるパーカー ハリス(Parker Harris)氏は、「Adobe AIRが当社のデベロッパーコミュニティに大きな展望を示してくれたことを非常に嬉しく思います。すでにSalesforce Platformを使用してオンデマンド型のビジネスアプリケーションを構築するデベロッパーは、Adobe Flexを活用して表現力豊かなユーザインタフェイスを、開発したソリューションに追加しています。今回、Adobe AIRでデスクトップアプリケーションが持つ機能とインタラクティブ性を兼ね備えたアプリケーションの構築が実現し、オンデマンド型のビジネスアプリケーションはかつてないほど強力な製品となります」と述べています。

AIRデベロッパープログラム
アドビ システムズ社は本日、創造性に優れたアプリケーションのコンテストであるAdobe AIR Developer Derbyの開催を正式に発表しました。アドビ システムズ社では、5つのカテゴリー賞に加え、最も優れたアプリケーションには最優秀作品賞を授与します。受賞者の発表は、表現力豊かで魅力的な体験の創造をテーマとした、デベロッパー、デザイナー向けに新たな刺激や発見機会を提供する一大イベント、Adobe MAX 2007で行われます。Adobe AIR Developer Derbyについての詳細は、 http://www.adobe.com/go/airderby をご覧ください。Adobe MAXについての詳細は、 http://www.adobemax2007.com/ をご覧ください。

アドビ システムズ社は、デベロッパーがAdobe AIRで開発したアプリケーションを積極的に広めていく機会として、北米18都市で「On AIR」と題したバスツアーを開催します。On AIRは7月10日にシアトルから始まり、9月30日からシカゴで開催されるAdobe MAXカンファレンまで開催されます。ツアーには、アドビ システムズ社のAdobe FlexとAdobe AIRの担当者のほか、FlashやJavaScriptのコミュニティのデベロッパーが参加し、Adobe AIRに関するデベロッパーとの一対一のディスカッションや、質疑応答セッションが予定されています。

また、日本においては「Adobe AIR Developers Night」として、国内のデベロッパー、クリエイターがAIRによる新しいアプリケーションの将来像をデモバトル形式で紹介するイベントを7月10日に開催します。Adobe AIR Developers Nightの概要、お申込みは http://www.adobe-dev-night.jp/をご覧ください。

Adobe AIRアプリケーションランタイムとAdobe AIR SDKのベータ版は、本日よりAdobe Labs(http://www.adobe.com/go/air)から無償でダウンロードできます。Adobe AIRとAdobe AIR SDKは、Windows®とMacintosh®の両方のオペレーティングシステム向けに、英語版で提供されます。今後のバージョンでは、Linux版や他言語版の提供も予定されています。Adobe AIRの詳細については、 http://www.adobe.com/go/air をご覧ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Web サイト http://www.adobe.com/jp に掲載されています。