About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ、
Adobe Photoshop Elements 6 &
Adobe Premiere Elements 4を発表


作品作りの楽しみ、共有の可能性を引き出す
画像編集ソフトウェアとビデオ編集ソフトウェアの統合パッケージ


【2007年9月25日】


アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg))は、パーソナルユーザ向けデジタル画像編集ソフトウェア「Adobe® Photoshop® Elements®(アドビ フォトショップ エレメンツ)6」(Windows®版)の日本語版、パーソナルユーザ向けのホームビデオ編集・DVD制作ソフトウェア「Adobe® Premiere® Elements® (アドビ プレミア エレメンツ)4」(Windows版)の日本語版ならびに2製品を1パッケージにした「Adobe Photoshop Elements 6 & Adobe Premiere Elements 4」(Windows版)の日本語版の提供が、2007年10月下旬からアドビストア(http://www.adobe.com/jp/store/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

アドビストアやキャンペーン参加オンラインストア各社では、Adobe Photoshop Elements 6、Adobe Premiere Elements 4およびAdobe Photoshop Elements 6 & Adobe Premiere Elements 4をご予約の上ご購入いただいた方の中から抽選で合計3,000名様に、アドビオリジナルメディアケースをプレゼントする「発売記念キャンペーン」を実施します。詳細は下記キャンペーンサイトをご参照ください。
http://www.adobe.com/jp/store/pepecamp/

アドビ システムズ社のクリエイティブ ソリューションズ ビジネスユニット担当シニアバイスプレジデントであるジョン ロイアコノ(John Loiacono)は「ビデオもデジタルカメラも日常生活の一部になり、SNSも人気を集めていることから、ユーザの間では個人で撮った写真やビデオを多くの人に公開することができる優れた機能を求めるニーズが増えています。Photoshop ElementsとPremiere Elementsを組み合わせることにより、心に残る写真やビデオ作品を簡単に公開し、楽しむことができます。1箇所から写真とビデオクリップにアクセスして作業時間を短縮することも可能になりました。YouTubeや携帯電話、ポータブルゲーム端末を含む、インタラクティブなAdobe Flash®ベースのオンラインギャラリーなどに対応した作品の書き出しが行うことができるオプションも用意されており、年末商戦において人気の製品になることは間違いないと考えています」と述べています。

写真の魅力を最大に引き出す
Photoshop Elementsを使うことにより、思いのままの結果をすばやく簡単に実現できます。複数のグループ写真から表情やしぐさの良いものを選んで組み合わせ、瞬時に1枚のグループ写真に仕上げることのできるPhotomerge™テクノロジーも新たに搭載されました。選択範囲指定する作業は時間がかかるものですが、そのような場合は一瞬で選択したい部分が調整できるクイック選択ツールも用意されています。初心者から写真愛好家まで、ユーザの経験レベルに合わせて、3種類の編集モードを選ぶこともできます。新しいガイド付き編集機能を利用すれば、写真の修正方法が手順に沿って説明されます。

また、シンプルに整理された操作画面では、編集したい写真に視点が誘導されるため、編集作業がとても簡単になりました。アプリケーションが持つ豊富な機能には、新採用のタブより簡単にアクセスすることができます。その他、編集ツールが改良され、カラー写真から深みのある白黒写真を作成できるようにもなりました。写真整理モードもさらにすっきりとなり、スクロール、キーワード名札の適用、写真の表示や検索を高速に行えます。

目を見張るスタイル別テーマとエフェクトのムービー
Premiere Elements 4であれば、ほんの数分で魅力的なムービーを制作することができます。Photoshop Elementsの写真整理モードと同じ機能を利用して、ビデオクリップや写真に視覚的な名札を付けて、人や場所、イベント別に、分類できます。また、ほんの数回クリックするだけで、一連のシーンにムービーテーマを適用し、トランジションやエフェクト、タイトルを持つ完成されたムービーを制作することができます。BGMやサウンドエフェクトを追加すれば、さらに感動的でムードのある効果をムービーに適用することができます。オーディオミキサーも一新されたことにより、レコーディングスタジオのミキサーと同じような機能が使えるようになりました。スライダで音量調整すれば、BGMがある場合でも会話をクリアに聞こえるようにできます。完成したムービーは、ディスクに記録するだけでなく、YouTubeなどのWebサイトや個人的な公開ページにアップロードしたり、携帯電話などの対応ファイル形式に書き出し携帯デバイスでムービーを共有したり、さまざまな方法で公開できるようになりました。

アドビストア提供価格(送料別)
Adobe Photoshop Elements 6 & Adobe Premiere Elements 4 日本語版(Windows版)

■ 通常版   20,790円 (本体価格 19,800円)
■ 乗換え・アップグレード版※1   15,540円 (本体価格 14,800円)
■ アカデミック版   10,290円 (本体価格 9,800円)

※1 乗換え・アップグレード版の対象ユーザは、下記※2および※3にあげた全ての製品の正規登録ユーザおよびPhotoshop Elements plus Premiere Elements の日本語版正規登録ユーザ。

Adobe Photoshop Elements 6 日本語版(Windows版)

■通常版 パッケージ製品   14,490円 (本体価格 13,800円)
■通常版 ダウンロード価格   13,800円  
■乗換え・アップグレード版 パッケージ製品※2   10,290円 (本体価格 9,800円)
■乗換え・アップグレード版 ダウンロード価格※2   9,800円  
■アカデミック版   7,140円 (本体価格 6,800円)

※2 乗換え・アップグレード版の対象ユーザは、Photoshop® Album®、Photoshop Elements、Photoshop LE、PhotoDeluxe、PaintShop™ シリーズ、Corel®Draw®/Painter™、Microsoft® Digital Image Products、Paintgraphic®、PhotoImpact®、ACD®See™、蔵衛門シリーズ、デジカメ de!! シリーズ、
デジカメの達人、その他デジタル画像編集ソフト日本語版の正規登録ユーザ。

Adobe Premiere Elements 4 日本語版(Windows版)

■通常版   14,490円 (本体価格 13,800円)
■乗換え・アップグレード版※3   10,290円 (本体価格 9,800円)
■アカデミック版   7,140円 (本体価格 6,800円)

※3 乗換え・アップグレード版の対象ユーザは、Premiere LE、Premiere Elements、Ulead VideoStudio®、PowerDirector™、PowerProducer™、その他デジタルビデオ編集ソフト日本語版の正規登録ユーザ。

製品の詳細については以下のWebサイトをご参照ください。

Adobe Photoshop Elements 6(Windows版)
http://www.adobe.com/jp/products/photoshopelwin/index.html

Adobe Premiere Elements 4(Windows版)
http://www.adobe.com/jp/products/premiereel/index.html

Adobe Photoshop Elements 6 & Adobe Premiere Elements 4(Windows版)
http://www.adobe.com/jp/products/psprelements/index.html

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。