About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
Adobe Premiere Pro CS3、
Panasonic P2フォーマットに対応


ファイル ベースによるHDビデオのテープレス ワークフローを実現


【2007年9月11日】


アムステルダム、IBC2007発(2007年9月6日) Adobe Systems Incorporated(NASDAQ: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、Adobe® Premiere® Pro CS3がPanasonic P2カメラ フォーマットにネイティブで対応すると発表しました。これによりAdobe Premiere ProはP2コンテンツをトランスコードもしくはリラップせず、またメタデータも維持したまま、、キャプチャから出力まで、ソフトウェアのみによる高品位(HD)ビデオのワークフローを実現します。アドビ システムズ社は、9月7日から11日までオランダ、アムステルダムのRAI Convention Centerで開催される2007国際放送見本市(IBC)(ホール7、スタンド721)において、このP2編集ワークフローのデモを行います。P2との互換性を実現するアップデータは、すべてのAdobe Premiere Pro CS3ユーザを対象に数週間以内に無償で提供されます。

松下電器産業株式会社が2003年に発表したPanasonic P2フォーマットは、テープレスのワークフローを可能にするビデオ制作用のストレージ フォーマットです。編集者はテープをデジタル化することなく、すばやく特定のシーンを見つけることができます。制作とポストプロダクションに最適なP2 DVCPRO HDフォーマットはすでに定評のある4:2:2コーデックを使用しており最高の映像品質を実現するとともに、Adobe Premiere Pro CS3の編集効率の高さをさらに補完する、コスト効率の高い、効率的なワークフローを映像プロフェッショナルに提供します。

アドビ システムズ社 ダイナミックメディア部門 バイスプレジデントのジム ジェラルド(Jim Guerard)は、「Premiere Pro CS3とAdobe Creative Suite 3 Production Premiumは業界に大きな衝撃を与えましたが、アドビ システムズ社は最も優れた、なおかつ最も包括的な、クロスプラットフォームのビデオ編集スイートの提供を目標としています。当社のプロ向けビデオ製品にはPanasonic P2などのファイルベースのカメラフォーマットに対応していきますが、それらが備える処理スピード、容量、効率性によって編集者の作業時間が短縮されるため、放送やポストプロダクション ワークフローにおいて、テープに替わって急速に浸透しつつあります」と述べています。

P2ファイル処理をネイティブでサポート
Adobe Premiere ProはP2フォーマットを他のファイル フォーマットにトランスコードまたはリラップしないため、編集者はビデオキャプチャ作業を短縮し、ネイティブのMXFフォーマットで編集できるという柔軟性を得ることができます。また、貴重なメタデータ情報を保持するだけでなく、P2カードへの書き戻しもできるほか、Panasonic P2機器を使用した衛星アップリンク経由の送出も可能になります。Adobe Premiere Proのタイムライン内では様々なファイル フォーマットを自由に混在させることができるため、複数のソースからのコンテンツを組み合わせることができます。

松下電器株式会社のプロフェッショナル向けAVシステム事業部のディレクタである下水流 正雄氏は、「Panasonic P2カメラでビデオを撮影されるお客様はスピード、携帯性、性能、利便性といったメリットが得られます。Adobe Premiere Pro CS3は制作面におけるこれらのメリットを補完する理想的なソフトウェアであり、高度に統合されたP2制作ワークフローのハブとして機能します。ネイティブの読み込みと編集機能にP2カードへの出力が組み合わされた今回のアップグレードによって、Adobe Premiere Pro CS3ユーザはP2ワークフローのパワーを最大限に活用できるようになりました」と述べています。

Adobe Premiere Pro CS3について
Adobe Premiere Pro CS3はWindows®、Mac OS® Xの両プラットフォームに対応した高品位かつ効率的な作業を実現する映像編集ソフトウェアであり、Adobe OnLocation CS3、およびBlu-ray、DVDおよびWeb向けSWFに対応するオーサリングソフトウェアAdobe Encore CS3を含みます。

また、Adobe Premiere Pro CS3は、Adobe Creative Suite® 3 Production Premiumの構成製品であり、完全に統合されたポストプロダクション向けソリューションです。Production Premiumはかつてないレベルで最新の映像編集ソフトウェア、オーディオ編集ソフトウェア、Web制作ソフトウェアを統合した製品であり、Adobe After Effects® CS3 Professional、Adobe Premiere Pro CS3、Adobe Photoshop® CS3 Extended、Adobe Flash® CS3 Professional、Adobe® Illustrator® CS3、Adobe Soundbooth™ CS3、Dynamic Link対応のAdobe Encore® CS3、Adobe Stock Photos、およびVersion Cueを含み、OnLocation™ CS3(Windows版のみ)およびAdobe Ultra™ CS3(Windows版のみ)を同梱します。これによってポストプロダクションおよびリッチメディア制作プロフェッショナルは、完全かつクロスプラットフォームに対応した統合ワークフローを手に入れることができ、革新的な表現による映画、番組、Web、DVD、モバイル向けコンテンツを制作、配信することができます。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。